< 2017年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2017年05月 >

フリーエリア

ホーム  > [完結]【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです > 【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです 最終話 後編

【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです 最終話 後編

2011年02月04日

286 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:44:07 ID:FZj.Ba1o


~メインコンピューター制御室~




┌────────────┐
│                  │
│        / ̄ ̄\     .│
│     ヽ  /   \    │  よし!コード入力完了だ!
│    (●)(● )   |   ...│  停止コードも受け付けないようにしておいた。
│    (__人__)     |     │
│     (`⌒ ´     |   ....│  この施設は20分後に自爆するぞ。
│.     {           |    .│
│     {        ノ     │
│      ヽ     ノ      │
│      ノ     ヽ      .│
│       /      |     ..│
└────────────┘







           ____
         /     \
       /        \   ……どうやら……上手くいったようですね。
      /  \    /  \
     |    (●)   (●)   |
     \      ´     /
     /      ̄ ̄    \>ザッ


287 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:44:22 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  できる夫!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |  もしかして、アイツを倒したのかお
  \      `ー'´     /





         1ヽ        ___
     .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  あんな奴、
         〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|  アタシとできる夫の連携プレーで瞬殺だにょ!
         レ!小l●    ● 从 | } i|
           .ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|  犬の底力なめんなにょ?
      r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
      { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
       "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
          ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ|| >ザッ


288 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:44:51 ID:FZj.Ba1o


┌───────────────┐
│                     ...│
│       (⊃ ̄ ̄\        ...│
│     (⊃   \ /\       ..│
│    (⊃   ( ●)(●)        │
│     |     (__人__)       .│  なら、急いで脱出だ!
│     |     ` ⌒´ノ      .....│
│       |         } \       │  あと20分で、ここは大爆発だからな。
│     /ヽ       }  \    ..│
│   /   ヽ、____ノ     )    .│
│  /        .   | _/     │
│ |         / ̄ ̄(_)     │
│  \   \ /| JJJ (       .│
│   \  /   /⊂_)     .....│
└───────────────┘






         ____
       /     \
      /  \  /  \  ……その前に、やる夫。
    /  (●)  (●)  \
     | U    __´___     | い、以前、アナタに話したValutの話を憶えていますか?
    \     'ー一`    /
      /             \


289 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:45:08 ID:FZj.Ba1o


      ___
    /     \  ?
   /  _ノ '' 'ー \  Valutのテーマとかの話かお?
 /  (●)  (●)  \ 
 |  U   (__人__)    |  憶えてるけど、今はそんな事話してる場合じゃ……
 \      ` ⌒´   /





       ____
     /      \ あ、あの時に話していたValut13の実験……
    /_,ノ   \  \  ……本当は、私はその内容を知っていました。
  / (ー)  (ー) U \
  |      '        |  ……そ、その「成果」とは、私たちのコトなのです。
  \    ⌒   u  /


290 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:45:26 ID:FZj.Ba1o


       ___
      /     \
    /  一'  `ー\  ……えっ?
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く





            ___
        /      \  ……Valut13の実験内容は、
       /ノ  \   u. \  完璧な遺伝子を持った人間の0からの製造……すなわち人類の「完成」。
     / (ー)  (ー)    \
     |    __´___    u.    | そ、そして、
      \ u. `ー'´       /   Valut内での3世代にわたるの研究の結果が……私とアナタとやる実です。
      ノ           \


291 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:45:44 ID:FZj.Ba1o


       
         }={
        │ │
         /.  ヽ    『……最高の人工的な優性遺伝子を使い、
       /.   :;:;ヽ.    考えうる限りの技術を用いて誕生させた、
      ./      :;:ヽ.    いわば「スーパー・ヒューマン」とでもいうべき存在……
     ./       :;:;ヽ   ……その中でも最高の成功例が……私……の筈でした』
    /.:...:::::::::::::::::::::...::;:;:;ヽ,
    ゝ、,       ;:;:;:;:;''
      `''''''''''''''''''''''""゙





            ____
           /     \
          /  \   /\   『……それを知った私は、
        /   (●)  (●) \   自分が生まれながらの特別な存在であり、
      |         ´     |   選ばれた人間であると確信しました。
      \       ⌒    /
    / ̄ ̄ヽ           \   その証拠に、同じ研究成果であるアナタや、やる実と比べても
   (「    `rノ          \   数値上は私の方がダントツの筈だったのです……が……』
    ヽ   ノ              \
     |   |             「\   \


292 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:46:01 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /     \  ……し、しかし、現実は、腕力ではやる実に負け、
       /  u   ⌒  \  器用さや人望ではアナタに負ける……
     /      u (ー)  \
     |           __´_ | ……器用貧乏の見本のような自分に
      \    u   .``ー/  劣等感めいたモノすら抱く始末でした。
     ノ           \   





       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  で、できる夫?
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)  u    |  お前、いったい……
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


293 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:46:17 ID:FZj.Ba1o


   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。 >ポタッ……
                ()






         ____
       /   u \
      /  \    /\ で、できる夫!!
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /


294 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:46:35 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \  さ、さすがの私でも、
     / u (=)  (=)  \  ガドリングの精射を避けきるのは難しかったようです。
    |      __´___    u |
    \     `ー'´┃   /  ……一発、背中に貰ってしまいましたよ……はははっ……
              ツー……






         1ヽ        ___
     .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//
         //, '/  U  ヽハ  、 ヽ
      ∑ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  そ、そんな……
         レ!小l○    ○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  アタシが無理を言ったから……
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  u j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


295 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:46:53 ID:FZj.Ba1o


     ∥∥  ∥∥∥ ∥
      ∥∥  ∥∥∥  ∥
           ____   
         /     \  いえ、避けきれなかった私のミスですよ……
        / _,ノ    \ \  ……そ、そして、い、今話したのが、私の知っている全てです。
      /  (ー)   (ー) \  
      | し   __´___   u |  ち、チップの件……悪かったですね。
      \     `ー'┃   /   ……あの時は、アナタにだけは負けたくなかったのです……
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ   
      /  /l         `、´/     ヽ ///
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ >ガクン!









         ____
       /   u \
      /  /    \\  そ、そんな……
    /  し (○)  (○) \  お前ともせっかく仲直りしたと思ったのに……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /   死ぬんじゃないお!できる夫!!


296 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:47:12 ID:FZj.Ba1o


        ___
    /      \  ざ、残念ながら、重要臓器を直撃した致命傷です……
   / ::\::::::/::: u\ 
 /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ ……こんな場所で死ぬのは、はなはだ不本意ですが……
..|       、__',_,   u.   | ……あ、アナタたちを守って死ぬと思えば、それほど不愉快でもありません。
...\    `‐'´┃    /
.  /⌒ヽ   ー‐   ィヽ  ……ふふっ……こういう反吐が出るような偽善も、一度きりなら悪くありませんね……





       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \  ば、バカ言ってんじゃないお!!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |  今まで、あんなに嫌な奴だったのに……
  \     `⌒´     /    最期だけカッコつけようだなんて、絶対に認めないお!


297 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:47:34 ID:FZj.Ba1o


     ____
    / ⌒  ⌒u \
  ./( ―) ( ●)  \  ……さっ、はやく逃げなさい。
  /::  __',__   :::::  |    私は、どの道助かりませんから……
  |    `ー'┃u   .|  
  \          /   ……アナタにはまだ、Valutと友人を救う任務が残っているでしょう?





                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.  で、できる夫……
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄


298 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:47:51 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────┐
│                    │
│       ./ ̄ ̄\     ...│
│       / ヽ、_   .\   .....│
│     . ( (ー ) .   |    │  ……やる夫。
│     . (人__)     |    │
│     r‐-、    .   |     .│  ……一つだけ、できる夫の命を救う方法がある。
│     (三))   .   |     .│  
│     > ノ       /    .│
│    /  / ヽ、 .   /     │
│    /  / ⌒ヾ   .〈     ..│
│    (___ゝ、  \/. )    ...│
│      . |\    ,.1    ....│
│      . |  \_/...|     .│
└─────────────┘






           ___
       /      \
      /\   ノ  u. \ !!
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |  ほ、本当かお!?
     \ u.` ⌒´       /   それはどうすれば!!
    ノ            \
  /´               ヽ


299 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:48:07 ID:FZj.Ba1o


         1ヽ        ___
     .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//
         //, '/     ヽハ  、 ヽ 
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|   やらない夫!
         レ!小l\    / 从 |、i| 
          ヽ|l ○   ○u | .|ノ│  ま、まさか……
            |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /  ノ ヽ、\      │
│. |   (●)(●)|    ...│
│. |   (_人_)│     .│  ……そうだ、FEVウィルスを投与するんだ。
│ |     ` ⌒´  |   ......│
│  |           |   ......│  FEVウィルスのもたらす再生能力なら、
│.  ヽ      /     │  致命傷だって完治できる筈だ。
│   ヽ     /     ...│
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


300 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:48:28 ID:FZj.Ba1o


         ___
        / .u   \  え、FEVウィルスを!?
      /((○)) ((○))\  
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /








┌────────────────┐
│                       .│
│            / ̄ ̄\      ..│
│          /  _ノ ヽ、.\     │  他の人間なら、
│          |  (●)(●) |    ...│  まず最悪の結果になるだろう。
│          |   (__人/,〉.|    ...│
│          {   ´フ´ ./._ }    ...│  ……だが、遺伝子学上の最高の素材のお前らなら……
│          ヽ  ./,二ニソ}      │  その中でも特に優秀なできる夫なら、あるいは……
│          _ヽ/  ,-― 、}ノ      │
│         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ  ......│  
└────────────────┘


301 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:48:51 ID:FZj.Ba1o


          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //  
         //, '/    u ヽハ  、_Vヽ  
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|   ま、待つんだにょ!
         レ!小l●    ● 从 |、i| 
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   仮に、変異に成功して、
        /⌒ヽ_ |ヘ   ゝ._) U j /⌒i !    FEVウィルスの効果を最善の方向に引き出せても……
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│     
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |    ……その意味が解ってるのかにょろ?
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |






┌──────────────────┐
│                           .│
│               / ̄ ̄\       │
│             /       \   .....│  寿命は数百年単位になり、筋力や感覚神経も格段に上昇し、
│             | _ノ  ヽ、   |   .....│  あらゆる毒性に対し高い抵抗力を持つようになる。
│             | (ー)(ー)  |   .....│  
│             |  (__人__)   |   .....│  ……つまり、永い孤独と戦う事になるって事だ。
│.             l  `⌒ ´   }     │  ……オレやお前と同じ様にな。
│              ヽ      ./   ......│
│             /:ヽ    .ノ,'ヽ    │
└──────────────────┘


302 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:49:14 ID:FZj.Ba1o



          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{    U  リ| l.│ i|  ……そこまで解っていて、どうして……
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|
          ヽ|l ○   ○ u |  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|






┌─────────────┐
│        . __       .│
│       ./::::::. \     ...│
│       /::::::ヽ;;:   \    .│
│     . (:::::(::::冫    |    │
│     . (:人;;;) .    |   ....│  オレはやる夫に借りがある。
│     r‐-;::::::. .     |     .│  とても返しきれない程のな。
│     (三)):::::.. .   |    .│
│     >::::ノ:::::::::.    /     │  ……だから、アイツの望む事を叶えてやりたいんだ。
│    /::: / ヽ;:::::::::   /     .│
│    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈       │
│    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)     │
│      . |\::::::::::::;;:1     │
│      . |:::::\;;/:::|     .│
└─────────────┘


303 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:49:39 ID:FZj.Ba1o


┌────────────────┐
│                       .│
│         / ̄ ̄\         │
│       / ヽ、. _ノ \        │
│       |  (●)(●) |       .│  ……さぁ、決めるのはお前だ。
│       |  (__人__) |       .│  
│          |   ` ⌒´  |        │  できる夫に「人間」として生を全うさせるか……
│        |        }      ......│  それとも……
│        ヽ       }         │
│        人_____ノ"⌒ヽ     .│
│      /           \  .....│
└────────────────┘







           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \  ……やらない夫……
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |  ……ウィルスは何処に?
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;


304 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:49:56 ID:FZj.Ba1o


        1ヽ        ___
    .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
           |/ /" `ヽ ヽ  \//
        //, '/ u    ヽハ  、 ヽ
        〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
        レ!小 ●    ●从 |、i|
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│ やる夫!!
        (⌒ヽ|ヘu   ゝ._)(⌒ヽ_j | |
   .   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│
.        /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶
       `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ






┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│  / _ノ  ヽ、_ \     .│
│. | ( ●)(● ) |   ...│  ……メインスクリーンのすぐ前の棚を開けろ。
│. |  (__人__)  │   .│
│  |   `⌒ ´   |   ....│  そこがアンプルと注射器の保管場所だ。
│.  |           |   .....│
│.  ヽ       /    ..│
│   ヽ      /    .....│
│   >     <       .│
│   |      |       │
│    |      |      │
└──────────┘


305 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:50:14 ID:FZj.Ba1o


        ____
       /    \
.    /          \  ……スモッチさん、スマンお。
.  /    ―   ー  \ これは、やる夫のエゴなんだお。
  |    (●)  (●)  |  
.  \    (__人__)  / ……できる夫、聞こえてるかお?
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ
               >ガチャガチャ……






           ____
         /     \
       /U_,ノ  ⌒ \ や、やめなさ……い……
.     /   (一)  (ー) u\
.      |   u    ´    ij  | わ、私は……化け物になど……
     \   u ⊂つ    /
     /           \


306 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:50:33 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /      \  いや!止めないお!
   /  \ , , / \
  / o゚((●)) ((●))゚o \ いいかお!?お前だけカッコつけて死ぬなんて、
  |     (__人__)'    |  やる夫は何があっても認めんお!!
  \     `⌒´     /  ……これは、そんな事しようとしたお前への仕返しだお!!







                               |   ',
                               !   ',
                              /    ヽ        _,,.. -―
                              ,l      \  _,.-‐''´
                           ,.-‐''´l       `゙´
                           { 、 { ',               _,.-
                           ',  T`ヾ,            _,.‐''´
.ー ..,、                       '、_,ノ ̄`ヽ、       ,.-''´  コ、
     ̄`''''ー ..,,,,__                Y´ ̄`'7 \_  _,.-''´ 、. "..,,_,,゙l.
             `゙^''''―- ..,,,,_          ゙r―r {   `プ ,i‐''"´ `''―ー′
                      ゙゙̄"'''''―ー- .',__ァr'"T__/               _,,.. -一''''^l゙
                                 .||! _..-"            ,ilー    ./
                                 || |            __,,,,,ラ――'/'''"゛
                                _.\`! ! !//     __iニー、    _..┘
                r‐' ---――¬''''''''''''''''''''゙゙´  ヾ!,.!'' ´     __i┴ ゝ--lヽ,,.. /
`゙"''ー;;, ......,,_____,,,,,,,,,_,;i_,,,,,.... -ー¬'"´                 ,ィゝ `''''ヘ..___,./
  .'二,,,,, ̄´                               `'~.、,,,,,,/
   ゝ..,,,,,,,,,,,...,,,,,,,,,,,,___   _                        , /
            ,,,..`-'“´                       /    >ブスッ!
     _,,,..,,.. ‐''''"´                           /
    'ヽ -‐゛     _,,,.. --ー''''''",゙=‐                 /
     .`-.... -ー''"´゛   _..-'''"゛                ,..-'″
                ,r'"゛     ,,, -'".~l     ./゛
              /   .,ン'''"´    ./     ,i"
              'ヽ iニ..-'"       ./    ./
                      /    ./
                        ,′  .,ノ′
                        / .,i_,,./
                     ´゛

307 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:50:50 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\  ぐぁああああああ!!
    /u     _´_  u \
    | u  ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /





         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \  がはっ!
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ バタンッ!


