< 2018年10月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2018年12月 >

フリーエリア

ホーム  > スポンサー広告 > 【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです 最終話 前編 > [完結]【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです > 【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです 最終話 前編

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント×  トラックバック×

【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです 最終話 前編

2011年02月04日

172 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:00:34 ID:FZj.Ba1o


~2277年・メガトンの酒場~




         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬}/_ / ,/レ′
    `ト' じ    ヒソノ' 「)'/|/  う~~ん……「やる夫」かぁ……
.     ヽ、_(_,、__) ._uィT/     ……最初から引っかかってたんだけど、
       l 7Eニ::ィ1│       どっかで聞き覚えがあるような……
       'イ/ヽ::::`l┘
        i´ ̄ `|::::|
       j|     |::::|





          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  ……「やらない夫」が「マスター」だった事には、
     ヽ   | /::::::U:::::::::::::::::::::} /   あまり驚いてないようだな。
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

173 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:00:56 ID:FZj.Ba1o


           __ /{  __
         /⌒Y V´ ∠
       / /⌒\  /⌒ヽ
     _ノ ′  _Y/_    \_
    `ア V  ,∠ ニ==ミ  }ノ<´
.     /   /         `ヽ   ヽ
    {  /               ヽ   }.
   、_ノ  ,′// /{   ハ   ハ ハ {
   `T l  |/ ハ  { }/ | |}` ん?……そりゃ、まぁ、最初からキナ臭い奴だと思ってたからね。
.    ヽ.|  |   _ノ\{ ヽ_ | l/   今さら黒幕だって言われても、大して驚きは……あ!
     八 `T (●)  (●)j /{
       ヽ{  (__人__)  ノイ
      /          \







          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  ……どうした?
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


174 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:01:15 ID:FZj.Ba1o


                 /  /             从        \ゝ
                /    i   |::::  ヽ         ゝ,        ヽ
                .′ '  ハ   ヾ:::  |\  ハ |   ヾ;.  |:::::      ヽ |
                | | │ /-\-  ヾ |ニ| /-i!│  |: i::::::ト.::::       ∨
                | | │ハ|_二.ヾ 、 │ィテj/=、ヾ|  / i::::/:::∨ヽ:::::: /
                |ハ Vィハrぅハ  \|ノ 弋_フノ // ,/ V:::::::::::::::(::::::!|  ……思い出した。
                l ゝ.\`-'         イ // ) |:::::::::::::::::::\ |
                    「 `  (__人__)     /jイr '_ノ::::::::::::::: ハ::::ノゝ  「ピップボーイ」だわ!!
                       ハ      `⌒´       rイ:::::::::::::::::::::/
                      ゝ.            イハi!:::::::::::::: //
                    ` .      . '′ | ヾ.::::::::::::ハi
                       >- r_ノヽノ\/|  ∨ゝ::|
                       )::::::::::::::::::::::::::::::{.     `
                       ノ:: - ― … ...-::` …‐- 、






          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉 ???
     ヽ   | /::::::U:::::::::::::::::::::} /  
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    ……悪いが、話が……
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


175 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:01:36 ID:FZj.Ba1o


                 ___,> Y´'ー-、
               _>z二_ ___`ー≧__
               >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                 /        ヽ `Y′之>
                  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<  ああ、いいのよ!こっちの話だから!
               l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
              |ハ | ⌒ ヽ|  ⌒ /_ / ,/レ′ 先にアナタの話を全部聞くわ。
               `| ""(__人__)""「)'/|/     ……そうしたら、今、思い出したことを教えてあげる♪
                 r、__    _,.ィT/
                  l 7Eニ::ィ1│        ふふふっ……そっか……そういうコトだったのか……
                  'イ/ , -'~⌒ヽ、
                   i´ ̄,l. ゝ、_ .'ヽ).
                  j| . ',  . ..  .ヽ、
                 /    \..\\ \_)
                      . . \_\_)、_)






          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  ……やれやれ、訳がわからんな。
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    じゃ、話の続きを……ん?
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ


176 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:01:56 ID:FZj.Ba1o


                        ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙
                           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:;;:'""''''''''
\                    ,. ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...    . :..   . :.  .. . :.:.
::: : ' ,              , '゙ ::::::::::::::::::::::,,_,,,..;''""''''"      .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:;  ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''" .,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..     .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
  .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
                     ..  ... .  .. .                              ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
                                   . . . . .    .: ..  . .チュン……チュン……





          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::(●)ヘl 〉  ……じき夜も明ける、か……
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ





      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


177 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:02:18 ID:FZj.Ba1o


  ┌────────────────────────────────────────┐
  │    / ̄ ̄ ̄ /            /'''7'''7    / ̄ ̄ ̄ ̄/  _/ ̄/_   / ̄/      ....│
  │     ̄ ̄ / /             / / /._     ̄ ̄ノ /  / __  /   /  ゙ー-;    ....│
  │    ___ノ / __n__ ┌──┐ _ノ /i  i/ ./      / /    ー' ___ノ /  /  /ー--'゙     .│
  │  /____,./ └ァ r┘└──┘ /__,/ ゝ、__/    ∠../      /____/  /_/          .│
  │         くイ_j                                               .│
  │                       ~やる夫が核シェルターを旅立つようです~         │
  └────────────────────────────────────────┘
                                      __
                                      /|: : :.:::|
                                  l   | : : : :|
                                   |   |: : :. .:|
                                   |   |: : : :.:|
    iv'ヘ                                |  |:|l==|
    | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
    | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
    !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
  -、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
  ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
  -|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
   ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
  -|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
  . |_;l   / ̄ ̄ ̄\       .r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
  -|_;l'_; /;    . . : : : :\    ┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
  ~゛'' /      :. . : : : : : \┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
  .   |         . : : : : : : : :| .  \.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
   ` \_     . : :〃: : : :,/  _,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
      /⌒`  ̄ ̄ ̄ ̄ :`ヽ.              ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
      / . . . ./|: :  ̄ヽ : : ,: :\    ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
.     / . : :/`: _|_:..: ̄冫: : :i\: ::`   `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
            ̄

178 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:02:42 ID:FZj.Ba1o


___________________________________
                         「Valut13」                    北
「基地」                      ●       「ShadySands」  「Valut15」
  ●☆                                  ●        ●





   「B.O.S本部」            「Junktown」
      ●                  ●


                         「Hub」            「Necropolis」
                          ●                 ●










                    「Boneyard」
                       ●                         


                    「Cathedral」
                       ●
                                                    南
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                       ☆=現在地


179 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:03:01 ID:FZj.Ba1o


~2161年・基地への道中~





        l      /    .!    ヽ       l
        l      ヽ__/ \__/.       l
        . l        l: : : : : : : : : l         l
       .l         lr―‐┬―‐l      . l     ……「ザ・マスター」だ。
        l         ` ー―― '      l
       . l        ー―-       . l









         1ヽ        ___
     .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
            |/ /" `ヽ ヽ  \//
         //, '/ u    ヽハ 、 ヽ
         〃 {_{{ー'  ゛'`ー リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   お、お前が……
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ……ホントに、お前がスーパーミュータントの親玉なのかにょ?
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  Uj /⌒i !   
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


180 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:03:20 ID:FZj.Ba1o


      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \ ……やらない夫……
 /  (ー)  (ー)  \
 |  U   (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /








┌──────────────┐
│                   .....│
│         ____         .│
│       /     \      ..│  とうとう白状しましたね!
│     / \   / \    ....│
│    /   (○)  (○)   \    │  よくも今まで……!
│   | U    __´___     |   .│  こんな回りくどい事をする目的は何なのですか!?
│   \      |il!|!il|    /    .│
│   /       ̄ ̄    \    .│
└──────────────┘


181 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:03:38 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /   u \
      /  \    /\  (やる夫には……
    /  し (>)  (<) \  やる夫には、どうしても信じられんお!
     | ∪    (__人__)  J |   やらない夫がやる夫たちの敵だなんて……)
    \  u   `⌒´   /





        ____
       /    \  (……そうだお。
.    /          \  やらない夫が敵なわけがない。
.  /    \ , , /  \  
  |    (●)  (●)  |  やる夫は……何を動揺してたんだお!)
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

182 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:04:10 ID:FZj.Ba1o


        1ヽ        ___
    .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
           |/ /" `ヽ ヽ  \//
        //, '/ ノ(   ヽハ  、 ヽ
        〃 {_\⌒   /リ| l │ i|
        レ!小 ●    ●从 |、i|   やらない夫!答えるにょろ!!
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│ 
        (⌒ヽ|ヘ   ゝ._)(⌒ヽ_j | |    フザけた答えなら、今すぐスモッチさんの
   .   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│    黄金の左をお見舞いして……
.        /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶 
       `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ  




         ____
       /      \
      / ─    ─ \  
    /   (ー)  (ー)  \
    |      (__人__)     | ……みんな、落ち着くお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   ……まずは、冷静にやらない夫の話を聞くんだお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |






┌─────────────────┐
│                         .│
│             ___         ......│
│        /      \          │
│     ,---、  \    /\ ― 、    │  やる夫!何を悠長な事を!!
│     .l   l  (●)  (●) \  |     │  ある意味、アナタが一番の被害者なのですよ!?
│     .|   |U     '     |  |    │  
│     .|   |   |!!il|!|!il|  / /   ....│
│      ゝ     |ェェェェ|    ノ    ....│
│      \          /     .....│
│       /             |        │
│      /             |      .....│
└─────────────────┘


183 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:04:33 ID:FZj.Ba1o


           ____
         /      \
        / ヽ、   _ノ \  ……確かに、やる夫も騙されていたのかもしれんお。
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |  ……でも、コイツは……「やらない夫」は、
      \     ` ⌒´   ,/   理不尽な理由で、そんな事をする奴じゃないお!!
      /     ー‐    \










┌──────────────────┐
│                           .│
│                ̄   、        ...│
│            ´        \       .│
│     /              ヽ      .│
│      /                ノヾ      .│
│    '            ー ´  ヽ    .│
│    l              / .,.....、ヽ  ......│  !!
│.   l              l {::::::} l    .│
│.    l              冫.ー く   ...│
│   l               l    ノ!  ....│
│   l               `ー‐ f r'    │
│   l                  ノ'     │
│   !                     /      │
│   ,'                   /    ......│
│ ̄ `ー -               /     .....│
│        `  、        /        .│
│:.:.:.:.:.:...        、      /         │
│:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´        ......│
│ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ          ...│
│    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          │
└──────────────────┘


184 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:04:51 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ⌒\  ……この2ヶ月、ず~っと一緒に居た間、
    /( ー)  (ー)\  やらない夫は、どれだけやる夫を助けてくれたか……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     | やらない夫が居なかったら、
  \      `ー'´     /  やる夫なんて、とっくに野たれ死んでたお。






       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\ ……それに、みんなは知らないかもしれないけど、
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ コイツ、意外とアホで茶目っ気たっぷりなんだお。
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /


185 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:05:12 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ⌒\
   /        \  ……だから……やる夫はお前を信じてるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  ……やらない夫は、絶対に悪人なんかじゃないお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /






          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|  やる夫……
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|






┌──────────────┐
│         ____          .│
│       /     \         .│
│.    /   ノ '  ヽ\       │  ……アナタという人は……
│.  / /)(ー) (ー)u\   ......│
│  | / .イ    '       |    ..│
│.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /     │
│.   | ≧シ'        \    .....│
│ /\ ヽ          ヽ   ...│
└──────────────┘


186 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:05:30 ID:FZj.Ba1o



┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│                             , ――-、                              │
│                            /       .:\                            .│
│                               / __     .::|                         ,.-、    ....│  ふっ……ふふっ……
│                           ∨     ヽ ....:::/                     _,.、/:∠_    │
│  ___, - 、             __,. -――<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ   │  はっはははっ!!
│  ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、、    _r:'Ti::、:::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、       ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'  .....│
│  /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐-- ‐'´::::::::::::::::::,. - '       ......│
│ '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::::::::::::,. ‐ '´           │
│          `` ‐- 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_::::::::::::::::::::_,. ‐'´               .│
│               ` ̄      /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''"´                  │
└────────────────────────────────────────────┘








┌───────────────┐
│          ____       ......│
│        /     \       │  !!
│      /        \      │  
│     /  \    /  \   ....│  何が可笑しいのです!
│    |    (●)   (●)   |    │  
│    \      ´   u /    ..│  
│    /     ⌒     \    │
└───────────────┘


187 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:05:48 ID:FZj.Ba1o



┌───────────────┐
│                     ...│
│         / ̄ ̄\       ..│  何が可笑しいだって!?
│       /   _ノ  \       │
│       |    (⌒ )(⌒)     .│  ……これが笑わずにいられるか……
│      . |   o゚ (__人__)   .....│
│        |  0   ` ⌒´ノ     .│  「ザ・マスター」は「やらない夫」だと言ってるのに……
│      .  |         }      │  ……それなのに「オレ」を信じるって言ってるんだぞ!?
│      .  ヽ        }      .│
│         ヽ      ノ彡    .│
│      _,,,,ノ|、 ̄//// \、クルッ!..│
└───────────────┘






┌───────────────┐
│                     ...│
│         ____        ..│
│       /     \        │  ……やらない夫?
│      / _,ノ    \ \    ......│
│    /  (●)   (●) \     .│  アナタ、何故泣いて……
│    | U    ´       |    │
│    \      ⌒     /   ....│
└───────────────┘


188 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:06:14 ID:FZj.Ba1o



┌──────────────┐
│                   .....│
│        _,. -┬ fニト、       │
│      r'´ 、r | | ,.L |        │
│      |   (_ノ j {. '、\      .│
│      |    }‐イ-上 〉. \   ...│  ……言っただろ?
│      |    ノ´     /)゚o |    .│  オレはお前の好意に値するような人間じゃないって……
│     i      r‐‐人__) .|    │
│     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |   ....│  ……それでも……それでも、オレを信じてくれるっていうのか?
│      i  !,       ノ    .│
│      .',  ヽ、 .   /     │
│        \  .     ヽ、    .│
│         \      |.i   ....│
│           |    .   | |   ...│
└──────────────┘






          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ー) (ー)、  ……何度も言わせんなお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |  やる夫は信じる……例え、お前が誰であっても……
    \       `ー'´  /







┌───────────┐
│                │
│    /  ̄ ̄\      .│
│  /      ノ ヽ    ....│
│  |::::::     ( ー)     .│  ……なら……聞いてくれ。
│.  |:::::::::::   (__人)   ..│
│   |::::::::::::::   ⌒ノ     .│  「やらない夫」の……そして「オレ」の半生を……
│.   |::::::::::::::    }     .│
│.   ヽ::::::::::::::    }    ....│
│    ヽ::::::::::  ノ      .│
│    /:::::::::::: く       .│
│    |::::::::::::::  |      │
└───────────┘


