< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >

フリーエリア

ホーム  > [完結]【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… > 【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… 第十二話

【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… 第十二話

2014年03月28日

521 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 20:58:47 ID:YaO4E4x20



~シンジュク・衛生病院付近~




────────────────────────────────
            ///////////////////////////////////////////
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| ╋   衛 生 病 院    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::、i,.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ヾゝ彡/ ::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ミ`;ノゝ ::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::ミミ;゙i彡´:::::::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::゙''|il|  ::::::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
────────────────────────────────



.


522 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 20:59:12 ID:YaO4E4x20



   i, 'i     ` -、ヽ,  ./._, -一''''~              /  .}                 _、,,,//
    ``       ~`'' /-'~                    ,' ,' ノ               /  /'ヾ
      l           ,、,-, ----ーーー-------、、,   { .l! i'               /  , ′ }
    /lヽ,      ==ニ,、, ーーーー----ー _,, -'   l  l! l!           /  /  ノ ,-、.
    l   l! `、         `'ー-----,-,--ー'~      l  l ノ             /  ./  '"  / /.l
    l  |!   l               //            ゝlソ         _.: ´ _, -' , :′   / ././
    }  l!  }               ,,,//             l}         ../_, -'  _/'゙     / ././
    |   l|  ! `ヽ、         >, l ~=,-                      (__,,. -‐''´       {/.ノ
    .リ   l!  .l `ヽ ヽ,      〃  l!    i                             /'゙
   {   |!  .l `'''-、,,,,,)      /    l!   i,
   l  ._,,l,,, -'一''"´  ̄ `"'' ー -、,_  |!     i
 _ - ‐ ~                  `ヽ,     l!                      _
"                   _, ---  .}     l                     (  ` ヽ、
                  _,, -''''~        ノ    l                     ヽ  \ `-、
        ._ , -一'''~            / l!    l                    \ `、. \
     _, -'~             _, -,'~   .l!    l                       `、 `、  `、
  /                 -'   i,     |i   !l    _,,、、、r-‐           `、  i!   l
./               /       l     `、   .l , -'~ , -  }              'i  l|  }
                  /         `、     .i   ヾ /  ./            , -、 `、. l!  l
            /           .'、.   ` 、   .ゝ、 ./              / / l.   '、 !}ソ
            /                `、     '、   .l/              / 〃 l.    `i{    < バサッ!



.



523 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 20:59:28 ID:YaO4E4x20



________________________________
           ._|     ./~ ̄'|     .|
           ∧|    /    .|     |
          ./  ゝ,,_  /i     | _,,-─''^i
          .)ヽ    ̄(    「~    /    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /   _,,,,-''/    .|   /i    <     よっと……到着なのだ。      |
        / _,,,   /     .ソ    /     ゝ________________,ノ
        ,i/   i/      .「    i
       ./~    .i       |    /
       i     /       .|    /
      |     /       .|    i
      .|    /        .|    |
      |    /   ..     |    .|
     .|   i'  ( ⌒ 、     |   .|
     |   |  (   ノ     |   |
     /   .|'    ̄\ヽ    |   |
    i    |          ノ   .!
    .|  ⌒.|         i~    (
    .|/'   .!         .\i,.   ヽ,
    i    ヽ           .\  .ヽ_
    .\   .i            .ゝ,,,_,,> < スタッ
      .~''''''~
────────────────────────────────



.


524 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:00:05 ID:YaO4E4x20



.      ハ::::ハ   ,ー  ) )
        Y ヽ    イ' y    さて、サンちゃんは何処かなぁ~?
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ    サンちゃんの臭いはっと……
        il     Y   il
        l ヾ .._  i!  .. イl
        l j    i!    l l










.      ハ::ノ::::ノ:::::ハ  ,, r‐ァl ::)
      ´  .)Y   y.´     ̄,y     ……くんくんん……んん?
          /⌒ トー‐i´
         ./  /`ヽ___i         この懐かしい臭いは……でも、まさか……
        /  /    l
      ___/  /     /
     (_⊂_ノヽ__  /
             ̄l



.


525 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:00:23 ID:YaO4E4x20



.      ハ::::ハ  ,,  _  j) )
        Y ヽ   nl^l^ly    ……あれれ?サンちゃんの臭いもすぐ側に?
        / 'ヘ 「   ノヽ
       /、  ヾ ヽ く ヘ   う~ん、どういう事なのかなぁ……ま、いいや。
        il     Y ヽ \ l
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)  考えるのも面倒だし、とりあえず会いに行ってみるのだ。
        l j    i!    l




             ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       
                  ================================
       
                         ------------



.


526 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:00:42 ID:YaO4E4x20



~ヨヨギ公園~




──────────────────────────────────────
.... ..  .:.:.:. . .   ,,,    .. .... ..  .:.:.:..: .:.:.:. . ... :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:..... .. .... .. .. . ... :. .:.:.:.: .: .... .
.. . ...... .. .  (;;"'',,,;;゙);;゙) . . . .. .... ...:.:... .. . .   .. .:...:... .. .  ..    .. . .. .... ..  .. . . .
     (;;;;;(;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;,) ,,,,   . .    ....  ...      . .  .      ..... .  .. .
     (<;,;;;; ;;;,, ,,,;;;;;;;;;;;;゙) ,,,,;;;゙) 、   ,,,,,         ,,, ,, ,,  ,,  ,,, ,,,   ,,
    (rill;;::(;;;,,,, ,,,,,;;;;;;;;;ヾ,,,,;;;;,,;ゞ::::::)  ;;;;;;;        ;;;;;;;  ;;;;;;; ::::: ;;;;;;::;;;;;; :::::::
    丶;;;l;;;;il;;;;;,,, ;;;;;;;;;; 、'゙,;;, ,,;;)::::)::) ,. ,,!!,,       ,. ,,!!,, ,. !!,, ,, ,. ,,!!,,,,!!,,. ,, !!,,
     ((;;;;;;;;;;(リ;;;;;;,,ゞ ,,,;;;;;;,,,ゞ;;,,,ゞ ,..,,.',,,,..'      '' ,,,..',..,',..,'.,.',,,,..,,.',,,,..'',.',,.',,,,..,,,,..,,.',,,,..
      ~゙'''''';'レ;;;li:;;ヾ゙~ ';;lii;_ヾlii;_ヾ
          ヽ;ii;l;l     !ii,|   .|:;|_-,,                 l,`、~;~:~:~;~:~:~:~:~:~:~:~:~:~. .
          |ll|i;|    lil;|  /|:;|,//7                `、`、; ; : ; : ; : : : : : : : : . .
.ニニニニニl ̄|   l;;lii;l, ,:、ー|;il;l,ーァi~i~//7                `、`、; ; ; : ; : ; | ̄lニニニニニニ
_|__|  |ifーーl:;;lil|ll~~ll~~ll~~llr'ヽ/7┏===┓     . ┏===┓    `、`、; ; : ; :::|  |__|_
_|__|  |,l ,~|;;ill;|ll~~/ll",γヽ/7. |     |┏===┓|     |┏===┓`、`、_;_;_;_|  |__|_
_|__|  |l~~ll~~ll~~ll ;;,||,γ'ヽ'/7.         |     |       .|     |  `ーーーー|  |__|_
_|__|  | '''''"'''''''"""'''""'" /7                             |  |__|_
_|__|_| . .  . .. ... .. .. /7.                             |_|__|_
                   /.^
                /
:―――――――――-、___________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
──────────────────────────────────────



.


527 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:00:59 ID:YaO4E4x20



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/0°   ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{\    /リ| l │ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   はぁ~、それじゃ行くにょろよ。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│    ギャル夫、ちっと痛いけどションベン漏らさない様に踏ん張るんだにょ!
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ   わ、解ったッス……
          〃 ハ  \    /\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   さぁ、何時でも来いッス!
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \
                       < グッ



.


528 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:01:23 ID:YaO4E4x20



──────────────────────────────────────
 \__人_人从_人_人从/
 _)                (__
  )  アーーーーッ!?  (
 ̄ ̄)              ( ̄ ̄
  /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\VV_ノ\
                \       \
                 ハ        \     - ー ‐ -、
                ≧ /   /^^\〆\ / ,  、   \    _/\/\/\/\/\/|_
                彡  〆 ―  ―\  //, '/   ヽハ 、  ヽ   \                /
                 ル/⌒)(○)}liil{(○).〃 {_{  / リ| l│  |  < アチョー!命○崩壊拳! >
                ル/ / u|::|(__人__)::| レ!小   ●  | |ヽ |  /                \
                .(  ヽ |::| |il!il!il| |:|/ヽ|l 、_,_,⊂⊃| |ノ |    ̄|/\/\/\/\/\/ ̄
                 \. _ |ェェェェ|/   _|ヘ ヽ_)   .| |  |
                  / \ /  ̄二    ̄|::|::| ̄ ̄| .||   | ≡二
                  / <  ヽ__二  .__|::|::|.   |│|  | | ≡二
──────────────────────────────────────
             ______[][]   __| ̄|__[][]
             |___    |  |__  __|          | ̄| | ̄|
                 /  /.   /\|  |/\   __| ̄|_  |  | |  |
            /    く   /  /.|  |\  \ |_    _| |_| |_|
             /  /\  \ \/   |_|.  \/ /   |   __  __
              \/   \/               \/|_|   |_| |_|



.


529 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:01:41 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ      ちょ、ちょっと、ギャル夫!?
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ    _   /从       アナタ、何て声出すのよ……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  i| |
  レ!小§( ○)}liil{(○) | イ   だ、だってこれ、洒落になってない痛みなんスよ!!!
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜  l++ ++l   ィヽ    痛だだだだっ!!アーーーーッ!!
   / rー'ゝ|::::` ⌒ ´:::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


530 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:02:02 ID:YaO4E4x20



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 \    /l小N
       |i (|  i ●    ● li|ノ    こらっ!男ならちっとは我慢するにょろ!
       |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|
       |  l  x>、 __, イl |      今、お前の魂を診てやってるんだから……
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )
                      < モゾモゾ……










───────────────────────────────────────
                __
                 / ハ.            x‐‐く ))
              |   |.           /   /
.     ((r─- ニ _ ,l 、__ノ   /\___,ハ.__ /
        \   ,  ヽ|ー人 く_ノ ヽ  ヽー/_
        /`  ̄ヽ.__ノー'  \__ ヽ,ノヽ  (   ( ̄ヽ
     (__,ノ─く_ノ   l _ {__{ ̄)  \ ` ̄l`ー'     『ふむふむ……なるほど……』
       / ̄}  ノ   /.     ̄ \   {_ /
.      〈_ノ ̄ヽ--一'´        \ー/ /
                           (__/!
                           (_/  < グリグリッ!
───────────────────────────────────────



.


531 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:02:23 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ U ノ    ヽ_\ l  |  も、もう無理!ホント無理無理!!!
         ル从§(○)}liil{(○) ヾ |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   のががががががぁーッ!!
            \.|::|.      |::| /
            /           \











          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ
       |i | 从 ●    ● l小N       ……まったく煩い奴だにょ。
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)     ほい、終わったにょろ。
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ 彡
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´
                      < ズポッ



.


532 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:03:07 ID:YaO4E4x20



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
     ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
    彡  〆U |::|  ) |::| 丶 ∨
     〃 ハ   \ , , / Y:i|
    イ 从§ ( ○) ( ○)|从  ぜぇ……ぜぇ……し、死ぬかと思ったッス……
    乂イ§  |::(__人__)::|ノ
     / ⌒ヽ ` ⌒´ /     こ、これ、幾らなんでも痛過ぎっしょ!?









             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ)└\
         //, '/     ヽハ⌒、 ヽ
         〃 {_{ー'  ゛'`ー リ| l │ i|   男だったらこの位で泣き言いうんじゃないにょろ。
         レ!小l●    ● 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│   たかだか、3人に1人ぐらいの割合で発狂する程度の痛みなんだから。
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



.


533 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:03:27 ID:YaO4E4x20



                _
              ..::/⌒:、ミー、
          ミッ:::/:::::::/::::ヽ::::\
           /: /::::::/:::::::::::::∨::::ヽ┛┗
         7::::/::/::/`~~~气:::::::',:┓┏
         彡::/(__)   (__) }:::::::}::::}     ばかぁあああ!それはもはや、命の危険が有るレベルでしょうがぁあ!
       ー=ニィ         ヽ::::::、::|
          |:::{   |▽▽▽| ノ( ヽ:\乂    そんな物騒な話、手を突っ込む前に説明せんかぁい!!
         ノ个  !      | ⌒ リ::|ノ>
           ハ  |     |    }|/
         .    ヽ、|     l   ,′
             >t----j‐<
                    < ガーッ!










                  __
              , '´ ̄ ̄ _` ー-、
            /   〃 " ``ヽ、 \
           / /  ハ/   U  \ハヘ ポリポリ
.             |i !  l |イ⌒    ⌒}ハ
           |i !  ,从 ●    ●N⌒ヽ   あれ?言ってなかったっけ?
           |i ! (, l⊂⊃  .  ⊂l |   i
           |i !   ハl j  、_,、_,  , '/  j   いやぁ~、悪い悪いにょろ。
           |i"! / 'xト_  __, イl|:::ヽ/
           |i レ/ ̄,}.,:::ヘ三|::::/l||',:::::ハ    ……まぁ、例え発狂したって魔法で正気に戻せるし、そう怒んなにょろ。
           |i l|' ツ l ::::::∨:::/リ >'''



.


534 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:04:14 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      もうっ!女王さまはホントいい加減なんだから!
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '         ……で、どんな感じだった?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ノ    `ヽl小N   それなんだけど……ギャル夫。
       |i (|  | ●   ● li|ノ
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|     お前の魂と「マガタマ」は既に8割ぐらい融合しちまってるから、
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|     残念だけどアタシでも分離は出来そうにないにょろ。
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |



.


535 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:04:33 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ●) (●) |从   ……そうなんスか。
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ      じゃあ、やっぱりオレ近いうちに……
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ  人
       |i │ l |リ\    /}_}ハ `Y´
       |i | 从 ●    ●l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      おっと、落ち込むのはまだ早いにょ。
       |  i ノ、      ノi|
       |  l  x>、 __, イl |      分離は出来なかったけど、お前の魂との境目に防壁を張って置いたから、
       |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ      一時的にでも「侵食」の速度が大幅に落ちる筈だにょろ。
       |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )



.


536 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:04:55 ID:YaO4E4x20




          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|   えっ?
            乂イ§ U ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/     それって、つまり……
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ









          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ     お前が最後の発作を起こすのを、少しだけ先に延ばせたって事だにょろ。
       |i | 从 ●    ● l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ      ……まぁ、あくまで延命の対処療法でしかないんだけど。
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´



.


537 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:05:20 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆 |::|   |::|   、 |   |   そんな!何もしないよりはずっとマシっすよ!
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |   ティターニアさん、診てくれてホントにありがとうッス!!
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \ |::| |r┬‐ ||:|  /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /










          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ
       |i | 从 ●    ● l小N        なに、お前にはうちの不詳の子分が世話になってるみたいだし、
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ         いいってことにょろ。
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.      こいつ、ロクな攻撃呪文も使えんから、
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ       むしろ足引っ張ってるんじゃないか心配なんだにょ。
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´



.


538 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:05:41 ID:YaO4E4x20



               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ┛┗
           /::::/::::/:::::/`~~~气::',:┓┏
           7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
           {::/彡::/\,   ,/ ヽ:::、::i
         ー=ニニィ     、     ヽ::乂
           |:::{  ≡≡  }  ≡≡ リ::ー`
           ノ个             }::}ノ
             乂ハ     `      /|:/      ムカムカッ!
            从\   マ二)   /从
               ≧ト . _ . イ´         ちょっと女王さま!いくら女王さまでも、それは聞き捨てならないわ。
               _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,    誰がロクな攻撃呪文も使えないですって!?
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
      _ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │_i|_
     く ● >小l⌒    ⌒ 从く ● >   誰って、お前以外に居るかにょろ。
      \/ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ \/
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !     やーいやーい、万年初級呪文しか使えないドベようせ~い!
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |     悔しかったら、ワンランク上の魔法を……
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



.


539 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:06:01 ID:YaO4E4x20



───────────────────────────────────────
             //\;  /| \\   ;  // \ \
             | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //    |\     /\     / |   //  /
             | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
               ./\\; // .|/   ; \\ //    \                     /
            //  | ; | |  |    ;  / /| |      ∠     マハジオンガ!!     >
             | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /      /_                 _ \
            \\/ ;  /\\   ;    /\\      ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
              \/ ,;; / // /  ;   /// /         //   |/     \/     \|
         ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○
       。  \   . | ||/| || // ; // ///
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<
   ○  从\从O从从/从//|/# ; /    / //。 ○ <<
   。  \ 从O从从/   ∧∧//∧∧ / //。 ○ <<  \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
 。  \ 从O从从/    <´   ____   `> 从O从从 )                  >
               <´     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  `>      < ほぎゃがやががあーッ!!>
                <´    / /" `ヽ ヽ  \ `>从O从从 <                 (
      从O从从  <´  //, '/     ヽハ  、 ヽ  `>/。 ○/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
   ○         <´  〃●\    /● │ i| `>
    \       <´    レ!\_\三/_/从.|、i|  `>从O从从  ○
       从O从从<´     ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│ `>     /
  ○         <´   /⌒ヽ__|ヘ  |r┬-|   j /⌒i ! `>从O从从   ○
   \        <´  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│ `>从O从从/从 ○ <<
     从O从从  <´   /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ | `>
   从O从从    . <´ `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' | `> 从O从从   ○
───────────────────────────────────────
                l| l|
         }}  {{   }}  {{   }}  {{   }}  {{   }}  {{
          {{   }}:  "   }}:  "   }}   "   }}:  "   }}
          ″  "     〃     〃     〃     〃



.


540 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:06:22 ID:YaO4E4x20



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \    /(_
     ヽ             \     (
   ⌒≧x   /^^\/ \ \    (
    彡  〆  |::|  ) |::| 丶 ∨   ´
     〃 ハ   \ , , /u Y:i|      おわっ!
    イ 从§ ( ○) ( ○)|从
    乂イ§  |::(__人__)::|ノ       な、なんちゅう電撃!?
     / ⌒ヽ ` ⌒´ /










         (
          )      ( 
          (  __,,,,,、、、,_)     (
         >'´      `ヽ、   )  < シュ~……
         //, ,、 ''""~゙' 、   ゙y (
          |/y'ー‐‐ ;♯; u゙,  ´ ゙``ヽ
.           / O    ヽ、 |      ¦ ,イ
         /  、_,   O ノノ ,,   ノ ノ .,' _., 、 ---z___   あがっ……あがががっ……
.      /|   { `i´   ´/イ ハ  {、__,ノ'´ _、 ''" ̄
.      / 八  ヽ.ィ'  ;;:;;  / /ノ  '、 ___,,ノ´
   //   .\  U  ,,,,/ .,イ、      `ー '´ ̄`ヽ、,______ 
  /〃     ∧::|三/`/ /  `ゝ、___    _ __,, 、 '"~ ̄



.


541 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:06:47 ID:YaO4E4x20



             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
     @   //, '/  U  ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´    `ヽリ| l │ i|
      彡 レ!小l/    \ 从 |、i|    くっ……ぴ、ピクシー、何時の間にこんなレベルアップを……?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ|
        ~  |ヘ   ゝ._)   j.  | , |     このマスター・スモッチと呼ばれた
        彡  | ./⌒l,、 __, .イァ/⌒i !    ティターニアの眼を持ってしても見抜けんかったとは……
.          | ヘ、__∧::|三/::{ヘ、__∧|
     ムクッ >









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´    ……キル夫がくれた「マガツヒ」のおかげ。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '       あれのおかげで、大分パワーアップできたわ。
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


542 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:07:07 ID:YaO4E4x20



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ー    ーl小N
       |i (|  | ー   ー li|ノ    ああ、そういえば……ピクシー、ならその力大事に使うといいにょろ。
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|」
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|     ……それはそうと、お前らこの後はどうすんだにょ?
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |










                     ..::´/⌒::、ミー、
                 ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                  /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                 /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                 7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                 {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
               ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                 |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                  ノ个             }::}ノ
                   乂ハ     `     /|:/   まずはやる夫の連絡を待って、コイツの友達を迎えに行くつもり。
                    从ヽ     -    /从
                     ≧ト . _ . イ´       で、その後は「マガタマ」をどうにかする為に、
                     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __    何か方法を探そうと思うの。
                 ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                 /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
           __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__
  __,,.. .-‐ '''""~: :.    l__.{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j|___|: : : : : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,
 /: : : : : : : : : : : : : : :__,,.. .l  ヽ,___:::::::::::::::::::::::::::::::::ィ':|    l~""''' ‐- ...,,__: : : : : : : : : : : : ::ヽ、
  ‐、__,,.. .-‐ '''""~:.    l   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l    i : : : : : : : : : : : : :~""''' ‐- ...,,__/
 /: : : : : : : : : : : : : .    l  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/. i   l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、



.