308 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:51:07 ID:FZj.Ba1o


       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /  できる夫……スマンお。
      r "     .r  /゚。   でも、お前には生きて欲しかった……
    :|::|     ::::| :::i      
    :|::|:     .::::| :::|:     目が覚めたら、いくら恨んでくれても構わないから……
    :`.|:     .::::| :::|_:   
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"






┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /   _ノ  \     .│
│ |    ( ●)(●)    │  やる夫!
│. |     (__人__)    .│
│  | u   ` ⌒´ノ     │  爆発まで10分切ったぞ!
│.  |         }     .│  はやく、できる夫を担いで脱出を!
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


309 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:51:24 ID:FZj.Ba1o


         1ヽ        ___
     .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{/    \リ| l │ i|  ……できる夫はアタシが担ぐにょ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   さ、はやく行こうにょろ。
        /⌒ヽ__|ヘ       u j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |







       ____
     /:::     \
   /::::::::::     \   ……解ったお。
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |   今……行くお……
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;>グイッ



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


310 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:51:55 ID:FZj.Ba1o



~基地の入り口~




            1ヽ        ___ 三三三====-
            |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//   三三三三====-
           〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
           レ!小l●    ● 从 |、i|    三三三====-
            ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
         /⌒ヽ__|ヘu      u j /⌒i !  やる夫!!もっと速く走るにょ!!
         \ /:::::| l>,、 __, _イァ/  /|
          /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |      三三三三====-
          `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                       >ピュン!






        / ̄ ̄ ̄\  
     /ノ     ヽ、 \ こ、これで精一杯だおぉぉ!!
    / ( ○)}liil{(○)  \. 
    |    (__人__) u   |  三三三====-
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /  
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、三三三三====-
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ  三三三三====-
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
                 >ダダダダダッ……


311 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:52:13 ID:FZj.Ba1o


┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /  \ ノ\      .│
│. |   (●)(●)|    ...│  やる夫!時間だ!
│. |   (_人_)│     .│
│ |     ` ⌒´  |   ......│
│  | u         |      │
│.  ヽ      /     │
│   ヽ     /     ...│
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘




            ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
             ヽ     \                                /
                     \      /!     ,,.rァ
                          / l゙  ,,、r'´ /             ---‐‐‐
             ‐‐‐‐---         |  l_,.r''´   /
                          |    ,.、r'!  /                 -----‐‐‐‐‐
    ー――――――――          ,,l   ,,r'’  l  /
____________            ./   .l゙   l ./                   -----------
            二二二      / ./!  l!    l゙/             _,,.rァ  === 二二二
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        r'´  ./ .|  |                   r''´! ./゙ /        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        --------‐‐‐‐‐‐‐‐    |   ./  |  |           /| .| ,l / ./    ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
                     | ./   |  |              |  | |/./ . /
             ---‐‐‐‐‐    レ'     | /           .| ./  ./ ./   ‐‐‐‐---
                             |./              l/   / ./
               /  /                       ;'_/
              /  /          /                       \
            /  /  /                      丶      \     \
              /  /   /     /        |   i,      丶     \   \


312 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:52:31 ID:FZj.Ba1o


:::l    l:::::l l::/  l:::::::::l/:::::::::::::〉          、/:ヽ
:::l  ./l l:/   l:::::::::::::::::::::::::::/ /l ,/::l    ./::::::ヽ
::::l /:::::l "  ∧  .〉::::::::::,:::::::::::/  !::::l l:::::::l   ./:::::::/ヾ
:::::l/:::::::::l  /:::::v;:::::::::::/l::::::::/  l:::::l .l::::::l  /::::::/
::::::::::::::::::〉 .〈:::::::::::::::../ /:::::::/   l::::.l l:::::l/:::::/
:::::::::::::::./  ヾ:::::::::/  /::::::/    l:::::l l/,;::::/
:::::::::::::/   ヽ:::::::ヽ  /::::::/    l:::/ /:::/
:::::::::::/ ∧  ヽ::::.ヽ,  /::::::/       /::::/
:::::::::/ /::::\ ヽ:::::ヽ /::::::/      /:::::/
:::::::::! 〈:::::::::ヽ ゝ/ /:::::/      /:::::/
::::::::::l.\::::::::ヽ   /:::::/      〈::::/
:::∧:::l \:::::::::.〉  /::::/       "
:::! .l::::l  \::::/  l::::/
:l /l.l::::l   Y                   .i|    l     |i.
l /:l l:::::l                      .i|  i       |i.              _ ,, .. ノ;;⌒;;))
〈::::l .l::::::l                      .i|          |i.   (;;;)   ;       .     ;
..l:::l  l::::::〉                .i|         |i.          (´⌒;;;  .
.l:::l  l:;::/    (;;;)              .i|      i    |i.      ;       .     ;
.l:::::l  ∨                   .i|           |i.  (´⌒;;;    ;  '    :  .
.l:::::/              (;;;)    .i|         |i.      (;;;)    (´⌒;;;    (´⌒;;; - = ≡ = -
..l::      (;;;)           _,,,,..i|   !   l  i  |i. :::;;;..,,..,,_    ;       .     ;
.l/         ____-‐= ''”_ ,,..i|          |i:::;;;,, _  ”" '' = ::,, (´⌒;;;- = ≡ = -  . : '
         /ヽ ノ \''"~   :  .i|            |i.  :  ~"   ) :)  ;  .   _ ,, .. ノ;;⌒;;))
        (○) (○ ) ヽ おわぁぁ!!!..,,,,,_ ,,,,.. .._ ,, ~-;_,,ー= ^ ノ; :    .     ;     :
       . | (_人__)u   ノ   - ::::;;;;,,,,......._,,;;_::::_::;_:.;_;;;;::::: ::- = ''''"   (´⌒;;;  - = ≡ = -
   と二二二ヽ |illili|  /ー―― つ       !     |i.      (;;;);   ;    :  .
       '  \ ̄   、イー―-".i| l       i   |i. ,     :   ;   ,  ,  ;   _ ,, .. ノ;;⌒;;))
        (´⌒\    ヽ (⌒;;  .i|             |i. (´⌒;;;    (⌒;;   :    ;
            〉    ヽ  ;;(.i|   l        i  |i.;;⌒ )⌒ );;    _ ,, .. ノ;;⌒;;))  - = ≡ = -
      ".;.;"./ /⌒\ .ヽ⌒.i|             |i.⌒;;);; ;;)⌒;;)".;.;".;":.
     """""""//   .  \ ヽ |   l       i   |i."""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
         (/         \ヽ、
                  .   \>


                    ●

                    ●

                    ●


313 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:52:53 ID:FZj.Ba1o



          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{   u   リ| l.│ i|
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l >   < u| .|ノ│ げほげほ!
          |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | , |   ……や、やる夫!生きてるかにょ!?
          | /⌒l __, イァト |/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |









          _ミ`ー‐、
          `⌒丶、 'ー-、
              \   ヽ._
               \    \                  _,r'⌒ヽー、
                 \   \      __..- -―― ´ ̄ __... -―一┘
                  \   ⌒-´ ̄ `丶     __,. -‐~
                    \          ,. -‐ 
                      ヽ.._       ノ      
                      〉       ノ   ……な、何とか……
                      /  ,'    /
                 _/⌒∨  /    /_/⌒'l  ……でも、出来れば抜いてくれると嬉しいかも……
                 |ン l /      / ,イ  |
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


314 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:53:22 ID:FZj.Ba1o


~B.O.S本部・地下四階~



      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /        U    \
   /  U               ヽ  ……で、キミらだけで片付けてきちゃったの!?
    l:::::::::     \,, ,,/       .|  
    |::::::::::   (●)     (●)   |   いやはや……実は、キミって凄腕?
   |::::U::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ いや、やる夫の仲間のできる夫のおかげですお……
 /  (ー)  (ー)  \
 |      (__人__)    |  
 \      ` ⌒´   /


315 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:53:41 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /_ノ   ヽ_\  で、マクソンさん、
   /( ●) ( ●)\   さっきの話になるんだけど、できる夫を……
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /






       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \
   /                  ヽ
    l::::                  ::::|  目が覚めるまで、預かっていればいいんだね?
    |:::::    (●)     (●)  :::::|   大丈夫、そのぐらいは協力するよ。
    |::::::::    \___/   :::::::|
    ヽ:::::::::.     \/    ::::::::ノ   でも、いいのかい?彼のValutに連れて帰ってあげなくて……


316 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:54:00 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────┐
│                    │
│        / ̄ ̄\    ......│
│       / ヽ、_   \   ....│
│     . ( (● )    |    .│
│     . (人__)      |   ..│  ……できる夫も、あの監督官には疎まれていたようだからな。
│     r-ヽ         |   .│
│     (三) |        |    │  FEVウィルスを注射したなんて、
│     > ノ       /    │  下手に本当の事を言って預けようものなら、最悪、殺されかねんだろ。
│    /  / ヽ     /     .│
│   /  / へ>    <    ......│
│   |___ヽ  \/  )     .│
│       |\   /|     .│
│       |  \_/ |    .....│
└─────────────┘





          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|  FEVウィルスの変異期間は個体差が極めて大きいにょろ。
          ヽ|l ー   ー u|  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /   数日で完了する者も居れば、数十年かかるケースも
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |   在ったみたいだし……できる夫も、変異に成功したのかどうかや
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||   何時目覚めるかはさっぱり解らんにょ……
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|


317 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:54:24 ID:FZj.Ba1o


          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  ……そういえば、やる夫。
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  .| |ノ│   これは、基地から持って帰ってきた資料から
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |    新たに解ったスーパーミュータントの生態レポートだにょ。
            | /⌒l,、 __, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |   ……「マスター」に会いに行く前に読んで欲しいにょ。
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |    






      _____  
    / ―   \  
  /ノ  ( ●)   \ 
. | ( ●)   ⌒)   |  生態レポートかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /   やる夫が読んで解るモノなのかお……どれどれ?
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\  「スーパーミュータントの変異と生殖能力の欠如に関する結論」……
.    |  /     \_ノ


318 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:54:45 ID:FZj.Ba1o


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ ふんふん……
 |    (●)  (●) |  お!?やる夫の生態データも載ってるお?
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \







┌────────────┐
│                  │
│   / ̄ ̄\          .│
│ /   _ノ  \      ......│
│ |    ( ●)(●)     .....│  ああ、お前のデータを比較対照に欲しいと言われてな。
│. |     (__人__)     ......│  前にスキャンしたデータを渡したんだ。
│  |     ` ⌒´ノ      ..│
│.  |         }      ....│
│.  ヽ        }      .....│
│   ヽ     ノ  mm    │
│   /    ̄ ̄ ̄ つノ   .│
│   |    | ̄ ̄ ̄    .....│
└────────────┘


319 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:55:03 ID:FZj.Ba1o


        ____
       /    \
.    /          \  !!
.  /    ―   ー  \
  |    (○)  (○)  |  こ、これは……
.  \    (__人__)  /   ……スモッチさん、これ……本当なのかお?
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ







          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{      u リ| l.│ i|  ……残念ながらと言うべきか、幸いと言うべきか、
         レ!小l/     `ヽ 从 |、i|   アタシの結論としては事実だにょろ。
          ヽ|l ー   ー  | |ノ│
          |ヘ⊃ 、_,、_, ⊂⊃j | , |  
          | /⌒l,、 _ , イァト |/ | 
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |


320 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:55:22 ID:FZj.Ba1o


┌───────────┐
│                │
│   / ̄ ̄\        .│
│ /   _ノ  \       .│
│ |    ( ー)(ー)    ....│  ……
│. |     (__人__)      .│
│  |     ` ⌒´ノ    ....│
│.  |       nl^l^l   ...│
│.  ヽ      |   ノ     .│
│   ヽ    ヽ く     ..│
│   /     ヽ \    .│
└───────────┘





           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (ー)  (ー)  \  ……そう……なのかお……
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \






     )\∧/ヽ(_/(_∧/(_∧/(_
  )\/                  (_
  \     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      /
    ) /             \    フ
  )~ /                 ヽ   (   で、どうするんだい?やる夫くん。
  ゝ l:::::::::.     \,, ,,/       |  /
 <  .|::::::::::   (●)     (●)   |   >  今回は僕らも一緒に戦うから、
   ) |:::::::::::::::::   \___/     | (     カテドラルに攻め込むなら何時でも……
  /   ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  フ
                   >ゴゴゴゴッ……


321 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:55:42 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /      \
       ─   ─    \  ……いや、やる夫とやらない夫だけで十分ですお。
      (ー)  ( ー)      \
      | (_人__)        |  あと、このステルスボーイを、もう少し貸してくれると助かりますお。
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `






      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.    ノ             |  えぇ!?いや、ステルスボーイは幾らでも貸すけど……
    |::::::::::   (●)     (●)   |
   |:::::::::::::::::   \___/   U |   二人で十分って……
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ


322 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:56:08 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  ……スモッチさんのこのレポートのおかげで、何とかなりそうなんですお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |   でも、もしも1ヶ月経っても
     \    ` ⌒´    ,/   やる夫が帰ってこなかったら……
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     その時は、改めて皆さんの手で事件を収拾してくれると助かりますお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |  
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     /             \
   /                  ヽ
    l::::                  ::::|  ……何か勝算が有る様だね。
    |:::::    (●)     (●)  :::::|
    |::::::::      __      :::::::|  わかった。もしもの時の事後処理の件も含めて了解したよ。
    ヽ:::::::::.             ::::::::ノ


323 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:56:29 ID:FZj.Ba1o


           ____
         /      \
        /  ─    ─\  スモッチさん、
      /    (●)  (●) \  できる夫の事……お願いしますお。
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \






          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  そっか……やる夫は「やらない夫」を信じてるにょろね。
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|   解ったにょ、できる夫の事はアタシに任せておくにょろ。
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│  
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /    ……やる夫、存分にケリをつけてくるにょ。
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|


324 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:56:47 ID:FZj.Ba1o


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃__}
     /⌒  ⌒\   |__ |
   /( ●)  (●)\  !   !  おし!んじゃらば、いっちょ行くかお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /   ……やる夫たちで、全てを終わらせに。
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /





┌─────────────────┐
│                         .│
│              ./ ̄ ̄\      .│
│             _ノ  ヽ,_ . \   ...│
│            (●)(● )   |  ......│  ああ、行こう。
│            (__人__)     |    .│
│            ヽ`⌒ ´  .   |    .│  ……全ての過去を清算に。
│             {       .  i    │
│             ヽ      ノ     .│
│                 >ー,-- ':;\    .│
└─────────────────┘


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


325 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:57:05 ID:FZj.Ba1o


~カテドラル・入り口~



                                ll
                           |:|
                            | |
                            | |
                .. : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : :: : : : . . . . . . : : : : : : . . . . . . . : : : : : . . . . . .: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : :.: : : : : :. :.: |::. | : : : :
: : : : : : : : : :                        |;;; |                    : : : : : : : : : : : . . . .
                           |;;;; i i |
                           /;;;; i i∧
       : : : : : :   : : : :    : : : : :   /;;;;;;i i i∧  i:::::::  ̄i:::: ̄|
                          |;;;;;;; v i  | :::::::n  i::::  | : : : : :::::::: : : : :   . . : : : : : : : : :
  : : : : : : : :                     |;;;;;;;V / |::||:ll:::::::............... : : : : : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . .
      /||;||;ll‐-、__               /;;;;;;;;V ,,,  | ::||;||;||;ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...........................:::::::..........
    ../|;||;||;|| ;;;;;;;;;;`‐-、____,-‐: _ _: : |;;;;;;;;;;||;;i   | ::;;;;;;;;m_,-‐ ̄ ̄ ̄ ̄┏┓     ::::::::::::::::::::::::::::
  /__;;;;;;;;|;;;;;;;;A;;;;;;;;;;;; |.|nnn______:::::::::::::::: |;;;;;;;;;;||;;|   | :::____|_|_A :───!..┃┃___
  //::|∧.|;;;;;;;|: |;;;;;;;/\___::: : ┏┓|;;;;;;;;;;||;;|   | ..:|   | | |: : : : : : : : : : : : : : . . . . .`‐-、____
   |:::::::|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| : : : |    | _; ┃┃|;;;;;;;;;;||;;|_,-‐、i ..|   | | |mm : : : : _ : : : : : : : : : I ̄ ̄I : : : : :`‐
  |:::::::| | ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;__|;;;;;   /;;;;;;|;;|;;;;| ::: |_i    .| | |  |\ /|| |_ ̄`‐-───、____
  |:::::::|;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄|三三三| = = = . _|;;;;;;;;|;;;| ̄:::: | i ̄ ̄| | n...|  |:::||  |          __
;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;; ;;;; ;;; ̄:::|;;;;;;;;;;;;;;| = = =!.|;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:::::: | |  | | |/ i ∧!::/ !    /三三l⌒l l \_
;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;; ;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;|:.:::::: | |/| ̄  ̄  !;;;;;| |   | /i/|M _|   ! !   |
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ̄|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; lllllll |;;;/へ=ニ//AA..: | | |lllllli ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;| ̄| /zzzi |:::::| i^^^|  _|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  | |;;;;;;;|:::::::::|^^^^^| |;/;;;;;;;;;;;;;;;;//Ⅱ|.: | | |lllllll I_/:.:.:.:.:.:.l\|::| | | /:::::|/  i¨l
;;;;;;;;;;|三|;;;____且;;;; ;;;;; ;;;mmmm|    .|../;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Z.ii.ii.iiゝ i ̄\∧|;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.,/|
;;;;;/\_,----i_;;;;;;;;;|::::::/ニニニi!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ll.ll.ll.ll| |::::┌┬┐:::::./;;;;',',|  >ド~ン!
|    |    \;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;|;;;;|    .i!|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ll.ll.ll.ll| |::::│││m|;;;;;;;;