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


189 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:06:38 ID:FZj.Ba1o


                                                i
                                                 _ _j|_,,
                      j|                         i . ===|
                     j[[[[[[[[[[[[[[ =                     i  .::.:::|
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i  .::.:::|   『……「やらない夫」は、今から約90年前、
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i .::.: ::|    戦争が起こる少し前に、ココより、
       _ __;i,,,,___         |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               l ;;: ::::|     もう少し北の街で生まれたんだ』
.      :.\/:|三|       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli     : r - ┐      i'' ̄| ̄ ̄ ̄|
       i  ;; ::.|三|       |「l 「l 「l 「l 「l |llli    ニニl二二二i    l 三|三三三|
       l   ;;::.|三|      ;;i=|「l 「l 「l 「l 「l |llli   :::ill ll|三三三|   :l lllll|三三三|
       l   ;;::.|三|  ┌ -l .:|[[[[[[[[[[[[[[ |llli   :::lll ll|三三三|┐ .,,rl lllll|三三三| .l//iiii|
      !  ;;::|三|   「|EEl ::|「l 「l 「lr======:j品[]- |「「「 |llll|三|└i"El lllll|三三三| 「」/iiii|
 ., ================,┌ .┬┬┐r┴┴┴-jニニニニ::|「「「 |llll|三|::::::::::::l lllll|三三三|「ll[]iiii|
 |FFFFFFFFFFFFF i ̄l|┌ ─┐r'' ロ ロ ロ ロ:| [] [] [::|「「「 |llf===== iiiiiiiIIIIIIIII ::i司三三!!!!!!








  | ::::::|   |                              |:::|   |
\| ::::::|   |                              |:::|   | /
  \ ::|,______|______________________|;;;|   /
∥ |::::::|   l─ ─── ─── ── ──── ─ ────|:::|   |  /   『彼の父は高級軍人で、
\ |::::::|   i    / /     / /     / /      / / |:::|   |/      そのおかげで、「やらない夫」は
  \ | ,,,,..;;; ..                              |:::|   l  /    戦争が始まると「Valut8」に無事に避難する事が出来た』
\  l: | l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二||   l/
  \l: |ヽ_______________________/:|   i ̄ ̄
 ̄ ̄ |   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二/''|:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |                              |:::|   |
  | ::::::|   |____________________________,|:::|   |
  | ::::::|  /                               |:::|   |
  |____:|/                                 、|______,|


190 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:07:02 ID:FZj.Ba1o


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   『……俗に言う秀才だった「やらない夫」は、
 .         |     (__人__)    Valut内で軍人だった父に教育されながら順調に成長し、
           |     ` ⌒´ノ     成人する優秀なと科学者として、道を歩み始めた』
 .          |         }
 .          ヽ        }
              ヽ     ノ
            _,/( `' 、 _゙T
        ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム `
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽ
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l |
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .|
´: : :     ': : :        \   ヘ:l  | |








        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |  『成人した彼は、その才能を如何なく発揮した。
     (__人__)     |  
     (`⌒ ´     |   まずは、G.E.C.Kと呼ばれる万能環境適応キットを運用して、
      {        |    Valut8の周辺の土地を、見事に肥沃で安全な土地への改良に成功』
      {         /    
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/
     / |。      /
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ


191 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:07:22 ID:FZj.Ba1o



      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)   『そして彼は、Valut8を地上の生存者の為に開放する事にも尽力、
    |     (__人__)    その結果、地上の生き残った人々も混じえた「街」が作られた。
     |      |r┬| .}
     |       | | | }     これが現在「Valutシティ」と呼ばれている街の起こりだ。
   ,..-'ヽ     `ニニ }     ……まぁ、この地域の人間は、その存在も知らないだろうが』
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ








                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉
          |    ::::::::::::::::::/   『……だが、彼はこんな事じゃ満足なんてしてなかった。
          |     ::::::::::::::::::::l    彼が本当に目指していたのは、戦前と同じように、
          |   ::::::::::::::::::/     全ての人間が地上で安全に暮らすことだった……
           \__  :::::::::く      
.            ,イ   :::::::::ヽ      しかし、頼みの綱のG.E.C.Kは数に限りがあり、
           / `   :::::::::::}      とても大陸全土を再生できる手段にはならなかった』
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j


192 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:07:41 ID:FZj.Ba1o


             / ̄ ̄\
           / ─  ─ \     『……そんな彼が、そこに行き着くのは必然だったのかもしれない。
           |  <○><○> |    
           |  (__人__)  |     そうして、彼は遂に自らが求める手段を、父の機密書類から見つけ出した。
.           |   ` ⌒´  }     ……生物の遺伝子を改良し、強制進化を促す悪魔のウィルス……「FEVウィルス」を。
         _ _|        l _
        / l   ヽ       /   l ヽ  このウィルスさえ有れば、地上の劣悪な環境にも負けない人類を誕生させる事が出来る!
         | l     ヽ    ノ  /  |  ……彼はそう確信して、その事を父に相談し、FEVウィルスの捜索をしたい旨を申し出たのだ』
       , -―-、    ー    l  |
      /      l        /´ ̄`\
    /    / , 、 \     _/     \
    l l | / / \_)  (__,ノ{ l | l  l
    〈l 〈 l  |  /l       l ∨ l l /l
      \ヽ{_,ノ//        \{__,ノ 丿ノ/
         ̄   /         |  ̄ ̄








   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /  『だが、聡明な軍人であった彼の父は、
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r      FEVウィルスの持つ危険性を十分に理解していた。
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}      だから息子が、その悪魔のウィルスを欲している事を知ると強く反対し、
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ      Valutシティに留まり復興に尽力するように説得した。
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/           ……結果、彼ら親子にとって最悪の自体を招いてしまう事になる。
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)           口論の末に、事故とはいえ、彼は父を殺めてしまったのだ』
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()

193 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:08:13 ID:FZj.Ba1o



         / ̄ ̄\
      /  ヽ、_  ,、ヽ      
     (●)(● ). `ヾ!、    『そうして、Valutシティから南へ逃げ出した彼は、名を「リチャード・グレイ」と偽り、
     (__人__)     |`′    FEVウィルスを求めて、大陸中を約10年間も探し回った……』
      (`⌒ ´    /\|ー、   
.     ,{.       \,|  ヽ__
     / {       __ハヽ ヽ\
    /  r,´ヽ   ,ヘ´  /|ヽ \`ー- 、
  /   !.!( 〉   /} ヽ / | |    >   ⌒ヽ
. 〈   //|/|i、 ,//  ∨  | .|   < /    |









              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i    『……だけど、FEVウィルスの行方はようとして掴めなかった』
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉   
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /  
           .i   l.      ,'  ./
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |


194 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:08:31 ID:FZj.Ba1o


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |   『しかし、それでも彼は諦めなかった。
     |      (__人)   必ずどこかに、FEVウィルスの製造プラントが有る筈だと
     |        ⌒ノ    固く信じて……』
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.








     ,r-‐'´ ̄``ヽ、          _rツ      ,.r-、_
  _,.r,'r_,.,_:;:;:.:_,.r>-ヽ、_       /_!   ry  (_,へ'_`ヽ、   『無論、彼がそう信じるのには根拠も有った。
 ,〃tr'´.    ̄ _/`ント、`!   _,,._ュ'ン  _,〃  ー'   `i,´ヽ    それは地上のミュータントたちの存在である』
 ´    r_-‐=ニ、ーニ--`⊥.r一'r_´_r,==' '´       _,r'ヽノ    
       `´  !、/_}-‐'`ー.、,_.i:;.!i,ヽヽ ̄ヽ`ヽー.、_r-、'´ヽ_ノ
           ヽ.>__--‐‐'´ノ!;i }:;:!:;:;l :;:;:;|:.;::i:..::.:_)_r'‐''´
        _,.,_ r'´ヾ_<ー=-´._!ノ_!_ノ_!_i'__, t-i-‐'´-、_
 ヽー---‐''´,::;:..`ヽ!-‐、i´くrミ、<-ヽ.__)_,,..、-''´``'''´ヾミtュ
  `ヾ._ヽ、.::;::;:;:..:. i,レ1´i `ゞ_<`ヽ、`ヽ
、,.____,.〉 `,.,;::.:.:. .:;ン,/ _/.::ノ  /.::/
``ー-..,,_,.!.,,____,,,...ノ r',´-'´ _,,.-' ン
             t_j    トi‐'´


195 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:08:53 ID:FZj.Ba1o


    ___
   /_ _\
  / 辷>/丶辷>丶
  /Yミ彡^^ミ彡 │    『特に「グール」はその最たるものであった。
  ヒ/丶/~~~丶Y ハ      一般にグールは、放射能の影響で変異したと思われているのだが、
  |川ヒェェェェハノイノ     彼は、その尋常ならざる変異の影には
  |\  ̄ ̄ //       FEVウィルスが何らかの影響を及ぼしていると確信していたのだ。
 _/ミヽ ̄ ̄ ̄/      
7 \ミ\ミ/ />-、      ……だが、グールや他のミュータントからFEVウィルスは検出できなかった。
// ̄\_ 彡/\|\    彼はその理由を、FEVウィルス自体が、
 _/二)_) | |< 丶    変化を促した後に自壊してしまうタイプのウィルスだからだと推測した』
//二)(| ミ| || |
`/二)  ̄) |匚|| |
丶__ノГミ| || |
/|  |ミ(二(二ヽ |








         / ̄ ̄\
        / _ノ ヽ_ \
       |  (●) (●) |
        |  (__人__)  |  『……ならば、必ずどこかにウィルスをばら撒いている
        |    `⌒´  |   プラントが存在する筈である、と彼は考えた。
       |        }   なぜなら、動植物のミュータント化は現在進行形で進んでいるのだから……
       ヽ       .}
      __,_,,.ヽ_   ノー- 、 ……今思えば、随分飛躍した論理だが、
     ハ  /  V又イ ::::〉::::::i: 性質の悪いのは、この飛躍した結論が正解だったというコトだ』


196 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:09:12 ID:FZj.Ba1o


         /,r''"        、ヽ、ミ、l i, ヾ ノ ヽ
       /, '"     ィr'⌒`''ー- 、ヾL}リノツツハ
       //    //        '('゙( ̄`Y }
      //  ,、-''゙ ノ!          `   |ミ|
      / /    / ノ  ,,..             ト;|
      ∨ ,r‐ 、 ,ニ-ァ'          ..::   |'リ
      レ! ⌒ゝヽ7   ,、-ニ三゙'=:、     _,z=、「
      {/| l′〈 l彡   <´-tェァッ `'ヽ  ,f,,ニ,ン/  『……そして運命は、とうとう彼をFEVウィルスと引き合わせる……
      ヾ'、ヽ、「 ''´ ,!   `-,` ̄'" '"  ゙ト¨´.::|   
      ,リ^\_;   '、         .: |   ,'   その時期、Hubでキャラバン隊を率いていたハロルドという男が
       レリ´ |    ':,      ,.ィ  ,: |  ./    砂漠で多発するミュータントによる襲撃事件に業を煮やし、
      ,ィj^`′l,      ,.    ` -ニン′/     討伐隊を募集したのである』
     /〈 ゙、  い,    ` `''-=─---r' ゙ /
    /   ゙、 \ ゙、\  .;   ー-`二´ /
   /    ゙、  ヽ、\ `ヽ、'、     ̄ /′
        \  `ヽ、  ヾ、     _;'
         \   `''ー- 、 ̄ ̄「ヾ'ー- 、_
       ハロルド(2102年当時)








            / ̄ ̄\
          /  _ノ ヽ、.\
          |  (●)(●) |
          |   (__人/,〉.|  『この話を耳にした彼は、
          {   ´フ´ ./._ }   即、この討伐隊にミュータントの調査員として志願した。
          ヽ  ./,二ニソ}   このミュータントの襲撃事件と、自分の求める物が
          _ヽ/  ,-― 、}ノ   根本的な部分で繋がっていると直感したのだ』
         /:;:{'   ノーヘJ:;:;ヽ
        /:;:;:;:;:;|  _,イ{:;::;:;:;:;l:;:;}
      /:;:;:;:;:;:;:;:;:\_/:;:;:;::;:;i:;/\
       {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;:;:;:\
      ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:\:;/ヘ、


197 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:09:51 ID:FZj.Ba1o


            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``    『……だが、彼とハロルド大きな判断ミスを犯してしまう。
           τ'::/ .;:                        それは、ミュータントの数と戦闘力を過小評価してしまった事だ。
            )/                          おかげで、隊はほぼ全滅。生き残ったのはハロルドとやらない夫だけだった。
         。            '  、       ;: 。    それから、ハロルドがどうなったかは「オレ」も知らなかった……先日までは』
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"







       
         }={
        │ │
         /.  ヽ    『……そうして、彼はマリポーサ基地に運び込まれ、
       /.   :;:;ヽ.    念願のFEVウィルスと対面する事になった……自らの身を持って』
      ./      :;:ヽ.  
     ./       :;:;ヽ
    /.:...:::::::::::::::::::::...::;:;:;ヽ,
    ゝ、,       ;:;:;:;:;''
      `''''''''''''''''''''''""゙


198 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:10:14 ID:FZj.Ba1o


┌───────────────┐
│                     ...│
│         ____        ..│
│       /     \        │  ちょっと、お待ちなさい。
│      /  \  /  \    ......│  ……さっきから、語りが少しおかしくないですか?
│    /  (●)  (●)  \     .│
│     |      __´___     |    .│
│    \     'ー一`    /   .....│
│      /             \    .│
└───────────────┘







          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小l_ノ ''  'ー 从 |、i|   ……アタシも同感だにょ。
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│   
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /     自分の過去を語っている筈なのに「彼」とか何とか。
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |     ……まるで、他人の人生を語ってるような口振りだにょろ。
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|


199 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:10:30 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /      \
      / ─    ─ \  
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     | ……二人とも、黙って最後まで聞くお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   で、「リチャード・グレイ」はどうなったんだお?
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







┌────────────┐
│                  │
│                  │
│   / ̄ ̄\          .│
│ /   _ノ  \      ......│  ……
│ |    ( ー)(ー)      ..│
│. |     (__人__)        .│
│  |     ` ⌒´ノ      ..│
│.  |       nl^l^l     .│
│.  ヽ      |   ノ    ......│
│   ヽ    ヽ く       │
│   /     ヽ \      .│
└────────────┘