543 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:07:35 ID:YaO4E4x20



         , '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \
      / /  ハ/     \ハヘ
      |i │ l |リ       }_}ハ
      |i | 从 \    /l小N
      |i (|  i ●    ● li|ノ    ん……確かに、お前の相棒を生かしたいなら、
      |  i ⊂⊃ 、_,、_, ⊂ノi|      取り除くにせよ、適合させるにせよ、何か手は打たんといかんにょろ。
      |  l  x>、 __, イl |
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ      ただ、それができるとすれば……おそらくルシファー本人だけだにょ。
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  ルシファー……それって、この「マガタマ」を創った張本人ッスよね?
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  もしかして、オレに「マガタマ」を入れたできる夫がそうなんスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


544 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:07:59 ID:YaO4E4x20



        , '´ ̄ ̄` ー-、
      /   〃" `ヽ、 \
     / /  ハ/     \ハヘ
     |i │ l |リ       }_}ハ
     |i | 从 ノ    `ヽl小N
     |i (|  | ●   ● li|ノ   いや、アタシも直には会った事無いから、ルシファーの顔は解らんにょろ。
     | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|
     | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|    何せルシファーは用心深いらしくて、奴の顔を知ってるのは4大天使に唯一神、
     | / \ヽ::ヾ三|::i   i    それと極一部の奴の側近ぐらいな筈だから。
     | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        それじゃ、ルシファーを探すのは無理なの?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


545 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:08:26 ID:YaO4E4x20



         , '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \
      / /  ハ/     \ハヘ
      |i │ l |リ\    /}_}ハ    いや、そうとは限らんにょろ。
      |i | 从 ●    ●l小N
      |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    例え、そのできる夫って奴がルシファーでないとしても、
      |  i ノ、      ノi|     「マガタマ」を預けられてた事を鑑みるに、かなりの高位悪魔なのは間違いないにょ。
      |  l  x>、 __, イl |
      |  lくミヽ::::ヘ三l:::::ノl lヽ    だから、上手くすればそいつから辿れるかもしれんにょろ……それに……
      |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    ……それに?
               /     |::|` ー´ ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


546 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:08:45 ID:YaO4E4x20



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \      何のためかまでは知らんけど、
       / /  ハ/     \ハヘ     「マガタマ」による新たな悪魔の創造は、奴らの一大プロジェクトな筈だにょ。
       |i │ l |リ\    /}_}ハ.
       |i | 从 ●    ●l小N     なら、その成果を出来るだけ近く……つまり、この「ボルテクス」の何処かで
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     本人も観察してる可能性は低くないと思うにょろ。
       | i⌒ヽ j         ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |  なるほど……ならどっちにせよ、できる夫をどうにかその気にさせれば、
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  ルシファー本人に会える可能性が出てくるってことッスね。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /    ……よし!ほんのちょこっとだけど、光明が見えてきたかもしれんス。
            /           \



.


547 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:09:09 ID:YaO4E4x20



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ⌒     ⌒}_}ハ        ま、つうことで、今日明日に発作起こす様な状況でも無いし、
       |i | 从 ●    ● l小N        今日はゆっくり休んでるといいにょろ。
       |i (|ミ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ   ミ
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)      どうせお前らも、あの色ボケ魔王から連絡が来るまでは動けんのだろうし。
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.
       | ∧ 人l||l,三|:::::/l| |l||l 从
       |  l ( ⌒ ):::V::/ | ( ⌒ )










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
             {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂   ん、アタシもそれがいいと思う。
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
              ノ个             }::}ノ    いくら女王さまが回復してくれたっていっても、
               乂ハ     `     /|:/      あれだけ大量の魔力を使ったんじゃギャル夫もクタクタでしょ?
               从ヽ    ー   /从
                 ≧ト . _ . イ´        だから、今くらいは休養を……
                 _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' 



.


548 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:09:31 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   失礼、それなんですが……
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      その空いた時間、よければ私と「アマラ経絡」へ行ってみませんか?
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ
                  < ザッ








           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |   あ、エリヤ。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    ……今から「アマラ経絡」へッスか?
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \     何でまたあんな場所に?



.


549 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:10:04 ID:YaO4E4x20



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `    ギャル夫、私の姉が今回の天軍の総司令官である
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     熾天使メタトロンであることは話しましたね?
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ      その姉が今、「アマラ経絡」に居るのですが……
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ             姉さんとアナタをきちんと会わせたいのです。
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_u Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   エリヤの姉さんと?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/      ……言っちゃなんスけど、今のオレは悪魔なんスから
            /      》》    《ヽ      エリヤは別にしても、他の天使は快く思わないんじゃ……
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


550 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:10:41 ID:YaO4E4x20



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄    かもしれません……いえ、十中八九そうでしょう。
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´    ですが、もしギャル夫が姉さんにその存在を認めさせられれば、
    ゝノ `丶、   、    イ, |        天軍は総力を挙げてアナタの命を繋ぎ止める事に注力する筈です。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′  えっと……
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃      つまり、アナタの姉さん次第で、ラファエルなんかの高位天使も
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        ギャル夫の助命に協力してくれるかもしれないって事なの?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


551 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:11:03 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  ええ、上手くいけばラファエルと姉さんは勿論のこと、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  ガブリエルやウリエルの助力も見込めるかもしれません。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/      4大天使の内の3人と姉さんの力を併せれば、如何に「マガタマ」とはいえ、
         ヽ、 >t―f=ニ //        その力を制御し、安全にギャル夫の変化を完了させる事が可能でしょう。
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ  ……エリヤ、ちょっとタンマっす。
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  「変化を完了させる」?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /    つまり、それは「マガタマ」を取り除くんじゃなくて……
            /           \



.


552 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:11:37 ID:YaO4E4x20



             _-ニ< ̄///^ヽ、
           ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
          ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
        /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
       /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
      ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
  _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
  .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
  |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ  ……ずばり単刀直入に言います。
  li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
/_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l   私はアナタをその力の元々の持ち主、つまりルシファーに代わって
~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、  ゆくゆくは天界に迎え入れる事を姉さんたちに提案するつもりです。
       .  ヽ::l             /ヽヘ/l/
         _  > 、  ー   /イ/      ギャル夫……全て終わったら、天界へ昇り共に神へ仕えてみませんか?
     r―‐< ―へ:>┬ ' ´   










           /レVVVVVVVV イ
         /           /
        /         ∠
      / /ヽ/^\   x≦
       |  ー 三 ―:::::〆 N ヾ
      从(〇)三(〇 )u::§从ゝ   ……へっ?
       i |:(_人__)|::|:u:::§ル′
        \; }__(, |::|;;;;;、,r'      そ、それって、もしかして……
       /      , \



.


553 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:12:04 ID:YaO4E4x20



==============================================
                 ⊂ニニ⊃
             ト VVVVVVV_ノ\
             \           \
              ハ            \
           ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
             彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
             〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
             ル从§ (● ) (<)ヾ  |
        _ノ⌒ヽ乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ|,ノ⌒ヽ、_
       `ー,へく,'  ) \   |::| `ー´ |::| / /( 、,` ヘ ー'    『……オレに天使になれってことッスか!?』
       ノノ, , ヽ   (r´、___∩∩__,  /ノノ    \
         'ノノノ  ノ\__ ´人 ` _ノ 八ヽ)八)) )
                ヽ   ̄   ̄ |
                |      /
                 |   r  /
                 ヽ  ヽ/
                  >__ノ;:::......
==============================================



.


554 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:12:33 ID:YaO4E4x20



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/ u   }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂   ぶっ!ギャル夫が天使ぃ~!?
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}
            \ ||/   、___,   ノ      に、似合わないわねぇ……
            ノー      \/   /
              乂`ァ      <
               /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/  u  ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{'´     ヽリ| l.│ i|
         レ!小l●    ● 从 |、i|   こ、コイツを天使として迎え入れる気なのかにょろ?
          ヽ|l⊃     ⊂⊃ .|ノ│
          |ヘ.  r‐-、    j  | , |   はぁ~、また突飛な事を考えて……
          | /⌒l`ニ`, .イァト|/ |
.          | /  /::|三/:://  ヽ |
          | |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,



.


556 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 21:13:22 ID:G7W7GTI60

おお、ルート分岐が来るか


555 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:13:01 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_ 
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ギャル夫、アナタは現在、類まれな意思力と原因不明の適正により、
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/       誰も到達し得なかった深度の「マガタマ」の侵食に耐えています。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、           そして私は、アナタ自身に神に仕えるべき心の有り様を見出しました……
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ










        /// /: :.    \ : : : :.\::::::://::::::::il:::::::::il::::::::::il:::::\、:::::
      _ / / /__/_: : : : : : l  / \: : : ,,:`ヽヘ'、::::::/i:::::::::il::::::::::ilr==リヽ、:
      \/ .//.:.:.:.:.:.\: : : ,!: ./l /l\/l: :/i: : ヽ='-'=='ヽ==': : : : : i ヽ
       / //.:.:/ ̄\.:.:.l: :/|: / |::/ l: /`;:/ l: : : : : : : : : : : : : : :.    l ',
       l i ,l.:.:.l.:.r‐、.:.l.:.:l: :l {=ィ≠=、!/__l/ |i: : i: : : : :/_」斗-‐7´    l
       'ー',l.:.:.l.:.i.ー'.:/.:./: :l | /.:::::::::`7=  li:. /l: :/,'/  l::ll: ::i     l: :lヘ
==ゝ__,、.-ヘ.:.:ヽ-.:.:.:.:ハ: :l l.iO。::::::::l.   | / l /≠==」:/l:/l : : : : : !:l | l  ……アナタなら、長らく魔界に在ったその「力」を
|l::/ム->/    !.:.:.:.:.:.:ィ: : i、:l i l::::::::::::/    l/ i//:::::::``、l/ l: : : : ::i/!  l l  正しく在るべき場所へ戻すことが出来るのです。
li/ ,、―'     ヽ、__,/: :、: l、:l `―--'゚       /0。:::::::i/ /: : : : :l;../ //
/   V   \  '´i_: :ヽi `.:.:.:.:.:        il:::::::::::::/ /'.:.:,.:.:.:.i./ /∧  その為には、まずは「マガタマ」による変化を
  i   |     i   }: : lヽ             `ヽ/ /.:/: : :/_// ̄  無事に完了させねばなりません。
.  }   l     }  _,ゝ、i_\         .:.:.:.:.: /イ: : : :./   ^
  \  \ __,、-| /.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ`ヽ、  ̄ヽ       /ィ': : :/
ヽ、  >ー‐' ヽ、___<-〈-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  `>―――‐、‐t/: : : /
  `‐-'´>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.::.:.:.:./.:.:ヽ /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i/: : /



.


557 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:13:23 ID:YaO4E4x20



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./    ですからギャル夫……どうか、私を信じて一緒に来てくれませんか?
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     ……確かに、姉さんを説得できる見込みは高くないかもしれません。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\          ですが、アナタの身の安全は、私のこの身に代えて保障いたしますから。
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i
    /     / i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゞ、:::::::_ソ










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|   い、いや、急にそんな大事を言われても……
    イ 从§  ( ●) (●) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |    正直、どうしたらいいか判断が……
      /.    |::|` ⌒´ ||/
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


558 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:13:49 ID:YaO4E4x20



            ,、 , ィ
              _> Y <_
            /\     /\
            >┴ `⌒´ ┴<
        //        \
         〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i
        /il | 寸寸T T寸寸| } li
       ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′
.          |/(ゝ   ヽ    /)'|  ……ギャル夫、「アマラ経絡」へ行ってみなさい。
            ヾi丶.,_ ―  _,ィ
               ムEニヨマ     もしかしたら、それがアナタの命を繋ぎ止める方法になるかもしれない。
             /:::::::/ヽ:::::ヽ
                  < ザッ










.            ___
         /     \
.         |   ー   .|    ま、メタトロンもお前をいきなり取って食いはしないだろうからな。
.        |)  (●)   |
          (_人__)    |    駄目元で会ってみるのも悪くないんじゃないか?
        l`⌒´    .|  __
.         ヽ   , -‐┴´/:∧
.         _「:|_| :::::::::::/:::::::::::|
.          /:::/!::::::::::::::::/::::::::::::::|
.        /:::/ ∨::::::::::::|:::::::::::::::::|
      ∨:/ : |::::::::::::::∨:::::::::::::|
.         Ⅳ l |::::::::::::::::∨:::::::::::|
                    < ザッ



.


559 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:14:11 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   姉さん、やらない夫……
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |  でもそれって、助かっても人間には戻れないって事なんスよ?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   姉さんはその……それでもいいんスか?
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \











         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/    まずはアナタの命を繋ぎ止める方が先決。
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       / Eニ::ィ -、 |      アナタが無事で居てくれるなら、悪魔であろうと天使であろうと構わない。
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     /:::/へ ヘ/::::/:::      ……どんな風になろうと、私たちが家族である事には変わりないのだから。
     /:::::\ ヾミ::::/|:::
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::



.


560 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:14:31 ID:YaO4E4x20



         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|  だから、アナタはアナタの命を優先して行動して。
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ     私は、どんな事になろうとアナタの味方だから。
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`











          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/   姉さん……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


561 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:14:52 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |   ……分かったッス、エリヤ。
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   |::| `ー´ |::| /     天界に入る云々はともかくとして、、
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     オレ「アマラ経絡」でエリヤの姉さんに会ってみるッスよ。
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )   せっかくエリヤが、死なないで済むチャンスをくれようとしてくれてるんスから。
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´









            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  ありがとうございます、ギャル夫。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/      それでは、早速参りましょうか。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


562 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:15:14 ID:YaO4E4x20



            ..::´/⌒::、ミー、
        ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
         /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
        /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
        7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
        {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
      ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
        |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    チョイ待ち。
         ノ个             }::}ノ
          乂ハ     `     /|:/      心配だからアタシも行くわ。
           从ヽ     -    /从
            ≧ト . _ . イ´         エリヤを信用しない訳じゃないけど、何が起こるか分からないしね。
            _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
        ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
        /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
       ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
  __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、   
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  ピクシーならギャル夫の仲間という事で問題無いでしょう。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     ただ、できない子は「創世」を目指していますので、
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      我らの陣地に案内する訳には……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


563 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:15:32 ID:YaO4E4x20



       、 
   ≦`ヾY´-===- .
 < ヾ〃,          \
  _> ソィ'  ! 、 ,    ,!  、ヽ   連れて行けとは言わないから安心して。
 <戈Y   |  ,寸寸T ハT7 } , !
  ノヾ!   ヽ! ゝ( ●) (●)|ハ|   ……私が一緒に行っても、メタトロンの心証を悪くするだけだろうから、
 ´⌒八ソ  (lv!     ^   |     私はここに残ってティターニアと「マガタマ」対策を練る。
    |::ヽ. シ゛     ̄  ,
    |::::|!ヾx  、     イ
    |::::|!::| `/⌒ヽ_〔 










            ___
.         /     \
        |ー   ー   |     じゃあ、オレも居残り組だな。
        |●) (●)  |
        |(__人__)   |      ……ルシファー派に雇われてるオレが天使の陣営になんて近づこうものなら
       _| `⌒´   |、- 、__ 八つ裂きじゃ済まんだろうからな。
.     r..´:ヽ      /:|:::::::/ヽ
.      | ::::::::|\  ./:::::/:::::/ ::::::|
.     !、 :::::l/|二|ヽ、/:::::/::::::::::|
       |::∨ ::::|  ∨::::::::/ :::::::::/
       ∨∨゙::|   .∨:::::|::::::::::/
.         | ::∨:|    | :::::|::::::::::|



.


564 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:15:52 ID:YaO4E4x20



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i     では、準備が出来次第、衛生病院の「ターミナル」へ向かいましょう。
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |         そこから我々の陣地に案内します。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ    どれ、それじゃ行こっか。
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ    ー   /从     女王さま、留守番ヨロシクね。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


565 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:16:11 ID:YaO4E4x20



          、_  _
       z-‐` Y<__
      _≦  /´    `zー - .
      <戈/      /       \
      > /      /          、
       从 {     i! ルi!  | ;  | i!
       } ト 、   .ヘハ!  ヽ、.,Tト、ハ! !
     八!ヽミ   !r),リ    ( ●,/ ノ
        |::ヽ. シ゛`       {´    ……ピクシー、ちょっと待って。
        |:::::|!:!`ゝ\___   ` ノ
       /:::/://::::::::ミゞ` ̄
       ` ̄ /::::::::::/´ |:、










                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /      うん?……どうしたの?
       〈_  ´i:.ノ// /         /
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.


566 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:16:30 ID:YaO4E4x20



         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   その……病院ではアナタを疑ってごめんなさい。
   |ハ |(三) (三) / / ,/レ′
     `|   ヽ   u 「)'/|/      話は弟から全部聞いた……私は……
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                    7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`  はい、ストップ。
                     ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/     ……まぁ、色々あったけどさ、
                     从\   ⊂ニ⊃ /从      アナタの立場ならアタシを疑っても無理ないわよ。
          .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´
            ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __      ということで、アタシは別に気にしてないから
           (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,    できない子もそんなに気にしないでちょうだい。
            ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


567 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:16:50 ID:YaO4E4x20



                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ:::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
             {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    それに、アタシの方こそ迷惑かけちゃったし。
              ノ个              }::}ノ
               乂ハ     `     /|:/      ……そういえば、アナタにはまだお礼言ってなかったわね。
               从ヽ   ` ´   /从
                 ≧ト . _ . イ´         できない子、助けに来てくれてありがとう。
                 _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__










         、_  _
       ィ-‐ ` Y <___
    _≦'´ - ―― - z<
  <戈/            `フ
   > {,    /          ヽ
   | {   l, 、 ,  ,l_   、  !
.    V'、   l`寸寸T ハT7 },. l
      !ヽ (l|  ( ●) (●):イ ソ
      |::ヽ. シ゛    ,   ,    ピクシー……
      |:::::|!:!`ゝ.   ‐  イ



.


568 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:17:47 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |  姉さん、ピクシー、二人とも仲直りしてくれてありがとうッス。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /     ……オレ、姉さんならきっと分かってくれるって信じてたッスよ。
            /           \









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ      ギャル夫も調子いいんだから……そうだ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        (ア´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        できない子、戻ってきたらコイツの昔話でも聞かせなさいよ。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{            コイツも、姉さんの料理は料理と呼べないシロモノだったとか
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_         色々面白い話を聞かせてくれたわよ?
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


569 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:18:06 ID:YaO4E4x20



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  i| |
  レ!小§ (○)  (○)  | イ
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     わっ!ば、バカ!その話は……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |









               _   _,
            ___,> Y´'ー-、
           _>z二_ ___`ー≧__
           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
            /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         l ,ィ {7Tハ::::T寸寸 |  }ノ |
         |ハ |《;・;》::::::《;・;》 / / ,/レ′
             `|   ヽ    「)'/|/    ほほう……ピクシー、戻ってきたらその話詳しく聞かせて。
           ヽ、_  ―' _,.ィT/
             l 7Eニ::ィ1│      ……ギャル夫、全部終わったら久しぶりに手料理を食べさせてあげる。
             'イ/ヽ::::`l┘
              i´ ̄ `|::::|       手の込んだものを作ってあげるから楽しみにしてて……ふふっ……
             j|     |::::|



.


570 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:18:44 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| |||\ ヽ
          〃 ハ U ノ    ヽ_\ l  |   は、ははっ……楽しみにしてるッスよ、姉さん。
         ル从§ (⌒) (⌒)  ヾ |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    だ、だから、お手柔らかに頼むッス……ねぇ、姉さん?
            \.|::|.      |::| /
            /           \









      ,_  _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > .,,_  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y          \
  >{  ,'     /, ,.  ,.l  , ゙i
 | ヽ,{     l |i’寸寸TハT7}l
  ヽレⅣ   __ハ  ( ●)ハ|    ん……なに?ギャル夫。
    V ト' (__1      ゝ
      Vィ  丶,   ‐,.ノ
      | l /:::ニヨ'



.


571 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:19:03 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     /   \ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从    姉さんが何を目指していようとも、オレは姉さんと一緒に行くつもりッス。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/      オレ、「アマラ経絡」からもすぐ戻ってくるッスから……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     ……だから、もう一人でどっかに行っちゃ嫌ッスからね?










       、 
   ≦`ヾY´-===- .
 < ヾ〃,          \
  _> ソィ'  ! 、 ,    ,!  、ヽ
 <戈Y   |  ,寸寸T ハT7 } , !
  ノヾ!   ヽ! ゝ( ⌒) (⌒)|ハ|   ……心配しないで。私が好んでアナタを独りにする筈が無い。
 ´⌒八ソ  (lv!     ^   |
    |::ヽ. シ゛     ̄  ,      さ、大丈夫だから安心して行ってきなさい。
    |::::|!ヾx  、     イ
    |::::|!::| `/⌒ヽ_〔 



.


572 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:19:21 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |   そ、そうッスよね……ゴメン姉さん、何か不安になっちまって……
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    ……それじゃ、行ってきます。
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \




                       ●

                       ●

                       ●



.