326 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:57:36 ID:FZj.Ba1o


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)  ……これまた、馬鹿でかい建物だお。
  /     (__人__) \
  |  U    ` ⌒´   |  それに、教会を中心にちょっとした町並みも出来てるし……
.  \           /   ……宗教ってすげぇ。
.   ノ         \
 /´            ヽ







┌────────────┐
│                  │
│       / ̄ ̄\      .│
│     /  ヽ、_  \     │
│    (●)(● )   |   .....│  さて、呆けてないで行くぞ?
│    (__人__)     |     │
│    (          |    ..│  ……そろそろステルスボーイを稼動させた方が良さそうだな。
│.    {          |   ......│
│    ⊂ ヽ∩     く    ...│
│     | '、_ \ /  )   ....│
│     |  |_\  “ ./    ..│
│     ヽ、 __\_/     ....│
└────────────┘


327 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:57:53 ID:FZj.Ba1o


           ____
         /      \ OKだお。
        / ─    ─ \  
      /   (●)  (●)  \ えぇ~っと、代えのバッテリー3本借りてきたから、
      |      (__人__)     |  合計40分か……ま、いくら広いっていっても、
      \     ` ⌒´   ,/   20分あれば辿り着けるとは思うけど……あポチっとな。
      /     ー‐    \    
                    >ピッ







   \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐  「おっ?体が見えなくなったお!」
  ー                                       
 __                                --  「よし、じゃ時間制限も有るし、急ぐか」
     二                       = 二
   ̄                                 ̄
    -‐                            ‐-     rt  「l []
    /                                   i i  l i 
            /               ヽ      \    l' i   i l
    /                    丶     \       i' ,'  '" rl^レゥ
   /   /    /      |   i,      丶     \     i/     "7'/



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


328 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:58:11 ID:FZj.Ba1o


~カテドラル地下・Valut跡地入り口~



  | ::::::|   |                              |:::|   |
\| ::::::|   |                              |:::|   | /
  \ ::|,______|______________________|;;;|   /
∥ |::::::|   l─ ─── ─── ── ──── ─ ────|:::|   |  /
\ |::::::|   i    / /     / /     / /      / / |:::|   |/
  \ | ,,,,..;;; ..                              |:::|   l  /
\  l: | l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二||   l/
  \l: |ヽ_______________________/:|   i ̄ ̄
 ̄ ̄ |   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/''|:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |____________________________,|:::|   |
  | ::::::|  /                               |:::|   |
  |____:|/                                 、|______,|



  「Valut!?……ここはValutだった場所なのかお?」

  「……カテドラルは、奴等が制圧したValutをベースに建てたようだな」


329 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:58:28 ID:FZj.Ba1o


                                                        ____
                ____                                  /⌒  ⌒\
               / ⌒  ⌒\                              /         \ 
             /         \ ……                        /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \……
            /  ;;;(○)::::::(○);;; \                          |   (トェェェェェェェェイ)   | 
            |   (トェェェェェェェェイ)   |                          \  \ェェェェェ/   /
            \  \ェェェェェ/   /                          ,イ\ |      イ〃 ,ノハ`r==、― 、_ 
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...ヽ──-‐'  ̄``ー-、        ,イ「 ̄`v'´   {{    , 〃-――=、  /八ヽ ヽ  ヽ、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:ヽ::::::::/ ::::::::|:.:.:.:...    r       \     /  {{ /  ̄ ヾ `((::))´        ヽ       ヘ   ヽ
  r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.:: ::::::::   ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ   /  /ハV       〃     ヽ、     i        !〃|
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|::::  >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、 i    /     -={!       》      |        | /
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \|    i        {!     -==ニ==、-T―- 、    イ
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ ヽ  /|         !           /i    _ ヽ、  ヽ、
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |/    ヽ、__ / {` ‐- 、___ /  ト==<   ヽ   i
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ', /{ /      人 i'´  }     ヽ  /,へー‐ 、      i i〃 |
:.:: イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   i  /  ==-==/ヽ {  丿_    ノー/{  ヾュ_ `i , ィ‐-- ,j  |  |
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... | i   ==" /ヽ、ト 〉'´ {   `ヽ〈  ハ ヽ     V‐'´ヾ{⌒ `   i
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::∧ !     /  ヽヽ{、_ j、    } iヘ `  ヽ、      ヾ、   {


  「……さすがに警備も厳重だお。」

  「やる夫!そろそろバッテリーが切れるから、はやく入り口を突破して身を潜めよう!」

  「げげっ!了解だお」



                          ●

                          ●

                          ●


330 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:58:48 ID:FZj.Ba1o


   \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                 ____             -‐ 
  ー            /      \           お?バッテリーが切れたお。
 __           / ─    ─ \           -- 時間的に結構ギリギリだったお……
     二      /   (●)  (●)  \    = 二
   ̄         |  u   (__人__)     |           ̄
    -‐       \     ` ⌒´   ,/        ‐-     rt  「l []
    /       /     ー‐    \              i i  l i 
            /               ヽ      \    l' i   i l
    /                    丶     \       i' ,'  '" rl^レゥ
   /   /    /      |   i,      丶     \     i/     "7'/






┌─────────────┐
│                    │
│        / ̄ ̄\    ......│
│       / ヽ、_   \   ....│
│     . ( (● )    |    .│  ステルスは帰りの分も必要なわけだしな。
│     . (人__)      |   ..│
│     r-ヽ         |   .│  残りの20分は、なるべく温存して進もう。
│     (三) |        |    │
│     > ノ       /    │
│    /  / ヽ     /     .│
│   /  / へ>    <    ......│
│   |___ヽ  \/  )     .│
│       |\   /|     .│
│       |  \_/ |    .....│
└─────────────┘


331 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:59:54 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /      \
       / ─   ─   \  入り口に見張りが何匹も居たし、
      /( ●)  ( ●)    \  その方が良さそうだお。
      |  (__人__)       | 
       \ ` ⌒´   u    /
        /  ー‐      ヽ  ……それにしても……
       /            `






゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.   .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l    l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!   .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!   .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙   l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ウニュウニュ……


332 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:00:09 ID:FZj.Ba1o


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\   ……この壁や床一面に張ってる
     / .イ '(●)  .(●)\  触手のような肉塊は何だお?
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`  u   |  たまに動くし、すげぇ気持ち悪いんですけど……
  . \ ヽ           /





┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /  ノ ヽ、\      │
│. |   (●)(●)|    ...│  ……おそらく「マスター」の体の一部だ。
│. |   (_人_)│     .│
│ |     ` ⌒´  |   ......│  「マスター」は、スモッチとは正反対に、
│  |           |   ......│  FEVウィルスとは、相性が最悪だったんだ。
│.  ヽ      /     │  
│   ヽ     /     ...│  だから、変異の時に、体が崩壊を起こしていたんだが……
│   .>    <     .....│  たぶん、今は細胞分裂の制御もできなくなっていて、
│   |     |     .....│  際限なく分化して増殖してるんだ……まるで、ガン細胞のように。
│    |     |       │
└──────────┘


333 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:00:27 ID:FZj.Ba1o


     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\   こんな状態になって、狂ってしまっても、
  /   ─ヽ  .─   \  まだ、人類の再生を願ってるなんて……
  |   (ー)  (ー)   .|
  \.   (__人__)    /  ……本当に悲しい話だお。
   ( ヽ     ././






┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /     _ノ \    ...│
│ |      ( ー))    .│
│. |       (__ノ_)    │  ……それも、今日終わる。
│  |       `⌒ノ  .....│
│.  |         }     .│  奴はやっと、この悪夢から覚める事ができるのさ。
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


334 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:01:19 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /  ⌒  ^\   ……そういえば、気が早いけど、
   /  ( ●)  (●)   全部終わったら、やらない夫の生まれたValutシティにでも
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  行ってみるかお。
 |       |r┬-|   |   
 \        `ー'´  /  お前も60年以上戻ってないんだろうから。







┌───────────┐
│                │
│   / ̄ ̄\        .│
│ /   _ノ  \       .│
│ |    ( ⌒)(⌒)      .│  ……そうだな。
│. |     (__人__)      │
│  |      |r┬|}    ......│  あそこだけは戻る気持ちになれなくて、
│  |      | | |}     ...│  この60年間、様子を伺いもしなかったが……
│.  ヽ     `ニ}       .│
│   ヽ     ノ       │  お前と一緒なら、見てみるのも悪くないかもしれん。
│   /    く  \    ..│
│   |     \   \  .....│
└───────────┘


335 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:01:45 ID:FZj.Ba1o


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  おし!決まりだお!!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |  んじゃ、ちゃっちゃと「マスター」に引導を渡して来てやるかお!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




┌────────────────┐
│                       .│
│                / ̄ ̄ ̄\   .....│
│          /     :::::::::.ヽ   ..│
│          /    :::::::::::::::::::: 〉   │  ……ああ、そうしよう。
│          |    ::::::::::::::::::/   ...│
│          |     ::::::::::::::::::::l   .....│
│          |   ::::::::::::::::::/    ...│  (本当に……やる夫と一緒に行けたらよかったのにな……)
│           \__  :::::::::く      .│
│.            ,イ   :::::::::ヽ     │
│           / `   :::::::::::}    ....│
│            ,' :::j  .:::::::::/     .│
└────────────────┘




      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


336 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:02:03 ID:FZj.Ba1o


~カテドラルのValut・地下三階~







                    ____
                  /⌒  ⌒\
                 /         \  
               /  ;;;(◯)::::::(◯);;; \
               |   (トェェェェェェェェイ)   |  ……
               \  \ェェェェェ/   /
               ,イ\ |      イ〃 ,ノハ`r==、― 、_
         ,イ「 ̄`v'´   {{    , 〃-――=、  /八ヽ ヽ  ヽ、
       /  {{ /  ̄ ヾ `((::))´        ヽ       ヘ   ヽ
      /  /ハV       〃     ヽ、     i        !〃|
     i    /     -={!       》      |        | /
     |    i        {!     -==ニ==、-T―- 、    イ
     ヽ  /|         !           /i    _ ヽ、  ヽ、
    /    ヽ、__ / {` ‐- 、___ /  ト==<   ヽ   i
   /{ /      人 i'´  }     ヽ  /,へー‐ 、      i i〃 |






                  ________
                    |\             \
                    |  \            \
            _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____
            .\    .\  |   愛媛みかん U|    \
           \    .\|________|      \
                   ̄ ̄ ̄ /         ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      しヽ        ト、ノ  ……所々に見張りが居て、
                    |    __    |     進むだけでも一苦労だお。
                         !___ノ´  ヽ__丿
                            コソコソ……


337 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:02:22 ID:FZj.Ba1o


┌───────────┐
│                │
│    / ̄ ̄\       .│
│  /     _ノ\      .│  ……おそらく奴は、この奥の監督官執務室に居る。
│  |       (●)    .│  Valutで指揮を執るのなら、
│.  |       (___ノ)  .....│  機材が揃っているあそこが一番都合がいいだろうからな。
│   |        ´ノ    .│  
│.   |         }   ......│  例の肉塊も、奥から来ているようだし……
│.   ヽ        }      │
│    ヽ     ノ      │
└───────────┘







                  ________
            r⌒ヽ、 |\             \
           / \  |  \            \
         /_/_ヽ._! .   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____
         〈__\    .\  |   愛媛みかん  |    \
           \    .\|________|      \
              / ̄ ̄ ̄ ヽ, _.ヽ  .\/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        .__   r  /     |/ー、\   \  ……執務室は、もう目と鼻の先だお。
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i  もう一踏ん張りだお!
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ  
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/   ダッ
           |_/


                ●

                ●

                ●


338 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:03:17 ID:FZj.Ba1o


~監督官執務室~




  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、  l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:  l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:   l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:   l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;: / ̄ ̄ ̄ ̄\   l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
  \_         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \  l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 . \   ゝ       (  (  |:.:.}     ハ   ) )'   /|  |       )   }. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  . \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;\ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /         )  }    ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;.ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/  ……      )  };;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、       ;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙ ∥//7:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::: ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      _,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ ' .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      `'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  { /::::::/⌒l:::厂ハ:::::::::::::::::::::::::::::::|  l       ヽ::::::::\   ;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、  レ::::::/.   |:| /{. /:::::::::::::::::::::::::: l  ||',       Y^}__:::ハ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!.     //:::::/   ヽ/ .|人::::::::::::::::::::::::: /  ∧       厂 }::::::ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !//:::::/    /   ∧    ,ェ‐ェ '/  ∧. \     |l  {ノ /::} ;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;. { {:::::〈、_  〈   ムィ!  V    /  /  \ \    |l  {ノ /}   ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;/∧::::::{ `  ヽ   l/   Y   V  /   .|  }      {ノ   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__| | ヽ::::ヽ.  ノ ./   /   !  ヽ    .| /   ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;/ /l    /     \   \ \ ヽ .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,. /   l  ヽ    \      ヽ   .〉 ヽ \/ ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r" ヽ  | _ ∧    \  /    /   ヽ ヽ;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,   ヽ | >―}     }   l/    /:     } 丿ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟イノ l >-   /    〈      ヽ   .//;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l ー/ 7:ー-:.'/       ヽィ  厂   .乂_ノ .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/
. ゙",!;;;;;;;;;/'l,;;;;;;;;;;,!  |/∨:              \「      .‘゛ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  '、_./     ..
                                                 >ウニュウニュ……
       ザ・マスター(旧名リチャード・グレイ)


339 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:03:38 ID:FZj.Ba1o


               / ̄ ̄ ̄ \  警備は居ないけど……
             / ─    ─ \  あ、アレが「マスター」かお……
    ィ'^ '^ '^ヽ^),, /  (●)  (●)U \.!^)'^ '^ '^ヽ
 ̄ ̄U l l l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | l l l∪ ̄ ̄ ̄
     ∪∪∪..                  ∪∪∪







┌─────────────┐
│                    │
│       / ̄ ̄\     ......│
│     /     _ノ ヽ     │  そう……そしてアレが「オレ」ってわけだ。
│     |     ( ー) |     │
│     |      (__人)    .│  ……60年前よりも、さらに醜悪になってやがるぜ。
│     |        ⌒ノ     │  
│     ン        ノ      .│
│    /⌒ヽ、    _ノ       │
│   /   ノ \__ィ ´         .│
│  /  /    '|.        ......│
└─────────────┘


340 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:04:01 ID:FZj.Ba1o


      ___
    /     \  ……やらない夫。
   /  _ノ '' 'ー \  
 /  (●)  (●)  \ ここまで来て、こんな事聞くのも何だけど……
 |      (__人__)    |  ……本当にいいのかお?
 \      ` ⌒´   /   もし、やらない夫に躊躇いがあるのなら、別の方法を考えて……







┌────────────────┐
│                       .│
│           / ̄ ̄\       │
│         /   _ノ  \      │  いや、躊躇いなんて無いさ。
│         |    ( ●)(●      │
│.         |      (__人__)    │  ……さっ、お前の手でケリつけてくれ……
│           |,      ` ⌒´ノ    .│
│          │         }    ...│
│           ヽ、      ソ    .....│
│          イ斗┴r┐` .;        │
└────────────────┘


341 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:04:25 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ー) ( ー)\  ……解ったお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |  
 \               /






        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\  ……やる夫が、
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  きっちり「マスター」という存在を……
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ……抹消してきてやるお。
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


342 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:04:48 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \ \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )  }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       ) }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /  襲撃……Valut……計画……素体……     
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/          
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、       
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      
         { /::::::/⌒l:::厂ハ:::::::::::::::::::::::::::::::|  l       ヽ::::::::\   
         レ::::::/.   |:| /{. /:::::::::::::::::::::::::: l  ||',       Y^}__:::ハ 
   .     //:::::/   ヽ/ .|人::::::::::::::::::::::::: /  ∧       厂 }::::::ヽ 
       //:::::/    /   ∧    ,ェ‐ェ '/  ∧. \     |l  {ノ /::} 
      . { {:::::〈、_  〈   ムィ!  V    /  /  \ \    |l  {ノ /}  
      /∧::::::{ `  ヽ   l/   Y   V  /   .|  }      {ノ 
      | | ヽ::::ヽ.  ノ ./   /   !  ヽ    .| /  
            / /l    /     \   \ \ ヽ
          /   l  ヽ    \      ヽ   .〉 ヽ \
          ヽ  | _ ∧    \  /    /   ヽ ヽ
            ヽ | >―}     }   l/    /:     } 丿
           イノ l >-   /    〈      ヽ   .//
           ー/ 7:ー-:.'/       ヽィ  厂   .乂_ノ
            |/∨:              \「






 .        ____
..          /        \    頼もう!!
       / \ , , /   \  
      /  (●)  (●)    \  「マスター」!
      |     (__人__)       |   ……いやさ、「リチャード・グレイ」!!
     \   |r┬-|     /
       / ゝ  `ー'´   ィ'ヽ    お探しの「Valut13の住人」である、このやる夫さまが直々に出向いてやったお!!
     /                 \
   /   ィ          r   \
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
         l    Y´     /
         ヽ,   (     ,/
          ヾ  |   |
         ≒;|   |
         (.("_`゙_)  >ザッ!