200 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:10:46 ID:FZj.Ba1o



           i!i||!!
          i!i!:; :;!i!|
        !i!|i|!i    i|!i|!|i!
     i!i!i!!!||  ./ ̄ ̄\  |!i|!,,, 
     i!i!;;;  / ノ  ヽ ヽ ;:;:;:;!i!|  『基地は全てオートメーション化されており、
    !|i    |  (__ )( __) |  ;;;::||i!  ミュータントが集めてきた捕虜は、
   !i|     |:::::::(__人__)::|  ;;;;;i|   戦前の実験プログラムに沿ってFEVウィルスを投与されていた。
   i      .|   |i!i!i!i!|  |   ;;i!i  
  !!!!i      ヽ  |;;;;;;;;;|   }    !i!|  驚くべき事に、廃棄された筈の工場が、何らかの理由で再稼動し
   !i!      ヽ `⌒´ ノ     !i   自動でFEVウィルスの製造と投薬実験を行っていたのである。
 i! !i     /  `⌒´  \   !i |!|i! 
 !i!;;!!    (<<<)     (>>>) !i!| i|! ……そして、「彼」もまた機械にFEVウィルスを投与されたのだ』
  i!ii!!     |、 i、   ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;   ヽ_/    ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;   |       |  !i!








       l⌒ヽ    , - ー‐ー―-_
        ヽ、 \ /           `丶
     //   \  |            l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      『……それは想像を絶する激痛だった。
           ヽ |            l            ヽ\__  自分の体が溶けて崩れていく感覚……それと共に、
     | l l|,, ___\   ー'         ノ           \__)_ 自分と世界との境界線が曖昧になって……
      ゝ____` `ー -― (  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )……彼は、そこで再び気絶した……』
                      ̄ ̄ ̄               ̄ ̄ ̄


201 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:11:14 ID:FZj.Ba1o



           / ̄ ̄\
        /  ヽ、_  \
       (○)(< ) u |
       (__人__)    |   『……どれくらい、そうしていたのだろう?
        (`⌒ ´      |    あの激痛はすっかり引けており、
   .     {           |    目が覚めた「オレ」は、立ち上がり辺りを見渡していた……』
        {        ノ
         ヽ     ノ
        i        、\ ;
        |   !    /__} ;
       ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
      {_ i、___,l   |    | ;
       )ソ(___i)---|    |
              ゝ-i--i´ ;
                `-゙







;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   『そこは一切光の無い真っ暗闇の中だった。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;     ミュータントどもは?あの機械は?
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   「オレ」は何が起こったのか、さっぱり理解できなかった』
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;


202 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:11:35 ID:FZj.Ba1o


   / ̄ ̄\
 /  ノ ヽ、\
. |   (●)(●)|
. |   (_人_)│  『いったいどうなってるんだ?
 | U   ` ⌒´  |    自分は、確かFEVウィルスを投与された筈では……?』
  |           |    
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |








                               ┌─┬─────
                                     |  |\
                                     |  |  \
                                     |  |   \__
                                     |  |    |
          / ̄ ̄\                   . |  |    |
         / ノ  \ \                 . |  |    |      『そう思った瞬間だった。
         |  (●)(●) |                  |  |    |       さっきまで何も無かった目の前に、
.         | u.(__人__) .|                  |  |    |       突如として端末が出現したのだ。
   r、      |   ` ⌒´  .|                 . |  |    |      
 , .く\\r、   ヽ      ノ                   |  |    |       しかも、その画面に映っていたものは……』
 \ \\ヽ}   ヽ     /                   |  |    |
  rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ                    |  |    |__
  └'`{  .   \.|   /   i                    .|  |   /
    ヽ、._   ヽ、_,r'   .|                     |  | /
        ヽ、   /'  |               └┴┴┬───
         `'ー'´                  ,.p_.       r|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


203 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:11:54 ID:FZj.Ba1o



┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│   ∥     /  ̄ \∥         ∥        ∥         │
│   ∥     |:.:.} _   _ハ         ∥        ∥          .│
│   ∥     l:.ィ'○}:.:{○)}         ∥        ∥        .│
│   ∥     rト、:::::´{ii}`::ハ/         ∥        ∥         .│
│   ∥     }:ト、 {ニニイ/ハ/⌒レへ     ∥       ∥          │  『……最初はソレが何なのか解らなかった……
│   ∥   / ` T:::::::::::://⌒レへ `:‐:、   ∥       ∥           │ 
│   ∥   {::::::::::::::} ` == ij /:::::::::::::::::`:‐:、 `:‐:、       ∥          .│   しかし、体は醜くドロドロに溶け、
│   ∥ ノ::::::::::::::{/ト、||::::::||:::::::::::::::::::::::::::::`:‐:、 二二、   ∥           │   訳の解らない配線で機械と繋がってはいたが……
│   ∥//7:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\ ∥            │  
│   .イ {/:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヽ` ‐‐‐‐‐‐ 、:::::::::}            ....│   ……それは紛れも無くオレだった。
│   { /::::::/⌒l:::厂ハ:::::::::::::::::::::::::::::::|  l       ヽ::::::::\          ...│
│   レ::::::/.   |:|   }::::::::::::::::::::::::::::::ト、⌒',       Y^}__:::ハ          │   その見る影も無くなったオレが、
│.  //:::::/   ヽ.   |:::::::::::::::::::::::::::::::::}  }       厂 }::::::ヽ          │   ミュータントどもに指示を出してしたのだ』
│ //:::::/      \. } /::::::::::::::::::::::::::::}  }       |l  {ノ /::}          │
│. { {:::::〈、_       //l:::::::::::::::::::::::::::::}  }.       |l  {ノ /}         .│
│/∧::::::{ `      //:||:::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ         {ノ            │
│| | ヽ::::ヽ.     //:/∧::::::::::::::::::::::::::::::}  }                   ......│
└───────────────────────────────┘


204 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:12:18 ID:FZj.Ba1o


              _________
            /       'r r.r.r.i
           /        | | | | |   『オレは混乱した。
          /     u  .ノ.ノ.ノノノ    何なんだ?アレは?
          ハ_ノ  ヽ、__  /   /ノ    ……聞くまでも無い、俺自身だ。
         / (●)(● ) .(    l ヽー―ー-、  なら、ココに居るオレは?
        /  .(__人___)  ム   イ    r    ヽ そもそも、ココは何なんだ……?』
         ./   / ヽ`⌒´   |   .l    /     、 l
      /    /  八_ 、__ /l   |   ,'      l  l
    .  /   ,'       ヽ|   | ノ      ハ   l
      /    .l   ∧    |    レ'     ノ     l
    /     l  ノ  ヽ   |     |     ノ       }
   ∧     / ,〆     ヘ  l       , '       l
    ヽ、_,ノ'´        ヘ .l      /        ノ
                 ', |     /         ,'
                   ト、   ノ          ノ







           ___________
             |┌──────‐┐||
             | |               |..||   『……そうしていると、画面が突然ブラックアウトした。
             | |               |..||    
             | |               |..||    これは推測だが、工場側のセキリュティが
             | |_________│||    「オレ」をウィルスの類と同義したために強制的に弾いたんだろう。
             |_________.||    
             __| |,,___       そして、オレは再び闇の中に取り残された……』
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


205 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:12:45 ID:FZj.Ba1o



       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |  『いったい、自分の身に何が起こったのか?
     (__人__)  u   |    それを大まかにでも判断するためには、
     .(`⌒ ´     |   さらに数日間の時間を要した』
     {         |
      {      u. /    
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ






                  __,,.. -- 、
                    _,..-'' _ _ ____,,,、、ヽ.
                ,.ィo:0:::: : : : : :l: :   ll   『……結論から言えば、オレはネットワークの中……
.             /ァ l::: : : : : :  .::l: : : : : :ll   ……つまり電子上の仮想空間に居たのだ。
         / ' /: : : : : . . . : : ::l: : : : : :ll
        /、_, /: : : : : : : : : : : : ::l: : : : : :ll   そして、最初にオレがモニターを通じて見た自分の姿は、
       /`ー ': : : : : : : : : : : : : : : :::l: : : : : :ll   監視カメラを「目」にして映した現実空間の映像だったんだ』
.         , :::: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::l: : : : : :ll
       ト、,_:: : : : r--------┐: : : : :::l: : : : : :ll
        、   ̄´~~""'''''''‐-┴ - - - L:_:_:_:_:_ll
_____`_,、                    l‐┴'ー-、
          `>-,、,_                   _|     \
.           ∠∠/ ´"''-t‐ッ-------'''廿~`       \
                                        \



                           ●

                           ●

                           ●


206 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:13:03 ID:FZj.Ba1o


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \   ……やらない夫、
     /u  (__人__)    \   それじゃ、お前は……
      |    ` ⌒´   U  |
      \           /
        /         \






┌──────────────┐
│                   .....│
│        ./ ̄ ̄\      ...│
│      ./      \      .│  ……残照さ。
│      |     ー  ‐ i     .│
│      |   ( ー) ( ー)    │  ……オレは「やらない夫」という人間の残した、
│      |     (__人__)    .│  ただの絞りカスなんだよ……電子上のな。
│      |      `⌒´i      │
│      ヽ.       ノ     .│
│       ヽ     ノ      .│
└──────────────┘


207 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:13:23 ID:FZj.Ba1o


          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_V
         〃 {_{       リ| l.│ i|  し、信じられんにょ……
         レ!小lノ    `ヽ 从 |、i|
          ヽ|l ○   ○u | |ノ│ ……FEVウィルスによる肉体崩壊に伴った人格崩壊の際に、
           |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j  | ,|.  「やらない夫」の人格がネットワーク上で再構成された?
           | /⌒l __, イァト |/ |  
           | /  /::|三/:://  ヽ |  でも、原因も原理もさっぱり理解できんにょろ……
           | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, |







┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│  / ヽ、_   \     .│
│. ( (● )    |   .....│  あの時、「やらない夫」は基地の機械に繋がれていた。
│. (人__)      |     .│  何の意図が有って繋がれていたのかは解らんが、
│  |⌒´       |    .│  それがネットワークにも繋がっていたんだろう。
│.  |        |   ......│
│.  ヽ      /     │  ……人格データが転写された原因は解らんが、
│   ヽ     /     ...│  FEVウィルスの強制進化因子が、想像も出来ない形で作用したのかもしれん。
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


                                ●

                                ●

                                ●


208 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:13:47 ID:FZj.Ba1o


;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   『……あの暗闇や端末はオレの「イメージ」だった。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;     オレがもっとも具現化しやすいイメージを無意識に
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;    空間に投影していたのだ』
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;









     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○)   『どうして、こんな事になった!?
 .   | U   (__人__)    ……オレはそう自問すると同時に、
    |  U  |r┬-|  彡 最初に見た自分の姿の意味にも、激しく動揺していた。
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }     何にせよ、「自分」を見つけなければ……そう思い立ち、オレはやっと行動を開始した』
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)


209 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:14:04 ID:FZj.Ba1o


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |  『まずは、自分の置かれている状況を
. |  (__人__)  │  より正確に把握しなければならない。
  |   `⌒ ´   |   その次には、外部……つまり現実空間の情報収集が必要だった』
.  |           |   
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |







            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \  『幸い、事態を把握するのに、今度は長い時間は掛からなかった。
        (○)(○ )   |  
.       (__人__)   u  .|   だが、驚くべき事に、その短い間に「やらない夫」を襲ったミュータントが、
.        ヽ`⌒ ´    |   今の「スーパーミュータント」へと劇的に進化していったのだ。
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./   ……それも、オレがFEVウィルスを使って、人類を改良しようとした方向に』
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |


210 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:14:25 ID:FZj.Ba1o


                ____
               / ⌒  ⌒\  
             /         \   
            /  ;;;(○)::::::(○);;; \   『……だが、それは、
            |   (トェェェェェェェェイ)   |    果たして「人類」と呼べるモノであったのだろうか?
            \  \ェェェェェ/   /    
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...ヽ──-‐'  ̄``ー-、   一定の知性を保ち、あらゆる環境に、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:ヽ::::::::/ ::::::::|:.:.:.:...    r       \  とりわけ放射能に対する強い抵抗力を持ちつつも、
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.:: ::::::::   ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ  巨大化し凶暴化したその姿は、
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|::::  >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、  正に「怪物」そのものだった』
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ


211 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:14:48 ID:FZj.Ba1o


         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \  『……「オレ」はすぐに悟った。
       |  (●)(●) |   これは奴がFEVウィルスを改良した成果なのだと。
       |  (__人__) |   そして、奴が「オレ」なのなら、必ずこの成果を
          |   ` ⌒´  |   全人類に波及させようとするだろうと』
        |        }
        ヽ       }
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ◯)(O):    『……その考えに到った「オレ」は激怒した。
           .:|   j(   (__人__)   
          :|   ^  、` ⌒´ノ:    「オレ」が目指していた人類の地上への復帰という
          |  u;     ゙⌒}:     夢の末があんなバケモノだとは認めたくなかった……
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |   それに何より、人々の害にしかならない、あんなバケモノを量産して、
         /⌒      ヽ  | || |  | 正常な人々を駆逐しようとする所業が、正気の産物とは思えなかったのだ』
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \


212 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:15:06 ID:FZj.Ba1o


    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\    『だから、「オレ」は奴の……その時にはもう「ザ・マスター」と名乗っていた
 |  (⑪)(⑪) .|    オレ自身の狂った野望を打ち砕く事を誓ったんだ……
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7 ……それこそが「オレ」の存在理由だと信じて』
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/






       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\
     . ( (● ) .   |  『だが、奴は思いのほか慎重で、
     . (人__)     |   自分達の存在が外に周知されない程度に
     r‐-、    .   |   襲撃と誘拐を繰り返し、緩やかに数を増やす程度に行動を留まった。
     (三))   .   |   
     > ノ       /   ……おそらく「スーパーミュータント」には、何か無視できない程の欠陥が有り、
    /  / ヽ、 .   /    それを修正する為に更なる実験が必要だったのだろう。
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )    それは、後に「生殖機能の欠如」であった事が判明するのだが』
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|


213 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:15:39 ID:FZj.Ba1o


         , -―- 、
      /     \
      /  \_   |  『……そうして、「オレ」は、まだしばらく時間に猶予が有ると考えた。
      (●) (●)   |
      (_人__)    /   どの道、ネットワーク上しか移動できない「オレ」には、
      l`⌒´    /    オフライン化した基地の場所を特定する手立ては皆無だ。
      |      ヽ
      __!、____/  \  だから、この事実を周知して備えさせる事が肝要だと思い、
    /、 ヽ     r 、 ヽ あらゆる組織にネットワークから接触して、「オレ」は警告をして歩いた』
    ハ ヽ Y`l     |  >  Y
   { ヽ_ゾノ     | レi i i}
   `¨´  ヽ    ハ  `'''
         >   / ヘ
        /  /ヽ  ヘ
        _,/  / ご_ノ 
      ( ヽ /
       \__ノ