573 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:19:44 ID:YaO4E4x20



          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リノ     \}_}ハ    ふぅ~やれやれ、やかましい連中だにょろ。
       |i | 从 ●    ● l小N
       |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ     でも、ピクシーが気に入った相手が悪い奴じゃなさそうで一安心だにょ。
       | i⌒ヽ j   (_.ノ   ノi|__/⌒)
       | ヽ  ヽx>、 __, イl |::::ヽ/.  ……顔は十人並みもいいトコだけど。
       | ∧__,ヘ}::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ
       | ヾ_:::ッリ :::∨:/ | | >'''´









        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′   私の弟だもの当然。
  '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
.      ヽ、  ー  _,.ィT/        アナタの子分も悪い妖精じゃなさそうで何より。
        r-l   l= 、i
     r‐'  `ヽ、 l つ
     'v――-、¨ r'' ヽ
    /     l l i .l
    i   /   .! l ヽ



.


574 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:20:03 ID:YaO4E4x20



             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ   ところでできない子、お前さんはこれからどうするんだい?
              .|        |
              人、       |    ギャル夫に協力して残りの二人の保護を優先するのか、
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ    それともまだ「創世」を目指すのか。
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ










         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(ー) (ー) / / ,/レ′   ……前も言ったけど、「創世」を諦める訳にはいかない。
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/       手をこまねいていれば「シジマ」の世界が実現してしまうし、
       l 7Eニ::ィ1│       もしかしたら、もっと酷い世界の「コトワリ」が啓かれるかもしれない。
       'イ/ヽ::::`l┘



.


575 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:20:24 ID:YaO4E4x20



        , -‐ '´  ̄ ̄ ` ヽ、
       /:::::/" `ヽ ヽ::::::::: \
      /:::::::::/     ヽ ヽ:::::::::: ヽ
      l:::::::{:::l ,    ー-j从:ヽ::::::::.ヽ
      | ::i::ル{レ'     ●` li!: ト、::::..',  だけどお前、自前の「コトワリ」も啓けてないのに、どうやって阻止するんだにょろ?
      │ :::::i"●    ⊂⊃: |ノ::::. l
      ソルλ⊂⊃  ,_    l|:: |:::::::::.l  ……それに、あの天使の話もどこまで上手くいくか分からんし、
       ス、,ゝ、_ `´   ィ<|:: |_:::::::.l  ギャル夫の体の方もあんまり長くは持たんにょろよ?
          |l:::: i "Tーイ'^ァレ'l_::::::.l
         ,,t|l:::: l'ヾ::|三/:://l/ ヽ、'i
       |::|l:::: l ヾ∨:::/ ヒ::::彡, | :ji










      ,_  _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > .,,_  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y          \
  >{  ,'     /, ,.  ,.l  , ゙i   解っている……今回の面談がおそらくどうなるかも。
 | ヽ,{     l |i’寸寸TハT7}l
  ヽレⅣ   __ハ  ( ー)ハ|    だから、私は私のやり方で、この世界と弟を救ってみせる。
    V ト' (__1      ゝ
      Vィ  丶,   ‐,.ノ     例え、この命に代えても……
      | l /:::ニヨ'



.


576 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:20:45 ID:YaO4E4x20



          、_  _
       z-‐` Y<__
      _≦  /´    `zー - .
      <戈/      /       \
      > /      /          、
       从 {     i! ルi!  | ;  | i!
       } ト 、   .ヘハ!  ヽ、.,Tト、ハ! !   ……ティターニア、不躾な願いで申し訳ないけど、
     八!ヽミ   !r),リ    ( ●,/ ノ   ギャル夫たちが戻ってきたらこの手紙を渡して。
        |::ヽ. シ゛`       {´
        |:::::|!:!`ゝ\___   ` ノ      そして、できるなら「創世」が終わるまで二人をここに匿っていてほしい。
       /:::/://::::::::ミゞ` ̄
       ` ̄ /::::::::::/´ |:、
                  < スッ









          , '´ ̄ ̄` ー-、
        /   〃" `ヽ、 \
       / /  ハ/     \ハヘ
       |i │ l |リ       }_}ハ
       |i | 从 ノ    `ヽl小N
       |i (|  | ●   ● li|ノ    ピクシーはアタシの子分だし、ギャル夫はその相棒なんだから
       | 、| ⊂⊃、_,、_, ⊂ノ i|     匿うのは別に構わんけど……お前はどうするんだにょろ?
       | ヽlヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|
       | / \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |



.


577 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:21:05 ID:YaO4E4x20



      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィT7⊥寸寸|i  | |  }ノ |
   |ハ ( ●)   / /   ,/レ′
     <      「)'   /|/    ……言ったでしょ?
     ヽ、‐   ノ ,_,.ィT/
       Eニ::ィ1リハ:ソ      私は私のやり方で世界を……弟を救ってみせると。
      ィ':::::::::::::::::`.:
      |::||::::::::::::::: ||




            ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
                 ================================
   
                        ------------



.


578 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:21:27 ID:YaO4E4x20



~衛生病院への道中~




──────────────────────────────────────────
   ,;r────ーュ  ; |l| \`l::.  |  ;γ´     'ヽ     γ´       'ヽ        :,
  ,, || ̄ ̄|| ̄ ̄||   :|l|,、 .:i |::.   | :; || ̄ ̄|| ̄ ̄||    || ̄ ̄|| ̄ ̄||     ;,.:'
,;:.: " ||;;;;;;;;/||ヘ ;;;;|| ~;:|l| \i |::.   |  ||;; ;;;;;;;||从_,_.||  ,";; ||;;;;;;;; ;||;;;;;;;;/|| ,'  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
;   .,;||==||==||  . |ヽ,//'i |::.   | ;: ||;;;;; ;; ;;;==|| .;:,   ||==||==||    /.lニニ;.,;X,lニニニl.ヘ
   ;;||;; ;;;;;;;||;;;;;;;; ;|| ;  | :_ \i |::.   | '' ||\; ;;;;;;;;;;;;;;;;||    ||;;;;;;;;; ||;;;;;;;;; ||  .;:' ,||#;  ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ;:,.
 ,  '{ニニニニニニ} ";; |´ヽ\レ::...  |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| ;.  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|   :||___||___|| ;:
    : ::::::::::::::::::::::::::::   |\,/´i:\ ::: |:   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ;:    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .:'',.; || ̄ ̄ ̄||!i!i!i!i!i!i;.||
____________________________|  | ̄| :::::\|_________________||__√||i!i!i!i!''',._||__
_,|__|__|__|____|\|_|::::::::::::|::::::::::::::   ;;, :::::::::::::::::::::::::::::;,.;,.;;.,;::'';.,;.,;.,;: : :: || ̄ ̄ ̄||i!i!i!"' ̄||::::
,__|__|__|__|___|::::::::  \ :..i>::::::::::::  ,.; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;,,;,; ::;,::: ||___||!i!___||::::
_,|__|__|__|____|::::::::::::::::::::\|_________________||_______,||::::
ニ  - ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============

              -=_ =-   -    r:"::\
二 ─   = ._r'"゙'、─二             "''''''''" ─ニ─‐  ̄   _r'" ̄'ッ'
          ̄"'     ─二         ─二  ─           ̄""
─ニ─二                   ̄   _           ;.,;.,, ,,,,
          ニ ニ ≡           ̄           ー
──────────────────────────────────────────



.


579 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:22:01 ID:YaO4E4x20



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/  U }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   それにしても、びっくらこいたわねぇ~。
            \ ||/   、___,   ノ
            ノー      \/   /     エリヤが、まさかそんな高位の天使だったなんて……
              乂`ァ      <
               /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      そんなどえらい正体隠してたなんて、人が悪いのにも程があるわよ?










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_   すみませんでした……本当に騙すつもりは無かったのですが。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      正体を言ったら、変に萎縮させてしまうかと思いまして。
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、



.


580 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:22:53 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        (ア´    でもコイツ、アナタがどれだけ高位の天使かも
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      あんまり理解できてないみたいだし、心配なかったんじゃない?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{         ……正直、アタシも驚きはしたけどピンと来てないし。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










        ト VVVVVVVVノ\
         \            \
           ヽ             \
         ⌒≧x   /^^\/ \ \
          彡  〆  _ノ   ―丶 ∨
           〃 ハ  ( ●) (●)Y:i|   そうッスよ。
           イ 从§  |::(__人__)| |从
          乂イ§   |::|` ー´ |:| |     別に偉い天使さんだからって、エリヤが変わるワケでもないッスし。
             /          /
          /      》》    《ヽ     ならオレたちだって何にも変わらんスよ。
          | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


581 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:23:13 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  ふふっ……様々な出来事を体験し見知ったでしょうに、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  アナタたちは出会った時と変わりませんね。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/      萎縮させてしまう等というのは、確かに私の杞憂であり驕りだった様です。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ










                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   ま、アタシも助けて貰っちゃったことだし、水臭いのは言いっこ無しよ。
            \ ||/   、___,   ノ
            ノー       -   /      ギャル夫じゃないけど、エリヤはエリヤなんだから。
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       それ以上でも、それ以下でもないってことかしら。



.


582 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:23:38 ID:YaO4E4x20



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|/- _ヘ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.キ==ミ` .トイ _从:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , r==メ,:.:.://
         ヘメ、ト、        イ:.:イ `
            i;ヾ!;ヽ   ー    イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     ……例え悪魔でも、アナタ方と知己になれた事は、
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     この「ボルテクス」での一番の収穫かもしれませんね。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\          二人とも、ありがとう。
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |   そんな、それこそ水臭いッスよ。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   
            \.|::|. `ー´ |::| /     ……でも、オレもエリヤと知り合えた事には、
            /           \     本当に神様に感謝してるッス。



.


583 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:23:57 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   それはそうとエリヤ。
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |    一回ちゃんと聞きたかったんスけど、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    「マガタマ」を創ったルシファーって元々は一番偉い天使だったんスよね?
            \.|::|.      |::| /
            /           \     そんな奴が、何でまた悪魔になんてなったんスか?












         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├  彼の堕天使のことですか?
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   ……ルシファーに関しては、私も姉さんも伝聞以上の話は知りません。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     何分、彼の者が堕天したのは、我らが天使に成る前の出来事ですので。
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.


584 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:24:21 ID:YaO4E4x20



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i    一般的には、その傲慢さが故に神に逆らい堕天したと云われています。
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |        土塊より創られた人間にかしずくのを嫌がったからとも
         ヽ、 ー‐ /.:..l         己が神に取って代わる為だっともと云いますが、正確なところは私にも……
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     そうなんスか……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


585 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:24:43 ID:YaO4E4x20



                      _
                         //⌒ヽ
            ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
          r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
          〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
          {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /   
           〈_  ´i:.ノ// /         /
            ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /     ギャル夫、何か気になる事でも?
            /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
         |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
          (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
            i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
           |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
          |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、
          メ、:.:.:/⌒ヾ、ヽ:.i    、,)
        ,.´   Y"    .',i:.ヘ
        /:.:.\ /ヘ、   人〉}
    /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:ヽ、/ 〈/









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   いや、この間「マガタマ」の発作を起こした時の事を思い出して。
          〃 ハ U─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   ……その時に何か変な夢を見たんスよ。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /     誰かが何かをしきりに訴えている様な……
            /           \



.


586 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:25:04 ID:YaO4E4x20



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   ー   ー │ i|    もしかして、あれって「マガタマ」の創り主……
  レ!小§ (●)  (●) | イ
   レ § |::|(__人__)|:| |ノ     つまりルシファーと何か関係有るんじゃ?と思ったんス。
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`  ルシファーとねぇ……
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/    ……その夢の中の奴、どんな感じだったの?
                       从ヽ     -    /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__



.


587 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:25:35 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨    ん~……何て言えばいいんだろ?
             イ 从§u  |:―   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ●) (●) |从   禍々しさとか、傲慢さとか、そういうんじゃなくて、
               /     |::|(__人__)/     こう必死さが伝わって来るような……何か不思議な感じだったッス。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   だから、あの夢が「マガタマ」に何か関係あるのか判断するのにも、
            乂イ§   |::(__人__)| |    何で堕天したのか知りたかったんスけど……
               /     |::|.    ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


588 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:25:59 ID:YaO4E4x20



──────────────────────────────────
.   ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     Y ヽ    ̄イ' y    < ……それは、お兄ちゃんが優し過ぎたからだよね?  |
     /  'へ  /`ヽ     ゝ_______________________,ノ
    く、    ヾ'    l
   / 、ソ     i'   }
──────────────────────────────────










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   えっ……?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


589 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:26:18 ID:YaO4E4x20



────────────────────────────────────
                   
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |  お兄ちゃん、やっと見~つけた! |
                   \                     /
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   r 、.     ,、
                   l ヽ,,, -ー -', l
                   /  @ o  @ ヽ
                  Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
                  l γト VVVVVVVVノ\
                   `ノ :ノ\            \    ∧__
                  リ::::::(( ヽ             \     ̄1i
                  ハ::::ハ ≧x   /^^\/ \ \    《
            r'⌒ヽ 彡 Y 彡  〆U |::|  ) |::| 丶 ∨   ≫
           (´    `)   / 〃 ハ   ⌒   ⌒ Y:i|ヽ  _/\/\/\/|_
           ゝ,___,ノ´    )`イ 从§ ( ○) ( ○)|从  \          /
                   |  Y乂イ§  |::(__人__)::|ノ    <  わっ!?  >
          r'⌒ヽ. 彡    .|.  V/ ⌒ヽ  ` ⌒´ /     /          \
         (´    `)      ',  `ーァ⌒}》》    《ヽ      ̄|/\/\/\/ ̄
         ゝ,___,ノ´      ゝ:. _>ー |::::::::| |:::::::| ヽ
────────────────────────────────────
                                 ,-、
                                 ノ '
                        _/_/_
                          / /   ` ,
                  _            -‐'´
                   /  `ヽ
                  \/   /\   、
                 、, ヽ、 ′ /  /
                  /\/   \/
                 /\
                       `



.


590 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:27:07 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃        うえっ!?な、なに!?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '          妖怪・子泣き爺の襲来!?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `   いえ、あれは……が、ガブリエル!
           i;ヾ!;ヽ  ,-┐   ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝニ ,.<:.:.:.i      何時の間に「ボルテクス」に!?
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.


591 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:27:28 ID:YaO4E4x20



                _
              ..::/⌒:、ミー、
          ミッ:::/:::::::/::::ヽ::::\
           /: /::::::/:::::::::::::∨::::ヽ
         7::::/::/::/`~~~气:::::::',:::
         彡::/(__)   (__) }:::::::}::::}
       ー=ニィ         ヽ::::::、::|    が、ガブリエルぅ~!?
          |:::{   |▽▽▽|   ヽ:\乂
         ノ个  !      | u リ::|ノ>    このミョウチクリンなのが、天界ナンバー2の天使ですって!!
           ハ  |     |    }|/
         .    ヽ、|     l   ,′
             >t----j‐<











   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ●) (●) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |    あの、あ、アンタ、オレを誰かと間違えてるんじゃ……
      /.    |::|` ⌒´ ||/
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


592 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:27:49 ID:YaO4E4x20



        ,、     r、
         l ヽ,,, -ー'  l
        /        ヽ
.       Y          ヽ
       l        γ::´:::ハ   う~ん、どのくらいぶりだろ?こうやってルシファーお兄ちゃんにグリグリするのは……
      |       ハ:ノ ::ノ ::)
      l、      ,'::i ー ::(   ああ、懐かしい臭いが……
.    (( /____/::ソ,,///ノ ))
        Y y:ル'`y:リ  イ     グリグリッ
       / ̄     ̄ ヽ
      /        γ !










              _∧_
         i`r'⌒ @  \
        〉@ ゚,r'^^''‐‐-、\
    ━┓ ,' ,.,r': 、, (,:. :.:.::: :ヽ l
    ┏┛(,,r':::, ´ ‐- ヽ: (:. :..ソ
     ・  (.:::.!ノ  (●)Uヽ:::::::ル   ……って、あれ?ゼロ距離で嗅いだら、何か微妙に臭いが違う?
        ):::●)    ,, リ::::::ハ
        (:入  '´  ノ Y     でも、この臭いは確かに……
     彡  ' .//i   //  \
.           / i ̄`ロ ´  ̄〈  |
   彡     〉 i_/∧\_/  イ
          / ヽ_/ ヘ_/ i  |
                   < ガバッ



.


593 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:28:10 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ U _ノ   ―\ l  |
          ル从§-=・=- -=・=-ヾ  |  えっと……ど、どうもッス……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \









       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::(u( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )     あ、あれれ?…………どちら様なのだ?
        Y ヽ   nl^l^ly
        / 'ヘ 「   ノヽ
       /、  ヾ ヽ く ヘ
        il     Y ヽ \ l
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)
        l j    i!    l



                       ●

                       ●

                       ●



.


594 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:28:29 ID:YaO4E4x20



~10分後~




       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)\
      リ::::::( ( へ) (へ:(ン  〉    なぁ~んだ、ルシファーお兄ちゃんが創った「マガタマ」を体にねぇ。
.      ハ::::ハ/// r‐ァ j) )  /
        Y ヽ    ̄イ' y/ /     それでお兄ちゃんと同じ臭いがしたのかぁ~。
         / ヽ\   ハ   _/
       |   〉 ̄ ` ロ´ ̄i 〉      アタシはてっきりお兄ちゃん本人かと……間違えてゴメンナサイなのだ。
       ト  .i_/∧\_i〈
       |   i i_/ l_,r' ゙i
                 < ポリポリ










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ   いきなりだったんで驚きはしたッスけど
          〃 ハ  ─    ─\ l  |    別に謝る事はないッスよ。
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    オレはギャル夫、こっちの妖精はピクシーっす。
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


595 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:28:50 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ   l⌒7  /从   えっと……よ、よろしくね、ガブリエル?
                        ≧ト 二 イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










              r‐- 、. ___ ハ
              l iヽ ヽ´   `ヽ!、
             /´.!       @  o)
            Y  `´    , -ー 、__ヽ
            l       /::..:::...ヘ、::ハ´
            i      /:..::::ノ   ヽ:::)
            ゝ___ノ :/:..:::( ( ⌒) l:(     二人とも自己紹介どうもなのだ。
      .      ハ::ノ::::ノ:::::ハ  ,, r‐ァl ::)
            ´  .)Y   y.´     ̄,y     ギャル夫お兄ちゃんにピクシーちゃんだね、憶えたよ!
                /⌒ トー‐i´
               ./  /`ヽ___i         アタシはガブリエル。サンちゃんと同じ天使なのだ。
              /  /    l
            ___/  /     /
           (_⊂_ノヽ__  /
                   ̄l
  【ガブリエル】(熾天使の一人・ミカエルに次ぐ高位天使)



.


596 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:29:12 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_    まったく、ガブリエルは相変わらず粗忽者ですね。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      そんな調子だと、また姉さんに嫌味の一つも言われてしまいますよ?
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









     ,、       ,、
     l ,`- ー- ,,,,r' l
    ,r' @  o @  ゙ヽ
   i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l   えへへっ、こればっかりは性分だからどうしようもないのだ。
   (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
   /):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ    サンちゃんの頭のフタが相変わらずなのと同じかな?
  ./ ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
 〈  くY''ヽ    ,ィ'ノ .:y
  ヽ / ̄'i   /'  ̄ヽ
   ヽ〉  !、 /    ヘ



.


597 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:29:32 ID:YaO4E4x20



                          ___  
                 ____      /__  `l 
     (⌒⌒⌒)     /\ ヽ\__    〉  __)__イ
       \\    ,i´__ヽ_>_)-'-‐´\  l   ) 丿
   _ __         /、___,-'-'――'--、_\`i- --i´
 /ヘ´\       /-/-‐  ̄ ̄ ̄`'ヽ、ヽ〉lゝ-'|
/.ゝ-〉  )      l ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.\.!:::::::l
ト--ヘ  lr-、    |/.;.:.i.:.:.:l.:.:.:.i.:.:.i.;.:.:l.:i.:l.:i.:.i::::::::l
\__    ヽ、)  .,r'.l.:.l、i、.:.:l.:.:/.:./ハノiノi/i/.:.r‐‐v、    そんなワケ無いでしょうが!!
   ~\'´  \ i |.:.i'、i\ヽ∨l:/  / ' /.,.:.l、_,/,}-
.      \   \!l.i.l.:i  >    <   /イ/l.:.:.:.l、ノ    そもそも、フタってゆーな!フタって!!
.        \    |.lヘl /r――‐、.\ ' //.l.:.:.:.l
          \   !!'ハ 〃|     i 〃メノl.:.:.:.l       姉さんといいアナタといい、フタなんかじゃないと何度言えば……
          \ リ`ゝ. l    ~~ | -.:Y't、.:./      
           \_,イ`ヽ____,ノ:: :: :ゝ-,'
              `ヽい/:: :: :: :: :: ::.Y´
                 /:: :: :: :: :: :: ::l
                 /-/ ̄ ̄\___l
                ◎7:: :;x:: ::◎、イ
              //ο0丶‐-‐0οへヘ










──────────────────────────────────────────────
           ト VVVVVVV_ノ\                         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
            \           \                         / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
            ハ            \                       //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \                     〃 {_{ノ 彡/ `ヽリ| l |ミ i|
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ                    lイ小l ・    ・ 从 | i/
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |                    ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>__,,...-‐'''‐-、
         ル从§ ( ・ ) ( ・ ) ヾ  |                 /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)U  j /⌒i    , -'⌒`ヾ、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ                \_\__>,、__, イァ/  /  /      ヽ
            \.|::|. `ー´ |::| /            .        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
            /           \                    `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ
──────────────────────────────────────────────
                   __,n◎    _,n_          __   
                  └┐r┘   └l n |   に二二l └┘/7   O O O 
                   <フLK゙>     U U          <ノ 



.