343 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:05:11 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   Valut13の住人!!歓喜!歓喜!!
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/      即、FEVウィルスの投与……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、       
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      
         { /::::::/⌒l:::厂ハ:::::::::::::::::::::::::::::::|  l       ヽ::::::::\   
         レ::::::/.   |:| /{. /:::::::::::::::::::::::::: l  ||',       Y^}__:::ハ 
   .     //:::::/   ヽ/ .|人::::::::::::::::::::::::: /  ∧       厂 }::::::ヽ 
       //:::::/    /   ∧    ,ェ‐ェ '/  ∧. \     |l  {ノ /::} 
      . { {:::::〈、_  〈   ムィ!  V    /  /  \ \    |l  {ノ /}  







        ____
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\  ちょっと待った!!
   /   (● )  (●) \
   |       (__人__)    |  その前に、お前に聞きたい事があるお。
   \      ` ⌒´   /   それから、やる夫が話したい事も。
    /            \


344 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:05:30 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /  質問……可。可。
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/     何が、聞きたい?
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、       
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      
         { /::::::/⌒l:::厂ハ:::::::::::::::::::::::::::::::|  l       ヽ::::::::\   
         レ::::::/.   |:| /{. /:::::::::::::::::::::::::: l  ||',       Y^}__:::ハ 
   .     //:::::/   ヽ/ .|人::::::::::::::::::::::::: /  ∧       厂 }::::::ヽ 
       //:::::/    /   ∧    ,ェ‐ェ '/  ∧. \     |l  {ノ /::} 
      . { {:::::〈、_  〈   ムィ!  V    /  /  \ \    |l  {ノ /}  




        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \  ……アンタは、何の為にFEVウィルスを研究し、
   /   (●)  (●)   \ スーパーミュータントを製造してるんだお?
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /
    /           \


345 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:05:50 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   ……それは人類の地上への回帰……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/      人類の強化……放射能に負けない人類……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、       
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      





          ___
         /     \
       /   \ , , /\  ならば、Valutの住人……とりわけ「Valut13」の住人を
     /    (●)  (●) \ 素体に使おうとした理由は?
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \


346 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:06:10 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   ……放射能汚染による生殖能力の欠如……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/      汚染されていないValutの住人……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、  遺伝子的素養の高いValut13……成功率の上昇……
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\      
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      






         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\  ……グレイ、このデータを見るお。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           / >スッ





____________
| │ └┘       └┘ .|
| │               |
| │               |
| │               |
| │               |
| │               |
| │               |
| │               |
| │ ┌┐       ┌┐ .|  >チャ……
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


347 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:06:40 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   記録メディア……読み込み……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/      …………
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、     !!!
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\   
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}      
                                  >カチャカチャ……





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ ……理解できたかお?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  ……スーパーミュータントの生殖能力欠如は素体の問題じゃないんだお。
 \      ` ⌒´   /  





    !                                       l
    .!      `'ー ,,_                  _,,,___       !  ……FEVウィルスそのものの問題なんだお!!
    |     -.、   `''ー ..,、   | |   ...ーー''"´   ._,-       !   
    l         广''┬--v-‐.   ゛    'i-----r‐''゙]         i!
 ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,
´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
     .\       │                l              /
       .`'-、,     ゝ..____,..-ー .____イ


348 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:06:46 ID:9BTxyk7.

狂気じみた台詞来るか!?


349 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:07:01 ID:FZj.Ba1o


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:u::´{ii}`::ハ/  /// /     ……何故……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/       
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、 
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\   
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}  





       ____
     /     \ ……FEVウィルスは遺伝子を改造して進化を促進させる
   /_ノ  ヽ、_   \  「強制進化ウィルス」だお。
  /(ー)三(ー))   .\  
  |   (__人__)      |  その結果、あらゆるモノへの強い耐性に、
  \ ヽ|r┬-| /   /   生物としては歪なほどに長い寿命を獲得する……
  /   `ー'´      \   いわば、生命個体として「完成」するんだお。


350 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:07:43 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /      \   結局、強い個体として「完成」してしまうから、
      / ─    ─ \  生物としての生殖能力は、ほぼ不要になってしまうんだお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  ……それが、スモッチさんの出した答えだお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /       )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:u::´{ii}`::ハ/  /// /     ……計画……修正……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/        最重要事項……FEVウィルスの改良……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、 
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\   
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}


351 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:08:28 ID:FZj.Ba1o


       ____
    /     \
   /  ─    ─\  ……それすら必要ないお。
 /    (ー) (ー) \
 |       (__人__)    |  なぜなら、お前の目指していた人類は……
 \     ` ⌒´   /   ……目の前に、もう居るんだから。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.







                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /  !   )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:u::´{ii}`::ハ/  /// /     よ、要スキャン…………!
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/        これは……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、    
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\   じょ、常人の約5倍の放射能耐性……
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}   高い身体能力……それに生殖能力……まさか……


352 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:08:52 ID:FZj.Ba1o



              / ̄ ̄ ̄\
            / \ , ,, / \  その通りだお!!
          /   (●)  (●) \  やる夫こそが……お前の目指した
           |      (__人__)    |   「スーパー・ヒューマン」そのものなんだお!!
          \     `⌒´    /
            ノ_三ニ‐'゛ー ′ -‐ヾ  
          (      , '    )
             `;ー‐‐‐'゛ '---ー;'"
            |         |:
                             ._,,、,
                           .厂 ゙}
     /''''l .,-lヘ. /''''l .,-lヘ         .}  .ノ
     |  |,,_ ヽシ┘.|  |,,_ ヽシ┘        } :}
     |  ゛`゙''ー、,、.|  ゛`゙''ー、,、 __ __ _    } ノ
     l゙  |゙゙''-、,_/.l゙  |゙゙''-、,_/ L」L」/ /   .)|
     |  |    ..|  |   `    / /    /⌒'<
     ―″    .―″       //    .\,ノ








                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  |       )   }
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /  !   )  }   
     \ ヽ_____ヽ rト、:u::´{ii}`::ハ/  /// /     そ、それでは……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/        私の取るべき選択……
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、    完全な人類の保護……
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\   及び、その脅威の排除……
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}   gスg水が憂いが阿賀右阿賀がjgkがうああ具……


353 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:09:42 ID:FZj.Ba1o


      ___
    /     \  (思ったとおり、目的の到達点である「やる夫」の保護と安全を
   /  _ノ '' 'ー \  最優先しはじめて、自我崩壊を起こしてるお……
 /  (ー)  (ー)  \ ……この60年余りのアンタの狂気からの行動は
 |      (__人__)    | 許されるモノじゃなかったのかもしれないけど……
 \      ` ⌒´   / ……人類を憂う気持ちだけは本物だったんだお……)







                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  | ……私の求めた人類が、こうして存在するする以上は、
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // /   私の存在理由も消えました。
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/      アナタに害をなす可能性が有るスーパーミュータントも、
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、   もはや不要です。
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}  ですから、この施設をスーパーミュータント諸共爆破します。
                                    >ピッ!


354 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:10:17 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\  ……へっ?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '  U |
  \      `ー'´     /





                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  | 
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // / 
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /   施設内の全スーパーミュータント、
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/     及び信者に、アナタを無事に外まで通すように
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、  通達しました。
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}  ……アナタは地上へ戻り、再び人類の繁栄に尽力してください。


356 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:10:44 ID:at.Tb.io

なんちゅう物分りの良さ


355 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:10:35 ID:FZj.Ba1o


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \  ちょ!!
    / ( ○)}liil{(○)  \.  ま、またこのパターンかお!
    |    (__人__)    |   施設を巻き込んでの自爆までは考えてなかったお!!
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /  
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
                  >ダッダッダッ……




_________________  
           __,∠     /        >っと、言い忘れた!!
          〈、    / 彡   キキッ!
           \、__ノ  彡=≡⌒)  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


357 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:10:55 ID:FZj.Ba1o


         ___
    彡  /     \
      /   \ , , /\  やい!リチャード・グレイ!!
  彡 /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  結果的に、お前の為に多く人が犠牲になり
      \      ` ⌒ ´  ,/   やる夫も大迷惑を被った!……けど……
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          | >クルッ





         ___
       /     \
      /   \ , , /\ ……やる夫は忘れんお!
    /    (●)  (●) \
     |     o゚ (__人__) ゚o |  お前がそんなになってまで……
      \      |r┬-|  ,/   最後の最期まで、人類の事だけを真剣に考えていた事を!!
     , -‐ (_).ヽ`ー'´   ィヽ
      l_j_j_j と)         i  誰が忘れても、やる夫だけは必ず憶えているお!!
       ̄`ヽ        | l


358 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:11:31 ID:FZj.Ba1o


           ____
      彡 /:::     \   ……そんだけだお。
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \  じゃ、さらばだお。
   彡 |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/ >クルッ






                                  / ̄ ̄ ̄ ̄\
   _         ヽ \                 /|  |/´ ̄ヽ  \
 〃   ゝ        )  )  /  ̄ \       / .|  |     \  \
  \   ゝ       (  (  |:.:.} _   _ハ   ) )'   /|  | 
   \  ゝ       \ \ l:ィ'○}::{○)}  / / // / 
     \ ヽ_____ヽ rト、:::::´{ii}`::ハ/  /// /  ワタ……シ……は……
      .ヽ______二 }:ト、 {ニニイ/ハ /二_,/     …………
         ∥ ノ::::::::::::::{/ト、` T:::::::::::://::::::::::::::::`:‐:、 二二、  
         ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\ 
         .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}




      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


359 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:11:59 ID:FZj.Ba1o


~カテドラル・入り口~




             / ̄ ̄ ̄\.     ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
            //    \  \     |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
          /( ○)}liil{(○)  ヽ   |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
          |   (_人__) U  |;;;⌒):└┘..凵   └┘  ! l ̄__l ̄ ̄.┘
      ミ.,ィTl'ヽ\   `⌒´    /`ヽ⌒)/)) .,.  /,   └┘
       kヒヒど,           {⌒⊃ ,⌒⌒);;;;;)))⌒)
         `´ ̄ヽ      ハヽ / ))⌒));;;;)-⌒))  うぉぉぉ!逃げるんだおぉぉ!!
             ヽ   ` /  '}   ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)
              >   /ごノ   ─=≡⌒)丿;;丿ノ
           __,∠     /
          〈、    / 彡
           \、__ノ  彡






┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /   _ノ  \     .│
│ |    ( ●)(●)    │
│. |     (__人__)    .│  ……やる夫、話がある。
│  |     ` ⌒´ノ  ......│
│.  |         }     .│
│.  ヽ        }     │  
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


360 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:12:15 ID:FZj.Ba1o


        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \ 
    / ( ○)}liil{(○)  \. 今じゃなきゃ駄目なのかお!?
    |    (__人__)    |  
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /  
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ






┌──────────────┐
│                   .....│
│        ./ ̄ ̄\      ...│
│      ./      \      .│
│      |     ー  ‐ i     .│  ……お前との約束、
│      |   ( ●) ( ●)   ...│  果たせずに終わりそうだ。
│      |     (__人__)    .│
│      |      `⌒´i      │
│      ヽ.       ノ     .│
│       ヽ     ノ      .│
└──────────────┘


361 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:12:35 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  え!?
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)   U  |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \





┌───────────┐
│                │
│      / ̄ ̄\     .│
│     /   ノ  ヽ \   .│
│     |  ( ●) (●)|    .│  ……オレの元々の本体だった「マスター」が
│     |    (__人__) |   .│  死ねば、おそらくオレにも何らかの影響があるだろう。
│    |     ` ⌒´ |   ..│
│     |       |   ...│  そして、その影響というのは……たぶんオレ自身の消滅だ……
│      ヽ      /   .....│
│     _,,ゝ    (,_    ...│
│   /´  `ー-一´`ヽ  .....│
└───────────┘


362 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:12:54 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /   u \
      /  \    /\  えぇええ!!?
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |  ちょ、い、今さら何を言ってるんだお!!
    \  u   `⌒´   /   何で、そんな大事な事を黙って……






┌─────────────┐
│                    │
│       / ̄ ̄\     ......│
│     /     _ノ ヽ     │  言ってたら、優しいお前の事だ、
│     |     ( ●) |      │  「マスター」を追い詰める事が出来なかったろ?
│     |      (__人)    .│
│     |        ⌒ノ     │
│     ン        ノ      .│  ……だから、これで良かったんだよ。
│    /⌒ヽ、    _ノ       │
│   /   ノ \__ィ ´         .│
└─────────────┘


363 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:13:15 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /   u \
      /  /    \\  そ、そんな……
    /  し (○)  (○) \  何を勝手な事ばかりを……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /





┌────────────┐
│                  │
│    / ̄ ̄ ̄\       .│
│  /         \      .│
│  /ノ  ヽ、_      ヽ   .....│  ……ホントにありがとな。
│ ( ●)( ●)      |     │
│  | { .!  )        |.    .│  この2ヶ月、オレがこんな状態になってから
│  |. ¨´ `¨´      l.    ...│  60年余りの中で、一番楽しい時間だったぜ。
│.  |          /.      │
│  |          /      │  ……オレも、お前と一緒に旅を続けたかったよ。
│   \__      (       │
│     _)_ ===\     ...│
└────────────┘





       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \ こ、このバカやろう……
  / ノ((○)  (○)  \
  |  ⌒ (__人__) ゚o|   |
  \     ` ⌒´    /


365 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:14:22 ID:9BTxyk7.