       / ̄ ̄\
     /       \
     |:::::       |  『しかし、「オレ」の警告に耳を傾ける者は誰も居なかった。
    . |:::        |   ……考えてみれば無理もない話だ。
     |::::         |   
     .|::::       __}   こんな怪しい男が、いきなりオンライン上で人類の脅威だ何だと喚くのだから、
    /::::        \  ただの電波野郎だと思われても、仕方がなかった』
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)









        / ̄ ̄\     『……だから、『オレ』は待つ事にしたんだ。
      /       \   
      |::::::        |   「オレ」の話を信じてくれて、なおかつ「ザ・マスター」の
     . |:::::::::::     |   狂気を止める事が出来る人間が現れるのを……』
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´


214 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:16:05 ID:FZj.Ba1o


┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│  / _ノ  ヽ、_ \     .│
│. | ( ●)(● ) |   ...│  ……それから、長い年月が経った。
│. |  (__人__)  │   .│
│  |   `⌒ ´   |   ....│  その間も、奴が何時、完璧な「スーパーミュータント」の軍団を率いて
│.  |           |   .....│  表舞台に飛び出してくるかを心配しながらも、ひたすら待った。
│.  ヽ       /    ..│
│   ヽ      /    .....│  そして……とうとう、オレの待ち望んだ人間が現れた。
│   >     <       .│  
│   |      |       │  ……やる夫、それがお前だ。
│    |      |      │
└──────────┘






      ___
    /     \
   / ー ''  'ー \  ……やる夫が?
 /  (●)  (●)  \ いや、やる夫は、そんな大それたモンじゃ……
 |  u    (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


215 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:16:29 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────────┐
│                         .│
│.        / ̄ ̄\            .│
│     . / \  ノ \/`i        .│
│     |  (●)(●)./  リ       .....│  いや!オレが待っていたのはお前なんだ、やる夫!!
│    . |  (__人__)..|  /         .│
│      |   ` ⌒´ リ  ヒ          .│  お前が、この2ヶ月でオレを信じてくれたのと同じように、
│    .  ヽ     //  ,`弋ヽ      .│  オレもこの2ヶ月で、オレが探していた人間はお前なんだと確信した!
│   __ ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l    ...│
│  / :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ     │
│  | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|    ...│
│  | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │    ..│
└─────────────────┘








┌─────────────────────┐
│                              ..│
│         / ̄ ̄\                .│
│       / ヽ、. _ノ \               .│  やる夫。
│       |  (●)(●) |              ..│  今こそ、オレはお前に頼みたい。
│       |  (__人__) |              │  
│          |   ` ⌒´  |               .│  ……オレと一緒に「ザ・マスター」を……
│        |        }                │  「やらない夫」を止めて欲しい!!
│        ヽ       }                .│
│        人_____ノ"⌒ヽ            ..│
│      /           \         ......│
│     /            へ  \         │  ……そして、もう奴を楽にしてやってくれ……
│     (  ヽγ⌒)     |  \   \       .│
│  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .....│
└─────────────────────┘


216 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:16:47 ID:FZj.Ba1o



          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{'´   u  ヽリ| l.│ i|  や、やる夫……
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃    ⊂⊃| .|ノ|
            |ヘ.  r‐-、 u j  | , |
            | /⌒l`ニ`, イァト |/ |
            | /  /::|三/:://  ヽ |
            | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,





┌─────────────┐
│                    │
│       ___       ....│  やる夫、奴が真実を語っている保障はありません!
│     /     \      │
│    /  \   /\   ......│  ですから……
│  /   (●)  (●) \   .│
│  |       __',_,    |   │
│   \     /__/   /    .│
└─────────────┘


217 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:17:06 ID:FZj.Ba1o


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)  ……いや、やらない夫が喋っているのは真実だお。
  /     (__人__) \ 
  |       ` ⌒´   | ……誰に解らなくても、やる夫には解る。
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ







┌──────────────────┐
│                           .│
│               ___         │
│            /      \        │
│           /_,ノ   \  \      │  ……はぁ……
│          / (ー)  (ー)   \   .....│
│           |      '         |   ....│  よくも、自分を騙していた人間を、そんなに信用できるモノですね。
│   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /   ......│  ……まぁ、それがアナタの長所でも有る事は認めざるおえませんが……
│   ヽ_ノ   /          \    ...│
└──────────────────┘








         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (ー)  (ー)  \  ……やらない夫、その答えは
    |      (__人__)     |  聞かなくても解っている筈だお。
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


218 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:17:22 ID:FZj.Ba1o


           _____
          /        \
        /           \
       /   ‐-、      ,.-‐   \   ……やる夫が止めてやるお!
     /    ., ーヽ   ,'. ー-、    \   「ザ・マスター」を!!
    /      ( ● l    l ● )    \
    |         `ー ノ    ヽ.ー '       |  Vallutとは関係なく、
    |     "⌒(____人____)⌒゙       |   やらない夫……お前の為に!
    \         ! ,-ー- 、!         /
      \        `ーー ´       /   ……そして、開放してやるんだお。
       /                〈     哀れな「リチャード・グレイ」の魂を。






┌──────────────┐
│                   .....│
│         / ̄ ̄\     ......│
│        / _ノ ヽ_ \    ....│
│       |  (●) (●) |     │  ……やる夫……
│        |   ゚(__人__)  |    ...│
│        |    `⌒´  |      │
│       |        }      .│
│       ヽ       .}      .│
│      __,_,,.ヽ_   ノー- 、    .│
└──────────────┘


219 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:17:41 ID:FZj.Ba1o


        ____
      /      \
     /  ─    ─\  ……その前に、「やらない夫」。
   /    (一)  (一) \ 
   |       (__人__)    |  お前に一つだけ言っておく事があるお。
    \      `_⌒ ´  /





┌───────────┐
│                │
│    / ̄ ̄\       .│
│  /     _ノ\      .│
│  |       (●)    .│  ?
│.  |       (___ノ)  .....│
│   |        ´ノ    .│
│.   |         }   ......│
│.   ヽ        }      │
│    ヽ     ノ      │
└───────────┘


220 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:18:01 ID:FZj.Ba1o


       ____  
     /⌒  ⌒\   お前は残照でも、残りカスでもないお。
    /( ⌒)  (⌒)\ 
  /::::::  (__人__)  :::::\ お前こそが「やらない夫」そのものだお。
  |     |r┬-|     | 
  \      `ー'´     /  ……少なくとも、やる夫にとっての「やらない夫」はお前だけなんだお。
  /     ー‐    \  たとえ、誰が何と言おうと……







┌───────────┐
│                │
│      __      ......│
│    .,/,-、  \      │
│  / ノ:/ ノfヽ.. \   ......│
│  | /:/ /...| |゚o |     .│  や、やる夫……くっ……うっ……
│  l レ ./..ノ .,''´} i     │
│  l   ' ´ .〃 / |    ..│
│  ヽ.     . 〈 .ノ     .│
│    \.,_  ._ノ /      │
│     /  /  ヽ     ..│
│    ./  /   |      │
│    i ./  .  |      │
└───────────┘


      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


221 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:18:23 ID:FZj.Ba1o


          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|  ……やる夫が信用するっていうなら、
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|   アタシも信用する事にするにょろ。
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /   やる夫が一番、やらない夫の事を理解してるだろうし。
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|






┌───────────────┐
│                     ...│
│           ____      ......│
│         /     \      │  ……私は、アナタを信用した訳ではありませんが、
│       / \   / \    ..│  やる夫の意思を尊重して、とりあえずは、
│      /  (●)  (●)  \   .│  アナタを敵と見なすのは置いておきましょう。
│     |        ´      |   │
│     \      ⌒     /  ....│  ……で、これからどうします?
└───────────────┘








          ____
        /      \
       / ─   ─   \  ……そのマリポーサ基地の
      /( ●)  ( ●)    \  FEV製造プラントを破壊するお。
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /   それさえ無くなれば、
        /  ー‐      ヽ    今後、誰かが「スーパーミュータント」に改造される事は
       /            `    止められる筈だお。


222 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:18:44 ID:FZj.Ba1o


┌───────────┐
│                │
│     / ̄ ̄\      .│
│   /   _ノ  \     .│  オレも賛成だ。
│   |    ( ●)(●  ......│
│   |      (__人__)   │  ……FEVウィルスは、残しておくべき物じゃない。
│.   |        ノ  ......│  製造プラントと一緒に全て廃棄しよう。
│    |      ∩ ノ ⊃   │
│  /     ./ _ノ    │
│  (.  \ / ./_ノ │    │
│  \  “ /___|  |  .....│
│.    \/ ___ /  .....│
└───────────┘







          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|   で、肝心の「マスター」もマリポーサ基地に居るのかにょろ?
         レ!小l'´    `ヽ从 |、i|
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|


224 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:19:21 ID:FZj.Ba1o


┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /   _ノ  \     .│
│ |   ( ●)(●)     │  ……おそらくは。
│. |    (__人__)     .│
│  |     ` ⌒´ノ     .│  ただ、オレも奴を見たのは最初だけだし、
│.  |         }     .│  アレからどこかに移動していない保障はないからな……
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘







┌───────────────┐
│                     ...│
│           ____      ......│
│         /     \      │  それでも、FEVウィルスを放って置くわけにもいきませんから、
│       / \   / \    ..│  とりあえずはマリポーサ基地の破壊に専念しましょう。
│      /  (●)  (●)  \   .│
│     |        ´      |   │
│     \      ⌒     /  ....│
└───────────────┘


225 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:19:42 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────┐
│                    │
│   / ̄ ̄\         ......│
│ / ノ  \ \        ....│
│ |  (●)(●) |          │  そうだな。
│. |  (__人__)  |         .│
│  |   ` ⌒´  ノ        ..│  マリポーサ基地は、最重要機密に分類される基地だから、
│.  |         }        ..│  必ず機密保全の為の自爆コードが用意されている筈だ。
│.  ヽ        }        ...│
│   ヽ     ノ        .....│  それを起動させて吹っ飛ばそう。
│   /    く  \        │
│   |     \   \      ...│
│    |    |ヽ、二⌒)、      .│
└─────────────┘







┌───────────────┐
│                     ...│  ふむ、自爆コードを探すのなら、やらない夫が居た方がよさそうですね。
│           ____      ......│
│         /     \      │  では、明朝に基地の入り口で落ち合って作戦開始といきましょう。
│       /        \     │  私は、それまで身を潜めていますので……それでは。
│      /  \    /  \  ....│  
│     |    (●)   (●)   |   │
│     \      ´     /   .│
│     /      ̄ ̄    \  ....│
└───────────────┘ プツンッ!






     ____
   /      \
  /  ─    ─\   じゃあ、作戦も決まったから、
/    (●)  (●) \  今日は基地の手前まで進んで、野宿にするかお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   ……明日に備えて、身を休めるんだお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                ●

                ●

                ●


226 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:20:03 ID:FZj.Ba1o


~数時間後~



::::::::::::: ::. :. .: :  -‐- ..:. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....:.... : ,r'´.    `ヽ: .. ......:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..:..:' ..:.      ゙; :... ...:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.:....: :. ::..       .: :....:.::......:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..:..:ヽ ::::... ..... ,.': :.. :. :............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... ... ..: :..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::: ... ... .... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::  ゜.:::::::::::: ゜.::::::::::::::。::::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::      ::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..:::: ゜.::::::::::::::。:::::::::::::::
:::: :::::::::.....:☆ 彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゜:::::::::: ...:: :::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。:
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:, .:.
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: パチパチ…    . . .:', .:.
                                     .::... .   . .':::;:, .:.
                               ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                               ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                                  .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :. .
                                ',:; .::)       て:;;':.
                                 ..:.(ノ        (::..
                               . . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
                             .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.
                          . . .::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...




          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
       ゚  〃 {_{-‐    ‐-リ| l │ i|   グー……スビー……
         レ!小l三    三 从 |、i|
          ヽ|l/// 、_,、_, ///  |ノ│   むにょむにょ……
        /⌒ヽ__|ヘ         j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


227 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:20:23 ID:FZj.Ba1o


┌──────────────┐
│                   .....│
│        ./ ̄ ̄\      ...│
│      ./      \      .│  ……そういえば、
│      |     ー  ‐ i     .│  オレはお前に謝らなければならない事が有るんだ。
│      |   ( ●) ( ●)   ...│
│      |     (__人__)    .│
│      |      `⌒´i      │
│      ヽ.       ノ     .│
│       ヽ     ノ      .│
└──────────────┘





       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\  どうしたんだお?
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  改まって……
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


228 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:24:25 ID:FZj.Ba1o


┌───────────┐
│                │
│     / ̄ ̄\      .│
│   / ._ノ  ヽ、\     .│  チップを持ち帰った後に、
│   |  (●)(●) |    │  また監督官に旅に出されたろ?
│   |  (__人__)  |   ....│
│   |   ` ⌒´  }     │  ……アレ、オレが監督官に入れ知恵したからなんだ。
│    |         }     │
│    ヽ      /     .│  何としても、お前の協力が欲しかったから……本当にスマン。
│    __ヽ    ノ__   ......│
└───────────┘






      ____
    /_ノ   ヽ_\   ……そうだったのかお。
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\  やる夫は、やらない夫の手伝いをするつもりだったんだから、
 |        ̄      |   素直に頼んでくれれば、喜んで行ったのに……
 \               /


229 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:24:46 ID:FZj.Ba1o


┌──────────────┐
│                   .....│
│          / ̄ ̄\    ......│
│        / _ノ  ヽ、.\   ....│  今は、本当にそうすれば良かったと思うよ。
│          |  (ー)(ー) .|    │
│        !  (__人__)  |    │  ……だが、お前がこんなにも簡単に
│          , っ  `⌒´   |    │  信じてくれるなんて思わなかったんだ。
│       / ミ)      /    .│
│      ./ ノゝ     /    ....│  オレの不明から、取り返しのつかない事をしてしまったかもしれない。
│      i レ'´      ヽ     .│  お前には謝罪のしようもないだろ……
│      | |/|     | |      .│
└──────────────┘







     ____
    / ⌒  ⌒  \   そんなに気にすんなお。
  ./( ―) ( ●)  \   どうせ、あの監督官には嫌われてんだから、
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |    似た様な難題は押し付けられてたお。
  |    ー       .|
  \          /


230 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:25:06 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────────┐
│                         .│
│   / ̄ ̄\                 │
│ / ノ  \ \                │
│ |  (●)(●) |               .│  いや、それじゃ、オレの気が済まん。
│. |  (__人__)  |              ..│  何か、出来る事が有るなら何でも言ってくれ。
│  |   ` ⌒´  ノ             .....│  
│.  |         }             .....│  何なら、宇宙人とでもコンタクトを取ってやれるぞ?
│.  ヽ        }             ......│  ……命の保障は無いが。
│   ヽ     ノ                .│
│   /    く  \             .│
│   |     \   \              .│
│    |    |ヽ、二⌒)、           ....│
└─────────────────┘






       ____
     /      \  いや、そんな危険なコンタクトなんてお断りだお。
   / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  | ……でも、何でもいうコトを聞いてくれるのかお?
  \     ` ⌒´     /


235 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 19:26:31 ID:w9oQGEc.