598 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:29:56 ID:YaO4E4x20



           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ……あっ。
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/
        ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/       え、え~っと……
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、









    r 、.     ,、
    l ヽ,,, -ー -', l
    /  @ o  @ ヽ
   Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
   l γ::..:::::..:::...ヘ、:U : ハ j
   `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
   リ::::::( ( ⌒) (⌒::(
.   ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )   ほらほら、サンちゃんがあんまりハシャグもんだから、みんな目が点になってるよ?
     Y ヽ    ̄イ' y
     /  'へ  /`ヽ     なんだかこっちまで気恥ずかしいのだ。
    く、    ヾ'    l
   / 、ソ     i'   }



.


599 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:30:16 ID:YaO4E4x20



              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
        /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l    誰のせいで恥をかいたと思ってるんです!
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、 ///     ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l U        /// /ヽヘ/l/      本当に……二人とも、醜態を見せてしまってすみませんでした。
          _  > 、  ⊿   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´   










         ト VVVVVVVVノ\
          \            \
            ヽ             \
          ⌒≧x   /^^\/ \ \
           彡  〆  |::| )  |::| ∨
            〃 ハ U   ―   ― Y:i|
            イ 从§  ( ⌒) (⌒) |从
           乂イ§   |::(__人__)| |     い、いや、何かはっちゃけたエリヤ見るの初めてだったんで……
              /     |::|` ー´ ||/
           /      》》    《ヽ      ……そういえば、前にガブリエルさんは
            | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     二人目のお姉さんの様な人って言ってたッスけど、二人とも仲イイっすね。



.


600 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:30:35 ID:YaO4E4x20



              ,、       ,、
              l ,`- ー- ,,,,r' l
             ,r' @  o @  ゙ヽ
            i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
            (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
            (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
             ):: >) (< ) )::::::リ   いや~ん!お姉さんだなんて、サンちゃんったら!
             ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
              Y'''f ^'il^''r' 'ノ .:y     アタシは永遠の妹・ポ・ジ・ショ・ン♪
              .,' l  l  { 、
         .     レ! ,ハ  '、〉       ……だから、「さん」付けなんかしないで「ガブちゃん」でいいよ?
         .     `l`" `"1
         .    ,r'´      ヽ、










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  そ、そうッスか?
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒)Uヾ  |   じゃあ、お言葉に甘えて……ガブちゃんは何でこっちに?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \



.


601 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:30:56 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、::U:ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)    ああ、それはね、サンちゃんのお姉さんのメタちんに呼ばれたからなのだ。
      リ::::::( ( ≡) (≡::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) ) =3   ……でも、メタちんは冗談が通じないから、ちょっち苦手なんだよねぇ~。
        Y ヽ    ̄イ' y
        / 'ヘ   j ̄へ      ラファっちはラファっちで、基本アホみたいな堅物のくせに、
       /、  ヾ /   ヽ\    前に面白い話を聞かせてって言ったら……
        il     Y   i , 〉
        l ヾ .._  i!  .. イn /
        l j    i!   E_,)










~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl  /)   『ふむ、ならアブラハムの「割札※」を手伝った時の話でもしようか。
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |  .「レ/
    ヘ;:::::ヽ|.  ─  ノ  .〈  )    いや、あの時のアブラハムは高齢だったから大変でな。
    .レヘ厂¨オ 下l   厂¨7
    r''"´ ̄/ト-イヽ`ヽ. 7'¨7    私がペ○スの痛みを和らげて……』
    {  } ヘ|  |/ .l .Y ./
    l  l  |  |  |'ヽ___/                      ※(ユダヤ教徒の儀式的な包茎手術)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


602 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:31:18 ID:YaO4E4x20



       r 、.       ,、
       l ヽ,,, -ー ー-', l
       /   @  o @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...、 : : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ::::::ノ  ヘ:::::::::)
      リ::::::(::ノ ノ   ヽ :::(     とか何とか、笑い所の一切不明な下ネタを真顔で話し始める始末なのだ。
.      ハ::::ハ ( ●) (●):) )
        Y ヽ __ ⌒ イ' y    だから、まずは常識人で話の通じるサンちゃんとこに来たってワケ。
          ,(  マ 〆 `)
         ./  ゝ ノゝ_ノヽ
         i   ノ Y i   )
         `ー ´  i! `ー'










               / ll\`- 、
             _//イ ||  \ \- 、
           ./=ニ=>ー<==ニニ=ヘ\
         / ===/二ヘ=====\\
        //  _ -――――- _===ヘ::::ヽ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__`jl:.|
        l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽ   l:::::|
       . `l:il.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.::.:\__|::/       もう……ラファエルのセンスはともかく、
       . |:.::ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./:/ト/l/ lヽ       姉さんがアナタに冗談を言わないのはふざけ過ぎるからですよ。
         |::::ヽ|ィr,‐、`ヽVl/ !i::;;;;i.}. | .::./ i { .l==
        イi:.:`{.l l:;;;:}    ゞ--‐' l .イ:.ヽ.{/       姉さんだって、好きで小言を落とす訳じゃないんですからね。
         |l :/i.ゞ-‐'     ⊂⊃' i /:ー'/
         !/ニ.l⊂⊃  ,-、    ,∠/i:/
          `i ゝ .__ー'_,ィi´ヘ!/ヽ' `
           ヽ'  ヽ' / `v' ゝ、_
                  ,ゝ::::i:::、八 )



.


603 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:31:40 ID:YaO4E4x20



                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
            {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
          ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂    真顔で下ネタを語る熾天使に、
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`    熾天使からお小言を貰う熾天使かぁ……
             ノ个              }::}ノ
              乂ハ     `      /|:/      な、なんか、想像するとどっちも凄い図ねぇ。
              从ヽ     , 、   /从
                ≧ト . _ . イ´
                _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     リ::::::( ( ●) (●)::(
.      ハ::::ハ    ー  ) :)    まったく、天使だってもっとエンジョイ&ホットかつポジティブでいいと思うのにねぇ。
       Y ヽ    イ' y
       / 'ヘ   j ̄ヽ     天使も悪魔も、みんなで仲良く幸せになろうよ~。
 ⊂⌒ヽ 〉    ヾ /  ´/⌒つ
   \ ヽ  /   Y     ヽ /
    \_,,ノ    i  |、_ノ



.


604 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:32:16 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― uY:i|
             イ 从§  ( ⌒) (⌒) |从   まぁ、仲良く出来るならそれに越した事はないッスもんね、
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     オレも一応悪魔ッスけど、別にアンタらと争いたいなんて思わんスし。
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   お?ギャル夫お兄ちゃん話せるねぇ~。
     リ::::::( ( ⌒) (⌒)::(
.     ハ::::ハ "  l マ i )     悪魔でも人間でも、仲良しこよしは何時でもウェルカムだよ。
       Y ヽ  ` イ' y



.


605 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:32:38 ID:YaO4E4x20



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `    しかし、これはちょうどよかったかもしれませんね。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i      ガブリエル、このギャル夫に関してアナタに話があったのです。
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ             実は……
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



                                   ●

                                   ●

                                   ●



.


606 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:32:59 ID:YaO4E4x20



~さらに10分後~




      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
     リ::::::( ( ー) (ー::(
.     ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    ……ルシファーお兄ちゃんの力を受け継いでるお兄ちゃんを助けて天界に、か。
       Y ヽ   ∩ ノ ⊃
     /     ./ _ノ     なるほどねぇ……う~ん……
     (.  \ / ./ ) │
     \  “ /___|  |
.       \/ ___ /










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ     -    /从    ……やっぱり難しいのかしら?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


607 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:33:19 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ─   ─::::::)
      リ::::::( ( ●) (●::(    ……ギャル夫お兄ちゃんはさ、
.      ハ::::ハ  ,,  _  j) )    パパさん……もとい、神様を信じてはいるのかな?
        Y ヽ   nl^l^ly
        / 'ヘ 「   ノヽ    それとも、どこかの異教徒さんだったりする?
       /、  ヾ ヽ く ヘ
        il     Y ヽ \ l
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)
        l j    i!    l









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u\ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |    オレ、神様関係は正直言ってまったく興味無かったッスから……
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ     信仰に関しては、クリスマスにケーキ食って、正月に神社に初詣に行って、
            \.|::|. `⌒´ |::| /      節分には豆蒔く典型的な日本人レベルの認識しかないッスよ?
            /           \



.


608 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:33:42 ID:YaO4E4x20



          ,、       ,、
          l ,`- ー- ,,,,r' l
         ,r' @  o @  ゙ヽ
        i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
        (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
        (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}   あちゃ~、それじゃ信者じゃないのは、メタちんやラファっちにはバレてるねぇ。
         ):: ●) (● ) )::::::リ
         ((i  r‐;   u ハ::::ハ    まぁ、パパさんのOKが出れば一発合格なんだろうけど
          Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y    パパさんはめったな事じゃ干渉してこないからなぁ……
          /´| 。レ//\.
         .| レ介、/   |     そうなると、メタちんとラファっち説得するのは難しいかもね。











            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   ガブリエル、あなたはどう思いますか?
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      このギャル夫の命を助け、将来的には天軍の一員に迎える事を。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


609 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:34:01 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(   アタシ?アタシは勿論賛成だよ。
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ    ̄イ' y.    サンちゃんの御眼鏡に適ったお兄ちゃんだもの、善良性は疑う余地無しだろうしね。
         / ヽ\   ハ\
       |   〉 ̄ ` ロ´ ̄i i   









       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ●) (●::(    それにね、ギャル夫お兄ちゃんって、
.      ハ::::ハ = ._,._ ,= )   何だか天使だった頃のルシファーお兄ちゃんによく似てるのだ。
        Y ヽ     イ' y
       {⌒{⌒)-、 ,.-(⌒}⌒}
       (     { }       )
        ヽ .__,ノrゝ    _,ノ



.


610 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:34:22 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   オレが?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     ……そんなに似てるんスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










      ,、       ,、
      l ,`- ー- ,,,,r' l
     ,r' @  o @  ゙ヽ
    i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
    (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
    (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}    うん、見た目なんかは全然似てないんだけどね。
     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ
     ((i  r‐; ''   ハ::::ハ     雰囲気っていうか、たたずまいっていうか……懐かしい感じがするんだよねぇ。
      Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y
     / ̄'i   /'  ̄ ̄ヽ



.


611 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:34:47 ID:YaO4E4x20



             r 、.     ,、
             l ヽ,,, -ー -', l
             /  @ o  @ ヽ
            Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
            l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
            `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)    もしかしたら、それも「マガタマ」のせいなのかもしれないけど、
            リ::::::( ( ⌒) (⌒)::(    ともかくアタシとしては反対する理由が無いのだ。
      .      ハ::::ハ   ,ー  ) )
              Y ヽ    イ' y      だから、アタシはサンちゃんの提案に賛成だよ。
                /}∟_,r- 、_({ ̄ ヽ
               / j  ∟__} ヽ  /









                      ..::´/⌒::、ミー、
                  ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                   /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                  /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                  7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                  {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                  |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                   ノ个             }::}ノ
                    乂ハ     `     /|:/
                    从ヽ   l⌒7  /从    それじゃあ、ガブリエルはアタシたちに協力してくれるの!?
                      ≧ト 二 イ´
                      _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                  ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                  /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                 ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
            __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


612 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:35:07 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ●) (●::(    ……ただね、サンちゃんも分かってる通り、
.      ハ::::ハ  ∩ /777) )    アタシやサンちゃんの考えは天使の中じゃ異端に近い位置でしょ?
        / (丶_//// ヽ
       /、  ヽ  /   ヘ    だから、アタシが味方しても、
        i ヽ /  /    il    あの二人とウリちゃんを説得できるかはまた別問題なのだ。
        ヽ__ノ i!  .. イl










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   確かに……我ら二人だけでは、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   「マガタマ」を制御するのは不可能でしょうしね。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/       それに熾天使であるアナタは独断では……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


613 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:35:32 ID:YaO4E4x20



     r 、.     ,、
     l ヽ,,, -ー -', l
     /  @ o  @ ヽ
    Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
    l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
    `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   そうなのだ……
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,,     j) )    アタシは立場上、自分の判断だけじゃ助けてあげられない……
      Y ヽ    ̄イ' y      だからどうなるかは、こっちでの指揮権を持ってるメタちんたち次第なのだ。
      / 'ヘ   j ̄ヽ
     /、  ヾ /    ヘ
      il     Y   il
      l ヾ .._  i!  .. イl










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´    じゃあ、もしメタトロンがギャル夫を助けるのをNOと言った場合は、
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      アナタも協力できないってこと?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


614 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:35:54 ID:YaO4E4x20



     r 、.     ,、
     l ヽ,,, -ー -', l
     /  @ o  @ ヽ
    Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
    l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
    `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   ……ゴメンなのだ。
    リ::::::( ( ●) (●)::(
.    ハ::::ハ "   。 i )     いくら不真面目なアタシでも、熾天使の一人である以上は
      Y ヽ    イ' y     勝手な行動は……まして、ルシファーお兄ちゃん絡みの話なら尚更なのだ。










                         ..::´/⌒::、ミー、
                     ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                      /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                     /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                     7:::/:/:::::/    U }::::}::::::}
                     {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                   ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                     |:::{  ━━ }  ━━ ノ::リ`
                      ノ个  ,,,,        ,,,  }::}ノ    なによそれ……ヌカ喜びじゃないの。
                       乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ  ⊂ニ⊃ /从      アナタ一人でも力を貸してくれれば、
             _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´        状況が好転するかもしれないってのに……
            ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


615 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:36:14 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  ピクシー、ガブちゃんを責めちゃ駄目ッス。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  ガブちゃんは、できるだけ協力しようとしてくれてるんスから、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ガブちゃんの立場も考えてあげないと。
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ     -    /从     ん、それはそうなんだけどさ……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__



.


616 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:36:33 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |   それに、まだエリヤの姉さんに会ってもいないんスからね。
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ    ……きっと、オレのセクシーフェロモンに免じて助けてくれるッスよ。
             \   |::| `ー´ |::| /
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     だから、そんなに焦る事ないッス。
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´









           / ll \
         _//イ || \\
        /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
       / ===/二ヘ=== \
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
  _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
   ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  ……そうですね、姉さんさえ協力してくれれば全て上手く行く筈です。
   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
      ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/     私に加えてガブリエルも推薦するのですから、
        ヽ、 >t―f=ニ //       姉さんもきっと考えてくれると思いますよ。
          fニt:::i::::t^:、
            },、 i:::::/::::/
         //ll iヽ_l:::/ヽ



.


617 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:36:58 ID:YaO4E4x20



              
               ___
            ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
             .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
         /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
         ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
         __{:://:/::/彡::/  U }:::::::}:::::}
       /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
       \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   だといいんだけど……それにしても、ギャル夫でセクシーなら、
          \ ||/    ヾ---ァ`   ノ     アタシなんて歩くフェロモンの塊になっちゃうじゃないのよ。
          ノー      \/   /
            乂`ァ      <        ……そうすると、さしずめエリヤは蜜を塗ったお鍋ってとこかしらね?
             /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ











        /=ニ=>ー<=ニ=┛┗
       / ===/二ヘ==. ┓┏ ビキビキ
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
  _ltVi.:.:.:i     ヽVl/'   ///i |_
   ̄lイヘト、l l ,==、    ,==、/∧lィ! ̄
   弋∧i t          イ/ /_/
      ヽi ⊂⊃ ー  ⊂⊃イ/    ……ピクシー、蜜はともかく「お鍋」の心は?
        ヽ、 >t―f=ニ //
          fニt:::i::::t^:、



.


618 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:37:19 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:           ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       (ア´
- ...,,__              ∨:::ト∧|      , '    ああ、それは勿論、その頭のフタと胸を見立てて。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /::::::::ヽ_ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{       鍋の底の真っ平感とフタが……
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ











───────────────────────────────────────
       _/\/\/\/|_
       \          /
       < きゃああ!? >
       /          \    ☆           \_人_人∧从_∧_人_∧_人_从_//
        ̄|/\/\/\/ ̄     |     ☆     )                     >
                    (⌒ ⌒ヽ   /      < だからフタってゆーなっ!!  >
              \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /  <                     >
                ('⌒ ; ⌒   ::⌒  )     < ピクシー!そこにお直りなさい!>
               (´     )     ::: ) /   <                    (
            ☆─ (´⌒;:    ::⌒`) :;  )     /^Y ̄∨ ̄∨ ̄^Y^⌒Y^YY^^Y^
               (⌒::   ::     ::⌒ )
              / (    ゝ  ヾ 丶  ソ ─
      ヽ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
───────────────────────────────────────



.


619 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:37:41 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ U _ノ   ―\ l  |  あ~あ、ピクシーの奴、他人の地雷を簡単に踏み抜くんだから……
          ル从§-=・=- -=・=-ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   オレはし~らねっと。
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \









        r 、.      r、
       / ヽ - ー - '  ヽ
       /  @ o  @   ヘ
      Y ,ィ^ ⌒ ^^ ⌒ ^ヽ ヘ
      .l.γ::..:::::..:::..ヘ、: : : : ハ.j   ふふっ、賑やかだねぇ~……ありがと、ギャル夫お兄ちゃん。
      `ノ:.:..:ノ _ノ  ヽ、::::::):ハ
      (:ハ: ( ⌒) (⌒ ))::):)   そういう気遣い、やっぱりルシファーお兄ちゃんに似てるよ。
.       Y.ノゝ ,, .r‐ュ ,, ノ 、Y
       /、   ヾ /    ヘ 



.


620 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:38:01 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ U   _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ⌒) (⌒) |从   ガブちゃん、オレおだてたって何にも出ないッスよ。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     ……でもルシファーって、そんな優しかったんスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










        r‐- 、. ___ ハ
        l iヽ ヽ´   `ヽ!、
       /´.!       @  o)
      Y  `´    , -ー 、__ヽ
      l       /::..:::...ヘ、::ハ´
      i      /:..::::ノ   ヽ:::)
      ゝ___ノ :/:..:::( ( ー) l:(    うん……とっても優しい天使だったのだ。
.      ハ::ノ::::ノ:::::ハ  ,, r‐ァl ::)
      ´  .)Y   y.´     ̄,y     パパさんが人間を創って「彼らを愛せ」って言った後、
          /⌒ トー‐i´       一番人間を愛して気に掛けてたのもルシファーお兄ちゃんだったしね。
         ./  /`ヽ___i
        /  /    l
      ___/  /     /
     (_⊂_ノヽ__  /
             ̄l



.


621 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:38:21 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \     ルシファーが人間を?
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |    ……あれ?でも、さっきエリヤがチョロっと話してくれた説だと
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   人間にかしずくのを嫌がって叛いたなんて云われてるみたいッスけど……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /     
            /           \










         r 、.      r、
        / ヽ - ー - '  ヽ
        /  @ o  @   ヘ
       Y ,ィ^ ⌒ ^^ ⌒ ^ヽ ヘ
       .l.γ::..:::::..:::..ヘ、: : : : ハ.j
       `ノ:....:ノ ー  ー::::::):ハ   ゴメンだけど、アタシからこれ以上は話せないのだ。
        リ::::((ー) (ー)::(::(
 .      (:ハ:ハ ,, _ ,, i)::):)    ……でも、ルシファーお兄ちゃんと浅からぬ縁がある
        ` Yゝ、.    ノ Y'     お兄ちゃんだからチョットだけ教えたんだよ?
         /  ヘ   /  \
        /、   ヾ /    ヘ    ということで、今言った事も他の人には内緒だからね。
         il     .Y    il



.


622 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:38:43 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }::::}::::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{  ━━ }  ━━  ノ::リ`    いやぁ~、酷い目に会ったわ。
                     ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/     まさかエリヤがあんなに凶暴化するなんてねぇ。
                      从ヽ  ⊂ニ⊃ /从
                        ≧ト . _ . イ´         天使は見かけに寄らないかしら。
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-  < パタパタッ










              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
        /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ〈
       ∧ / : )└: /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :⌒/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii    ピクシーが「フタ」だなんて言うからですよ!
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、   次言ったら、泣くまで無慈悲にこしょばりますからね!
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/
          _  > 、  ⊿   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´
                   < ザッ



.


623 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:39:04 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ U _ノ   ―\ l  |
          ル从§-=・=- -=・=-ヾ  |  二人とも、仲が良いのはいいッスけど、怪我だけしないでくれッスよ?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /    んじゃらば、そろそろ行くッスか。
            /           \










      ,、       ,、
      l ,`- ー- ,,,,r' l
     ,r' @  o @  ゙ヽ
    i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
    (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l   そうだね、メタちんも首長くして待ってるだろうし。
    (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ    じゃ、「アマラ経絡」へレッツらゴー!
     ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
      Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y
     / ̄'i   /'  ̄ ̄ヽ




            ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
                 ================================
   
                        ------------



.