やらない夫……


364 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:14:03 ID:FZj.Ba1o


'"  .,..ッr'"                i|      |i                   ヽ
.., ''ソ゛                       i|      |i
゛ l゙                     i| i      |i
 .!                    i|        |i
  ヽ                    i|   i     |i
   .`'-、、,                i|    i     |i                   _..-'´
      `''ー  ,,_           i|        |i          _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー . ,_      i|          |i   . _____ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、          ,゙,゙;;;;;;;;;;; i|          |i              '''''''''''''''''''''''''''
  .`゙''''~ .`''ー .. ,,,,____ .__.`゙゙'''''~ i|          |i ー''''''''三゙゙..........---;;;;='   ._,,..
'''ー ...,,,_          ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.i|   i         |i .,,,,,,...... -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′   . .       i|             |i       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_     `゙`-`-二,゙", ,i|           |i  -¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- ____     /⌒"⌒ヽ、/つ i         |i .-―ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
  /ーニjj三ニ‐:u:\,/       } /            |i  .、  ヽ     \
  /(○)三 (○ ):::li|.:ヽ    ,   i  /ヽ、       |i   l.    '、 ヽ  .  ..,
/|i :::((__人__))).:::u:::li|   /゚\  ヽ'"/ヽ、〉 \    |i.  ヽ   ヽ .ヽ. \ \
  ヽ::::: {r┬-} :::::lii::::::/  / .  \_/    \ \ \   |i   l.l.  .、  ヽ. \.\
 / .\::`ー"’u ::::::    / \ \         \\   |i .、 .l.  ヽ  .ヽ .\ ヽ
″ ./  \  ,__ヽ、 〈     \   おわぁぁぁぁ!!  |i.  ..l.  .ヽ  .ヽ ヽ.
 /  /   \ \   \ \                     |i   . l    ヽ  ヽ .゙
'" ./   ,/ /\ \ .  \ _\        i            |i   l   ヽ    ヽ
 ./   ./ ./   \_〉     \_〉               i    |i    .l,   ヽ \
./   ./ ./      ./ \ \                        |i     |″ l
                                                       ┃      ┃
                                                       ┃      ┃
      ┃    ┃  ┃      ┃                                   ┃      ┃
      ┃  ━┛━┛           ┃                    ┃    ┃        ┃      ┃
          ┃     ━━  ┏━  ┃          ┃    ━━┛    ┃        ┃      ┃
      ┏━┛           ┃    ┃    ━━━┛              ┃    ━━┛  ━━┛
      ┃               ┃    ┃                    ┃        ┃      ┃
    ━┛             ━┛  ━┛                ━━━━━┛    ━━┛  ━━┛



366 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:14:26 ID:FZj.Ba1o


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
-------..|             / ̄ ̄\          |--
    ......|            / _ノ  ⌒ \       ......|
    ......|           | ( ⌒) (⌒) |       .....|   「……じゃあな、やる夫。
    ......|          . | o゚ (__人__)゚o |        |    体に気をつけて達者でな……」
    ......|            |   ` ⌒´  |        .|
    ......|          .  |         }         |
    ......|          .  ヽ        }         .|
    ......|            ,、ヽ     ノ-、        |
    ......|          /;;;i/      '、!\      ...|
" ̄ ̄ ̄..|                            ...| ̄
      \__________________/









      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
-------..|                           ......|--
    ......|                              .|
    ......|                           ......|
    ......|                           ......|
    ......|  _______∧,、__ ______    |
    ......|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |  >プツンッ!
    ......|                           ......|
    ......|                           ......|
    ......|                           ......|
" ̄ ̄ ̄..|                           ......| ̄
      \__________________/


367 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:14:30 ID:at.Tb.io

やらない夫・・・


368 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:14:49 ID:FZj.Ba1o


         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \  うっ……うぅ……や、やらない夫……
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'o゚(__人___)"'゚o ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜






      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\° ……あの大馬鹿野郎ぉ!!!
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜  大馬鹿野郎がぁ!!!!
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


369 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:14:56 ID:9BTxyk7.

うわああああああああーーーーーーー!!!!(涙)


370 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:15:20 ID:FZj.Ba1o


~それから一週間後・Valut13~



  | ::::::|   |                              |:::|   |
\| ::::::|   |                              |:::|   | /
  \ ::|,______|______________________|;;;|   /
∥ |::::::|   l─ ─── ─── ── ──── ─ ────|:::|   |  /
\ |::::::|   i    / /     / /     / /      / / |:::|   |/
  \ | ,,,,..;;; ..                              |:::|   l  /
\  l: | l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二||   l/
  \l: |ヽ_______________________/:|   i ̄ ̄
 ̄ ̄ |   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/''|:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |____________________________,|:::|   |
  | ::::::|  /                               |:::|   |
  |____:|/                                 、|______,|


371 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:15:38 ID:FZj.Ba1o


    /\___/\
  / ⌒   ⌒ ::\  みんな!喜べ!!
  | (●), 、 (●)、 ::|   やる夫がスーパーミュータントの連中を一網打尽にしたから、
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   :::|    明日、戻ってくるそうだ。
  |   ト‐=‐ァ'   .:::|
  \  `ニニ´  .::/   今、やる夫用に開けておいた回線に、
  /`ー‐--‐‐一''´\    B.O.Sというやる夫と協力した組織から連絡があったぞ。






       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j  凄い凄い!!
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(    さすがお兄ちゃん!アタシは信じたよ!
.      ハ::::ハ xx  r‐ァ xxj) )
         Yトヽ、 .  rー'´)Y
        丶ト、_´__7 rト--く  |


372 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:15:55 ID:FZj.Ba1o


                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (○)  (○)i:!:〉 Yy  ……正直、ピンと来ないわね。
   (/   ソ::ハ u      /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ.  ▽ . イく       あのもっこりスケベが、凄い事を成し遂げたなんて……
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    \






           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ  げげっ!
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|   忘れてたけど、
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ      また、モッコリ券で追い掛け回されるのか……
             ヽ、  ゝ._) u j /
            ヘ,、 __, イ         ……いっそ、どさくさに紛れて、殺っとけばよかったかな?
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


373 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:16:19 ID:FZj.Ba1o


                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (-)  (-)i:!:〉 Yy  ……気持ちは解らんでもないけど、
   (/   ソ::ハ  ,,    u /i/  リ   そんな物騒な事言わない。
   !   ノ ::/iゝ.  △ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル      ま、アタシたちの危機を助けてくれたんだし、
      )ノ.    ~V~    ヽ      戻ってきたら、素直に祝ってあげましょう。






    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |  ……それから、できる夫は、
  .|::::.,(一),   、(一)|   重症を負って意識不明らしい。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /   命に別状は無い様だが、
  /   `一`ニニ´-,ー´     何時覚醒するかも解らんとの事だ……




         r 、.     ,、
         l ヽ,,, -ー -', l
         /  @ o  @ ヽ  て
        Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ (
        l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j
        `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)  ……できる夫お兄ちゃんが!?
        リ::::::( ( ○) (○::(
.        ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    そんな……帰ってきたら仲直りしようと思ったのに……
          Y ヽu  ̄イ' y


374 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:16:39 ID:FZj.Ba1o


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  ……なに、命に別状が無いなら、
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   何時かは目覚めるさ。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、        j /     そうしたら、出迎えてやろう、な。
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1





       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ー) (ー:::(   うん……
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) ) 
        Y ヽ    ̄イ' y


375 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:16:56 ID:FZj.Ba1o


     /⌒\
   /Θ Θ\
  (゛ (_人_).゛゛ )  ようし!
  (\ じ  /   それじゃ、お祝いの準備をするナリ!!
   \    \
.     |   | |   コックである我輩が、やる夫が食いきれんほどのご馳走を
.     |  | .|J    腕によりをかけて準備するナリよ!!
.     | │|
    (_(_)





                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ \  / 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (>)  (<)i:!:〉 Yy  OK!
   (/   ソ:::ハ  ,,     /i/  リ   いっちょ、盛大に祝ってやりますか!
   !   ノ ::/iゝ. ー=‐'. イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    ヽ


376 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:17:12 ID:FZj.Ba1o


        .r-、      , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、          r 、.     ,、
       /て )     , '  /" `ヽ ヽ ヽ\        l ヽ,,, -ー -', l
      .( _ノ  フ   , '  //, '/     ヽハ  ヽ      /  @ o  @ ヽ
       ゝ、 〈   |i 〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l``、    Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
       / ハ ヽY  |i | | ( >) (<) 从!」     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j  おう~~!!×2
       /〃 ヘ ヽ  |i`从⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽ」      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      i !   \  , |i从/、  (_.ノ  /ノl        リ::::::( ( ⌒) (⌒::(
      丶丶   _ >、  ):::ヘ,、 __, イ    .      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
          ゝ'´- 、_  y-、:::: lヽ ー'´1:ソ^\         Y ヽ    ̄イ' y
        〈      ̄  う::::::Vyヽ/:::::i、 ヽ        / 'ヘ   j ̄ヽ
            `ー― ¬、__ノ::::::::::::::::::::::::`:>  /        /、  ヾ /    ヘ
               /:::::::::::::::::::r'^ヽ'´ _/        /rー'ゝ  Y   〆ヽ
               ,':::::::::::::::::::::::`く__ノ          /,ノヾ ,>  i!  ヾ_ノ,|


377 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:17:37 ID:FZj.Ba1o


    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |
  |::::::::      ,,イ_,`)  (……さて、私も今から出迎える準備をせねばな……)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ          
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |  (……Valutの平穏を乱す者は、
  | (ー), 、 (ー)、 |   排除せねばならん……それが誰であっても……)
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \




      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


378 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:17:56 ID:FZj.Ba1o


~Valut13・入り口~




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)  懐かしいValut……戻ってきたお……
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  2度目の出発の時は、できる夫が居て、やらない夫も居たのに……
.  \           /   今はやる夫一人、か……
.   ノ         \
 /´            ヽ





    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|  やる夫……よくぞ、任務を成し遂げてくれたな。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\>ザッ


379 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:18:14 ID:FZj.Ba1o


          ____
       /ー  ─\
      / (●) (●) \  ダディ監督官……
    /   .(__人__)   \ ……みんなは?
    |     `⌒´      |  
     \           _/




    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |  ……みんなには、お前は「明日」戻ると伝えてある。
  .|::::.,(一),   、(一)|   ……だから、今日は私だけだ。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |  
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´


380 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:18:29 ID:9BTxyk7.

やっぱり追放……


381 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:18:38 ID:FZj.Ba1o


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  ……どうして、そんな嘘を?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|   お前はたいした奴だ!!
  .|   |   .:::|  .::::::|    掛け値なしにそう思うよ。
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
   \   `ニニ´ ..::::::/    さすがは、このValutの集大成ともいうべき存在だな。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


382 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:18:57 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  ……「完成」がテーマの実験のことかお。
  /(●)三(●))   .\  やる夫はやる夫だお。
  |   (__人__)      |   そんな訳の解らんモノなんて、知ったこっちゃないお!
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \





    /\___/ヽ
   /,,,,,,,,ノiヽ,,,,,,,,::::::\  なんだ、テーマの事も知っていたのか!
  .| (>),ン < 、(<)、.:|  いやはや、流石だ。恐れ入ったよ。
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
  .|  r、_,ィェ、_,ゝ  .:::::|  ……お前は、もはや「英雄」とでも呼ぶべき存在だな。
   \  `ー'´  .::::/  
   /`ー‐--‐‐―´\


383 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:19:13 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /      \
       ─   ─    \  ……さっきから、いったい何が言いたいんだお?
      (●)  ( ●)      \ 回りくどい事をせずに、単刀直入に言ったらどうだお?
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /
        / ー‐       ヽ
       /            `





     /\___/ヽ
   / -‐'  'ー-  \
  . | (●),(、_,)、(●) ::|  ……そうか、
  |    /,.ー-‐、i  :::::|  なら率直に言おう。
  |    //⌒ヽヽ  .::|
  |    ヽー-‐ノ  :::::|  ……このまま、このValutから出て行ってくれないか?
   \    ̄   ...::/
   /`ー‐--‐‐―´\


384 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:19:33 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  ……どうして?
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





    /\___/\
  /        ::\  ……お前は、もう普通の人間じゃない。
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |   Valutのみんなも、今やお前を本当に英雄視しているのだ。
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    そして、若い世代は、お前とお前の冒険に憧れまで抱いてしまっている有様だ。
  \   r‐=‐、  .:::/  
  /`ー `ニニ´一''´ \


385 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:19:57 ID:FZj.Ba1o


    /\___/\
  /        ::\  ……考えてみてくれ。
  |               :|
  |   ノ   ヽ、   :|  お前が、このままココに居座れば、
  | (●), 、 (●)、.:::|   連中は、必ず影響を受けてValutの外に出たがるだろう。
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \   ……だが、そんな事を許せば、たちまちValutの秩序は崩壊してしまう。






    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::. u ''''''   ''''''  |  ……解ってくれ。
  .|::::.,(一),   、(一)|   私は監督官で、Valutの維持を最優先で考えねばならんのだ。
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /  我等を2度も救ってくれたお前を放逐せねばならんのは心苦しいが……
  /   `一`ニニ´-,ー´     もう一度だけ、我々を救ってはくれないか……?


386 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:20:15 ID:FZj.Ba1o


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ  ふふふっ……ふふっ……
 |    (ー)  (ー) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \






               ____
             /\   /\
            /( ⌒)}liil{(⌒)\  はぁ~はっはっはっ!
          /    (__人__)   \
          |     |!!il|!|!l|     |  ……ああ、可笑しい……こりゃ傑作だお!
          \    |ェェェェ|     /
           ,-\        ノ ̄


387 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:20:33 ID:FZj.Ba1o


    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |  ……何がそんなに可笑しいんだ?
  |u  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \





       ____
     /⌒  ー、\  ……監督官。
   /( ●)  (●)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ゴチャゴチャと、色々御託を並べてくれたけど、
  |     |r┬-/ '    |  とどのつまり、用済みだから出て行けって事じゃないかお。
  \      `ー'´     /   ……最初から、こうするつもりだったのが見え見えだお。


388 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:20:54 ID:FZj.Ba1o



    /\___/\
  /        ::\
  |               :|  そ、そんな事はない……
  |u  ノ   ヽ、   :|   ……まぁ、結果的にそうなってはしまったが……
  | (●), 、 (●)、.:::|
  \ ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::/
  /`ー `ニニ´一''´ \





    /\___/\
  /、-―' ゙、ー- ::\
  | (○), 、(○)、:::|  だが、何と言われようと、
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, :::|  お前のような血の臭いをまとった人間をValutに入れる訳にはいかん!
  |    ,゛-=-'、   .:::::|
  \   '´`.:::  .::::/   さっさと出て行……
  /`ー‐--‐‐―´´\


389 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:21:20 ID:FZj.Ba1o



                         _
                       /   \
                     /     _\――--,,,
                    /     /   \   \
 , ;                /     /      \   \  ぎゃぁああ!!
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ : :    \:.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i         ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
          . ィー- く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
         / :` 、: :トこ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/, ¨¨¨"¬r一=,,___ : :
       / ,        ヘ、__       彡彡 ´ _ ー
      /           . : : : ´¨¨¬     , /
     ./                  ヽ、   /
    .. /⌒i       /`l _   ,、
  _,,..、 .|  / ,..-、 ,、.   l  |/ 〉 .〈 .|  ,.-、
 l   l | /´ l,、_ノ ,l |  l  |レ' _,,」 .`'´   〉
 |  i' '´_,,、   ,! L.-ヾ=,'  l、_,.. 、 「Zノ
 .|  し''´ 」 _,.-'´  _, - '_´     ゙l_,〉
  .|  ,,.-''´ (_,.- '´| L-'´ _)
  | .|     ,.-'´  ,.-'"
  ..l、_ノ    {,.- '´| |
             .|,i





      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (  ぎゃん!!     ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ   \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ____ 、-'´ヽゝ     .\  !   !    ./   / /   /
       \\ \/   ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/


390 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:21:40 ID:FZj.Ba1o


三三三三三三三三三三三三三三三/:::::::::::::::::::::::::... ..丶三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三/:::::::::::::::::::::::::::::::.... ...\三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三 /:::::::::::::::::::::::::::::::::.' ──-.. \三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三 ./:::::::::::::::::::__:::::::::::::::::::... ⌒__丶 \三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三/:::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ三三三 ……誰のおかげで……
三三三三三三三三三三 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... __ ..丿   ヽ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...    ヽ   .ヽ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.._ ノ ヽ.____丿    丶三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... ..::ノ     .|三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三 .',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..   ../      .ノ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.⌒ "       .ノ三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三 ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....   ....::::::../三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........::::./三三三三三三三三三三三
       /´〉,、     | ̄|rヘ
 l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
  二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                              `ー-、__,|    `"






               /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
              /: : :             \
            /: : : :            \
          /: : : : : :               \
         /: : : : : : : :.._        _      \    ……誰のおかげで、
        |  : : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       |     そんな想いをしてきたと思ってるんだお!!
        | : : : : ::;;(( ○ )::::ノヽ::::::( ○ ));;::   |
        |  : : : : : : ´"''",       "''"´      |
         \: : : : : : . . (  \j /  )/    /
          \: : : : : : :.`トエエエエイ    /
          /ヽ: : : : : : : :エエエエ : : : : : イ\
          : : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \


391 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:22:10 ID:FZj.Ba1o


       :/\___/ヽ :   
     :/''''''u   '''''':::::::\:
     :.| (◯),   、(◯)、.::|:  ひ、ヒィィ!!
     :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:  わ、わ、私は監督官だぞ!?
     :.|u        ##::::|:    
     :.|   ´,rェェェ、` .::::::::|:   その私を殴り付けるなんて……
    …\  |,r-r-|  .:::::/…
  :/ ! `":::::7 ヾ`ニニ┃´/|:::::::"'ヽ:






    /\___/\
  /     u   ::\
  |  ─   ─ u  |  し、し、しかし、
  | (○), 、 (○)、 |   い、いいだろう!
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、##|
  \   r‐=‐、  .:::/   殴りたければ、す、す、好きなだけ殴れ!
  /`ー `ニニ┃一'' \   そして、さっさと出て行け!!