そのコンタクト取った宇宙人が虐殺されるからやめれwww


231 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:25:24 ID:FZj.Ba1o



┌────────────┐
│                  │
│   / ̄ ̄\          .│
│ /   _ノ  \      ......│
│ |    ( ●)(●)     .....│  ああ、オレに出来る事なら、全力で努力させてもらう。
│. |     (__人__)     ......│
│  |     ` ⌒´ノ      ..│
│.  |         }      ....│
│.  ヽ        }      .....│
│   ヽ     ノ  mm    │
│   /    ̄ ̄ ̄ つノ   .│
│   |    | ̄ ̄ ̄    .....│
└────────────┘






       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\  ……なら、お前を一発殴らせるお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |  それで、全部チャラにしてやるお。
  \              /


232 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:25:42 ID:FZj.Ba1o


┌───────────────────┐
│                          ......│
│      / ̄ ̄\               .....│
│    /   _ノ  \              ...│
│    |    ( ●)(●)             ..│
│   . |     (__人__)             ...│  ……やる夫、
│      | u   ` ⌒´ノ             ....│  さっきも言ったとおり、
│.     |         }              .│  オレには現実空間に直接干渉する術が無いんだ……
│   .  ヽ        }              ..│
│   _/⌒ヽ     ィ              ....│  だから、お前がオレに触れる事も……
│ i'⌒゙l |   l         \__ィ~っ      │
│ |  |. |   |       ト、_"__冫く;'三}    .│
│ |  | ( " ̄⌒ヽ、 |____`ー‐"    ...│
│ |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソノノ ̄`ヽ ̄⌒ヽ.'⌒lソ      .│
└───────────────────┘








             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )   な~に言ってんだお。
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   なら、やる夫の方をお前の世界に引っ張りこめばいいんだお。
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


233 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:26:00 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────────┐
│                         .│
│               / ̄ ̄\     │
│             / ノ  \ \    │
│             |  (●)(●) |   .│
│.             | u.(__人__) .|   .│  ええぇ!?
│        r、      |   ` ⌒´  .|    │
│      ,.く\\r、   ヽ      ノ   ..│  いや、オレ自身もこんな状態になった原因は
│      \\\ヽ}   ヽ     /     .│  ハッキリ特定できてないんだって……
│       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ    │
│        └'`{  .   \.|   /   i     │
│            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|  ......│
│            `ヽ、   /'  |    .│
│               `'ー'´      .....│
└─────────────────┘






               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃__}
     /⌒  ⌒\   |__|  そこは、秀才・やらない夫さまの腕の見せ所だお!
   /( ●)  (●)\  !   !   キリキリ死ぬ気で頑張るんだお!!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /


234 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:26:18 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /_ノ   ヽ_\  
   /( >)  (<)\   なぁ~に、期限はやる夫が死ぬまでにでいいお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |  
  \     ` ̄'´     /






         ___
        /     \
      /   ⌒  ⌒\   ……だから、やる夫が一発張り倒せるようになるまでは、
     /   ( ⌒)  (⌒)\   やる夫の側から消えるんじゃないお?
     i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
     ヽ、    `ー '   /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


236 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:26:45 ID:FZj.Ba1o


┌─────────────┐
│                    │
│        / ̄ ̄\    ......│
│      /  _ノ ,ヽ\     .│
│      |   ( ●)(●)   .│
│. \    |   ゚ (__人__)    .│  ……やる夫……
│   .\  .|     ` ⌒ノ    .│
│   . \ ヽ       }    .│  お前って奴は……
│      .\_,ゝ     ノ     │
│      /, r、    く     .│
│     ./ 〈  \    i    ....│
│    . ヽ、 .ヽ   \ i..|    ..│
│       .て_)   \ノ    ....│
│             \     │
└─────────────┘






┌───────────────┐
│                     ...│
│             / ̄ ̄\      .│  ……解った。
│          /   _ノ  \   ......│
│          |    ( ⌒)(⌒)  .....│  必ず、お前がオレを殴れるようにしてやるさ!
│           l    ゚ (__人__)    .│  ……それまでは何処にも行かずに、絶対に実現してやる!
│          l     ` ⌒´ノ   ....│
│            |           |   ......│
│          ヽ       l    ....│
│            _,ゝ、   _,ノ    .....│
└───────────────┘





       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\  ふふふっ……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  その日が来るのを、楽しみにしてるお。
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄

237 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:27:16 ID:FZj.Ba1o



         _| ̄|_| ̄|  | ̄|_| ̄|__| ̄|_| ̄|   | ̄|_| ̄|_| ̄|
         |_  _||  | ̄    |  |     |  | ̄   |  |     ̄|
          r┘└へ|  |二コ ┌'|  |二コ ┌|  |二コ ┌'|  |二コ ┌┘
         〈 〈]  ゚,、〈|  | o  ヽ| | o  ヽ|  | o  ヽ|  | o └「 ̄\
         ヽ-ヘ_>ノ_ノ|_|、_ハ/|_|、_八ノ|_|、_ハ/|_|、_ハ/`⊇.ノ
       | |                                     //
        | |                                    //
         | |                                  //
┌─────────────────┐
│                         .│
│     / ̄ ̄\               │
│   /   ⌒ ⌒\             │         ____
│   |    ( ⌒)(⌒)           ......│        /⌒  ⌒\  
│.   |     (__人__)             │      /(⌒) (⌒) \
│    |     |r┬-|             │     /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
│.    |     `ー'´}  \        ...│     |    |r┬ |      |
│.    ヽ        }     \       .│     \   `ー ´    _/
│     ヽ     ノ       \     ...│     ノ           \
│     /    く. \         \    .│
└─────────────────┘



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


238 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:27:37 ID:FZj.Ba1o


~翌日の明朝・マリポーサ基地入り口~




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::::.. ..:::::::::::::::::::::.. ..:::::::::::::::::::::::::::::::.. ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::[]::[]:::::::[]::[]:::::]:::::. .::::::::..::::::::::. .::::::..:::::. .::::::::::..:::::::::::. .:::::::::..:::::::. .:::::::::::::::::..::::::::::..::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::|.::.::::::.::::.::.:..::::::::...:.:.::.:.:.:::.:.:.:...:.:..::.::::::.::::.::.:..::::::::..:.:... | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::[]::[]:::::::[]::[]:::::]::.::::::.::::.::.:..::::::::...:.:.::.:.:.:::.:.:.:...::.::::::.::::.::.:..::::::::...:.:.::.:.[:::::[]::[]::::::::[]::[]::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::|.:. ... ::.:... ... .:: :... .... . .. .  ... .:. ... ::.:... ... .:: :... ..... |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::[]::[]:::::::[]::[]:::::].. . .  .    . . . .  .  .. . .  .  .   . . . .  [:::::[]::[]::::::::[]::[]::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::|   .    .   .     .   .  .    .    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::[]::[]:::::::[]::[]:::::]                             [:::::[]::[]::::::::[]::[]::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::| __________  ____       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::[]::[]:::::::[]::[]:::::]::::[][]::::::::::::::::::[]::::::[] []:::|_|:::[][]:::::::::::|_/ ̄ ̄[:::::[]::[]::::::::[]::[]::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: ロロ::::::::::::::::::ロロ:::::::::::::::::::::::::::田:::::::::::::[] []::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.::::::::::::.:::::::::::::.:..::::::::::::::::::::::..:::.::::::::.::::::::::::.:::::::::::::.:..::::::::::::::::::::::..:::.::::::::.::::::::::::.:::::::::::::.:..::::
.:. ... ::.:... ... .:: :... .... . .. .  ...:. ... ::.:... ... .:: :... .... . .. .  ...:. ... ::.:... ... .:: :... .... . .. .  ...::..






           ____
         /      \
        /  ─    ─\  ……どうやら、近くにスーパーミュータントは
      /    (●)  (●) \ 見当たらないようだお。
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/  で、肝心のできる夫は……
      ノ      ー‐   \
                   >ザッ


239 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:27:57 ID:FZj.Ba1o


                   | |  ______
                   | | /  \  /\
                   | |_  (● )::::(● )\  ……やる夫!こっちです!
                   | |_)    __',__ ::::::::::|
                   | |(⌒ヽ      ..:::::ノ
                   | |:::ヽ  、::::    ::::<
                   | |:::  ヽ __    ノ
                   | |            >ニュッ
                     





       ___
    /     \
   / ヽ  /  丶  できる夫!
  /  (●) (●) ヽ  
  l::::⌒(__人__)⌒:::: l
  \  |r┬-|   /
  /   `ー'´   ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l
         >タッタッタッ……


240 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:28:13 ID:FZj.Ba1o



          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //  
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ 
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  やぁやぁ、キミが噂のスーパーマンのできる夫かにょ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   アタシは名はスモッチ。
        /⌒ヽ_ |ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    B.OSの研究員だにょろ。
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |





         ___
      /)/\  /\
     / .イ ' (●)  (●)\  これはご丁寧に。
    /,'才.ミ).   、_',__,    \
    | ≧シ'           |  やる夫と同じValutのできる夫です。
    \ ヽ           /   以後、お見知りおきを。


241 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:28:27 ID:FZj.Ba1o


         ___
       /     \    
      /   \ , , /\   とりあえず、基地の中の私が隠れていた部屋まで戻りましょう。
    /   (_)  (●) \
    |       、__',_,    |  ……この施設は規模が大きすぎるようで、
     \         , /   地下一階までの奴等の警備は、ハッキリ言ってザルです。






       ____
     /      \
   / ─    ─ \  ……そのザル警備に一度は捕まったくせに……
  / -=・=-   -=・=- \  
  |      (__人__)  U  |
  \     ` ⌒´     /


242 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:28:45 ID:FZj.Ba1o


       ____
      /::::::::::::::::\
    /  ⌒三 ⌒:::::\ ……何か、言いましたか?
  /  (○)}ililli{(○ )::\
  |      __´___::::::::::::::::::|
  \      `ー'´::::::::::::/






  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \  な、何も言ってないお!
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \ 
  ヽ   |     |,┬‐ |   u   |  さ!早く基地の中に入るお!
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      ( ||_/
              ̄ ̄

      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


243 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:29:02 ID:FZj.Ba1o


~基地・地下一階~




     ____            ___________
   /      \          |┌──────‐┐||
  /  ─    ─\        | |               |..||   ……どうだお?
/    (●)  (●) \       .| |               |..||    ピップボーイの中継で、
|       (__人__)    |       | |               |..||     基地のコンピューターに潜入できそうかお?
./     ∩ノ ⊃  /       | |_________│||
(  \ / _ノ |  |         |_________.||
.\ “  /__|  |         /
  \ /_|_|_ /       /  
       \          /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~










┌─────────────┐
│                    │
│        / ̄ ̄\    ......│
│       / ヽ、_   \   ....│  何とか、いけそうだな。
│     . ( (● )    |    .│
│     . (人__)      |   ..│  ……なるほど、
│     r-ヽ         |   .│  目当てのFEVウィルス製造工場は地下4階のようだな。
│     (三) |        |    │  警備のカメラとアラームも解除しておくか。
│     > ノ       /    │ 
│    /  / ヽ     /     .│  
│   /  / へ>    <    ......│  それと、自爆コードも把握した。
│   |___ヽ  \/  )     .│
│       |\   /|     .│  
│       |  \_/ |    .....│
└─────────────┘>ピッ……ピッ……


244 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:29:54 ID:FZj.Ba1o


        1ヽ        ___
    .    |  >-‐ '´ ̄ ̄`ヽ    /ノ
           |/ /" `ヽ ヽ  \//
        //, '/     ヽハ  、 ヽ
        〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|  やらない夫、ついでに実験データとか在ったら、
        レ!小 ●    ●从 |、i|  一緒にダウンロードしといてくれにょ。
         ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃i .|ノ│
        (⌒ヽ|ヘ   ゝ._)(⌒ヽ_j | |   スーパーミュータントの生態調査に役立つかもしれんにょろ。
   .   ``y:| l>,、 __, ``y:::::|へ│
.        /::::| | ヾ:::|三/:/:::::/  丶
       `ヽ| |  ヾ∨:::/`ヽ<  ノ





┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│  OKだ。
│ /   _ノ  \     .│
│ |   ( ●)(●)     │  それにしても……
│. |    (__人__)     .│  ……できる夫、お前もこの「マスター」が記録した
│  |     ` ⌒´ノ     .│  2102年からの管理記録や実験記録を見たんだよな?
│.  |         }     .│
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
└──────────┘






       ____
     /      \
    /  ─    ─\  ……ええ、見ましたが?
  /    (_)  (_) \
  |        '      |
  \      ⌒   /


245 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:30:10 ID:FZj.Ba1o


┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│  / _ノ  ヽ、_ \     .│
│. | ( ●)(● ) |   ...│  ……率直に、どう思った?
│. |  (__人__)  │   .│
│  |   `⌒ ´   |   ....│
│.  |           |   .....│
│.  ヽ       /    ..│
│   ヽ      /    .....│
│   >     <       .│
│   |      |       │
└──────────┘





         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \  ……アナタにこれを言うのは、はばかられますが……
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |  正直、気が触れているとしか……
    \      ⌒     /


246 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:30:31 ID:FZj.Ba1o


┌──────────────┐
│                   .....│
│        ./ ̄ ̄\      ...│  いや、いいんだ。
│      ./      \      .│
│      |     ー  ‐ i     .│  ……オレも同じ様に感じたから。
│      |   ( ー) ( ー)   ....│
│      |     (__人__)    .│
│      |      `⌒´i      │  でも……予想はしていたが、
│      ヽ.       ノ     .│  本当に狂ってたんだなぁ……
│       ヽ     ノ      .│
│    /   \       \     .│
└──────────────┘





      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  やらない夫……
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /


247 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:30:50 ID:FZj.Ba1o


┌───────────────────────┐
│                                  │
│               / ̄ ̄\              .│
│              _ノ  ヽ、  \           ..│
│            ( ●)( ●)   |          .....│  ……スマン、もう大丈夫だ。
│            (__人__)      | ../}       ......│
│      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    ..│  まずは地下4階を目指そう。
│   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   ....│  自爆コードは、地下4階のメインコンピューターからしか
│ ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /     ..│  受け付けない仕組みになっているようだからな。
│.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /       ...│
│  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)   ..│
│   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄       │
│   ヽ. `ー '/   /           /\ \      ...│
│      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ     ......│
└───────────────────────┘