624 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:39:23 ID:YaO4E4x20



~アマラ経絡~




────────────────────────────────────────
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|                          |ミ|
              |ミ|            |p|q|            |ミ|
              |ミ|         _lニニニニl._          |ミ|
              |ミ|        _lニニニニニニニl_        |ミ|
              |ミ|      _」二二二二二二L_     |ミ|
              |ミ|    _」二二二二二二二二L    |ミ|
              |ミ|  ┌┴─────‐───┴┐  |ミ|
              |ミ[__l ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄L]ミ|
          __| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L_
         / ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
_,,. ‐ ''' "~´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : :"'''' ―- ,,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : ::. : : : : : : : :: ''‐- ,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : : : : : : : : : : : :- ,..
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ''-
────────────────────────────────────────



.


625 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:39:40 ID:YaO4E4x20



──────────────────────────────────────────────────
            ゞ     ゛     |                      ゞ     ゛     |
                '゙  ,'    |                          '゙  ,'    |
          \                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ト VVVVVVVVノ\ ! .   |    はうあっ!!    .|      ',   , !   |   !
 '       ,      \\            \  ´ \             /  ,'⌒>', ィ‐-γヽ,_、 , _ ´    /
            ,    \ヽ             \     ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄\| ̄   \/ /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
               ⌒≧x   /^^\/ \ \/    ´             //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ /    ´
                 彡  〆 U|::| )  |::| ∨         ..       〃 {{`ヽ彡/  `ノ リ| l |ミi|
                 〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|        ....        lイ小l×    × 从 | i/
        ‐  ─ ───イ 从§  ( ×) (×) |从── ── ‐  ─ ───ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>__,,...-‐'''‐-、─
                ´ 乂イ§   |::(__人__)| |       .        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)U  j /⌒i    , -'⌒`ヾ、
                  /     |::|` ー´ ||/                \_\__>,、__, イァ/  /  /      ヽ
                 /      》》    《ヽ  \         .  .     \:::/ /::::::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         .  ,   / | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ                 / `ヽ< ::::::::::::::::::ヾ   /    / ⌒ `ヽ 
──────────────────────────────────────────────────
                                 /^l  r i /ニヽ
                                  / /   ! i | |.| |
                                / /   | .| | U |
                               / ./   | .| `ー'
                                / /    .| |
                             //       J
                              "



.


626 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:40:00 ID:YaO4E4x20



       , -==ニ☆二ニニニ二=-☆、
       `=☆ー-- =☆== - ==ニ-‐´
           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (>) (○)Uヾ  |   いやはや……も、もう、ここまでくると様式美ッスかね……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \
                       < クラクラッ










        _, -‐‐☆二二─‐-☆ 、
      r'´.=二 ̄     ̄ ̄ '' 二丶、
       ` ☆ー‐ニニニニニ☆=‐'"´´
         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/ U`ヽリ| l |ミ i|
         lイ小l○    ○ 从 | i/      何でエリヤたちは平気なのよ……
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>
      .      | ヘ       j /        おえ……きぼぢわる……
           /⌒l,,、__, イァ|/
.    .       /  /:::::::::::::::`ヽ ゝ=='―=ー、
        .  |  l::::::::::::::::::::::|_|   / ⌒ `ヽ < フラフラッ



.


627 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:40:24 ID:YaO4E4x20



      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   移動中は景色がぐんにゃりして面白いのだ。
     リ::::::( ( ⌒) (⌒)::(
.     ハ::::ハ "  l マ i )     あれが楽しめないなんて、お兄ちゃんたち損してるよ?
       Y ヽ  ` イ' y










           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
    _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   普通はそんなに酔わないんですけど……
     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
     弋∧i t ヾー'    ゞ‐'イ/ /_/      こういうのも慣れとか体質なんですかね?
        ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、



.


628 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:40:45 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ   やっぱそうなんスかねぇ……
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   と、そんな事はさておいて、それじゃ陣地まで案内して貰えるッスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \








         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ー  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ      ギャル夫、案内も何も、もう見えていますよ。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.


629 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:41:05 ID:YaO4E4x20



────────────────────────────────────────────
                                         l
                                       l l
                                      ,、-‐'゙"ー-、                / ̄ ̄ ̄ ̄\
                                  ,r'::. . . . . .:ヽ              |   !?   >
                                 .,i'::. . .    . . .::i、              \____/
                                l_,,,,,,,,..........,,,,,,,_l
                                   ゙‐l_  _  _  _ .l‐'
-'''"i!"'''‐-、                     ____l」_l_l_l_l_l_l_l_____
 . i! .  . "'''‐-、,           ,,,、、-'' i!::.l.ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!l! ''-、、_,,、 -‐'''! ̄ ̄ ̄
: . :i!  ::  .    l     _,,,、、-‐'''"゙ ,,,、、-'' i!ー!  .!.r ‐、  .r ‐、  r ‐、  .r ‐、l  l:l! ''-、、!   . .: :|
  .i! :  l''-ュ . . .l     l_,,,、、-‐'''"゙ィュ::::::「li!:::lニニ'i'::::.rlニi'、::::ィlニi':: ::ィlニi'::::::::l'ニニl:l!::「i:::ィ|  . : ::l    ,,、 -i――
 . i! : :: l'''‐l . l     lュ::::::「l::::::::::l l:::::::l.li!:::l   l:::::::l;;l l;;;l::::l_l l_l:::::l_l l_l::::::::l   l:l!::kl:::l.|  . .:. ::'-‐''". . .:::|
:: . i! : :: └-.!  . l ._,   l,l:::::::l l::::::::::゙:;',,、-‐i!ー!.  l'―l;;;l l;;;lーーl l――l l――l   l:l!ェ、-'''         .. .: ::|
_,,、‐'''"i!"'''‐-、,,_  l l_l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!-ュ,l.  l;;;l l;;;l . l l   l l   l  i''"           . . .:: :|
  . .  i! : :. .   .゙/ /:: :.:: :.: .. ..  .   ,,、-''゙__i┘三三三三三三三三三三三└i_、       .  . .. .:: |
:.     i! .   // /:::. ... : :: .   ,,、-'' __i┘.三三三三三三三三三三三三三.└i_、     .   .  .. . : ::|
  . .  i!: : /;;;;| ̄|:::. . . . :  .. ,,、-''  __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三└i_、      . ... :::|
.. ..: ::i!. .i';;;;;;|  |::.: . . . ,,、-''   __i┘.三三三三三三三三三三三三三三三三三三 └i_、i'''"    .. .:: :::|
. .  : : i!. i';;;;;;;|  |:: : :. ,,、‐''  __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |     . . ..:: ::|
.. :   : i!. .i';;;;;;;;|  |―''". . __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|     .. : : |
  :  : i! .i';;;;;;;;;|  |:  . __i┘三三三三三三三三三三三三三三三三γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
:  ..  ̄ ̄ ̄ ̄i! | i┘三三三三三三三三三三三三三三三三三  | 目の前の建物が我らの陣地です。  >
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゝ________________,ノ
────────────────────────────────────────────



.


630 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:41:44 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃     陣地って……普通に宮殿じゃないの!
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        あたしゃ、テントとかそんなんが
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          ズラッと並んでるんだとばっかり思ってたわよ。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/









       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   ピクシーちゃん、質素なのもいいけど、生活環境はやっぱり大事にしないと。
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    こういう長丁場になりそうな時なんかは、ストレスの溜まらない快適さが一番なのだ。
        Y ヽ   ∩ ノ ⊃
      /、  'ヘ/ _ノ     ストレスフリー♪ストレスフリー♪



.


631 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:42:05 ID:YaO4E4x20



                      ..::´/⌒::、ミー、
                  ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                   /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                  /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                  7:::/:/:::::/   u   }::::}::::::}
                  {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                  |:::{  ━━ }  ━━ ノ::リ`    ……なんかさ、こう、なんで天使も悪魔も、
                   ノ个  ,,,,        ,,,  }::}ノ    凄い高位になるとマトモなのが一人も居ないのかしら?
                    乂ハ     `     /|:/
                    从ヽ  ⊂ニ⊃ /从     いい加減、一人ぐらい常識人に会いたいもんだわ。
        .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´
          ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
         (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
          ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
            __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-









       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)\
      リ::::::( ( へ) (へ:( ン 〉   えへへ、そんなに褒められると照れちゃうのだ。
.      ハ::::ハ/// r‐ァ j) )  /
        Y ヽ    ̄イ' y/ /
        / 'ヘ   j ̄ヽ 、/
       /、  ヾ /   〈/
        il     Y   i



.


632 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:42:25 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:U:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ガブリエル、全然褒められてませんってば。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/       まったくもう……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´   ですがピクシー、次に会う熾天使……姉のメタトロンは、
    ゝノ `丶、   、    イ, |       おそらくアナタ方が思い描く厳格な天使そのものです。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l        ですから、うかつな事を口走らないようには注意してくださいね。
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.



.


633 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:42:48 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/    もしかして、メタトロンさんって怖い人なんスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|      
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、     ……姉さんは天界の書記を務めるほど、神に信頼された天使です。
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_    また、その剣は異教徒や咎人の魂をも焼き尽くします。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ですから、ギャル夫が洗礼を受けた信者ではない以上、
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/       今からの面談もけっして和やかなものにはならないでしょう。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、



.


634 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:43:09 ID:YaO4E4x20



               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
           7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
           {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
         ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
           |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
            ノ个             }::}ノ   ちょっ、大丈夫なのそれ!?
             乂ハ     `     /|:/
              从ヽ     -    /从     そんな奴が、アタシたちに協力なんてしてくれるとは思えないけど……
               ≧ト . _ . イ´
               _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ─   ─::::::)
     リ::::::( ( ●) (●::(    でも、だからこそメタちんの善悪に対してのジャッジは明快なのだ。
  .   ハ::::ハ  ,,  _  j) )
       Y ヽ   nl^l^ly     だから、お兄ちゃんの今までの行い次第では、
       / 'ヘ 「   ノヽ    メタちんが認めてくれる可能性もゼロではないと思うよ。
      /、  ヾ ヽ く ヘ
       il     Y ヽ \ l
       l ヾ .._  i!  ヽ、_)
       l j    i!    l



.


635 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:43:34 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|
            乂イ§ U ( ●) (●) |从  今までの行い次第、ッスか……
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ     とりあえず、「マガタマ」をどうにかして貰えなくても、
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ    敵対関係にならない様、怒らせないようにだけはしないといけないッスね。










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  大丈夫ですよ、ギャル夫。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     確かに姉さんは異教徒には厳しい人ではありますが、
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/      同時に、献身を尊び慈悲を知る者には優しい人でもあります。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、          ですから、きっとアナタの話に耳を傾けてくれますよ。
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


636 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 21:43:45 ID:VPNICSmM0

これ認められなかったらどうなるんだ?


637 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:43:56 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ _  _ ::::::)
      リ::::::(  (ー) (ー)::(
.      ハ::::ハ    ― ) )    そうだねぇ。
        Y ヽ    イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ     メタちんが、お兄ちゃんの善良性を評価してくれるといいんだけど……
       /、  ヾ /    ヘ
        il     Y   il
        l ヾ .._  i!  .. イl









                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
       〈_  ´i:.ノ// /         /      ……何にしても、こんなトコで立ち話してても始まらないわ。
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、     中に入って、エリヤの姉さんのご尊顔を拝みに行きましょうか。
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \




            ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
                 ================================
   
                        ------------



.


638 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:44:24 ID:YaO4E4x20



~アマラ経絡・天使の本営内~




─────────────────────────────────────────────
_____________________________________________
:::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::|二二|l:::::::::::::::::::: ┌ ────────‐ ┐::::::::::::::::::::l:|二二|::::::::::::::::::::::::::::::::l:|二二|:::::
:::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ :::::::::::::::::: |l l l l l l l l l l l l l l l l l l l | :::::::::::::::::::: Τ ::Τ:::::::::::::::::::::::::::::::: Τ ::Τ::::
┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─┤ミ..|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|..ミ├┬─┬─::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::|┬
┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴┬┴┬::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::|┴
┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┬┴┬┴::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::|┬
┴.;| .:::l_ :┴─┴─┴─;;| .:::|_┴─┴─┤ミ|. . .:::::::::::::::::::::::::::|ミ├┴─┴─;;| .:::|::::┴─┴─┴─;;| .:::|┴
 ̄l二二リ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::|二二リ.: ̄ ̄ ̄ └・┘. . .:::::::::::::::::::::::::::└・┘  ̄ ̄ ̄ l:|二二l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l:|二二l ̄
ニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニl!               llニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニ
─────────────────────────────────────────────



.


640 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:44:41 ID:YaO4E4x20



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /::::::::::u:::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::fノナ弋:::/弋l::l:::::ハl   教えてくれ、メタトロン……アタシは何故弱い?
    ../::::::::::::|::|( ー) (ー|::|ル゙
    人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|     まず家族の仇を討ちたいこの想い……これが間違っているのか?
      .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|
     、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|     この私怨を捨てなければ、アタシはダディには勝てないんだろうか?
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ










                   . -‐…  …‐-ミ
                         `
             /  , ≪二》《二≫  .   ヽ
                / ≫-―…―-≪ ≫   ゚。
          ′ /}/           \ 《\  \
          /   {,/         |   |  \》ハ   }
.         /   /  |        | l|  }    Y^ヽ八
        /     ′l }|        }八‐ハ, |   | |ハ
.       /    l|  } 八     !|jノx≠ミxΝ }| | f了|ト ゝ  やんねえ香よ、私から言えるのはただ一つであります。
.      /⌒7   | /j厶=ミ  八〃弋(ン^} ,八八_У|
       ノイ   И《弋(,ゾヽ/       , /  |{ ,八     ……神の御意志に沿いなさい。
        |   /              ノィ{   八/
          ,  /   ヽ    、      八 イ/        己の心だけでなく、己の使命にも耳を傾けるのです。
       厶イ  ,/,ノへ、   -_一   イ/八
.        八  //            イ/}    / ー--― ァ ¬‐-ミ
            Ⅵ       T爪=彡'゚   /{{ {{/ |///|  /   ゚。
                    /ト、__}⌒ヽ  /  「o  |///|  {     ,



.


641 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:45:03 ID:YaO4E4x20



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´:::::::::::::::::::::::::::u::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ     使命?……アタシの使命……
      .|::::|::|       .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|     でも、アタシはまだ「コトワリ」すら啓けていない……
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´    そんなアタシに、本当に「創世」なんて使命を全うできるのか……?










     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ _ノ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|      ……なぁ、メタトロン。
     |::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::|
     |::::::::|:::|    ̄く |::|      そもそも、アタシが選ばれたのが神様の御眼鏡違いか勘違いなんじゃ?
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、    ラファエルも生き残った人間の中の消去法だって言ってたし……
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ



.


642 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:45:40 ID:YaO4E4x20



                 ,.- - ,._
                _,. '´     ___ `ヽ
           ._,.'´ , イ 丁\\/¨>r 、
          、_,/  /</,.  -―‐-ミ辷∧
         ン'´  イl>/           `Y!
        ≦彡 rへ,ィ´,/      ヽ   〈
       .  _,イ ,イA  》 / / /! イ ハ i ト lヽ i!
        ー彡リ[ヘ,イ∧ !イヱト !、 从斗 !リト、ゝ
         l/´∀!{  l!{ ゞソ` リVノ:tソフ}イ !    神を疑うなかれ。生き残った事、それが即ち選ばれたという事なのです。
    .          `¨リ 小、         /リ儿
              'Vノト、    __'_  イ       あなたの道は、神と共に歩む道なのであります。
               /\> 、   イ7=≦[ヽ
              ><   \__「:∧¨ヽヾヾヽ\
              ヽヾ`i 「`¨ヽ乂r<¨¨ ̄}A∨:.、










          _ ..ィ ´ ̄ ¨丶.
      ,ィ´ / .:       i \
     /  ハ  ,イ    |  }:ヽ、
      ,′  { ヽ / j    .:  トミ}》、
.     /  i  ト、 ヾ i!   レ'リ才7 ハ   ……信仰は時に迂遠に、そして無意味に思える事もあるかもしれません。
    /イ  ! .:ハ   }人i  |ニミx':/ }
   ′ハノ }/  ヽ  トハ イ::7入Y :/   ですが苦難の時にこそ、その心を試されているのであります。
    'イ ヾト、八 \{i乂; /!"〈:o:}| r'
   !、 { 〉、ハノヾ人〈/´ミx>イ/}     神は、全ての行いを御覧になっていられるのですから。
    ヾハヘ:/ヾ`: : : : :/>…彡ヘ' .′
        ′ 廴..彡 /_ :. ノ /}/
           {    { _rー'-′
        厂 ̄ ̄ ¨ミx
          /       ヾー-ミ、
.       ノ¨ニ=一 ミx Ⅵ:l:l:l:l:Y



.


643 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:46:08 ID:YaO4E4x20



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /::::::::::::::::::::::::::u:::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|     アタシの信仰が試されてる、か……
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     失礼します、姉さん……っと、やんねえ香?
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ      アナタも来ていたのですか。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\           そういえば、落ち着いて顔を会わせるのは初めてですね。
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i
                       < ザッ



.


644 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:46:30 ID:YaO4E4x20



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::fノナ弋:::/弋l::l:::::ハl
    ../::::::::::::|::|( ●) (●|::|ル゙
    人λ::::(|::| ,,  r‐ァ  .,|::|      姉さん?メタトロンの妹っていうと……あんたはサンダルフォンだったのか。
      .|:::::::|::|、   ̄ ノ::|::|
     、ノ::::::::|::| ヘ___Y゙:::::|::|      確かあんた、「ニヒロ」でギャル夫と一緒に居たよな?
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  ええ、私は今回「創世」には関わらぬと決めていますが、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  故あってアナタの友人と行動を共にさせてもらっています。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/      あの者を正しく導くのが、今回の私の使命と思っておりますので。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


645 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:46:54 ID:YaO4E4x20



       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    ../:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`|::|:::::::::::l
    人λ::::(|::|ノナ弋:::/弋:|::|::::::ハ|
.      |:::::::|::|( ●) (●|::|ル゙    そっか……アンタの様な天使が一緒なら、
      .|:::::::|::|、,, r‐ァ ノ:|::|      とりあえずギャル夫は大丈夫みたいだな。
     、ノ::::::::|::| ヘ__.二_{:::::|::|
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、    アイツ、元気にしてるのかい?
     /:| .y / | ヽヽヽヽ `ヽヽ










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  まだ今のところは。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      ですが、それも何時まで保つかは……
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


646 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:47:16 ID:YaO4E4x20



              ,  -――ュ-
          , < >―、―- 、、   > 、
        /,  'ーァ‐'''"` 、==、、   \
         //    '      \、;;;;|ト、    ヽ
     ,  ン             \ ||ヾ 、   ∧
   ―ブ"/               ヽl、;;;ヾ,   ∧
    /ィ .i./   イ/      ノ      ヽトミ、|     |
 -' " ./ レi ,ナメ|.   ,イ / |       || ,イ|   i |
 .   i  ' | ヌtュヽ| ///_  ', i      |レ/ ||  ||
    j イ レ人てi `i" /  ̄_ ̄`ヾ、     |ム」|i   ト,.i
   //| .トi  `    ャェュ、  |     斗'''コ   | i.|
   ム' |   |  ノ      弋ンゞ. i /   ,ヘヾ"|.|  { リ
     |  ,  ヽ ,        //   / イヾrソ| /| '
       |.ト,∧ 、_       /' |  /i i-‐ァ/ | { |    それで、どうしたのでありますか?サンダルフォン。
      ソ ∨ト ` =-      ,イ|ヘ トー"/ /ヽi`、
        ソ∧` ´   _  '彡iヘ |、|ヘ / | {       今回、アナタからこちらに足を向けるなんて珍しい。
          `ー―┬''  = |_,,レ|` '" レ,i
        ___ _,,/rL -‐'''"  i、
      / /// /,イヘ     /、
      /  ///ム-く:.:.:.:`ヘ   / _ヽ、\
  _   i  i |/,ヘノ:.:.:〉、|ヽ`.i/ ̄ ̄`ヾrヘ ヽ









.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i    それなんですが……姉さん、ギャル夫と一度会って頂けませんか?
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |        そして、もし適うなら、あの者の助命に力を貸して欲しいのです。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l         今、部屋の外まで連れてきているのですが……
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



.