               ____
             /\   /\
            /( ⌒)}liil{(⌒)\   はははっ!
          /    (__人__)   \   またまた、笑わせてくれるお!
          |     |!!il|!|!l|     |  
          \    |ェェェェ|     /   あんた、この期に及んで、
           ,-\        ノ ̄    まだ、そんな程度で済むと思ってんのかお!?


392 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:22:25 ID:9BTxyk7.

怒って当然だな


393 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:22:30 ID:FZj.Ba1o


                    /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                  /: : :          \
        __ .,-u--、.  ./: : : :              \  ……ここまで人をコケにしておいて、
       / |`ー/ ヽゝ/: : : : : :              \  生きていられる筈ないだろうが!!
      / _¨`ヽヾ /ヽ、: : : : : : :.._        _     \
      ! .´ ヾll | | |  l: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`       l
      |.ゝ ノ /|/ .L/|`ヽ_: ::;;( ○ )::::ノヽ::::::(○  );;:::   |
      ヽ ー ´/ f l ゞfi-, = 、 : ´"''",       "''"´       l
     _|   | ! |」__ /   ト: . . (    j    )       /
    /  .ゝ___ノ_ノ/__ | ゝ___ ,ィ : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
   ./  /  |  ||、l_| !゙¨~/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
   /  /ヽ.  !   |! ヽ!  |ゝ 〉: : : : : :.``ー- -‐'"´       \
  |  l  \|  |!__ノ, - 、 / . : : . : : .                 \
  | /}ヽ..  L_|_/   ノ'
  / / {  \      / i. >ジャキ!
  |  ヽ |   ヽ-ー  ̄  ノ





       :/\___/ヽ :   
     :/''''''u   '''''':::::::\:
     :.| (◯),   、(◯)、.::|:  はぁぁあああ!!
     :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:  
     :.|u        ##::::|:  ば、馬鹿な!!
     :.|   ´,rェェェ、` .::::::::|:    こ、これは、さ、殺人だぞ?
    …\  |,r-r-|  .:::::/…
  :/ ! `":::::7 ヾ`ニニ┃´/|:::::::"'ヽ:


394 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:22:51 ID:FZj.Ba1o


    _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\
  /_,ノ  ,,   :::::::::::::::ヽ,  ……残念ながら、
  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::..i   アンタが送り出してくれたおかげで、
  i.   ミミ( ○)::::::::::: .|    やる夫は、地上でたくさんの人間を殺してきたお。
  \(_入_ ∧、  :::::::::::/     
     ノ__,,/⌒ヽ\_/   その中に、今更アンタ一人が加わったところで何というコトはないお。
    ./ゝ/|( ● )| i\    ……覚悟するがいいお。
    |ノ//\_ノ ^i:::::|
    |^:::::::::::|_|,-''iつl/
    |^:::::::::::::::[__|_|/〉 .
         [ニニ〉
         └―' >チャッ





    /\___/\
  /     u   ::\
  |  ─   ─ u  |  ひぃぃぃぃいいい!!
  | (>), 、 (<)、 |  
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、##|
  \   r‐=‐、  .:::/ 
  /`ー `ニニ┃一'' \


395 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:23:15 ID:FZj.Ba1o


      , ⌒ハ           ハ⌒ 、
     j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
     ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
    /ル/:::::リγ::..:::::..:..ヘ、: : : : ::ノy:::::::リ
     Yyノ(::. ::.ノ \  /ヾ:::::( ルノリ  ま、待ちなさい!!
       ヽ:::( (●) (●) ):::::ノ(    
         リ(iU  r‐ァ  iィ))`)     騒がしいと思ったら、
        ((ハ:.ゝ   ̄ ノいノ:(リ      やる夫!!アンタ何を!!!
        ,..ノj/ lヘ_ // 丿lノ卜.、∩
    _ ,、r‐"  、/l("!´ っ..l l |: ′`'' | |-,/)
r-r;''´    `、/´ |lぅ夕  1ヽ..-.,,_ 丿}ノ /ノ)
(,_{ハ_ ,,  ''-‐1  ‐/    ゙'〈/⊂ニ  '"  ニ⊃
        ヘ        ノ,′   `'=>'''"´ >ザッ





           -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ _ノ  三ヽ、_,リ| l │ i|
         レ!小l( ●)三(●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   お、落ち着け!やる夫!!
             ヽ、  ゝ._) U j /
            ヘ,、 __, イ        何だか解らんが、そいつを殺したって何にも解決しないぞ!?
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、    ……たぶん。
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1 >ザッ




        r 、.     ,、
        l ヽ,,, -ー -', l
        /  @ o  @ ヽ
       Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ お、お兄ちゃん!駄目駄目ぇー!!
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      リ:/ ̄)ノ  ヽ ::::::)\
.      / /(○) (○)::( \ \
    ./ /ハU  ,ー  ) )  )  )
    (  ( Y ヽ    イ' y / /
    \  )`  'ヘ   j ̄(( 、 /
      \/、  ヾ /    ヘ/
        l     Y   i
         ヾ .._  i!  .. イ


396 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:23:44 ID:FZj.Ba1o


     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\
  /_,ノ  ,,   ::::::::::::::::ヽ,
  ( о) ミ ヽ、,,,_ :::::::::::: i  ……死ね……
  i.   ミミ( ○)::::::::::: :|
  \(_入__)    ..:::: _/∧_
    ソ;;;;;;)       /γ⌒ヽ
    ./ ̄     / i |.(●)|
    |       | | i ヽ_ノ
   │      ;()l⊂i''-,|_|
   │      ヾl〈\|_|__]
            ヘ ニニ] >グッ!
              '―┘







      , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
,   ,:‘.          。             +   ,..
 ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘         :::::::’’  。...::::’’
:::::  :                                     +  :::
::
:    ,:‘  「……やる夫、こんなの……お前らしくないだろ?」
.::....                                       ..;....
,:‘.    ..::..           。            ...         .....
           + , .. .              +          ’。  .......
 ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
  ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.


397 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:24:03 ID:at.Tb.io

やらない夫が・・・!


402 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:25:14 ID:9BTxyk7.

やらない夫!
もしかしてネットの海で生きてる!?


398 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:24:03 ID:FZj.Ba1o


     _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
   ,r'  ::::::::::::::::::::::\
  / \ ,,   ::::::::::::::::ヽ,
  ( ○) ミ _,ノ  :::::::::::: i  !!!
  i.   ミミ( ○)::::::::::: :|  
  \(_入__)    ..:::: _/∧_
    \      U /γ⌒ヽ
    ./ ̄     / i |.(●)|
    |       | | i ヽ_ノ
   │      ;()l⊂i''-,|_|
   │      ヾl〈\|_|__]
            ヘ ニニ] 
              '―┘




      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  い、今、やらない夫の声が聞こえたような気が……
 /  (●)  (●)  \
 |  U   (__人__)    |  …………!
 \      ` ⌒´   /


399 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:24:22 ID:FZj.Ba1o


       :/\___/ヽ :   
     :/''''''u   '''''':::::::\:
     :.| (>),   、(<)、.::|:  お、お助け……
     :.| " ,,ノ(、_, )ヽ、,,"".:::|:  
     :.|u        ##::::|:  
     :.|   ´,rェェェ、` .::::::::|:    
    …\  |,r-r-|  .:::::/…
  :/ ! `":::::7 ヾ`ニニ┃´/|:::::::"'ヽ:ガクガク





                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/  ……やる夫、
    )ノ リ:::〃 (●)  (●)i:!:〉 Yy   アンタ……いったいどうしちゃったの……?
   (/   ソ::ハ  ,,    u /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ.  ⌒ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    ヽ


400 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:24:41 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  ……や、やる夫は……
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)  u    |  ……あ……
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|  ……だが、お前さんが背負っちまったモノは、
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ   「Valut」という平和な世界じゃ、おそらくは害悪にしかならないモノだ。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ    はたして、それをValutの人々は受け入れてくれるかどうか……
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


401 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:25:02 ID:FZj.Ba1o


        ____
       /    \
.    /          \  そうか……
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |  ……イアンが言っていたのは……この事だったのかお……
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ





           ____
         /      \
        /  ─    ─\  今も、やらない夫の声が聞こえた気がしなければ……
      /    (ー)  (ー) \  ……監督官を撃ち殺していたお。
      | u    (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


403 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:25:21 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\  ……監督官、どうやらアンタの言葉が正しかったようだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |  やる夫は……ここに居ちゃいけない人間のようだお。
 \               /





    /\___/\
  /     u   ::\
  |  ─   ─ u  |  や、やる夫……
  | (●), 、 (●)、 |  
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、##|
  \   r‐=‐、  .:::/ 
  /`ー `ニニ┃一'' \


404 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:25:41 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ⌒\  やらない子!やる実!できる子ちゃん!
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ……今まで世話になったお!
  |     |r┬-|     |  やる夫は、ここを出て行くお!
  \      `ー'´     / 








  , ⌒ハ           ハ⌒ 、 人
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i   て
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i   そ      l ヽ,,, -ー -', l
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ         /  @ o  @ ヽ  て
  Yyノ ノ :ノ...:ノ へ  ヽ ::::::) ルリノ        Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ (
    リ::::::( ( ●) (●::(            l γ::..:::::.u:...ヘ、: : : ハ j  ええぇ!!
.    ハ::::ハ u ,, rーァ リ) ) なっ       `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     ) ) )、   `´ノくハ(  ど、どうして!?リ::::::( ( ○) (○::(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))    .        ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、             Y ヽu  ̄イ' y


405 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:25:57 ID:FZj.Ba1o


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ \ 、/,リ| l │ i|  ……そうか。
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|  
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ   ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1





          ____
        /      \
       / ─   ─   \  あれ?
      /( ●)  ( ●)    \  やる実は驚かないのかお?
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `


406 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:26:20 ID:FZj.Ba1o


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|  アタシもお前と似たような立場だからな。
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   ……昔、できる夫に聞いたんさ。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ   
             ヽ、  ゝ._)   j /     
            ヘ,、 __, イ
          /    ∩ノ ⊃ \
          (  \ / _ノヽ  |
         . \ “  /.__ ノ  |
            \ /___ /





             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  ……だから、お前が出てくなら、
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   いい機会だから、アタシも出ようかと思ってな。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /      ま、気が向いたら、連絡ぐらいしてやるよ。
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1


407 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:26:38 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)  そうだったのかお……
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |  んじゃ、外で会う事もあるかもしれんお。
 \        `ー'´  /





                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ \  ノ` 、:::) ゝ:/  ちょっと!!
    )ノ リ:::〃 (○)  (○)i:!:〉 Yy   何、アンタたちだけで話を進めてるの!!
   (/   ソ::ハ u      /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ.  ▽ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    \


408 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:26:56 ID:FZj.Ba1o


  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i 
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i 
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ へ  ノヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(    Valutを救ってくれた、
.    ハ::::ハ u ,, rーァ リ) )    アンタが追い出されるなんて……そんなの認められる訳ないでしょうが!!
     ) ) )、   `´ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、




                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (●)  (●)i:!:〉 Yy   アタシが、みんなと協力して嘆願してあげるから考え直しなさい!
   (/   ソ::ハ  ,,     u/i/  リ    
   !   ノ ::/iゝ.  ⌒ . イく       ……ね?……そうだ、アンタが拘ってたモッコリ券だって、
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル         まだ一枚も使えてないじゃないの!?だから……
      )ノ.    ~V~    ヽ


409 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:27:19 ID:FZj.Ba1o


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ー) ( ー) \   もう……いいんだお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\   出血大サービスで、あれはチャラにしといてやるお。
 |        ̄      |   
 \               /  ……やらない子、ありがとう。






  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(   やる夫……
.    ハ::::ハ u ,,     リ) )
     ) ) )、   ⌒ ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、


410 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:27:38 ID:FZj.Ba1o


       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( >) (く)::(  お兄ちゃん……
.      ハ::::ハ 。゚ ,ーュ。j) )  行っちゃヤダ……
        Y ヽ    イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ   約束したじゃない……お嫁にしてくれるって……
       /、  ヾ /    ヘ





       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\  できる子ちゃん……
   /   ( ●)  (●)\  約束、守れなくてゴメンだお……
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /  ……できる子ちゃんは、やる夫みたいな大人にならんで欲しいお。


411 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:28:02 ID:FZj.Ba1o


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  ……ちゅうことで、みんなバイバイだお!!
    ./:::::: 。゚(__人__)゚o ::::\   監督官!アンタもその一発で許してやるお!!
    |    (⌒)|r┬-|     |   
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    じゃあ、みんな何時までも元気でいてくれお~!!
    | | | |  __ヽ、    /      
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄  >タッタッタッ……






                        ●

                        ●

                        ●


412 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:28:21 ID:FZj.Ba1o


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|  さて……アタシも準備すっかな。
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    やらない子、アンタたちも外に出たらば連絡ちょうだい。
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1





  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ u ,,  r‐ァ リ) )  えっ?わ、私は……
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、
     ,'   ノ    Y    Y


413 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:28:39 ID:FZj.Ba1o


             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒ リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|  アンタたちも、こんな場所で
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    くすぶってられるような性格じゃないさ。
             ヽ、        j /
            ヘ,、 __, イ        ……んじゃ、外で待ってるよ。
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、    
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1    あ~プラナリ夫にも、一応声かけてやっか……
         |ノ''::"::::::::::ヽ/::::::::::: r" /
                     >ザッザッザッ……






       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ \ ノヽ ::::::)
      リ::::::( ( ●) (●::(  お姉ちゃん!
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )   あたしたちも……
        Y ヽ    ̄イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ


414 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:28:55 ID:FZj.Ba1o


                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (ー)  (ー)i:!:〉Yy
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/ リ ……そうね。
   !   ノ ::/iゝ.  ⌒. イく     あたしたちも、考えるべきかもしれないわね……。
     .(::イ/ル|_.イ|_. ̄i'Y;ノ::ル   
      )ノ    .|‐:‐i   ヽ






                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ \  / 、:::) ゝ:/  ……それに、アタシが止めてあげたのに
    )ノ リ:::〃 (●)  (●)i:!:〉 Yy   振り切って行ったのに、今さら腹が立ってきたわ!
   (/   ソ:::ハ  ,,     /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ. ー=‐'. イく       こりゃ、一発殴ってやらないと
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル         腹の虫が治まらないわね……
      )ノ.    ~V~    ヽ>ニヤリ


415 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:29:21 ID:FZj.Ba1o


    /\___/\
  / /u |l  ヽ ::: \  
  | (  )ill、(  )、ι|  ……言わんこっちゃない、みんな出て行こうとする……
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,,U |
  | il| ,;‐=‐ヽ ##:|   わ、私の判断は間違っていなかった筈だ……
  \  `ニニ┃ .:::/    わ、私は……
  /`ー‐--‐‐―´´\






    /\___/\
  /     u   ::\  
  |  ─   ─ u  |   
  | (●), 、 (●)、 |   ……それにしても、
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、##|    最後にやる夫を止まらせた声……
  \   r‐=‐、  .:::/     あれは、いったい……?
  /`ー `ニニ┃一'' \   





      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


416 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:29:59 ID:FZj.Ba1o

   :.:.:::.:::.:::.::.::(
..γ'⌒`ヽ       :::.:::.::.::ヽ
::::l    l.:....      :::::::::`'''‐‐--''''つ
.:.:ゝ、__.,ノ.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´
::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、__-‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::....        :::::::::::.:::.:::.ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(   ,.-
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : :
    :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....
         .:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
:::.. :::..        :.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
::::.. :::::::..         :.:.:.:.:.:.:.:::::::::...                 『……結局、御伽噺と同じで、
::::::.. :::::::::..              :.::::::::::...                自分が助けたValutから追い出されて一人になっちゃったのね……』
::::::::.. :::::::::::..              :.:::::::::..:..
:::::::::::.. ::::::::::::..             ____:.:...
::::::::::::::.. :::::::::::::..        :.:.:.:.:/     \:.:::....
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:::::::::::::::..      ./        ヽ  .:::...       『……もう少しだけ、話は続く。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:..... :::::::::::::::::..      l         l   :.:.:.::....       ……その結末がお気に召すかどうかは解らんがな』
.:.:.:.:.:.:.:.:.:..... :::::::::::::::::::....     \     :_,,-─.:.:.:.:.:.:.....
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ,   ´-‐"" ̄      `ヽ  .:.:.::....   
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..   /          } _\  : .   
       .:.:.:.:.:.:.:.:.:....:.:.:.:.:.:.:.:...〈  /ヽ   ______ }`ヽ_ヽ  : : : .
          .:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:::..   ̄   |゙゙゙゙゙゙     i (ゞ j : : .
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.....:::::.:.::..   /  ,-‐"ヽ  ヽ  ̄    
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.....::::..:.:.:.::.. 〈  〈     \ \
             :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.:フ__j     /__j 
               : : : : :::.. :::: : : : :..