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


248 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:31:15 ID:FZj.Ba1o


~基地・地下4階~


                     \._ __/
                       | ̄|  | .| | ̄ ̄|       | ̄ ̄ ̄|
                       |  |  |:| |    |       |      |
                       |_|_|_.| |。.  |       |      |
                     /      .\|    |       |      |
                    /        \  |       |      |
                  /            \|       |o    |
                 /                \      |      |
               /                     \   |      |
              /                       \  |      |
            /                           \|      |
           /                               \     |
         /                             \   |
        /                                \ |
      /                                    \
                                   ガラ~ン……







  |: : : : : : : : : : : : : : : : | |
  |: : : : : : : : : : : : : : : : | |
  rへ: : : : : : : : : : : : : : : : | |  ____
 ,いr': : : : : : : : : : : : : : : : | |/      \
〈 、 \ : : : : : : : : : : : : : : : | |          \  
{ `ヾく : : : : : : : : : : : : : : : | |   \ , , /  丶   ふむ……ここにも誰も居ない、か……
. !`丶._) : : : : : : : : : : : : : : | | ( ● )  ( ● )  ヽ 
 `ー-'.: : : : : : : : : : : : : : : :| | ⌒ (  ハ  .) ⌒  l
  |: : : : : : : : : : : : : : : : _(_`ヽ,     ̄_ ̄     /
  |: : : : : : : : : : : : : : :(.__`ヽ.t         /
  |: : : : : : : : : : : : : : ; -―‐-、 ',        冫 ニョキ


249 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:31:32 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /      \
    /_,ノ   \  \ ……いくら何でも、これは変ですね。
  / (●)  (●)   \
  |      '        | 私が捕まった日には、外にも見張りが居たのですが……
  \    ⌒     /








                ,. .::"´:..:.:.:.:.:.ーー- 、
              /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;j!
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;/´     ヽ:.',
               ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;/       ';:.:!
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.;:;;;;;;;;;/        l:.l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;ノ==ッ,,   ,,,,,,,_ l.:!   おい、お前たち!
              l.:.:/`ヽミ/´   ,rtモテミヽ   斤t、'´リ    こんな所で何してるんだ?
            !:::! い ミ!       ̄   〈 ¨゙` ,′   
            !.:::ヽ         .:.:.  !   ,′    基地内のスーパーミュータント隊は、
              ゙、.:.:.ハ          ` ::┘  /      新しいValut襲撃の為に「カテドラル」に移動の筈だろうが。
             V  ',        __   /
                ,i  ト、     ´ ニ二`  /
              /〈  ', \       /
            /  ヽ、 ゙、   \ _ _ ,.イ
          __ /     `丶、   ', //ハ >ザッ

250 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:31:53 ID:FZj.Ba1o


              ,.- ─‐‐‐-、、
                ,r'゙ .:.:.::::::::;:;:;:;:;:;:;:::.``ヽ,
             / .:.:::::::;;;;;;;;;;;jレ'-、;;;;::::.:.:. ヽ
           / .:.:::::;:;;;;;;f'゙´   `:.:i;;;;;;::.:.:.i
            / .:.:::::;;;:;:;;/       .:.::〉;;;;;;;;,}
         〃.::::;:;:;:;,ノ   ,     .::〈;;;;;;:;:;1
            i:::;:;:;;;;,ィ=ャ  `ー==-、::ヾ;;;;;」    ……ん?
            ゙,;;;ィ'´ ,ィ 6 ゞ;, '〈 6 冫.::::,リ'^〈     ……お前達、何かおかしくないか?
           ヾ!i    ̄ .;!  ´ ̄ .:.:::j 〈j ,!     スーパーミュータントのくせに脂肪だらけのような……
              lj    〈 ,_    .:,' ノ /
                `i     -   u.:.:仄リ^ゝ、
             ハ   r====:、  .:/.:イ  i `ー- 、_
           / ,ハ   ゝ--‐'  .:/.:.:.i   |     ``ー- 、_
        、‐'゙  / /ト、     /.:.:.:.,レ  ト、 _        `ー 、
      〃l _, イ^|  Y `ー一'゙  . :/    |  `ー- 、_      






__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
         /   \ , , /\
       /    (●)  (●) \  (まずいお!……できる夫、『アレ』をやるお!!)
__∧,、_| U     (__人__)   |_ ______
 ̄ ̄'`'` ̄ \      ` ⌒ ´  ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────

__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
                                /  \    /  \
    (……やむをえません!いきますよ!?)   |    (●)   (●) U |
                        __∧,、_\      ´     /_ ______
                         ̄ ̄'`'` ̄ /      ̄ ̄    \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────


251 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:32:23 ID:FZj.Ba1o


      ___
     / ー  ー\       ηノノ >ビシッ!
   / ( ●) ( ●)      ノ, ∃
  ./     (__人__) ヽ   / ̄/´ あ!あんな所に全裸の美女が!!
  |  U   `i  i´  | ./ ̄/
   \ _    `⌒  /  ./
   /      ⌒    /
  /  .        /
  |  |        |
  ヽ、 \       |
   |\ ヽ     .ノ






                ,. .::"´:..:.:.:.:.:.ーー- 、
              /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:ヽ
        彡    /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;j!
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;/´     ヽ:.',
           彡  ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;/       ';:.:!
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.;:;;;;;;;;;/        l:.l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;ノ==ッ,,   ,,,,,,,_ l.:!   なに!?
              l.:.:/`ヽミ/´   ,rtモテミヽ   斤t、'´リ   
            !:::! い ミ!       ̄   〈 ¨゙` ,′    全裸の美女だと!?どこだ!!
            !.:::ヽ   U     .:.:.  !   ,′   
              ゙、.:.:.ハ          ` ::┘  /      
             V  ',        __   /
                ,i  ト、     ´ ニ二`  /
              /〈  ', \       /
            /  ヽ、 ゙、   \ _ _ ,.イ
          __ /     `丶、   ', //ハ >クルッ


252 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:33:15 ID:FZj.Ba1o


    \                                /
     \   \  丶         i   |       ./    /           /
ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
  ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
   ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
     ヽ     \                                /
                      .____
                     /   ノ( \                    ---‐‐‐
‐‐‐‐---               /  _ノ 三ヽ、_ \
                  /ノ(( 。 )三( ゚ )  \     (今だ!!秘技!ミスター・ユニバース日本代表ぉぉ!!)
―――――          .| ⌒  (__人__) ノ(  |                  -----‐‐‐‐‐
                 ..\  . . |++++|  ⌒ /           
             ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...ヽ──-‐'  ̄``ー-、    -----------
         _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:ヽ::::::::/ ::::::::|:.:.:.:...    r       \ === 二二二
      r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.:: ::::::::   ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     :.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|::::  >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
二二二:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \  ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
     /__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
     :.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  | ‐‐‐‐---
     :.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
 ‐‐‐‐‐‐:.::イ:.:.::´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
     :.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
     :.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ >ムキムキムキ!

            ,、._             ,、._          .┏┓
            〃  `'''i ,.....,  _    〃  `'''i ,.....,  _  ┃┃
            '-.;  ___l |  | | |    '-.;  ___l |  | | |  ┃┃
            /ー’ L, |  | | |   /ー’ L, |  | | |  ┃┃
          ..ヾ-,    | ノ .| !. | ヾ-,    | ノ .| !. |  ..┃┃
            .|  i''''"  ̄_ノ  .|   .|  i''''"  ̄_ノ  .|  .┗┛
            |    ̄| f"   ノ   |    ̄| f"   ノ   ┏┓
             ヽ、._|  |_, -'"     ヽ、._|  |_, -'"    ┗┛


253 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:33:34 ID:FZj.Ba1o


   \                                /
    \   \  丶                      /    /         /
       \   \  丶         i   |       ./    /           /
 ヽ     \   \  丶       i   |       /    /         /       /
   ヽ      \   \  丶       i.   |      ./    /        /       /
    ヽ     \   \  ヽ     i.   .|     /     /     /     /
      ヽ      \   \  ヽ    i  |     /   /     /      /
       ヽ     \                                /
                         ____
              ‐‐‐‐---    /   ノ( \      ---‐‐‐
                      /  _ノ 三ヽ、_ \    (……ただし、上半身のみの術ぅぅ!!)
     ー――――――――  /ノ(( ゚ )三( ゚ )  \     -----‐‐‐‐‐
                   .| ⌒   __´___ ノ(   |.
                   ..\  . . |++++|  ⌒ /
                    ,イ\ |  ̄ ̄ イ〃 ,ノハ`r==、― 、_   -----------
____________ ,イ「 ̄`v'´   {{    , 〃-――=、  /八ヽ ヽ  ヽ、=== 二二二
            /  {{ /  ̄ ヾ `((::))´        ヽ       ヘ   ヽ ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
      二二二 /  /ハV       〃     ヽ、     i        !〃| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i    /     -={!       》      |        | /
          |    i        {!     -==ニ==、-T―- 、    イ  ‐‐‐‐‐‐‐‐-----
 -‐‐‐‐‐‐‐‐   ヽ  /|         !           /i    _ ヽ、  ヽ、
         /    ヽ、__ / {` ‐- 、___ /  ト==<   ヽ   i
        /{ /      人 i'´  }     ヽ  /,へー‐ 、      i i〃 | ‐‐‐‐---
---‐‐‐‐‐  i  /  ==-==/ヽ {  丿_    ノー/{  ヾュ_ `i , ィ‐-- ,j  |  |
        | i   ==" /ヽ、ト 〉'´ {   `ヽ〈  ハ ヽ     V‐'´ヾ{⌒ `   i
       ∧ !     /  ヽヽ{、_ j、    } iヘ `  ヽ、      ヾ、   { >ムキムキムキ!!
               ,、._             ,、._          .┏┓
               〃  `'''i ,.....,  _    〃  `'''i ,.....,  _  ┃┃
               '-.;  ___l |  | | |    '-.;  ___l |  | | |  ┃┃
              /ー’ L, |  | | |   /ー’ L, |  | | |   ┃┃
             ..ヾ-,    | ノ .| !. | ヾ-,    | ノ .| !. |  ..┃┃
               .|  i''''"  ̄_ノ  .|   .|  i''''"  ̄_ノ  .|  .┗┛
               |    ̄| f"   ノ   |    ̄| f"   ノ   ┏┓
               ヽ、._|  |_, -'"     ヽ、._|  |_, -'"     ┗┛


254 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:33:51 ID:FZj.Ba1o


┌────────────────────┐
│     __                      .│
│..:...::./:..:..:..::\.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..::..:..:..::::...:.....      .│
│.::./.:..:.._ノ::::..:..\.:..:...::.:..:..::::....:::..:..::::..:.:..:....       │
│:..|:::....  ( ○)(○).::..:..:..:..::::..:..::.:..:...::...::::..:.:..:....   ..│  ……
│.: |:::.... u (__人__).::..:..:..:..:.::..:.:..:....           .│
│::. |::u:.   (.::..:..:..::::..:...:..::::::::..:..::.:...:..::::..:..::.::..:....  ......│
│.::. |:::.....u  ` ⌒´ノ.::..:...:..::::..:..::.:...:..::::..:...:....    ......│
│::..:.ヽ:::.....     }.::..:..:..:..::::..:..::..::::..:..::.:..:...::..:....   .....│
│.::..:...ヽ::.....   ノ         \          .│
│::..:..:..:/::..   く  \        \       ......│
│.::..:..: |::...   \  \        \      ....│
│::..:..:..:|:::.....  |ヽ、二⌒)、           \    .....│
└────────────────────┘



                                   r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
                                   シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
                                   //, '/  u   ヽハ  、_Vヽ
                                  〃 {_{―    ―リ| l │ i|
                        ……       レ!小l ・     ・  从 |、i|
                                   ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                               /⌒ヽ__|ヘ       U j /⌒i !
                                \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                          .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                                 `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |


255 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:34:13 ID:FZj.Ba1o



                ,. .::"´:..:.:.:.:.:.ーー- 、
              /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;j!
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;/´     ヽ:.',
               ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;/       ';:.:!
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.;:;;;;;;;;;/        l:.l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;ノ==ッ,,   ,,,,,,,_ l.:!   美女なんてドコにも……あれ?
              l.:.:/`ヽミ/´   ,rtモテミヽ   斤t、'´リ    脂肪……じゃないな、目の錯覚だったか。
            !:::! い ミ!       ̄   〈 ¨゙` ,′   
            !.:::ヽ         .:.:.  !   ,′     で、お前たち、どうしてここに?
              ゙、.:.:.ハ          ` ::┘  /     
             V  ',  U     __   /
                ,i  ト、     ´ ニ二`  /
              /〈  ', \       /
            /  ヽ、 ゙、   \ _ _ ,.イ
          __ /     `丶、   ', //ハ






                 ____
               /ノ   ヽ、_\  え、えっと……
             /( ○)}liil{(○)\
            /    (__人__)   \ 我々ハ 哨戒任務 カラ 戻ッテ キタ バカリ ナンダオ。
            |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
            \U   |ェェェェ|     /
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...ヽ──-‐'  ̄``ー-、  
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:ヽ::::::::/ ::::::::|:.:.:.:...    r       \ 
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.:: ::::::::   ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|::::  >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ


256 :名無しのやる夫だお:2010/03/20(土) 19:34:14 ID:AcAWwrow

今のお前らスーパーミュータントだwwww


257 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:34:35 ID:FZj.Ba1o



              ,.- ─‐‐‐-、、
                ,r'゙ .:.:.::::::::;:;:;:;:;:;:;:::.``ヽ,
             / .:.:::::::;;;;;;;;;;;jレ'-、;;;;::::.:.:. ヽ
           / .:.:::::;:;;;;;;f'゙´   `:.:i;;;;;;::.:.:.i
            / .:.:::::;;;:;:;;/        .:.::〉;;;;;;;;,}
         〃.::::;:;:;:;,ノ    ,     .::〈;;;;;;:;:;1
            i:::;:;:;;;;,ィ=ャ  `ー==-、::ヾ;;;;;」  そうか。
            ゙,;;;ィ'´ ,ィモテゞ;, '〈モテ冫.::::,リ'^〈   なら、すぐにカテドラルの地下の「マスター」の下に向かってくれ。
           ヾ!i    ̄ .;!  ´ ̄ .:.:::j 〈j ,!  
              lj    〈 ,_    .:,' ノ /    今、ここには副官とカテドラルから出向してる科学者しか居ないからな。
                `i     -    .:.:仄リ^ゝ、    
             ハ   r====:、  .:/.:イ  i `ー- 、_
           / ,ハ        .:/.:.:.i   |     ``ー- 、_
        、‐'゙  / /ト、     /.:.:.:.,レ  ト、 _        `ー 、
      〃l _, イ^|  Y `ー一'゙  . :/    |  `ー- 、_      