647 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:47:37 ID:YaO4E4x20



                   __ --z__
                    ,. <  ̄ ̄ `` 、〕iト ,
               /,i{ \  〕iト .    ∨ ≧=-z
             / 〃 \ ` ー- _\   Vミ   ̄ フ
             ,' i从  ヽ、トミ=-__    }゚, !ヽ  ト _   「人修羅」もここに?……いいでしょう。
              | .! 、` り〃 んУ:!    {ノ,r、 〉  弋
.              {/八 、仆ー   ゞ´ j  .从 レイ  i⌒ヾ、  私も、一度は会っておきたいと思っていたところです。
              V   ミ 沁,   ー=彡  ト、〃{ 八  廴_,
             \{ ト、-'’ヽ   ハ / /:::::| ト=- '´     それでは、「人修羅」を通しなさい。
                ヾV゚:,   ‘’  }/./:::: ∨=、   ___
                 } iト  ___/.イ:::::::: / / ̄xく/    ヽ
                   リV弋   ``⌒ヾ::::「  / /:.:{/   ,.x< ∧
                      ヾ       / レ.| /o!  ! /ヽ , '==ミ  , `- ミ









            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   ありがとうございます、姉さん。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ああ、それとガブリエルも用が有るとかで来ていますよ。
       ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //         「ボルテクス」で合流したので、一緒に来たのですが……
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


648 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:47:55 ID:YaO4E4x20



    , -─… '"´_¨ニ‐-.._
  /    ,.イ孑7/::ヽ\:::::`>:._
., '    /<:::://:::;ィニ=-─…斗:..、
′   /〈::::7 / ̄´       `ヾム
    ./∧∨´    ハ       ヽ ヘ.
./   i/:::::j′ / , ' ∨ ∧    i  ゙:、
′/⌒V  厶イ    ̄`゙:、  ,ハ   ,ハ
../l`ヽ  i ,.イ   ,.ィ''7モメ、 ハ /'⌒!   |
.i::l l:::Ⅵ/ i   ヽ {じ′   i/ r:ォ |l   リ
{ニ´ ):::i | 人     `    .:.、i;ソ リ ,ハ
入ヽ ∨ }  トヽ        ::/   厶イ i .ヽ
  `¨´.ノ| │        ___    /  |    ガブリエルも居るのですか?
/i ハ.∧ !       ´ー′ ,.イ i  リ
  レ′ i i'个:..._        /!ハイ /      では、一緒に通してください。
     .| }    >: . .   /  リ i /
     「 ̄`¨ニ=ー-: .,_/_¨´       '′     それとすみませんが、ガブリエルが居るならラファエルも呼んできてください。
     |        ハ }
     |         _/:ャイ‐r::.、
    ,.L.._      /:::::::i::::::}::::::ヽ



                                 ●

                                 ●

                                 ●



.


649 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:48:15 ID:YaO4E4x20



~5分後~




                   . -‐…  …‐-ミ
                         `
             /  , ≪二》《二≫  .   ヽ
                / ≫-―…―-≪ ≫   ゚。
          ′ /}/           \ 《\  \
          /   {,/         |   |  \》ハ   }
.         /   /  |        | l|  }    Y^ヽ八
        /     ′l }|        }八‐ハ, |   | |ハ
.       /    l|  } 八     !|jノx≠ミxΝ }| | f了|ト ゝ
.      /⌒7   | /j厶=ミ  八〃弋(ン^} ,八八_У|
       ノイ   И《弋(,ゾヽ/       , /  |{ ,八
        |   /              ノィ{   八/     ……
          ,  /   ヽ    、      八 イ/
       厶イ  ,/,ノへ、   -_一   イ/八
.        八  //            イ/}    / ー--― ァ ¬‐-ミ
            Ⅵ       T爪=彡'゚   /{{ {{/ |///|  /   ゚。
                    /ト、__}⌒ヽ  /  「o  |///|  {     ,









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \    えっと……は、初めまして。
            彡  〆 |::|   |::| u\ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |   オレはギャル夫、悪魔たちからは「人修羅」って呼ばれてるッス。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    何か色んな成り行きで悪魔になっちまったッスけど、
            \.|::|. `ー´ |::| /      元は人間で、今ははぐれた友達を探してるッス。
            /           \



.


650 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:48:36 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ     あっと……あ、アタシは妖精族のピクシー。
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        コイツの相棒よ。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










                 __ --z__
                  ,. <  ̄ ̄ `` 、〕iト ,
             /,i{ \  〕iト .    ∨ ≧=-z
           / 〃 \ ` ー- _\   Vミ   ̄ フ
           ,' i从  ヽ、トミ=-__    }゚, !ヽ  ト_     ……名乗りは承りました。
            | .! 、` り〃 んУ:!    {ノ,r、 〉  弋
.            {/八 、仆ー   ゞ´ j  .从 レイ  i⌒ヾ、   私は今回の「ボルテクス」遠征軍の司令官メタトロンです。
            V   ミ 沁,   ー=彡  ト、〃{ 八  廴_,
           \{ ト、-'’ヽ   ハ / /:::::| ト=- '´      して、悪魔であるアナタ方が私に用とは?
              ヾV゚:,   ‘’  }/./:::: ∨=、   ____
               } iト  ___/.イ:::::::: / / ̄xく/    ヽ
                 リV弋   ``⌒ヾ::::「  / /:.:{/   ,.x< ∧
                    ヾ       / レ.| /o!  ! /ヽ , '==ミ  , `- ミ
                     _{Y::::::|./  !  {{、 ノ: : : : : }/    }
                   , -=≦:| |=ニj  ∧ ヾ   ̄ ̄ノ./  _ - ヘ、



.


651 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:48:57 ID:YaO4E4x20



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   姉さん、それは私からお話いたします。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     実は、姉さんとラファエルに折り入って相談があるのですが……
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i










     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |
    ヘ;:::::ヽ|.  ─  ノ     「人修羅」を連れてきたという事は……「マガタマ」絡みか。
    .レヘ厂¨∩ ノ ⊃
     / ̄Z.ヽ__ノヽ      サンダルフォン、我らに何をせさたい?
    (  ∨ `ゝ|/.l.}
     \  ,イ | |.|



.


652 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:49:21 ID:YaO4E4x20



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i  この者の命を救うため、二人には「マガタマ」の制御の手伝いを。
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |       このままでは、ギャル夫はおそらく次の発作で命を落としてしまいます……
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l       ですから、それを二人の助力を受けて阻止したいのです。
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i









     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::u:::::::::::::::`ヽ
  ∠:::::::::::::::f::f::::::::::::::::`l::l::::::::丶
    /::::::::::::::|:::|ノ ⌒ ヘノ|:|:::ルリノ
   人λ::::::(|:::| ( ●) (::|
     |::::::::|:::| ,,  r‐ァリ|::|     ギャル夫、お前の体そんなに切羽詰って!?
     |::::::::|:::|    ̄く |::|
   .、ノ::::::::|:::|___い  |::|      ……なのに、まだできない夫を探してるのか?
    ヽ:::, ─|:/|ハ::ハヾ-.リ─、
     /:i .y / | .ヘヘ Yヘ `ヽヽ   アイツはイケブクロに居たんだろ?



.


653 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:49:44 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   それができない夫の奴、行方知れずになっちまってるんスよ。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /     変な悪魔に捕まったら何されるか分かったもんじゃないッスし、
            /           \       早く探してやらんと……










      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /::::::::::::::::::::::::::::::U::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノ\.ヘ::/メ|::|:::::ハl  て言ったってお前、自分だって命の危険が迫ってるんだろうが!
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|     生粋の博愛主義者でもあるまいに、
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|     どうしてそこまで無茶すんのかアタシには理解できねぇよ……
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|



.


654 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:50:04 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  やんねえ香、話はまだ続きがあります。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     もし、ギャル夫が首尾よく一命を取り留める事が出来たなら……
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //       私とガブリエルは、この事態が収束した後に
           fニt:::i::::t^:、          この者を天界へ受け入れる事を提案したいとも思っています。
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ










      >-´ ̄` ‐-、
     /        `Y
    /:::::::::::::/{:::::∧:::::::::::ヽ:.
.   l::::::::::::ノ寸::ノナ弋:::::::::::|
    |:li::::ヽ●>  <●フi:::::::ノ
    .リヽ::::|   、    .|)::/   なるほど、この者の「力」は元を質せばルシファーの力。
      ヽト、_ ‐‐ _,.ィ':/
       リ:lハi .lハl:リ     以前言っていたとおり、それを天界へ戻すワケか。
       'イ.<ト-イ> オ
        i. |  | .| |      ……ガブリエル、キミは賛成なのか?
       j|. |二| .| |
       j|. | | .| |二|



.


655 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:50:26 ID:YaO4E4x20



     r 、.     ,、
     l ヽ,,, -ー -', l
     /  @ o  @ ヽ
    Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
    l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
    `ノ :ノ...:ノ ー  - ::::::)
    リ::::::( ( ●) (●::(
.    ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    うん、勿論賛成なのだ。
      Y ヽ    ̄イ' y
      / 'ヘ   j ̄ヽ     アタシはサンちゃんの判断を信じてるし、
     /、  ヾ /    ヘ    第一、ルシファーお兄ちゃんの「力」は放っておける様な代物じゃないよ。
      il     Y   il
      l ヾ .._  i!  .. イl     それならば、アタシたちの側に置いておくのが一番だと思うのだ。










     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl
   .ヘ:::レヘ::::/  '/,〉 |
    ヘ;:::::ヽ|. /´ /ノ    ふむ……メタトロン、キミはどう思う?
    .レヘ厂/,二ニソ
     /"./  ,-― 、}
     / ィ   ノーヘJ
    .'./.l  _,イ |ヽ
    ./    .i  .| \



.


656 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:50:49 ID:YaO4E4x20



                      , < ̄`\ー-、
                 / , -ァャΣミ>、 \
                / ム>フ´  ``<へ \
              /  /"          ヾヘ .∧
              / //            ヾi ∧
            /イ i   / 入   //|人   ∨. ヾ、
          一'"/  ,ノイ  ナ/‐ヘ //.ナニメ  i ,ヘ  |` 、
              / /' i l、 |<てハヾソ イfフ>i  ,イ|ヾ、|
            // i 片}ヽ',           ム'イ j フ /i    ……「人修羅」よ、アナタに問います。
              {//ソリLj,イ ,イ`    、,   ' ソァ ム'. ,イ/
              i/     ンイラiヽ   -=-  ノr{ム/ /ソ     我らに助力を乞う事、それがどういう意味を持つか
           ヽ   ' "  イノ>, `´ イ `"i'//       アナタはちゃんと理解しているのですか?
                       i入,、, -ヌi  /'
                    ___ム-t ̄ト、 ヽ、
             , <>、 _く.:.:./'/厂i`,.:.`く 、_    _











          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   それは……理解してるつもりッス。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/     つまり、アンタたちの陣営に組する事になるんスよね?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     でもオレ、元々アンタたちとは敵対するつもりなんて無いッスよ。



.


657 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:51:11 ID:YaO4E4x20



          _,ィ≦二 ̄_ ̄   、
        ∠ =-┴ -ミ::| |:ミ:. 、   \
      .イ7´       `ヽ 二._\. ヾ\
.      / /    /      ' .ヾ/ハヽ. ヘトゝ      そうでしょうね……アナタから敵意や悪意は感じられない。
    /  {    |/`ヽ ト、i /  ヽ二._ ',   ヽ
    /   !、    レ'´_ V    |t‐t、ヽ    \     ……ですが、それだけです。
   ′,イ Lム  「 ,イr':.「》′  }/:r_ヽ:l !.    \
   !/ |∧ィfrト,ヽ  ゞ' ´|    /、/::::> /  「 ̄¨´    アナタからは、信念も信仰も感じられません。
       l∧ゞく     レ'| /ゝ. _ イ、ト、 }       アナタからは、何も感じられないのです。
       |/∧       /!./ }/  V///V´ヽ!
       ' l/込  ー‐  /. |'ィハ. _ゞ∠_ . -‐=ニ ̄ ̄`ヽ‐-、
         !//´ >、‐<ィミ/>'´    /             _>' へ
         |/    `´ rく      __/____..>''´-ァ ,へ\`ト










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  えっ?何も感じないって……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /    そ、そりゃ、確かに神様とかはあんまり信じて無かったッスけど……
            /           \



.


658 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:51:50 ID:YaO4E4x20



     /     -‐  / /:::ヽ 7ヽ _
    /    /   ./ ニニニ´ / `:.、
  , '    〃     /∧ |:::://    ヽ
 .厶       , -‐'‐ ヽ:、/  ,ハハ  ハ
 ;′     /,、-‐r::.、`'く.   / =ミ:、   i|
 i /    ' /::::〉 l::::ハ  i レ′__、 !  .リ
 レ′  /:.:l iー'' __`廴i .i l '´i:リ´ { i′
  i /  ./:.:.:;ゝ ヽ./::::::ヽノ 丿iリ  `  .Ⅵ
  |  //〈  ` `二´ .イ  |        〉
  ゙i /   ',  / i   Ⅳ リ    ___ , ′  サンダルフォン、私はアナタに言いましたね?
  l/      }イ   ′ 八.`′  ゙ー/
       r'‐- く _ /   >: . ._ /     「眼に映るものばかりでなく、あの者の本質を見誤らぬように」、と。
       |    `: .、_./     ´
       |      ハ::7          ……アナタは、近くに在って何を見ていたのですか?
       /\     /:::i::}-、











.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´   姉さん、お言葉ですが、私は見誤ってるつもりはありません。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l        ……確かに、この者の心にはまだ信仰の芽生えは見られません。
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_      ですが、この者の友を想い、家族を想い、自己犠牲を厭わぬ行為は
           _/::  __    `‐-、_   我らが導くに十分値すると私は思っています。
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i



.


659 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:52:09 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ、::_,,._,ィ i、:.:.:./.,、.__::::/.:./ト、     また、ガブリエルの言う通り「マガタマ」を放っておく事はできません。
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   それに何より、この者がこのまま「マガタマ」に飲まれて死ぬのを
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      黙って見ている事が神の御意志に沿うのでしょうか?
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ












              ,. -‐…━ …‐- .,
            __/         x -―― 、
           ⌒ア        /≪⌒|l__\____、
           '′       ∧ ̄//       \
           /       __,/L〕V/    ;     \
       /       /-- ミヽ/    /八 、    、
        ´       //_7 /⌒V ,   /}ノ ‐-}  '  ; `
     ;/ ⌒7    {{ア' {  'イ乢  { ≫恣ァ ;  /  八;
           ィ    く^\__ノ ;i|   |丶 Vソ j/}  |  }
        j/ |     ;\ー__彡イil| N       厶' }|
         |  , /^V7´ [_ 八V |      _ V; }    サンダルフォン、あなたと私は元は人間です。
          ; /)'   {{  [_ \]|!     __ 爪{
         {      7、 [_  ※!      .イ | `      神への信仰を守るため、時には辛い判断に悩み
               /   ̄ ̄∧ァ\,__ / |リ       それでも異教徒や悪魔たちと相対してきました。
                 〈    /「::}‐く⌒¨    ′
          ___/ノ\_/::::::广い:::\            ……それをこの者に重ねてしまっているのでは?



.


660 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:52:35 ID:YaO4E4x20



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |      ……姉さん、それはどういう意味です?
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l       私が私情を挿み、冷静に判断できていないと?
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、









                 . -‐…  …‐-ミ
                       `
           /  , ≪二》《二≫  .   ヽ
              / ≫-―…―-≪ ≫   ゚。
        ′ /}/           \ 《\  \
        /   {,/         |   |  \》ハ   }
  .     /   /  |        | l|  }    Y^ヽ八
      /     ′l }|        }八‐ハ, |   | |ハ     私にはそう思えます。
 .    /    l|  } 八     !|jノx≠ミxΝ }| | f了|ト ゝ
 .  /⌒7   | /j厶=ミ  八〃弋(ン^} ,八八_У|    あなたは人から人ならざるものに変化してしまったこの者に、
     ノイ   И《弋(,ゾヽ/       , /  |{ ,八     かつての自分を見、同情しているだけなのではないのですか?
      |   /              ノィ{   八/
        ,  /   ヽ    、      八 イ/        ……この者の本質を、もう一度よく見てみなさい。
     厶イ  ,/,ノへ、   -_一   イ/八
   .   八  //            イ/}    / ー--― ァ ¬‐-ミ
          Ⅵ       T爪=彡'゚   /{{ {{/ |///|  /   ゚。
                  /ト、__}⌒ヽ  /  「o  |///|  {     ,



.


661 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:52:56 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ  ……ねぇ、コイツの本質ってなんなの?
                      乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ     -    /从    もっと解るように説明してくれないかしら?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__











               、 __
            -、―`-..゙ ̄.:ゝ、
         _ , -‐ ' ., ,-=≡≡=‐卜
          ヽ_..::::У ......, :::: :'  z::::>-、
        <、..:/....:::::;:∠_^.7::::, '   ; ト.
        <_フ...,,::::;iイ=-、`/:::;,.; ..;    ト   解らないのですか?
         / ...::::クイん;.ラ./´フ :: :;i;   }
       ∠  Z {<〕l | `゙  /_,::イ: ..::;  イ   この者にとっての世界とは、極めて近視眼的なモノ。
        ' ´ / ゝソい    ̄冫/...:::::;; 丿
           ̄ヘ》ヘゝ ー 、彳∧_乂     この者の心には目指すものが何もありません。空っぽなのです。
             |.i ヾ、 ´ _ イ/
             儿卜、:ラヾ           故に、その行動の「芯」となるものが何も無い。
          _/ へ.  _仆、ノゝ‐-、
  _.,ヘ √卅|~l  ._少:::;; .个ヽ 、  勹,.,.,.



.


662 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:53:34 ID:YaO4E4x20



                 ,.- - ,._
                _,. '´     ___ `ヽ
           ._,.'´ , イ 丁\\/¨>r 、
          、_,/  /</,.  -―‐-ミ辷∧
         ン'´  イl>/           `Y!
        ≦彡 rへ,ィ´,/      ヽ   〈
       .  _,イ ,イA  》 / / /! イ ハ i ト lヽ i!
        ー彡リ[ヘ,イ∧ !イヱト !、 从斗 !リト、ゝ    「人修羅」よ、アナタはその力を悪用していない代わりに、
         l/´∀!{  l!{ ゞソ` リVノ:tソフ}イ !      正しく神や正義の為に振るおうともしていません。
    .          `¨リ 小、         /リ儿
              'Vノト、    __'_  イ         ……今のアナタはまさしく何者でもない、何者で在ろうともしない
               /\> 、   イ7=≦[ヽ      状況に流されるだけの存在です。
              ><   \__「:∧¨ヽヾヾヽ\
              ヽヾ`i 「`¨ヽ乂r<¨¨ ̄}A∨:.、  それともアナタは、その力に相応しい責を何か担っているのですか?










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ u |::|   ) |::| ∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   それは……確かに、自分の事や姉さんたちの事で頭が一杯で、
            乂イ§   ( ●) (●) |从   とても世界をどうこうなんてしようとも思わなかったッスけど……
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


663 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:53:55 ID:YaO4E4x20



              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
         /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : U: : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ    姉さん……それを求めるのは余りにも酷というものです。
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l      この者は、預言者でも救世主でもない、唯の人間だったのですよ?
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/     それが無理矢理こんな状況に放り込まれ、明日をも知れぬ命となり
          _  > 、  ー   /イ/        尚その様な振る舞いを示せというほうが……
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´










          _ ..ィ ´ ̄ ¨丶.
      ,ィ´ / .:       i \
     /  ハ  ,イ    |  }:ヽ、
      ,′  { ヽ / j    .:  トミ}》、
.     /  i  ト、 ヾ i!   レ'リ才7 ハ
    /イ  ! .:ハ   }人i  |ニミx':/ }
   ′ハノ }/  ヽ  トハ イ::7入Y :/   なれば尚更、我らが手を差し伸べる理由がありません。
    'イ ヾト、八 \{i乂; /!"〈:o:}| r'
   !、 { 〉、ハノヾ人〈/´ミx>イ/}     ……サンダルフォン、私やアナタが神のご寵愛を受けたのは
    ヾハヘ:/ヾ`: : : : :/>…彡ヘ' .′    信仰無き時代に信仰に生き、神の預言者たる責を全うしたからであります。
        ′ 廴..彡 /_ :. ノ /}/
           {    { _rー'-        ひるがえって、この者がいったい何を成したというのでありますか?
        厂 ̄ ̄ ¨ミx
          /       ヾー-ミ、
.       ノ¨ニ=一 ミx Ⅵ:l:l:l:l:Y



.


664 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:54:17 ID:YaO4E4x20



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      そんな……じゃあ、コイツにこのまま死ねっていうの?
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        アナタたちなら助けられるかもしれないのに
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          そんなのあんまりじゃないの!
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










    , -─… '"´_¨ニ‐-.._
  /    ,.イ孑7/::ヽ\:::::`>:._
., '    /<:::://:::;ィニ=-─…斗:..、
′   /〈::::7 / ̄´       `ヾム
    ./∧∨´    ハ       ヽ ヘ.
./   i/:::::j′ / , ' ∨ ∧    i  ゙:、
′/⌒V  厶イ    ̄`゙:、  ,ハ   ,ハ
../l`ヽ  i ,.イ   ,.ィ''7モメ、 ハ /'⌒!   |
.i::l l:::?/ i   ヽ {じ′   i/ r:ォ |l   リ
{ニ´ ):::i | 人     `    .:.、i;ソ リ ,ハ    勘違いしないでください、助けないとは言っていません。
入ヽ ∨ }  トヽ        ::/   厶イ i .ヽ
  `¨´.ノ| │        ___    /  |     ただし、今のままではその資格が無いと言っているのです。
/i ハ.∧ !       ´ー′ ,.イ i  リ
  レ′ i i'个:..._        /!ハイ /     ……「人修羅」よ、アナタの意志と覚悟次第では、私も助命に協力しましょう。
     .| }    >: . .   /  リ i /
     「 ̄`¨ニ=ー-: .,_/_¨´       '
     |        ハ }
     |         _/:ャイ‐r::.、
    ,.L.._      /:::::::i::::::}::::::ヽ



.