417 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:30:03 ID:9BTxyk7.

このままValut13に残っていた人達はどの道エンクレイブに……。


418 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:31:09 ID:FZj.Ba1o


~Valutの外~

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)  はぁ……
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  結局、すったもんだで一人かお……
.  \           /   これから、何処に行ったもんか……
.   ノ         \
 /´            ヽ





       ____
     /⌒  ー、\  ま、イアンたちの世話になるも良し。
   /( ●)  (●)\  一応、B.O.Sの団員でもあるんだから
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  スモッチさんところに行くも良し、ザックの所に顔出すも良し……
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /  ……何とかなりそうだお。


419 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:31:35 ID:FZj.Ba1o


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /  いよぉし!
  |     |r┬-|       |    景気づけに歌でも歌うかお!!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ








      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ー)  (ー)  たぶん、あなたは独りぼっちになった時、私のことを思うでしょう~♪
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /


420 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:31:55 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\  たぶん、あなたの事を待っている人はあなたの事なんて考えていないかも ……~♪
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  そうなったら、あなたはどうする~♪
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /







          「たぶん、あなたは座ってため息~♪私が側に居ればいいのにと思うでしょう ~♪」


421 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:32:21 ID:FZj.Ba1o


          ____
        / ⌒  ⌒\
      / (⌒ ) (⌒)、 そしたらたぶ、んあなたは私に帰ってきてほしいって頼むでしょう~♪
     /::::::::⌒ (__人__)⌒\
     |  U   |r┬-|   |  ……えっ?
     \       `ー'´  / 







┌────────────────────┐
│                            ....│
│            / ̄ ̄\              │
│          /    _ノ' ,,\             .│
│         |     (●)(‐)              │
│.          |    ::~(__人__)           ...│  そしたら私は「たぶんね」って言うと思う~♪
│          |     'ヽ ヾリ            ...│
│        |      ゙ー'ノ             │
│         ヽ       ソ}             │  ……よ、寂しそうだな。
│           ヽ      ノ     ●ォ、_     │
│          /⌒Y◆・◆、        ”¶ト.    │
│         /  y   |。=, \.      ||   .....│
└────────────────────┘


422 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:32:44 ID:FZj.Ba1o


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\  や、や、や……やらない夫!!
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  お前!「マスター」と一緒に消滅するって……
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l






┌──────────────┐
│                   .....│
│         / ̄ ̄\     ....│
│       /   _ノ  \    ..│
│       |    ( ⌒)(⌒)   .│
│          |     (__人__)   ..│   いやぁ……しばらく気絶?してたみたいなんだけど、
│        | U    ` ⌒´ノ  ......│   消滅はしなかったみたい。
│          ,|         }     .│
│       / ヽ       }   ......│   我ながら、出たら目な存在だよなぁ……はははっ……
│     く  く ヽ     ノ     .│
│       \ `'     く     .....│
│        ヽ、      |     ....│
│            |       |     ....│
└──────────────┘


423 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:32:47 ID:9BTxyk7.

わああああああああああ!!!!!!!!!!
生きてたーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


424 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:32:57 ID:zu/U1QUI

よく戻った


427 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:33:30 ID:at.Tb.io

気絶で済んだのかw


429 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:34:54 ID:9BTxyk7.

こまけえ事はいいんだよ!
やらない夫が生きててくれたんだから!


425 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:33:01 ID:FZj.Ba1o


        .____
     ;/   ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;  こ、この野郎……
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  やる夫がどれだけ悲しんだと思って……
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;  





        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \  ……でも、でも、本当に良かった……
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |  お前が生きていてくれて……ホントに良かったお……!
   \/ /   ` ⌒´     /


426 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:33:25 ID:FZj.Ba1o


   /  ̄  ̄ \
  /  _ノ  ヽ、_  \  うぉ~ん!うぉ~ん!!
/ o゚|⌒|  |⌒|゚o  \
|   | (__人__). |    |
\  | `|⌒|´ |  /
/ ̄ |川!| ̄|川i| ̄\




┌────────────┐
│                  │
│   / ̄ ̄\          .│
│ /   _ノ  \      ......│
│ |    ( ⌒)(⌒)     ......│
│. |  u  (__人__)        .│  いやぁ……ホントに心配かけて悪かったろ。
│  |      |r┬|}      ....│
│  |      | | |}       .│  でも、何だ……やる夫?
│.  ヽ     `ニ}      ......│
│   ヽ     ノ         │
│   /    く  \      │
│   |     \   \    ...│
│    |    |ヽ、二⌒)、    .│
└────────────┘


428 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:34:45 ID:FZj.Ba1o


        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o  ……なんだお?
.。゚   / o゚/⌒)  ((●))゚o\   ゚ 。
    | 0 / /(__人__)'  0 |
    \ / /  `― '     /



430 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:35:12 ID:FZj.Ba1o


┌──────────────┐
│                   .....│
│    ,rn    / ̄ ̄\       │
│   r「l l h. / ノ  ヽ  \   .....│
│   | 、. !j | ( ⌒) (⌒) |    │  ……ただいま。
│   ゝ .f, |   (__人__)  |     │
│   |  |  |  ` ⌒ ´  |      .│
│   ,」  L_ |       |     ..│
│   ヾー‐'|  ヽ      /       │
│   |   じ_,,ゝ    (,_       .│
│   \   ´ `ー-一´`ヽ     │
│    \         , |    ...│
└──────────────┘





      ___
     /⌒  ⌒\    
   /        \  ……おかえりだお!!!
  /o'゚~⌒(__人__)⌒~o\ 
  |  ゚ ::::::|r┬-|:::::: ゚  |  
  \      `ー'´     /


431 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:35:30 ID:FZj.Ba1o



  \\ \\     /  / /
:::::::::::::::::\\: ..___/  / /:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::      
:::::: ..::::: . ..::::: /::::::::: .  \:::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
  ... ........../::::::::::::     \.. .... .. ..... .... .......... .. . ........ .....
  ... ...../::::::::::::::::      \.... .. .:.... .... .............. .. . ........ ......
..... ..........|::::::::::::::::::         |.... .. ... .... .. ..... .... .. ..... ............. . 
 ..... .......\:::::::          /.... .. ........ .... ............. .. . ........ .
  ... ..........>::::        < .... .. .:.. .... ..... ............. .. . ........ ...... 
  ... ........( |::        / ).... ..  .:.... .... .. ......... .. . ........ .....
... ...   .......`|:::::::     /'.... .. ...... . .. ..... ............. .. . ........ ...... ..
  ... ...... ....|:::::::::人  /::.. .... ....... .... .. ..... .... ......... .. . ........ ...... 
  ...  ..........ヽ::::::ヽ,.L_).... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ...
 ... ...... ....  >__ノ三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ..... 
.. ........ ..........三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
. ..    ... 三三三三三.... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


432 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:35:52 ID:FZj.Ba1o


~2277年・メガトンの酒場~




          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ 
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  ……これで「やる夫」の話は終わりさ。
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   ……満足できたかい?
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |  ……うん。
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ   大満足よ。嫌な思い出が一つ減った気分ね!
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ   lr┬| ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ
        /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
       ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
      ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ


433 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:36:23 ID:FZj.Ba1o


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ  ……お礼に、さっき思い出した取って置きの話をしてあげる♪
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/
      //ヽゝ  n   n ,イi
        |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
          γ::::lヽlムレl:::ヽ
          l:::::,l::::|∞|::::!::::l






        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ   と、その前に……ねぇ、
    ノハ小  l〃  、_,、_, 、、.l,/     どうして、この話をアタシにしてくれたの?
      //ヽ.ゝ        ,イi
        |!〃lヽ>;:.,、ー, <ヘリ      ……この話、下手すりゃ与太話扱いされちゃいそうだし、
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ       それに何より……「アナタ」の思い出深い話なんじゃないの?
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l


434 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:36:50 ID:FZj.Ba1o


          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ 
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  ……今年だったんだ。
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ  ほえ?
    ノハ小  l〃  、_,、_, 、、.l,/
      //ヽ.ゝ n (_Уn ,イi
        |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
          γ::::lヽlムレl:::ヽ
          l:::::,l::::|∞|::::!::::l


435 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:37:11 ID:FZj.Ba1o


          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ 
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  ……もしも、あの事件が無くて、
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   Valut13が閉じたままだったのなら……
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ  今年がその扉が開く年だったんだよ。





          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ 
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉 オレは信じていなかったが……
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  Valutには、確かに「人類を保全する」という
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   役割もあったって事なのさ。
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |  なるほどね……代わりに、アナタの感傷の扉が開いちゃったって訳か。
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ
    ノハ小  l〃  、_,、_, 、、.l,/    ……よしよし、じゃ、おねぇさんの話で、もう少し開いてしんぜよう。
      //ヽ.ゝ   (_Уn ,イi      題して「ピップボーイの怪人」……ご静聴あれ。
        |!〃lヽ>;:.,、ー,(^|_ リ
          γ::::::::::;ムレl:::ヽ
         l::::::イ:::/∞|::::!::::l


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


436 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:37:39 ID:FZj.Ba1o


                        ,′
                     /
                  ,..、 ィ/
              丶  / V/
                `Y  i′
                ィケ  ト、
               /{'⌒'} `丶
                 /  ヽiノ     『……これは、ウェイストランド全域に伝わる怪談の一つよ。
             /  ,r'┴'ヽ.
              .    ,イ::''n::::,f'     綺麗な星の晩に、男女が寄り添っていると起こると云われているの』
                i:: ll::iYll!
                !:: :l:: : :l
                l::l l:: l ll
                 {i l:: . l!
                |j:i:::::li l,
                }i::::::::ll !
               (!..:::::..lll      ,ノ入
                l...::::::..ll     fy' l l!
          .. .:.:. --―リ..::::::ハl―--:::.:.ム!,_//
       r''"´:;:;:;:;:;'   ,ク.::::::::i::ll..,,  '';:;:''" `丶
       `丶、:.:_  .:;:;:;ム;:;_:;:;_ゞ、:;:_,,   _ ,,. ノ
       ......:.:.`ヾ" '' :.:.―---―.:.: '' 7"´
    . . .:.:.:.:.:.:::::::::::::丶、::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::.:.:.: ..


437 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:38:14 ID:FZj.Ba1o


.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|      
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V
      \_!   ☆          !  キミの瞳に100万ボルトさ。
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | | ピシッ!
      ジェームズ(後にリベットシティ・マラソンを完走する漢)





         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : ::l l:::: :\:ヽ: : : : : :\: : : : : :ヽ
       / : : : : : : : : : l : :::l ト-、;、v、:、: : ::: : :: ヽ: : :: : :::丶
     /: : : : : : : : : : : |: : ::i |    l: l::: : :ヽ: :: :ヽ::::::: ::::::ヽ
     /: : : : : : /: ;: : :::イ: ::::| |    | ::l、:::::::l:::::ヽ l:::::::::::i::::::i
    l :/: : : : : |: :l: : :/ | :::/| |     |::|ヽ::::::|:::i:::i::|:::::|:::::|:::::l
     | |: : |: : :::|: :|: ::/ |: / | |──- l_|_ |::::::|::::|::|::|::::|::::::|:::::|
     | | : :|: : :::| :.|/ /:/ | |  __ || ┼::l:::::|::||:|:::|:::::::l::::::l  いやん!ジェームズったら!
     | |: :::| l ::::|: l':/ //  |/  イ rェェ==xj、ソ|::::|::|:|::::|:::::::::l:::::|
     | | ::::|: l ::::l V _ュエ__     " l家トイヌ-|:://::::::::|::::::l::::i::::|
     、| 、::::、:l :::::l、Vl家ヘ       O:::::::リ ///:::::::::::|:::::::l::::i:::|
      | ヽ:|ヽ:::::::lヽ、O::::l       vニ夕 イ:: ::::::::::::|::::::::l:::::i::|
     ヽ \:、\::ヽ vニj        ̄´  |::: :::::::::::::|:::::::::l::::::i::l
        \ |\\ "       ///  |:: /:::::::::::|:::::::::::l:::::::、l
          | : : 、 // ヽ         |: / ::::::::::|::::::::::::::i:::::::ヽ
          |: :i: : ゝ、   - -'     イl:/ :::::::::::|ヽ:::::::::::::i:::::::::ゝ
          | ::l : :::::::::::i:::、     / |/: :::::::::::lーゝ:::::::::::::i::::::::ヽ
          |: l: : :::::::::::|::::::|::>i___ .イ: : :::::::::::|  ヽ:::::::::::::i::::::::::\
         キャサリン(その妻になる女性)


 『そうして、寄り添う男女が気持ちを高ぶらせて、
 当然の行為に身を委ねようとすると、それは聞こえてくるの……」


445 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:40:29 ID:6f9cnoKw

リベットシティマラソンwww


446 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:40:57 ID:29l8rM2w

リベットシティマラソンwwwww


438 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:38:43 ID:FZj.Ba1o


       「……るなぁぁ」




                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,  ??
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |   ジェームズ?
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|    何か言った?
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |







     /: : /:: : :./: : : :.!:: : : !: : : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : :|: : : | ,: : : ',: : ::ヽ : !
   |: : |: : : : : ,,=''".\: : /|"''=:;,ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /" _,=、 | :/ |:./,=、 V: ..|:.: : : | V
  < : _: : : /  ((;・.,;)|/  レ((・.,;) |:./ ヽ: : |   お前を食べちゃいたいって言ったのさ!
  <:: |. 小{     ̄      ̄  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ          、     {ハ/  /⌒ヽ_ノ) ) ) キャ~サリ~ンッ!!
      \_!      _ '     !!   ,' ;'⌒'ー''´
        ヽ  \ーェェェェァt   /   | i|     (⌒)
      ___,r| \  、\_ `ヽ /    ノ ,'.!    ノ ~.レ-r┐、
    /:/::::| \ ::::: \_`\ \'、 ./ //、  ノ__  | .| | |
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧.\、_>'´ ノ'´ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
/:::::::::::/::::::::|    \  /"''-  `ー一''´      ̄`ー‐---‐‐´





       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:i:.:|Wwハ.:.:.:.ヽ.:.:ヽ
      /.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/.:.:/i:.:|    !.:.:!:.:.:.:.:.:.:',
.     /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.// !.:,'    i:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:!
     i.:.:/:.:/.:.:/.:.:/:.:,.斗 //  i/ --、  i.:/:.:.:.:.:.:.:!:i
     |./!.:.:!:.:.:!.:.:/イ  //  /    `メ、 |..:!.:.:.:.:!:|  あぁ~ん、もう!
     | |.:.:i:.:.:i.:.:| |斗≠  /   ≠=、  |:.:!.:.:.:.:!:|
     | |.:.:i、.:i:.:|./ト:::::::i}      ト::::心、!:/.:.:.:.:!:|   来て!ジェームゥズゥ~!!
     ヽ |.:.:iヽ:ヽト v':::::}|      r':::::リ |/:.:.:.:/!.:|
       |イヽ..\ト. V少      vニソ 厶 イ:.:.!.:|
      / |:.:.:.:.:.:.:ハ///::   、  :///::: /ノ:.:.:.:.:.:!.:|
      / |.:.:.:.:.::!:.!ヘ、   r  ァ    /:.|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |:.:.:.:.:.:!.:|.:.:.>、       ィ´:.:.:|.:.:.:.:.:.:.!.:|
     /  |r―‐-、!:.:.:.:.:.:i`  、.  '´|.:.!.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.!.:|
    /   |    |!_, ィリ      !\.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:!.:|