                     ____
                   /     \
                 / \   / \  !!
                /   (○)  (○)   \
               |      __´___     |  ……了解シマシタ。
               \      |il!|!il|    /    スグニ向イマス。
               ,イ\ |   ̄ ̄ イ〃 ,ノハ`r==、― 、_
         ,イ「 ̄`v'´   {{    , 〃-――=、  /八ヽ ヽ  ヽ、
       /  {{ /  ̄ ヾ `((::))´        ヽ       ヘ   ヽ
      /  /ハV       〃     ヽ、     i        !〃|
     i    /     -={!       》      |        | /
     |    i        {!     -==ニ==、-T―- 、    イ
     ヽ  /|         !           /i    _ ヽ、  ヽ、
    /    ヽ、__ / {` ‐- 、___ /  ト==<   ヽ   i
   /{ /      人 i'´  }     ヽ  /,へー‐ 、      i i〃 |
   i  /  ==-==/ヽ {  丿_    ノー/{  ヾュ_ `i , ィ‐-- ,j  |  |
   | i   ==" /ヽ、ト 〉'´ {   `ヽ〈  ハ ヽ     V‐'´ヾ{⌒ `   i
  ∧ !     /  ヽヽ{、_ j、    } iヘ `  ヽ、      ヾ、   {
  レ      {     }  r'  } `‐- {  ヽ` 、ヽ  ‐=ァ=        ヽ、
 /  ヽ    |    ├-―┌――‐┴--入 ヽ   〃  `---―'´   〉


258 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:34:54 ID:FZj.Ba1o


                ,. .::"´:..:.:.:.:.:.ーー- 、
              /.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:ヽ
             /.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;j!
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;;;;/´     ヽ:.',
               ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;;/       ';:.:!
              l.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.;:;;;;;;;;;/        l:.l
              l.:.:.:.:.:.:.:.:;:;;;;;;;;;;ノ==ッ,,   ,,,,,,,_ l.:!  じゃ、頼んだぞ。
              l.:.:/`ヽミ/´   ,rtモテミヽ   斤t、'´リ 
            !:::! い ミ!       ̄   〈 ¨゙` ,′  なるべく、すぐに向かってくれ。
            !.:::ヽ         .:.:.  !   ,′ 
              ゙、.:.:.ハ          ` ::┘  / 
             V  ',        __   /
                ,i  ト、     ´ ニ二`  /
              /〈  ', \       /
            /  ヽ、 ゙、   \ _ _ ,.イ
          __ /     `丶、   ', //ハ >ザッザッザッ……








    ──────
     ─────
 /    ____    \プシュ~
   / /     \ \
   /_ノ  ヽ、_   \
  /(●)三(●))   .\ ……ふぅ、何とか誤魔化せたお。
  |   (__人__)  U   | 
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


259 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:35:11 ID:FZj.Ba1o


       ──────
        ─────
    /    ____    \プシュ~
      / /     \ \
       / ⌒   ⌒ \
      / u (=)  (=)  \  ……まさか、アナタと学芸会で組まされた時の
     |      __´___      |   一発芸がこんな場所で役に立つとは……
     \     `ー'´     /






      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)  ああ、あの時は、コレ見たやらない子が
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  ヒキツケを起こして卒倒したんだっけ。
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /  ……懐かしい話だお。


260 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:35:31 ID:FZj.Ba1o


        / ̄ ̄ ̄\ それにしても、あれからだいぶ鍛えたようですね……
      /        \  私のそれに、勝るとも劣らないナイスバルクでした。
     /  \   /   ヽ  
     |  (_)  (_)   | ……これは少し、アナタに対する見方を
     \   __',__    __,/  改めねばならないようですね。
     /   `ー'´    \   




  `¨ - 、
      | `Tー―ーヽ、
      |  !      `ヽ
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j
  ` ー     ⌒ー、ヽ ヽ__j´
              ゛'^´  >スッ


261 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:35:48 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\  できる夫……
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /






  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ       >……これからも、よろしく頼むお。
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj      >フフッ……ライバルである事には変わりないですよ?
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´  ガシッ!


262 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:36:06 ID:FZj.Ba1o


┌───────────┐
│                │
│     / ̄ ̄\      .│
│   /   _ノ  \     .│
│   |   u ( ー)(ー  ......│  いい話……なのか?
│   |      (__人__)   │
│.   | U      ノ    .│
│    |      ∩ ノ ⊃   │
│  /     ./ _ノ    │
│  (.  \ / ./_ノ │    │
│  \  “ /___|  |  .....│
│.    \/ ___ /  .....│
└───────────┘






          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
          ; 〃 {_{\  u / リ| l.│ i| ;
         レ!小l○    ○ 从 |、i| .
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│;    ……もう、どっからツッコめばいいやら……
          | 八   {  }  _l /ノ |  
        ;: | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j // i | {
           .l/ヾ三} l___/{彡'´} i | ;
          ;  |l   ノl |二//|   l ,イl|
          ;  | ゝー' ∧! //∧__j/ l | ;


             ●

             ●

             ●







263 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:36:22 ID:FZj.Ba1o


┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /   _ノ  \     .│  ……それはさておき、
│ |    ( ●)(●)    │  あの科学者、「マスター」はカテドラルに居るって言ってたな。
│. |     (__人__)    .│
│  |     ` ⌒´ノ  ......│
│.  |         }     .│  てこと事は……
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘






           ____
         /      \
        /  ─    ─\  ……「チルドレン・オブ・ザ・カテドラル」……
      /    (●)  (●) \
      | U   (__人__)   |  はからずも、ザックの話は両方とも的を射ていたんだお。
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \


264 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:36:47 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /     \
      /  \  /  \  では、急いで自爆コードを入力して、
    /  (●)  (●)  \ カテドラルに向かいましょう。
     |      __´___     |
    \     'ー一`    /  奴等、また新たなValutを襲う算段のようですので、
      /             \   一刻も猶予はありませ……








       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒  ⌒ ヽ  ……そうはいかんよ。
      / (● )  (●)|
      | (トェェェェェェェェイ)}  「マスター」の邪魔をさせる訳にはいかんのでね。
     /、. \ェェェェェ/ ヽ
    /            |
    |           | /
    ヽ_|         |丿
      |         | >ヌッ


265 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:37:04 ID:FZj.Ba1o


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)  だ、誰だお!?
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /





      / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒  ⌒  ヽ   さっきのアホが言ってたろ?
     |(●)  ( ●) l
     {(トェェェェェェェェイ) |   私は、この施設の責任者兼スーパーミュータント隊の副官だよ。
    / \ェェェェェ/ . ヽ   皆からは、「中尉」と呼ばれているがね。
    |            l
    ヽ |           | 
      |         |_ノ
      |         |
  中尉(スーパーミュータント隊・副官)


266 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:37:23 ID:FZj.Ba1o



            / ̄ ̄ ̄\
           /  ⌒  ⌒ ヽ
          / (● )  (●)|  ……監視カメラがダウンしたから、
          | (トェェェェェェェェイ)}   おかしいと思って見回ってたら、キミらを見つけてね。
        /     ∩ノ ⊃ \
        (  \ / _ノ |  |  さっきのやりとりは、実に面白かった。
.        \ “  /__|  |
          |\ /___ /   私は、ああいうの嫌いじゃないよ?うん。
          |          |
          |          |






          ____
        /      \
       /  ─    ─\  な、なら、ここは見なかったというコトで……
     /    ⌒  ⌒  \ 
     |  u     ,ノ(、_, )ヽ    |  ……ダメ?
      \      トェェェイ   /
       /   _ ヽニソ,  く


267 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:37:43 ID:FZj.Ba1o


       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒  ⌒  ヽ
      /( ー )  ( ー )|
      | (トェェェェェェェェイ) }   そうしてやりたいんだけどねぇ……
     /、. \ェェェェェ/ ヽ
    /            |  私も、立場上、「マスター」に対する不穏分子を
    |           | /   見逃すわけにはいかないんだよ。
    ヽ_|         |丿
      |         |






                         
            ,-―――――-、
           ,====  『,,w,,7ヽ/ ̄ ̄ ̄\
          rf     ゝ lL_,ll/  ⌒  ⌒ ヽ
          ||、___,i|    / ( ●)}liil{(●)|  ……と、いうコトで、悲しいけど死んでもらおうか。
          ゛,i―――i、_二 | (トェェェェェェェェイ)}   
         /二二//   r ⌒:、. \ェェェェェ/ ヽ
       /   /k/   /  /           ヽ \
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,えつ| ||             c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7     r==r===ニ 、)))
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     ノ _       
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 〃〃〃〃〃〃〃〃f ,fi!i!i!i!i!i!i!i!i!rfk、゛=''
         \    /| | II     |;;((((((((((((((( l  li!i!i!i!i!i!i!i!i!k(("Y ゛
          \_/ Lk____ムヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ__ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!k、゛=''
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/
                        >ジャキ!


268 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:38:03 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\  やる夫!スモッチ!
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| / U |  手前の扉に飛び込んで!!
    \    |ェェェェ|     /








                         
            ,-―――――-、
           ,====  『,,w,,7ヽ/ ̄ ̄ ̄\
          rf     ゝ lL_,ll/  ⌒  ⌒ ヽ
          ||、___,i|    / ( ○)}liil{(○)| 
          ゛,i―――i、_二 | (トェェェェェェェェイ)}   ハッハー!
         /二二//   r ⌒:、. \ェェェェェ/ ヽ   
       /   /k/   /  /           ヽ \ 死ねぇ!!
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,えつ| ||             c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7     r==r===ニ 、)))            -‐
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     ノ _       、从て -‐__――_━ ̄ ̄
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 〃〃〃〃〃〃〃〃f ,fi!i!i!i!i!i!i!i!i!rfソ .> -―‐    -―=== ‐
         \    /| | II     |;;((((((((((((((( l  li!i!i!i!i!i!i!i!i!k(("Y ゛‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
          \_/ Lk____ムヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ__ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!k、゛=''‐-  _
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/             ズガガガガガガッ!
        : : : :: ヾ
      : : : :: ¨ゞ
    : : : :: ヽ


269 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:38:21 ID:FZj.Ba1o


                       . _
                    ,. '     ` 、__,.-、_,_
                   /        ヽ.   ゙ヽ
                  ./       、_ノ,゙l ,_ィ、_/  くっ!南無三!!
                  /   \___,  ヽ.ノ'.
                  |  u   (●)  l、ノ .|,r、_
             `    ゝ、_     (__ノ〈 〈  `〉
               \ ,,_人、ノヽ`ヽ. ゝ彳 / ヽ.メ
                )ヽ    (  '゙ヽ. ,.ィ'  ./
             - <       >─ ゙イ   /
                )     てー、_    У
               /^⌒`Y´^\ヽ  `ー‐'"  >バキッ







      ┌─────────────────────────────────┐
      │                                                │
      │                                                │
      │                                                │
      │                                                │
      │                                                │ >ピピーピピッ
      │                                                │
      │                                                │
      │                                                │
      │                                                │
      └─────────────────────────────────┘

       _____          _____           _____           _____
     /____./|         /____./|          /____./|         /____./|
    |______| |        |______| |         |______| |        |______| |
    /:::::::::/:: |       /:::::::::/:: |         /:::::::::/:: |        /:::::::::/:: |
   /.田田/  ̄// ::: |       /.田田/  ̄// ::: |       /.田田/  ̄// ::: |       /.田田/  ̄// ::: |
  / [___] /__//  : |      / [___] /__//  : |       / [___] /__//  : |       / [___] /__//  : |
  |l二二二二二l   |      |l二二二二二l   |      |l二二二二二l   |      .|l二二二二二l   |
  \_____\. |       \_____\. |      \_____\. |       \_____\. |
   |______|        |______|        |______|        |______|
                                                 >ガガガ……


270 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:38:43 ID:FZj.Ba1o


                    ノ⌒)
                  /(  / ノ⌒)
                  / / /   ( ,/
      ____ /⌒⌒`ヽ / ./  / /
    /       \    _ \   / /   こ、ここは……?
   / \   /  \   / \ ヽ' /
 /  (●)  (●)  \/\__.\__ノ
 | :::: ⌒ (__人__)⌒:::u: |
 \     ` ⌒´     /     >ドサッ!
   // ̄ ̄ ̄ / /
. //         / / 
(_/          / /
         (_/






┌─────────────────┐
│                         .│
│                         .│
│         / ̄ ̄\           │
│       / ヽ、. _ノ \          │  やる夫!ビンゴだ!!
│       |  (●)(●) |         .│  
│       |  (__人__) |         .│  ここが、メインコンピューターの制御室だ!!
│          |   ` ⌒´  |          │
│        |        }        ....│
│        ヽ       }        .....│
│        人_____ノ"⌒ヽ       .│
│      /           \    ...│
│     /            へ  \    .│
└─────────────────┘


271 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:39:02 ID:FZj.Ba1o


       ____
     /⌒  ⌒\  ま、マジかお!?
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  なら、はやく自爆コードを……
  | U   |r┬-|     |
  \      `ー'´     /






┌──────────┐
│              ..│
│   / ̄ ̄\      .│
│ /   ヽ、.  \     .│
│ |   ( ●)(●)     │  よし!待ってろ!
│. |    (__人__)     .│
│  |     ` ⌒´ノ     .│  ……爆発は20分後にセットするぞ!
│.  |         }     .│
│.  ヽ        }     │
│   ヽ     ノ     │
│   .>    <     .....│
│   |     |     .....│
│    |     |       │
└──────────┘


272 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:39:19 ID:FZj.Ba1o



       / ̄ ̄ ̄\
      /  ,r―ゞ    ヽ
      / (!〈-・;);! ,r―ゞ|  ……そうはさせるかぁぁ!!
      |   ''^^'' !〈-・;);}
     /トェェェイ'^^'' ェ/ ヽ
    / ヽェェ/        |
    |           | /
    ヽ_|         |丿
      |         | >ザッザッザッ……






       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\  やべっ!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  アイツが追ってきてるお!!
  \    |ェェェェ|     /


273 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:39:36 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /     \
      /        \ くっ!アナタたちは、
     /  \    /  \  はやく自爆コードを!!
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /  あのバケモノは私が廊下で足止めします!!
    /     ⌒     \
                >タッタッタッ……







         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /  で、できる夫!!
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    |  U  |i|||||||i|     /  /  /  /  一人じゃ無理だお!
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /    やる夫も……
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)