665 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:54:39 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆 |::|   |::|   、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |   えっ!?じゃ、じゃあ、何をすれば……
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
           \ |::| |r┬‐ ||:|  /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /










                   . -‐…  …‐-ミ
                         `
             /  , ≪二》《二≫  .   ヽ
                / ≫-―…―-≪ ≫   ゚。
          ′ /}/           \ 《\  \
          /   {,/         |   |  \》ハ   }
.         /   /  |        | l|  }    Y^ヽ八
        /     ′l }|        }八‐ハ, |   | |ハ
.       /    l|  } 八     !|jノx≠ミxΝ }| | f了|ト ゝ  世界を導く「救世主」の剣となり、立ち塞がる敵を倒しなさい。
.      /⌒7   | /j厶=ミ  八〃弋(ン^} ,八八_У|
       ノイ   И《弋(,ゾヽ/       , /  |{ ,八    ……それが世界を「創世」へと導くと云われる
        |   /              ノィ{   八/      「人修羅」たるアナタの責務です。
          ,  /   ヽ    、      八 イ/
       厶イ  ,/,ノへ、   -_一   イ/八
.        八  //            イ/}    / ー--― ァ ¬‐-ミ
            Ⅵ       T爪=彡'゚   /{{ {{/ |///|  /   ゚。
                    /ト、__}⌒ヽ  /  「o  |///|  {     ,
                      / x={:Y^ト.. /    ̄| :|f⌒Y 八    :}



.


666 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:55:03 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `   U /|:/   ちょ、ちょっと、それってつまり……
                      从ヽ     -   /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-









======================================
                                         、_  _
                    .    / ̄ ̄\          ィ-‐ ` Y <__
    /\___/ヽ     ..    / 「  へ \      _≦―'´__ _二z<_
   /''''''   '''''':::::::\        |  (●)(●) |     >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
.   |(●),   、(●)、.:|        |    |   |   <戈、 Y  /        \
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|           |   __´___  ノ     >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|           |   `ー'´  }      | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   \  `ニニ´  .:::::/          ヽ       }      ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、           ヽ     ノ         ヾi∨|     ,   |´
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i          /    く           ヽT、,_  ―  _ ノ
    |  \/゙(__)\,|  i |  ..      |     |            | lヽ::ニヨ7l
    >   ヽ. ハ  |   ||        |     |            └l´:::/ヽ |`
======================================

    『最悪、やんねえ香を除く、残り3人の創世者を殺して来いってこと……?』



.


667 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:55:26 ID:YaO4E4x20



     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |  
    ヘ;:::::ヽ|.  ─  ノ      驚く様な話ではないだろう。
    .レヘ厂¨オ 下l  
    r''"´ ̄/ト-イヽ`ヽ     この状況で我らに組するとは、即ちやんねえ香の「創世」を手伝うという事。
    {  } ヘ|  |/ .l l
    l  l  |  |  | |     残りの3名がどうしても「創世」を諦めぬようなら排除も致し方あるまい。









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ○) (○)Y:i|   で、でも、できない夫はオレの親友だし、
             イ 从§  |::(__人__)| |从   できない子姉さんは……オレの姉さんなんスよ!?
            乂イ§ U |::|` ー´ |:| |
               /          /     二人を排除しろだなんて出来る筈がないじゃないッスか!
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


668 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:55:50 ID:YaO4E4x20



              ,. -‐…━ …‐- .,
            __/         x -―― 、
           ⌒ア        /≪⌒|l__\____、
           '′       ∧ ̄//       \
           /       __,/L〕V/    ;     \
       /       /-- ミヽ/    /八 、    、
        ´       //_7 /⌒V ,   /}ノ ‐-}  '  ; `
     ;/ ⌒7    {{ア' {  'イ乢  { ≫恣ァ ;  /  八;
           ィ    く^\__ノ ;i|   |丶 Vソ j/}  |  }
        j/ |     ;\ー__彡イil| N       厶' }|
         |  , /^V7´ [_ 八V |      _ V; }   なればこそ、アナタの覚悟が試されるのです。
          ; /)'   {{  [_ \]|!    __ 爪{
         {      7、 [_  ※!      .イ | `     今、その身は悪魔であっても、
               /   ̄ ̄∧ァ\,__ / |リ      神にその心を捧げ、全霊を持って奉仕できるかどうかの。
                 〈    /「::}‐く⌒¨    ′
          ___/ノ\_/::::::广い:::\
       _,_,iV::::| |__   人:::::/::::}トミ:::::::〉









                 , < ̄`\ー-、
            / , -ァャΣミ>、 \
           / ム>フ´  ``<へ \
         /  /"          ヾヘ .∧
         / //            ヾi ∧
       /イ i   / 入   //|人   ∨. ヾ、
     一'"/  ,ノイ  ナ/‐ヘ //.ナニメ  i ,ヘ  |` 、
         / /' i l、 |<てハヾソ イfフ>i  ,イ|ヾ、|
       // i 片}ヽ',           ム'イ j フ /i    さて、私からは以上です。
        {//ソリLj,イ ,イ`    、,   ' ソァ ム'. ,イ/
        i/     ンイラiヽ   -=-  ノr{ム/ /ソ    「人修羅」よ、救世主の剣と成る覚悟が出来たのなら再び来なさい。
      ヽ   ' "  イノ>, `´ イ `"i'//
                  i入,、, -ヌi  /'        ですが、もしも他の創世者や悪魔どもの味方をするつもりなら、
               ___ム-t ̄ト、 ヽ、         その時は我等は敵同士……その事を忘れなきよう。
        , <>、 _く.:.:./'/厂i`,.:.`く 、_    _ 



.


669 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:56:11 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ U   _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ○) (○) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|     ||/   ……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ー  ー:::)
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ    ̄イ' y    ……メタちん、あたしの話もいいかな?
        i⌒\,ヘ_ j ̄ヽ
        l,\ 巛ー──;\
        .|: `ヽ-‐ー─く_)
        ヾ.._   i!  ..イ
         j    .i!  i



.


670 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:56:35 ID:YaO4E4x20



          _,ィ≦二 ̄_ ̄   、
        ∠ =-┴ -ミ::| |:ミ:. 、   \
      .イ7´       `ヽ 二._\. ヾ\
.      / /    /      ' .ヾ/ハヽ. ヘトゝ      ガブリエル、その呼び名はお止めなさい。
    /  {    |/`ヽ ト、i /  ヽ二._ ',   ヽ
    /   !、    レ'´_ V    |t‐t、ヽ    \     ……報告なら、ふざけないでお願いします。
   ′,イ Lム  「 ,イr':.「》′  }/:r_ヽ:l !.    \
   !/ |∧ィfrト,ヽ  ゞ' ´|    /、/::::> /  「 ̄¨´
       l∧ゞく     レ'| /ゝ. _ イ、ト、 }
       |/∧       /!./ }/  V///V´ヽ!
       ' l/込  ー‐  /. |'ィハ. _ゞ∠_ . -‐=ニ ̄ ̄`ヽ‐-、
         !//´ >、‐<ィミ/>'´    /             _>' へ
         |/    `´ rく      __/____..>''´-ァ ,へ\`ト









            r 、.      r、
           / ヽ - ー - '  ヽ
           /  @ o  @   ヘ
          Y ,ィ^ ⌒ ^^ ⌒ ^ヽ ヘ
          .l.γ::..::::..:::..ヘ、: : : : ハ.j
          `ノ:....:ノ ー  ー::::::):ハ
           リ::::((●) (●)::(::(
    .      (:ハ:ハ ,, _ ,, i)::):)   では……メタトロン、私とミカエルとウリエルの3名は、
           ` Yゝ、.    ノ Y'    各々の判断に基づき、今回の「創世」には参加しない事を決定しました。
            /  ヘ   /  \
           /、   ヾ /    ヘ    ……ただし、「守護」として召還された場合のみ
            il     .Y    il    その限りでない事を正式に伝えます。



.


671 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:56:56 ID:YaO4E4x20



     ., -=====-
   /       , ≦i>ヽ
  /       /≦=-/> ´.ヘ、. _
  フ/≧  ./ ´_ |l/ ´    ≧=-
 /〃   /.三ニ.〉´  〃 ! |l  ヾ,
 ´ /   l|./ 〉〈 // /从{ l|、| !| !ヘ
  //彡 .|l 、≧'マl.|' il| ´ _,,,.ヾi 川('
  ' フ/≧、 ー 'l| lリ  Vシ`}ノ从
      ヘ彡`.フ ´i∨|   `. 丶
       ノ>´ /ミ ヘヾ|    ._ ,'´    ……ミカエルとウリエルには、
    / 丶 , /ミ ヘ\  .ゝ'      それぞれルシファー討伐と天界の守護の専任があるので解ります。
   /、    > 、/´ ` ー '
  / / ヘ     ノ::7i:):、           ですがガブリエル、アナタが協力できないのは何故です?
.../ /  .\/::::/:|lヽ:::、
/ ̄\   (:::〃ノ|ヘ|::彡
´ ヾヘ |l  /`::´:l::|:::ヾヽ










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ー) (-)::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    ……メタちん、アタシはどうにも、
        Y ヽ    ̄イ' y    この「創世」っていうシステムが好きになれないのだ。
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ    人々の自浄努力で創られたのでなく、「創世」によって創られる「千年王国」……
        il     Y   il    果たして、それにどれだけの意味があるのかとか考えちゃうから。
        l ヾ .._  i!  .. イl
        l j    i!    l l



.


672 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:57:18 ID:YaO4E4x20



             ,、       ,、
              l ,`- ー- ,,,,r' l
 m n _∩     ,r' @  o @  ゙ヽ    ∩_ n m
⊂二⌒ __)    i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y   ( _⌒二⊃
   \ \   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l   / /    ということで、パパさんからの強制召集も掛かってないし
     \ \  (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`} ./ /     メタちんたちには悪いけど今回はパスな~のだ。
      \ \ ):: ≡) (≡ ) )::::::リ  /
        \   ((i  r‐; ''   ハ::::ハ /        そういう事だからラファっち、あたしの分まで助けてあげてね♪
         \ Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y/
           \ソ i  / ヽ /
           /  l /   /










     ,-─ ´ ̄`'ー<
   Y´         .\
   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ   承知した。
  .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl   ……なに、キミ等が協力しないだろう事は想定内だから気にする必要は無い。
   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |
    ヘ;:::::ヽ|. ─  ノ     私とメタトロンたちで何とかするさ。
    .レヘ厂¨オ 下l        _mm
    r''"´ ̄/ト-イヾ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |つノ
    {  } ヘ|  |/├--───-L_」
    l  l  |  |  |



.


673 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:57:42 ID:YaO4E4x20



              ,. -‐…━ …‐- .,
            __/         x -―― 、
           ⌒ア        /≪⌒|l__\____、
           '′       ∧ ̄//       \
           /       __,/L〕V/    ;     \
       /       /-- ミヽ/    /八 、    、
        ´       //_7 /⌒V ,   /}ノ ‐-}  '  ; `
     ;/ ⌒7    {{ア' {  'イ乢  { ≫恣ァ ;  /  八;
           ィ    く^\__ノ ;i|   |丶 Vソ j/}  |  }
        j/ |     ;\ー__彡イil| N       厶' }|
         |  , /^V7´ [_ 八V |      _ V; }   まったくアナタ方は……まぁよいでしょう。
          ; /)'   {{  [_ \]|!    __ 爪{
         {      7、 [_  ※!      .イ | `    今回の遠征軍にアナタが乗り気で無い事は解っていましたから
               /   ̄ ̄∧ァ\,__ / |リ      アナタたちの援軍は見込みが薄いと覚悟はしていました。
                 〈    /「::}‐く⌒¨    ′
          ___/ノ\_/::::::广い:::\
       _,_,iV::::| |__   人:::::/::::}トミ:::::::〉










        r‐- 、. ___ ハ
        l iヽ ヽ´   `ヽ!、
       /´.!       @  o)
      Y  `´    , -ー 、__ヽ
      l       /::..:::...ヘ、::ハ´
      i      /:..::::ノ/  ヽ:::)
      ゝ___ノ :/:..:::( ( ●) l:(    ゴメンね、メタちん……さて、それじゃお兄ちゃんたちも「ボルテクス」に戻ろうか。
.      ハ::ノ::::ノ:::::ハ  ,, r‐ァl ::)
      ´  .)Y   y.´     ̄,y    何時までもここに居ると、メタちんのお小言が落ちそうだし。
          /⌒ トー‐i´
         ./  /`ヽ___i
        /  /    l
      ___/  /     /
     (_⊂_ノヽ__  /
             ̄l



.


674 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:58:06 ID:YaO4E4x20



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::U::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|     なぁ、ギャル夫、お前これからできない夫を迎えに行くんだろ?
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ   い::::|::|     ……唐突だけど、アタシも一緒に行っていいか?










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆 U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   オレたちと?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/    いや、姉さんと喧嘩さえしないでくれるなら大歓迎ッスけど……
            /      》》    《ヽ     メタトロンさんにラファエルさん、連れてっちゃっていいんスか?
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


675 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:58:26 ID:YaO4E4x20



     /     -‐  / /:::ヽ 7ヽ _
    /    /   ./ ニニニ´ / `:.、
  , '    〃     /∧ |:::://    ヽ
 .厶       , -‐'‐ ヽ:、/  ,ハハ  ハ
 ;′     /,、-‐r::.、`'く.   / =ミ:、   i|
 i /    ' /::::〉 l::::ハ  i レ′__、 !  .リ
 レ′  /:.:l iー'' __`廴i .i l '´i:リ´ { i′
  i /  ./:.:.:;ゝ ヽ./::::::ヽノ 丿iリ  `  .Ⅵ
  |  //〈  ` `二´ .イ  |        〉
  ゙i /   ',  / i   Ⅳ リ    ___ , ′
  l/      }イ   ′ 八.`′  ゙ー/
       r'‐- く _ /   >: . ._ /      ……やんねえ香、何か思うところがあるようですね?
       |    `: .、_./     ´
       |      ハ::7
       /\     /:::i::}-、








          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\   ああ、アタシには……何かが足りない。
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ    ダディに打ち勝つにも、「コトワリ」を啓くのにも何かが足りないんだ。
      .|::::|::|       .|::|::::|
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|     その足りない何かが、ギャル夫と一緒に行けば見えそうな気がしたんだよ。
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´



.


676 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:58:49 ID:YaO4E4x20



    , -─… '"´_¨ニ‐-.._
  /    ,.イ孑7/::ヽ\:::::`>:._
., '    /<:::://:::;ィニ=-─…斗:..、
′   /〈::::7 / ̄´       `ヾム
    ./∧∨´    ハ       ヽ ヘ.
./   i/:::::j′ / , ' ∨ ∧    i  ゙:、
′/⌒V  厶イ    ̄`゙:、  ,ハ   ,ハ
../l`ヽ  i ,.イ   ,.ィ''7モメ、 ハ /'⌒!   |
.i::l l:::Ⅵ/ i   ヽ {じ′   i/ r:ォ |l   リ
{ニ´ ):::i | 人     `    .:.、i;ソ リ ,ハ
入ヽ ∨ }  トヽ        ::/   厶イ i .ヽ   やんねえ香よ、私やラファエルは、
  `¨´.ノ| │        ___    /  |     アナタの行動そのものに制約をかける気はありません。
/i ハ.∧ !       ´ー′ ,.イ i  リ
  レ′ i i'个:..._        /!ハイ /      ですので、思うままにお行きなさい。
     .| }    >: . .   /  リ i /
     「 ̄`¨ニ=ー-: .,_/_¨´       '′
     |        ハ }
     |         _/:ャイ‐r::.、










     ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  ∠::::::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
    /::::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::ルリノ
   人λ::::::(|::|( ●) (●:ル゙
     |::::::::|::| ,, r‐ァ リ::|    ありがとうメタトロン。
     |::::::::|::|    ̄.ノ<|::|
   .、ノ::::::::|::|____い:::::::|::|    ……つう事でギャル夫、悪いけど少しやっかいになるぜ。
    ヽ:::, ─|/|ハ::ハヾ--.リ、
     /:i .y / | .l::l Yヘ `ヽY   ピクシーとサンダルフォンもよろしくな。




            ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
                 ================================
   
                        ------------



.


677 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:59:08 ID:YaO4E4x20



~シンジュク・衛生病院付近~




────────────────────────────────
            ///////////////////////////////////////////
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| ╋   衛 生 病 院    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::、i,.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ヾゝ彡/ ::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ミ`;ノゝ ::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::ミミ;゙i彡´:::::::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::゙''|il|  ::::::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
────────────────────────────────



.


678 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:59:29 ID:YaO4E4x20



          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\
   ヽル:::::::|::|ナ''弋ノ¨'弋|::|:::::::ト、|  ここは、衛生病院か。
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::|       .|::|::::|     さて……お前たち、これからどうするんだ?
      .|::::|::|ゝ   ̄   ノ|::|::::|
    ヽノ::::|::|::>ァrュャ<::|::|::::し    早速できない夫を探すのか?
    .冫:::ィリ ./| {::} |ヘ .リ、:::(´









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  いや、今はアイツの居場所を探して貰ってる最中だから連絡待ちッス。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /    場所が分かり次第、急いで迎えに行くッスよ。
            /           \



.


679 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 21:59:47 ID:YaO4E4x20



         , _
      __≧::::\ ト、ト、
     ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
   ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  , ' ::::::::l::l´::::::::::::`l`l:::::::::::::::\
  ヽ,リル::|::|ヽノ、__ヽ|::|::::::::::::::ト、l
      .|::) (● )|::| )::::::::::リ
      .|( ― , ,.|::|:::::::::::|    そうか……できない夫の奴、今度は何処に行っちまったんだか。
      .|::|ゝ.   .|::|:::::::::::|
      .|::|::::り  ./|::|:::::::::::しi   前はカッとなってあんなこと言っちまったけど、アイツも無事だといいな。









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ ヽ
             〃 ハ    |::|   ) |::| ∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|    ホントに。
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/     人を食う悪魔とかもうろついてるッスし、
            /      》》    《ヽ       物騒な奴に捕まったりしてないといいんスけど。
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


680 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:00:24 ID:YaO4E4x20



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ   それにしてもエリヤの姉さん、腹立つ奴だったわね!
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ     -    /从     な~にが「何者でも在ろうとしない」よ!
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __     こっちは目の前の事だけで手一杯だっつうの!!
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、     ……簡単に説得できないとは思っていましたが、
    _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_, 、.__ ///i |_   姉があんな頑なに反対するとは想像以上でした。
     ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄
     弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/      それに、ギャル夫にできない夫とできない子を排除してこい等と……
        ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/
          ヽ、 >t―f=ニ //        私の見通しが甘かったせいです。本当に申し訳ありません。
            fニt:::i::::t^:、



.


681 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:00:44 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \    いやいや、エリヤのせいじゃないッスよ。
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |   元はといえば、信者でも無いのに都合よく助けて貰おうと思ったのが
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   虫のいい話だったんス。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /     ……もっとも、メタトロンさんの出した条件は絶対に呑めないッスけど。
            /           \










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   そうだねぇ……メタちんにしてみれば、あれが最大限の譲歩なんだろうけど……
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ∩ /777) )    お兄ちゃんからしたら、呑める条件じゃないよねぇ……
        / (丶_//// ヽ
       /、  ヽ  /   ヘ
        i ヽ /  /    il
        ヽ__ノ i!  .. イl



.


682 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:01:07 ID:YaO4E4x20



                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /    それはそうとガブリエル、あなたはどうするの?
       〈_  ´i:.ノ// /         /
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /      しばらくはこっちに居るのかしら?
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ─   ─::::::)   いや、アタシが居たんじゃ、かえって何かトラブルを招くかもしれないし、
      リ::::::( ( ●) (●::(    残念だけど天界へ帰るのだ。
.      ハ::::ハ  ,,  _  j) )
        Y ヽ   nl^l^ly     ミカちゃんに、返事をメタちんに伝えた事を報告もしなきゃならないし。
        / 'ヘ 「   ノヽ
       /、  ヾ ヽ く ヘ
        il     Y ヽ \ l



.


683 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:01:28 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::( ( ー) (-)::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )   ということで……ギャル夫お兄ちゃん、本当にゴメンね。
        Y ヽ    ̄イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ    個人的には協力してあげたかったんだけど、メタちんと喧嘩するわけにもいかないのだ。
       /、  ヾ /    ヘ
        il     Y   il   
        l ヾ .._  i!  .. イl
        l j    i!    l l










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |   しょうがねえッスよ、人にはそれぞれ立場ってもんがあるんスから。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   それは悪魔でも天使でも変わんないんだろうし。
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \     ……こっちこそ、気にかけてくれてありがとうッス。



.