439 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:39:03 ID:FZj.Ba1o


         「……するなぁ~……!!」




                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,  
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |  ……待って。
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|    
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|   やっぱり声が聞こえるわ……
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//    ……これ、アナタのピップボーイからよ!
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、u    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |





.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈    |/  レ   ..}|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,゚,.. -    、-.゚,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V  ったく……いいトコなのに
      \_!      _ '     !       何なんだよ!一体なにが……
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、 >チラッ


440 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:39:26 ID:FZj.Ba1o



┌────────────────────────────────┐
│              ,. -─────────‐- .、              ..│
│             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\             ..│
│           /                     \             .│
│          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \           │
│        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \        ....│  「セックスすんなぁぁぁぁ!!!」
│       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \      ......│
│     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \     ...│
│    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \    │
│   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ  .....│
│  |               |      |      |              |  .....│
│  |               \__/\__/               |   .│
│  |                |       |               |    │
│  |                |r─‐┬──、|                |  .....│
│  ヽ                |/   |    |              /     │
│    \              \      /             /    ...│
│     \               ̄ ̄ ̄ ̄             /     .....│
└────────────────────────────────┘

          、'ぐ'-,                /゙ゝ、
       'l¬、 '!ッ、`i`'/''′                `' 、  ゙' 、     .. 、
      .|  ./  ヽヽ"゛  .、      .____      ゙'-┘     / ´7
      ! ./    .l ヽ  '! ゙゙̄__,゙,゙,゙,゙,゙,,,,,,,,__)           _/ 丿
     ./ ./     .!  .l   `´                _..r┘ _/
    ,i/      |,  l              ........--‐‐"` _..r''´
    `         ´               | ___..--‐"´









     /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|  な、何じゃこりゃぁぁ!!
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈 ○ |/  レ ○ }|:./ヽ: : | ━━┓┃┃
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|     ┃   ━━━━━━━━
   厶ヘ ハ         、     {ハ,;' ((    ┃               ┃┃┃
      \_!     ,. ‘-,,'   ≦ 三        。                  ┛
        ヽ   ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
      ___,r| \。≧         三 ==-
    /:/::::| \  -ァ,          ≧=- 。
  /::::::/::::::|  \ イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
/:::::::::::/::::::::|     ≦`Vヾ        ヾ ≧
               。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


441 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:40:01 ID:FZj.Ba1o


  『……その怪人がピップボーイで現れると決まってその直後に……』




┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│   / ̄ ̄\                                                 │
│ /ノ( _ノ  \                                                .│
│ |,'⌒ (( ●)(●)                                               .│
│ |     (__人__)                                               .│ 「このバカ!またやりやがって!!」
│ |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,                        ..│
│/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____                    │
│      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。                │ 「だって!こいつらが見せつけるから……」
│ ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン     .│
│/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .            ...│
│   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|                │
│   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .     ......│
│   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;         ......│
│   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `              ...│
│    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ                │
└───────────────────────────────────────┘






┌────────────┐
│                  │
│                  │
│   / ̄ ̄\          .│
│ /   _ノ  \      ......│
│ |    ( ⌒)(⌒)     ......│  いやぁ、ウチの馬鹿がすいませんね。
│. |  u  (__人__)        .│
│  |      |r┬|}      ....│  ……さっ、続きをどうぞどうぞ。
│  |      | | |}       .│
│.  ヽ     `ニ}      ......│
│   ヽ     ノ         │
│   /    く  \      │
│   |     \   \    ...│
│    |    |ヽ、二⌒)、    .│
└────────────┘

442 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:40:23 ID:zu/U1QUI

二次元に入ったか…

おらも つれていってくだせ
おらも つれていってくだせ


443 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:40:24 ID:at.Tb.io

あっちにイケタのかw


444 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:40:28 ID:FZj.Ba1o


     『……そのゴボウみたいにひょろ長い顔の男は、その後こう言って画面から消えるらしいの』





 
           , .. .    +      。         ’‘        :: . ..      ::::
     ,   ,:‘.          。             +   ,..
      ’‘     +   ,..       . ..; ',   ,:‘         :::::::’’  。...::::’’
     :::::  :                                     +  :::
     ::
     :    ,:‘         「行くぞ!『やる夫』!」
     .::....                                       ..;....
     ,:‘.    ..::..           。            ...         .....
                + , .. .              +          ’。  .......
      ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
       ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.
                                 ,   ,:‘.         ....
     ,:‘. 。   .. . .                                 , .. .






          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ  !!!!
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::u::::::::::: ´:::::::::} /  
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::⌒::,/У  
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


447 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:40:58 ID:FZj.Ba1o


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│        / ̄\                               .....│
│ ,---、  /     \   ,----、                         │
│ |   l |        |   |    |     ,---、  __     ,----、   ....│
│ ゙|  l' |       |   ヽ  /     |   l /    \  |   |    .│
│  |  | |         }   l  |     ゙|  /        \ヽ  /     │   「まったく……お前がこんな事ばっかするから
│  |  | ヽ       }  /  /     | |           l  |    ......│   オレたちは怪談扱いなんだぞ!」
│  、  \_     ノ  / /      | \        /  /     ...│
│   \       '---´ /        、  \       ´ /       │
│     \         ィ            \         ィ        .│
│      |       |              |       |         .│   「やる夫の目の黒いうちは、安易なエロは絶対に許さんお!」
│      |       |              |       |         .│
│      |       |              /          |       ....│
│      |   l\   \            /    / |   |       ....│
│      |   |  \   |          /   / |   |       ....│
│      |   |   /  /           \   ヽ, /   /         │
│      |   |  <   ヽ            \__/〈    ヽ         .│
│      L______ヽ  \_/                `゙‐-‐'"         │
└──────────────────────────────┘






      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


448 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:41:24 ID:FZj.Ba1o


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (●)\l(●),ルリ  ……どう?
    ノハ小  l〃  、_,、_, 、、.l,/    面白かったでしょう?
      //ヽ.ゝ n (_Уn ,イi
        |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
          γ::::lヽlムレl:::ヽ
          l:::::,l::::|∞|::::!::::l





          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ 
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  くくくくっ……
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   はっはははははははは!!
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У   
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   面白い……面白かったですよ!
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ   そして、こんな懐かしい気分になったのも久しぶりです!


449 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:41:58 ID:FZj.Ba1o


        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |  そ、それは良かったわ。
     l从  |  ⌒ \l ⌒ イルリ
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/   ……はいコレ、
      //ヽゝ  n   n ,イi    もう一杯、サービスよ
        |!〃lヽ>l ^)ー(^|_ リ
          γ::::lヽlムレl:::ヽ





 _______
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i
 |i: /ヘ:\     :i|
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i|
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i|
─|`ー=====一 | >コトッ







        _」ヽ  /|
       /   ゙V´∠イz‐ 、_
     /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
     //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
   _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
   ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l   lハ|`
    小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
     l从  | (⌒)\l(⌒),ルリ   じゃ、そろそろお開きね。
    ノハ小  l〃  (__人__)..l,/    とても興味深い話をありがとう。
      //ヽゝ   lr┬| ,イi     
        |!〃lヽ>;:.,、二´<ヘリ     ……私、話の中のアナタ、嫌いじゃなかったわよ?
          γ:::::::::::ム:::::::ヽ      じゃあね、「エリート」さん♪
         l::::::イ:::/∞ヾ:.ト::l
                 >ギィ~……バタン!


451 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:43:03 ID:FZj.Ba1o









          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   ふふっ……勘のいい女性です。
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /::: :::::::__´___::::::} /   ……しかし、私をグールと勘違いしていたようですね。
      λ_ゞ\ゝ、.::::::::`ー'´::,/У  
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ






          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (_)  (_) \
     |        '      |
     \      ⌒   /
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ >バサッ


452 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:43:24 ID:zr2pMu.6

できる夫…


457 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:44:53 ID:9BTxyk7.

できる夫、変異しなかったなんてマジパネェ


453 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:43:26 ID:FZj.Ba1o


          ___
         /     \
       /   ⌒  ⌒\   ……幸か不幸か、FEVウィルスに適応した私が目覚めたのは、
      /   ( ー)  (ー) ヽ   アレから50年後でした
      |      ___`___    |
      ヽ、    `ー '´  /
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ




         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \  ……私を知るものは、スモッチしかおらず、
    /  (ー)   (ー) \  目覚めた直後は、こんな体にしたアナタを半ば本気で恨みましたよ。
    |      ´       |
    \      ⌒     /
    イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
    /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



455 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:43:59 ID:FZj.Ba1o


______________
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/           『……しかし、アナタが仲間達と作って定住した
       l 7Eニ::ィ1│             「アロヨ」の村を見つけ……村長だったアナタの娘から
       'イ/ヽ::::`l┘              あなたの日記を渡されたときは……何ともいえない気分にさせられました。
        i´ ̄ `|::::| ……秘密。
       j|     |::::|               ……そういえば、あの娘は、結局、母親が誰かは教えてくれませんでしたがね』
      /    |:::::|
      / /   l lrェリ\ボソッ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








         ____
       /      \
      /  _,ノ   \ \  ……しかし、あなたが「アロヨ」の町が安定すると、
    /    (●)  (●) \  ピップボーイを残して、忽然と姿を消したと聞いた時は、
    |        '      |  目覚めた時よりも落胆したものです。
    \      ⌒   /  
    イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
    /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


458 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:44:56 ID:at.Tb.io

娘・・・だと!?


456 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:44:37 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /     \
      /  \   /\  ……もうアナタに会うのは諦めていました。
    /   (_)  (_) \  ……しかし、そんな所に居たんですね。
    |       、__',_,  ゚o |
    \           /   ……今こそ、アナタに伝えたかった言葉を言わせていただきます。
    イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
    /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ  






         ____
       /     \
      /  \   / \  ……この馬鹿野郎!FEVウィルスなんてに打ちやがって……
    /   (●)  (●) \
    |       __´___ ゚o  |
     \     `ー'´  ,/
    イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
    /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


459 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:45:19 ID:FZj.Ba1o



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \   
: : : : : :   _       _      \
: : : : : : :´  , `      ´   `       l  ……そして、ありがとう。
: : : : ::;;( ○ )::::ノヽ::::::( ○ );;:::    |
: : : : : : ´"''",       "''"´゚o      l   アナタ方に助けられた命……心から感謝しています……
: : : : : : . .      ゝ         /
\: : : : : : :.  ー--- ‐'       /.
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \











   ┌──────────────────────────────┐
   │                                          ......│
   │                              ____        .....│
   │         / ̄ ̄\             /⌒  ⌒\        │
   │        /   _ノ  \          /( ● ) (<)三☆     .│
   │        |    (⌒ )(⌒)       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     ..│
   │        |     (__人__)        |     |r┬-|     |     ..│
   │          |     ` ⌒´ノ         \    `,. -'"´´ ̄`ヽ      │
   │        |         }         /    (___   |   ......│
   │        ヽ     ヘミ|        /              |    │
   │        /,` 、` -`,--` ,    ( ̄                |    .│
   │  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |     ̄ ̄ ̄|               |    │
   └──────────────────────────────┘


         「やる夫が核シェルターを旅立つようです」  
                     完


460 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:45:59 ID:at.Tb.io

終わったあああああああああああああああああああああ
乙!


461 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:46:15 ID:6f9cnoKw

乙 
何をやるかまだ決めてないかもしれないけど
次回作も期待してるぜ


462 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 20:46:27 ID:FZj.Ba1o


最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

拙作が、最後まで投下できたのも、ひとえに読んでくださった皆様方のおかげです。


また、次の作品でお会い出来た時も、生暖かい目で見守っていただけると幸いです。

それでは、またお会いましょう~ノシ


463 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:46:52 ID:SSx/CNj.

面白かった
乙!


464 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:46:59 ID:K7wNzLaQ

おお……乙!
いい作品だった! 面白かったぜ!


465 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:47:30 ID:zu/U1QUI

乙でござる


466 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:48:31 ID:9BTxyk7.

乙でした!
姿形がいくら変わろうと友情だけは変わらない……いい話でした!
でもやる夫のいたシェルターはやっぱりエンクレイヴに襲われちゃったんですね。
やる夫の子孫がいれば大丈夫だったかもしれないのに監督官も浅はかな判断を下したもんです。


467 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:48:32 ID:zr2pMu.6

乙!!!!まさかのできる夫だったとは!すげー面白かったよ


468 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:48:33 ID:Wp7fOXps

乙でした
最高に面白かったです


469 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:49:08 ID:AUDes8Ek


凄い面白かったよ
主役のやる夫だけでなく、
脇を固めるできる夫ややらない夫に
しっかりとしたキャラクターがあって
脇役に終わってないあたりが凄くよかった
AAの戦闘シーンも動きがよく分かって楽しかったよ


470 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:51:42 ID:uiRwd3a6

お疲れ様でした


471 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:52:39 ID:U.XHLI8Y

乙です!
ストーリーもハッピーエンドだったし、
AAの使い方も巧みだし、
何よりFallout1をやりたくなる気持ちが沸々とわいてきた

こっちからも言わせてもらうぜ
「ありがとう」


472 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:53:00 ID:29l8rM2w

この作品、とても素晴らしい出来ですね!

fFALLOUTに興味を引くのに完璧です!

興味が出た人は我が社のFALLOUT3を予約すれば一安心!

乙をしておきましょう!


473 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:54:09 ID:6NE83HqU

乙でした!
面白かったし、いい大団円だった!!
モモタロウネタには意表を突かれましたww
次回作も期待してます!


474 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 20:56:19 ID:aD/ZYwJg

あああ、やっぱりできる夫だったのか! 乙! で、やる夫は誰とモッコリしたんだかw


478 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 21:11:53 ID:.37eO5JM

良かったあー 作者さん乙でした!
毎回毎回、面白かったよ~!!
フードを被った男…てっきりやる夫かと思ってたw
次回作楽しみにしてるからね


479 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 21:13:04 ID:0dCRLQ1A

楽しかった!乙です!


480 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 21:14:58 ID:c435q01w

乙。お手本にしたいくらい面白かったのでそうする。


481 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 21:18:38 ID:y1FGD64U

乙でした。
やるやらの旅が毎回どうなるのか気になってぐいぐい引き込まれました。
すっごい面白かったです!


482 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 21:20:46 ID:FZj.Ba1o

>>461
一応、次回作は考えてあります。オリジナルのギャグ系か学ぶ系、
その名も「やる夫で学ぶ方向音痴」!……中・短編所辺りで見かけたらみてやってくださいw


>466
2の中でデスクロウ部隊に襲われちゃんうんですけど、
もしかしたら回避とかもできるのかも……
でも英語得意じゃないから解んなかったっス……OTL

>472
Fall Out Collectionもあれば完璧ですねw

>473
モモタロウネタ解ってもらえて一安心ですw

>474
それは……ご想像にお任せしまッスw


483 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 21:23:31 ID:RcZypGCw

すごく楽しかったです。乙でした!



関連記事

カテゴリ:[完結]【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです /  コメント(5トラックバック(0

2014/03/16(Sun)06:46

面白い話だった。fallout系は名作が多いな

3310:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2015/03/06(Fri)14:41

綺麗にまとまっていてそれでいて面白い。文句無しの作品でした!
この作品に出会えたことを感謝します!

4039:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2015/06/23(Tue)12:47

面白かった、やっぱハッピーエンドですよね
二次創作で断片的にしか知らなったfalloutだけど、
この作品のおかげでそれなりにあらましは知れた気がする

4097:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2017/04/01(Sat)03:57

面白かった

4251:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2017/04/16(Sun)21:51

そういえば1のデフォ主人公は男2人女1人から選べたな

4258:名前:AA名無しさん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