274 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:39:57 ID:FZj.Ba1o


┌────────────────────┐
│                            ....│
│     / ̄ ̄\                  ...│
│   /    \ ノ                  .│
│   |    ( ●)(●)                │  待て、やる夫!
│.   |     (__人__)                .│
│    |      ` ⌒´ノ                .│  お前まで行ったら、誰がオレを中継するんだ!
│.    |         }                 .│  ……できる夫の心遣いを無駄にするな!
│.    ヽ        }                 │
│     ヽ     ノ         \         .│
│     l/   く   \          \     ......│
│     |     \  \         \     │
│      |    |ヽ、二⌒).、           \  .....│
└────────────────────┘






          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 // 
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ 
         〃 {_{\     ノリ| l │ i|   アタシがサポートしてくるにょろ!
         レ!小l●    ● 从 |、i| 
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   ……アタシだって、腐ってもスーパーミュタントなんだから、
        /⌒ヽ_ |ヘ   ゝ._)   j /⌒i !    年季の違いを見せてやるにょ!!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ 
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | >ザッ







       ____
     /     \
   /_ノ  ヽ、_   \  くっ……二人ともスマンお……
  /(●)三(●))   .\
  |   (__人__)   U  |
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´      \


                     ●

                     ●

                     ●


275 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:40:19 ID:FZj.Ba1o


            ,-―――――-、
           ,====  『,,w,,7ヽ/ ̄ ̄ ̄\
          rf     ゝ lL_,ll/  ⌒  ⌒ ヽ
          ||、___,i|    / ( ○)}liil{(○)| 
          ゛,i―――i、_二 | (トェェェェェェェェイ)}    ふはははっ!!
         /二二//   r ⌒:、. \ェェェェェ/ ヽ   
       /   /k/   /  /           ヽ \ 
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,えつ| ||             c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7     r==r===ニ 、)))            -‐
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     ノ _       、从て -‐__――_━ ̄ ̄
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 〃〃〃〃〃〃〃〃f ,fi!i!i!i!i!i!i!i!i!rfソ .> -―‐    -―=== ‐
         \    /| | II     |;;((((((((((((((( l  li!i!i!i!i!i!i!i!i!k(("Y ゛‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
          \_/ Lk____ムヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ__ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!k、゛=''‐-  _
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/             ズガガガガガガッ!
        : : : :: ヾ
      : : : :: ¨ゞ
    : : : :: ヽ








                             ///
                           /⌒i
                          /  ./  ///
                          /   | .i⌒ i .
                         /   | .l  .l
                         /   ⌒|   |、
                         |      |   |.|   はぁっ!
                         |      `ー´ |
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄, ――――┤        ├―――― 、 ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━_(_____,      ー    、_____)―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――/   ⊂ニニ⊃   \ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  |           ∩  | ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \  (●) ` (●) /  ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                        \ /   \ /         ガガガガガッ!
                          \___/


276 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:40:40 ID:FZj.Ba1o


              ____// /
             /\  /\./    /   ……拙いですね。
           /( ○)  (○)\   / /   / さすがに小銃とは、弾幕が桁違いです……
          /     ´    U \/ //  /     /
          |       ⌒       | //  /   //
         ___\       __/ ⌒`''──,――;;ヽ、
       /  /            _____,___,ソ
      〈    ̄ ̄ ̄)       /
       ー-------′       /
        /⌒ ヽ         /
         /     ヽ       /
       /   /i        /
    ,,-‐<    / ヽ_/     ノ
   (, __ _ノ     /    /
               /    /
               /    /
               /    Y
       ( ヽ:  /     ソ丿 ヘ` ;
     ´ \.从_(__ __/)人/ ;` >スタッ








クルッ
 彡   / ̄ ̄ ̄\
 彡  /  \ , ,/\  ……これでも喰らいなさい!!
  /    (●)  (●)\
  | U       __',_,     |
   \   __ィ/__/´ _/___ _______,ri\ゞ从レ/;;;て  __――_━ ̄ ̄
  /  ∠ ̄__〔|。 lニニ。。ニr===[imm___ニニニ_Ll) ; ;;て乂ゞ\    -―=== ‐━
  |  ヽ───-  ⊃)(__,,..=i  ノ ̄ ̄ ̄ ̄  乂人从/    _ ―― __―_━ ̄ ̄
  \______/ __|ll l || ´
.   |           | L.=-'    ガガガガッ!


277 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:40:58 ID:FZj.Ba1o


       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒ ・⌒ ヽ
      / (○ )  (○)|  ぐっ!
      | (トェェェェェェェェイ)}
     /、. \ェェェェェ/ ヽ
    /            |
    |    ・      | /
    ヽ_|     ・   |丿
      |    ・    | >ビスビスビス!







      / ̄ ̄ ̄\
     / ⌒ ┃⌒  ヽ  ……痛いじゃないか。
     |(●)  ( ●) l   ま、ダメージは無いがね。
     {(トェェェェェェェェイ) |  
    / \ェェェェェ/ . ヽ
    |            l
    ヽ |           |
      | ┃    ┃ |_ノ
      |     ┃   | >ツー


278 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:41:15 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /     \
       /  u   \  \  くっ!こんな口径の小さいSMGじゃ、
     /      u (●)  \  奴に致命傷は与えられない!
     |           __´_ |
      \    u   .``ー/   かといって近づくことも……
     ノ           \






          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄< ̄,二ヽ
             シ~ /" `ヽ ヽ `'、 //
         //, '/     ヽハ  、_Vヽ
         〃 {_{       リ| l.│ i|
         レ!小l\    /从 |、i|  できる夫。
          ヽ|l ●   ●  |  |ノ│
          |l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /| /   5秒だけアイツを引きつけておいてくれにょ。
          | l>,  __,  (⌒ヽ_/ .| |   ……そうしたら、アタシのスーパーハンマーで、
           rィ| |/ ヾ:::|三/ヘ、__∧ ||   文字通り、奴のドタマをカチ割ってやるにょろ!!
        イ || |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'ヽ|


279 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:41:32 ID:FZj.Ba1o


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \ こんな狭い場所で、ミニガン相手に5秒とは……
     / u (=)  (=)  \ ……死ねと言われてるも同じですね。
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /






     ____
   /     \
  /::::::::::..   \ \   ですが、いいでしょう!
/:::::::::::::::::::..  (●) \  ……トドメは頼みましたよ?
|:::::::::::::::::::::::::::..U   、__|
\:::::::::::::::::::::::::::..   /


280 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:41:50 ID:FZj.Ba1o


         ____
       /     \  ……やい!このアゴなしハゲ男!!
      /  \  /  \
    /  (●)  (●)  \ そんなひょうろく玉じゃ、
     |      __´___     |  いくら撃っても私には当たりませんよ!!
    \     'ー一`    /
      /             \ >ザッ!







                         
            ,-―――――-、  ノ(
           ,====  『,,w,,7ヽ/⌒ ̄ ̄\
          rf     ゝ lL_,ll/  ⌒  ⌒ ヽ
          ||、___,i|    / ( ○)}liil{(○)|  ……お前もハゲだろうが!!
          ゛,i―――i、_二 | (トェェェェェェェェイ)}    おとなしく死ねぇ!!
         /二二//   r ⌒:、. \ェェェェェ/ ヽ   
       /   /k/   /  /           ヽ \ 
       l   lLl   〃 、―、/             ヽ>  >
       l   lLl   ,えつ| ||             c' ⌒ヽ
       l   lLl  ( ミ7_7     r==r===ニ 、)))            -‐
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     ノ _       、从て -‐__――_━ ̄ ̄
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 〃〃〃〃〃〃〃〃f ,fi!i!i!i!i!i!i!i!i!rfソ .> -―‐    -―=== ‐
         \    /| | II     |;;((((((((((((((( l  li!i!i!i!i!i!i!i!i!k(("Y ゛‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
          \_/ Lk____ムヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ__ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!k、゛=''‐-  _
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/             ズガガガガガガッ!
        : : : :: ヾ
      : : : :: ¨ゞ
    : : : :: ヽ


281 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:42:11 ID:FZj.Ba1o


__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────
             \  \                 |  /                        / /
       はっ!   \  \            ,\__ノし//        |  / , |       ノ.^/  にょろっ!
              /     ソ          /  ..)/⌒ヽ(_    \__ノし//´         |_/
             (__ __/\\\        ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄/ ,, )/⌒ヽ(_        ///
                    \\\\      ´  /⌒|「⌒\// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄  ///
                   / ;`( ヽ: ソ丿 ヘ` ;     )/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\    ( ヽ: ソ丿 ヘ` ;
                    ダンッ !´ \.从_)人    ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄       ´ \.从_)人/ ;`ダンッ!
                                 ´  /⌒|「⌒\
                                    ダダダダッ!!
__________________________________________________
──────────────────────────────────────────────────













━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ,  ノ 、
              ● ●) ヽ はいぃっ!!
 ・─‐ ‐ ‐ i―==ヵ  `=  ノ                                  / ノ   /
         ̄ ̄fと二二_ノ!)、                                  ● ●)ヽ/ はっ!
       パパパッ! _|     〈、_ζ                                `=   ノつ
            (__)  ヽ_〉                                Lノ ̄ ̄
              \\\\                           ////      \\\\
                \\\\                        ////         \\\-,  ノ 、. 、  、
                  \\\\                    ////               ● ●) ヽ ヽ ヽ  はぁぁ!
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==   `= _ノ‐┐'┐ '┐≡=-
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━    と __ノ `Y Y  Y  ≡=-
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―        〈__ ヽ、 \ .\ \  ≡=-
                       \\\\           ////                         `ー' \___)  )  )  ≡=-
                         \\\\        ////
                           \\\\   ノ ////
                                  ● ●)ヽ    ほっ!
                       ・─‐ ‐ ‐ i―==ヵ`=  ノ──つ
                         パパパッ  ̄ ̄fと二二_ノ──つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


282 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:42:33 ID:FZj.Ba1o


            ,-―――――-、
           ,====  『,,w,,7ヽ/ ̄ ̄ ̄\
          rf     ゝ lL_,ll/  ⌒  ⌒ ヽ
          ||、___,i|    /U( ●)}liil{(●)| 
          ゛,i―――i、_二 | (トェェェェェェェェイ)}   えぇい!
         /二二//   r ⌒:、. \ェェェェェ/ ヽ   ちょこまかと!!
       /   /k/   /  /           ヽ \  はやく死……
       l   lLl   〃 、―、/       ・     ヽ>  >
       l   lLl   ,えつ| ||     ・    ・  c' ⌒ヽ ビスビスビス!
       l   lLl  ( ミ7_7     r==r===ニ 、)))            -‐
       l   lLl_  ff {[旦! ――=旦〔OO〕     ノ _       、从て -‐__――_━ ̄ ̄
       ヽ   ヽヽ ヽ// ┘┘――, 〃〃〃〃〃〃〃〃f ,fi!i!i!i!i!i!i!i!i!rfソ .> -―‐    -―=== ‐
         \    /| | II     |;;((((((((((((((( l  li!i!i!i!i!i!i!i!i!k(("Y ゛‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
          \_/ Lk____ムヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ__ヽi!i!i!i!i!i!i!i!i!k、゛=''‐-  _
           |ヒ k__(____((/)==((7)
           L__Lk(()77()/             ズガガガガガガッ!
        : : : :: ヾ
      : : : :: ¨ゞ
    : : : :: ヽ





__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
                 |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
                 |  i ノ、      ノi|  ……死ぬのはお前だにょ。
                 |  l  x>、 __, イl | ザッ!
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=


283 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:42:52 ID:FZj.Ba1o


                                             _..,..,,....... .---.------------
                                       _,,.... -ーー'''_,゙゙二―ー'''''"`"` ̄ ̄
                             _,,.. -ー'''",゙,,,.. -ー'''"
                          _,, -''''"´_,,.. -‐''''"゛
                  _,, ‐''"  _,, -''''"
                 _.. ‐'"゛  .,.. ‐''″
            ,..-'"   _..-'"゛
          /    ,, .'"
        . /     /     ブゥン!!
        l゙     l
        .l,     \、
           \,      `''ー- .,,_
          `'-、,           `゙゙'━== ....,,,,__
                `''ー ..,、              ̄ ゙゙゙̄'''''''''¬――+―-------------------------―‐
                    `゙'''ー-..,,,_
                          `゙゙"''―- ....,,__
                                 ゙゙゙゙̄"''''''――-............,,,,,,,,___
                                                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





       / ̄ ̄ ̄\
      /  ⌒  ⌒ ヽ ミ
      / (● ) (● )| ミ
      |U(トェェェェェェェェイ)}   ……えっ?
     /、. \ェェェェェ/ ヽ 
    /            | >クルッ


284 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:43:35 ID:FZj.Ba1o

_____________________________________________
                _  /|     ./|   /|/|/|
              / |/|| |     |  | /  | |  |
             /  |  | .|     |  Y /|  | |  |                     __
           / /|  |  | .|    /  /  .|  | |  |     __             /  /
          / /  |  |  |/  //| |    |  |/|/    /|           / /
          |/   |  |/    |/  | |    |  |     / /    ___   / /
           .     |  |         | |    |  |    / /    /   /  / /
              |  ト、       | |    |  |   |/    /   /  / /
/   /        |  ト、\      | |    .| |  ___/   /    |/          / ,/
   /         |  | \ \    | |    .|  |  \       /    _         /./   /
 ./          |  |   \ \    ̄       \|    \__/    //       / /    ./
‐゛           |  |     \ \                        ̄       / ,/   /
             |  |        ̄ ̄                               / /   /    /
    , '´ ̄ ̄` ー-、                                      / ,/   /    ././
  /         \                                     ,/./   ./    ././
 /         /ハ/ヽl                                  / /    ./    ././
 |         |l |リ l       、     ,                 ,/./   ./    ././   ./
 |          | 从\|       `______  /            / /    ./    ././   ./
 |          (´  i●l    \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /        / ,/   /    ././   ./  /
 |          |l .|⊂ノ       /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'ヽ           / /    ./    ././   ./  /
 |          l lx´  ‐ ―  / ',`冫|::::: :: :   |イ';|| --   / ,/   /    ././   ./  /
 |           | |:ニ==i=┬r===| ,. -―- 、|ェェイ)}     / ./   /    /./   /  ,/   .//
 |           | | :::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ / ,/   /    ././   ./  /    //
 |           | | ̄     __ノ // `ー,,-一' ノノ    | ./   /    /./   /  ,/   .// ./
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


285 : ◆P3dFUnx0fI:2010/03/20(土) 19:43:51 ID:FZj.Ba1o



            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、 グシャ!
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``



      ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

           ================================

                  ------------


関連記事

カテゴリ:[完結]【FALLOUT】やる夫が核シェルターを旅立つようです /  コメント(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