684 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:01:49 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ー  ー ::::::)
      リ::::::(  (ー) (ー)::(   ……メタちんはさ、ギャル夫お兄ちゃんに「芯」が無いって言ってた。
.      ハ::::ハ    ー ) )
        Y ヽ    イ' y    でも、アタシは違うと思うな……たぶんだけど、
        / 'ヘ   j ̄ヽ    ギャル夫お兄ちゃんには、強い強い「芯」が一本通ってると思うんだ。
       /、  ヾ /    ヘ
        il     Y   il   思想や信念じゃなくて、「身近な人を助けたい」っていう優しい想いの「芯」が。










       r 、.       ,、
       l ヽ,,, -ー ー-', l
       /   @  o @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...、 : : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ::::::ノ  ヘ:::::::::)   その想いは、メタちんやパパさんの価値観とは異なるかもしれないし、
      リ::::::(::ノ \  ノ :::(   感情任せの近視眼的な行動に映るかもしれない。
.      ハ::::ハ ( ●) (●):) )
        Y ヽ __ ⌒ イ' y    ……でも、それだって立派な目的だとアタシは思うよ。
          ,(  マ 〆 `)
         ./  ゝ ノゝ_ノヽ     だから、「マガタマ」なんかに負けないで生き残ってね。
         i   ノ Y i   )
         `ー ´  i! `ー'    



.


685 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:02:09 ID:YaO4E4x20



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |   ありがとうッス、ガブちゃん。
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   |::| `ー´ |::| /     励ましてくれるガブちゃんや、心配してくれる他の皆の為にも、
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     オレ絶対に次の発作も乗り切ってみせるッスよ。
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )    ……こんなトコで、死んでなんかたまるかってんス。
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´










      r 、.     ,、
      l ヽ,,, -ー -', l
      /  @ o  @ ヽ
     Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
     l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
     `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)    うん、その意気だよ。
     リ::::::( ( ⌒) (⌒)::(
.     ハ::::ハ "  l マ i )      病は気から、強い気持ちをしっかり持つのだ。
       Y ヽ  ` イ' y



.


686 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:02:34 ID:YaO4E4x20



      ,、       ,、
      l ,`- ー- ,,,,r' l
     ,r' @  o @  ゙ヽ
    i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
    (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l    それから二人とも、サンちゃんのことお願いね。
    (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ    サンちゃん、生真面目なのにお間抜けさんなトコあるから、
     ((i  r‐; ''   ハ::::ハ     たまにオチャッピーしちゃうけど大目に見てあげて欲しいのだ。
      Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y
     / ̄'i   /'  ̄ ̄ヽ     根はとってもいい子だから。
  /、 ヽ  !、 /   〈 `ヽ









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        (ア´    ドーンと任せときなさいって。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '      天使の一人や二人、ピクシー姐さんがしっかり面倒見てあげるから、
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{        大船にのったつもりで安心なさいな。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


687 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:02:54 ID:YaO4E4x20



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_    ピクシー、お願いですから真に受けないでください。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ……だいたい、私が彼らを導く為に一緒に居るんですから、
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/       そんな風に心配していただかなくても大丈夫ですよ。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)   ふふふっ、妹を想う姉心なのだ。
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )    それじゃ、お兄ちゃんにピクシーちゃんも気をつけて。
        Y ヽ   ∩ ノ ⊃
      /、  'ヘ/ _ノ     やんねえ香ちゃんも、あんまり気負い過ぎないようにね。



.


688 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:03:19 ID:YaO4E4x20



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ●) (●)Y:i|
             イ 从§  |::(__人__)| |从   ガブちゃんも道中気をつけて。
            乂イ§   |::|` ー´ |:| |
               /          /     近いうちにまた会えるといいッスね。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ    それまで元気で。



                  ●

                  ●

                  ●



.


689 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:03:41 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)
      リ::::::(  (●) (●)::(
.      ハ::::ハ    ― ) )    行っちゃったか……ギャル夫お兄ちゃんたち、無事生き残れるといいんだけど。
        Y ヽ    イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ     こういう時は熾天使の立場が歯痒いよ、ホントに……
       /、  ヾ /    ヘ
        il     Y   il
        l ヾ .._  i!  .. イl
        l j    i!    l l










───────────────────────────────────
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ.  ⌒ . イく     ……あれが「人修羅」……
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    ヽ    確かに、昔の兄さんに少し似ているかもね。
───────────────────────────────────



.


690 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:04:11 ID:YaO4E4x20



           /ヽ_ __, ヘ
          ,'      `ヽ、
         /::..      ... )7
         i:::::...       ´_) ,
         、_::...c.._ _    ,リj<  -
         八i::::::::iル リ ノ(●)  `    おや?
          'V:トNlVル'Y rァノ
           ./::::....  ..く´        ……ミカちゃん、こっち来てたんだ。
           |::::::::::....  ヽ   











(, ̄~゛''‐- ..,_                                  '  _____
(~゛''ァ-、.,,_ `゛'''‐- ..,,__                             __lミ- '゙,r'ソ  ,\
 イ二'_‐-乙'‐-、..,_   `゛'''‐、,                      _,ミ ->冖 /     }
  \_ン‐- ン‐-ン、___'孑ィ.,_  \     ., ⌒ハ            ハ⌒ 、⌒ }  ./
    イ>-シ、,__`ィ.,__了 `\,  \    .j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i.'ソ  ! ,/
    \,_,`゛''‐-!、_`' 、づ‐-!、   ヾ  .ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i  ...} l
      !、_`゛''‐<_`' !、-`フ'‐ ,   ヽ...ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ.`  ! l
        ゛''-ン、, \`' - .,_      .Yyノ ノ :ノ...:ノ ー  - ::::::) ルリノ . ',  |
          ア \,.ギ'  `\(,(,j   \ .リ::::::( ( ●) (●::(.(^ ム !¨ ', |
           ンx,_'‐`\、‐ っ,`゛\    .ハ::::ハ  ,,     リ) )っ´ 7'   |
           !、_  ‐-  イ ( 人 ゙i     .) ) )、   - ノくハ(..'    i |
           丿`゛''' -丿 ぅ', 六_ ゔi  .(,(.( ' ヘ   い ノ:::)).:. :., '  : ./
             `゛''' ┬--   '- (,、!、, ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、     /
                >‐-ニ、゙'‐-   ''゛,´.,'   ノ    Y    Y .-ー"゙  ええ……兄さんの気配を感じたから来てみたけど
                  .     ̄ ゙''ー-、,_.l: ( ......    .....  i      どうやらあの子の魔力だったみたいね。
                                lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ
                  【ミカエル】(現天使長・ルシファーと双子の天使)



.


691 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:04:32 ID:YaO4E4x20



        r 、.      r、
       / ヽ - ー - '  ヽ
       /  @ o  @   ヘ
      Y ,ィ^ ⌒ ^^ ⌒ ^ヽ ヘ    さすが、ルシファーお兄ちゃん絡みだとフットワーク軽いねぇ。
      .l.γ::..:::::..:::..ヘ、: : : : ハ.j
      `ノ:::..:ノ _ノ  ヽ、::::::):ハ   でも、どうせこっちに来たのなら、メタちんを手伝ってあげればいいのに。
      (:ハ: ( ⌒) (⌒ ))::):)
.       Y.ノゝ ,, .r‐ュ ,, ノ 、Y    ミカちゃんは、別に「創世」が嫌いとかじゃないんでしょ?
       /、   ヾ /    ヘ










                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_    __`、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (●)  (●)i:!:〉 Yy   メタトロンたちには悪いけど、「創世」は私には関係無いわ。
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/  リ
   !   ノ ::/iゝ.  ⌒ . イく        今の私の使命は、兄さんを探し出して討つ……それだけなのだから。
  ((( (::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル )))
      )ノ.    ~V~    ヽ  < シュルシュル



.


692 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:04:54 ID:YaO4E4x20



    ,. ⌒ハ         ハ⌒ ,
   i:::::::,ヘ' ⌒ Y ⌒ ^ヽ,r':::::::::j
   i:::::::(: : . .:: ::::..::::....::::.i:::::::::::I
    I:::::(,: :: :,.ヘ...:::..:::::..::::ヾ::::::::リ
   iリル:::::::ノ  ー  ゝ,::::NY
      )::) (● )  )::::::::::リ   さて……兄さんが居ないなら、早く天界に戻りましょうか。
     ( .( ― , ,  ハ:::::::ハ
      )ハゝ.    ,.( ( (    今、向こうにはウリエルたちしか居ないし、長くは空けて置けないわ。
     ((:::( り  ∧ ' ).),)










       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ー  ー ::::::)
      リ::::::( ( ●) (●::(    そうだねぇ……
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )
        Y ヽ    ̄イ' y     じゃあ、用も済んだしサクサク戻るとしますか。
        i⌒\,ヘ_ j ̄ヽ
        l,\ 巛ー──;\
        .|: `ヽ-‐ー─く_)
        ヾ.._   i!  ..イ
         j    .i!  i



.


693 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:05:27 ID:YaO4E4x20



       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ─   ─::::::)
      リ::::::( ( ー) (ー::(
.      ハ::::ハ  ,,  _  j) )  。o(……それにしても、また会える日、か……
        Y ヽ   nl^l^ly
        / 'ヘ 「   ノヽ    その時ギャル夫お兄ちゃんが立って居るのは、アタシたちの隣なのかな?
       /、  ヾ ヽ く ヘ
        il     Y ヽ \ l    それとも……)
        l ヾ .._  i!  ヽ、_)
        l j    i!    l




            ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
                 ================================
   
                        ------------



.


694 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:05:56 ID:YaO4E4x20



~カブキ町捕虜収容所・???~



───────────────────────────────────────────
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;::;;;:::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: :::::::::: :::::::::: ::::: ::: ::: :: : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::;;;::;;::::::: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :: : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;:;;;::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::::::::: ::: ::: :: :: : : : :  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;:;; :::::::: :::::: ::::: ::::: :::: ::: :: : : :  :: :: : : : :     
;;;;;;;;;;;;::;;;;:::::::: ::: :: ::: ::: ::: :: :: :: : : : .        
;;;;;;;;;::;;;::::::: :::: ::: :: :: : ._,,_,,, -:''"|"'''ー : ,,,_     
;;;:::;;;:: :::::: ::: :: . _,, -'' | |;;:::::::::::::|   、    "'''ー:: ,,, _       _,,.. -'''|\
::::::: :::: ::....   |:::::::_ | |;;i-,::「: :|  |  「 f r    "'''ー :. ,,,_":::::::::: |  \
:           |::「::l :| |;;:::::::::::::|          _____::::::|':::'::::'::::| ' ; , \
,,,,, ,,,       |::::: :: | |;;:::::::::::::|            |_|__|::::::|;:::;:::;:::::| ; : : : : |
;;;;;;::;;; :.. .. ..... .. |::「::「:| |;;「::::「: :|:    「 「 「   ||  | || :: :::|::::::::::::::|   _, ..!........
llll iii!.:;: :: :: :: : | ::::::: | |;;:::::::::::::| | ̄!       __,, !!--'‐ '''''"" ゙""''''' ー'''"~: : :.: : ::
,,. ;:''':::::::::::.::::::::::゙::":::::‐-- ..,,,__ | |,,,..l -‐'''''"": : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : :
                  ̄    . : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : : : : .: : : :.
───────────────────────────────────────────



.


695 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:06:16 ID:YaO4E4x20



        ./ ̄ ̄\
      ./        \
      |     /||||\ |
      |   ( ○) ( ○)
      |        | |
      |   ヽ  __´___i     あれから……いったいどれだけの時間が経ったんだろう?
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ       ここは何処なんだ?……オレは……まだ、生きてるのか……?
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)









      / ̄ ̄\
    / / |||| \\
    |u (>)(<) |
    .|    |   |   あぁ……ここが何処か、今が昼か夜かも分からないのに……
     | ヽ __´___ /ノ
     |        }    なのに、これから始まる事だけは分かる……
     ヽu      }
      ヽ    uノ
      /    く
      |     |
      |     |



.


697 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:06:39 ID:YaO4E4x20



===============================================
             / ノ Y ヽ
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )   『あと何時間もしない内に、またワケの分からない世界に放り込まれて……
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |          最後にはミズチがニヤケ面で現れて、オレをまた拷問し始めるんだ……』
         |  | |  |  |
            `ー'´
===============================================










   / ̄ ̄\
 /    _ノ||||\
 |   (>) (<)
. |. u .||   | |    今日はどこをどう切り刻まれるんだ……?どんな絶望が待ってるんだ……?
  |    ノi ___´__}
.  |   し'     }    もう、耐えきれなくて、何度も何度も気が狂ったはずなのに……
.  ヽ u      }
   ヽ     ノ    それどころか、生きている筈の無い状態まで解体されてるってのに……
   /    く



.


698 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:07:07 ID:YaO4E4x20



─────────────────────────────────────────────
                  /二二Yニヽ
                 / (゜ )(゜ )ヽ
               / ::::⌒`´⌒:::: \  『……気が付けば正気に戻ってる。
               | ,-)       (-|  グチャグチャに斬られた筈の体も治って。
              ,┤i〈 、_____, 〉 /
             /  ! ヽ\+┼┼+/ /    そしてアイツはこう言うんだ……「今日もご馳走様」って』
           __/   ヽ   `ー‐‐'´ /
        , -‐''" i    \       人
     , -''~     |    \`ー----‐'´! iヽ';
─────────────────────────────────────────────










   / ̄ ̄\
 /   -‐'||||\
 | u        \
. |   ( t:ク) ( t:ク)   そうすると、いつの間にかこの暗い空間に戻って来てて……しばらくしてまた拷問される。
  |     0  |  j
.  |   ヽ ___´__ノ0    いったいオレは、こんな事を何年繰り返してるんだろう?……もう嫌だ……
.  ヽ u. ´  ノ
   >    く  0    家へ……家へ帰りたい……家へ帰りたいよ……
  /
  │       < ポロポロポロ



.


699 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:07:56 ID:YaO4E4x20



     / ̄ ̄\
    /   -‐'||||\
    |    ( @)(@)    ……誰でもいい!!誰か助けてれええぇー!!!
 .   | U     |  |
    |  U.  ____´__ノ    「創世」しろってんなら望むとおりに「創世」する!
 .   |  ヽ  |r┬-|     舐めろってんなら、ケツだろうが何だろうが喜んで舐める!
 .   ヽ    ´ ̄ ̄i
     ヽ      ノ     何でもするからお願いだ……誰か……助けてくれよ……
     /       ヽ_










───────────────────────────────────
   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::    :::::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::             :::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      :::::::: |    …………     |:::::::   :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::: \            /      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       / ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::          /       \  :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           ::|::::          |  :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::|:::         |          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::|:::          | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::: |::        }
       ::::::::::::::::::::::    ヽ       ノ     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::        ヽ    ノ           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::/      \           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::|         |::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              :::::::|  |.      | |    :::::::::::::::::
───────────────────────────────────
                _              __   
                辷l /7   に二二l   └┘/7   O O O 
                 くノ            <ノ 



.


700 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:08:14 ID:YaO4E4x20



        / ̄ ̄\
       / _ノ||||ヽ、\
        |  (○)(○) |
        |     |   u.│   ……ははっ……誰も助けてくれる筈なんてねえか……
        |   __`___  .|
        |∪ヽ |__ノ  |    トールやスサノオからしてみれば、オレなんて使い捨ての駒だったんだろうし……
       ヽ         /
          >      <
       /          `ヽ










    /  ̄ ̄\
  /      -‐'ヽ
  |::::::     ( ○)
.  |:::::::::::      |    ……ギャル夫だってそうだ。
   |::::::::::::::   __´
.   |::::::::::::: ヽ  }     今頃、オレが受け取る筈だった「力」で、地上を自由に歩いてるんだろうなぁ……
.   ヽ::::::::::::::    }      
    ヽ::::::::::  ノ      それに、アイツは先生が何よりも大事だろうから、
    /:::::::::::: く       オレの事なんてもう探してすらいないかもしれない……
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |



.


701 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:08:46 ID:YaO4E4x20



.        / ̄ ̄\
.      /      \
      |     /|||| \ |
      |   ( ○) ( ○)
      |        | |
      |   ヽ   __´___i   先生……先生かぁ……
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ
    /   \       \










=========================================
,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 ,、 , ィⅣ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                _> Y <_                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                  /\     /\                     Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                >┴ `⌒´ ┴<                      ||圭]      ||圭
    ll/                   //        \                  ||洲リ      ||洲
    lll            .    〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i                 為Ⅳ       Ⅶll
    {{                 /il | 寸寸T T寸寸| } li               '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′               /ア          ヘ
     [ft       .          |/(ゝ   ヽ    /)'|                〃
     Νk                ヾi丶.,_ ―  _,ィ               7
       !垈                   ムEニヨマ                ノ
     .為llll}               /:::::::/ヽ:::::ヽ
=========================================

      『……オレがこんな目に遭っている元凶……この世界を滅ぼした張本人……』



.


702 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:09:35 ID:YaO4E4x20



    / ̄ ̄\
   /       \
  |:::::       |
.   |:::        |    ……馬鹿だよなぁ、オレ。
   |::::         |
   .|::::       __}     あんな人に惚れて勝手にのぼせ上がって……
  /::::        \
 |:::         _)    相手にもされないどころか、こんな形で利用されて……
 |::::         i
 |::::        i  |
 |::::        |  |
 \___、_____  ノ _)










      , n / ̄ ̄\ .n
.     / / j.´_ノ||||ヽ、u'l lヽ、
    /,イ / (○)(○) .l i i i
   〈 .r {u   | .i. } }  )   ……結局、人は独りなんだ……オレは孤独なんだ……
   ', i.  ', ヽ __´___ /   /
.    i   l.      ,'  ./    それを勘違いして、何かを期待するからこんな事になっちまうんだ……
.    ヽ、_.イ、.    人 ノ
      ヽ     〈_ノ ノ     もういい……もう、孤独でも何でもいいから、オレは静かに独りで居たい……
       |     ./
        |    .   |       オレを裏切り傷つけるだけの他人なんて要らない……だから、独りで居させてくれよ……



.


703 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:10:26 ID:YaO4E4x20



─────────────────────────────────────
                        .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                      . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                    ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                 .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
               , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
         ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
        +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
       ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
        ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
           `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
              ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
                 .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
                    ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                      . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                        .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
─────────────────────────────────────
                         l ̄/
                         l /   _
                   | ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄/
                   |___     / __ __
                        / / ̄l /  l ./ l. / l  /
                       /./  //.  l/ l/ l /
                       //  //         //
                      .`´   ´       l/



.


704 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:11:10 ID:YaO4E4x20



─────────────────────────────────────
                     /\
. /                   /   \
/          U           /
             _,,,,..,,_
          ,. -''"´    `゙''-、       U
        ,."          `ヽ.  ヽ\
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ◎       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ        .i.:.:.:.:.:.:.:. . .
             `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                     ゝ.:.:.. . .   _/\/\/\/|_
.                        /              \          /
                         /,              <   !?    >
              l                /.:.:.:. .             /          \
            U               /:.:.:.. . .              ̄|/\/\/\/ ̄
                      ゝ .:
─────────────────────────────────────



.


705 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:11:40 ID:YaO4E4x20



          / ̄ ̄\
        / / |||| \\
        |u (○)(○) |
        .|    |   |
         | ヽ __´___ /ノ
         |        }    い、今の光は……「ムスビ」……?
         ヽu      }
          ヽ    uノ     「ムスビ」の「コトワリ」……だと?
          /    く
          |     |
          |     |










           __
          / 」 ヽ\
        / (○)(○)\   ……人は本質的には独りだ。
        |. u     |     |
        .|  ヽ ___´__  |   そんな人が、幸福に、誰も傷つけないで生きていくにはどうすればいいか?
         |   ´      |
       .  ヽ      ノ    ……簡単だ。最初から誰も干渉しあわないで生きれる世界が在ればいい。
          ヽ     /
          /    ヽ    それを目指すのがオレの「コトワリ」……それが「ムスビ」?
          |     |
          |     |



.


706 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:12:00 ID:YaO4E4x20



      / ̄ ̄\
     / U    \
     |    -‐'||||へ l
     |  (ー )(ー ) |
      |      |   |    くっ……くっくっくっ……
      |  ヽ __´___   }
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ










         / ̄ ̄\
         ` 、||||/  \
.        (⌒ )(⌒ )   |   はーっはっはっはっ!!
        |  |       |
.          | ___`___ /  |    こんな状態で「コトワリ」が啓けたって?コイツは傑作だ!!
.          | |i|!i|!i|!|   |
.        ヽ`⌒ ´   /     はーっはっはっはっ……
          >    <_  r 、
.   ,''''つ/)/        i ヽ ! !(,ヽ
  / ///ノ´)     / )ト .| | | | i
 〈 Y ∠//,' )    〈 〈 .| | | |/ ./



.


707 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:12:22 ID:YaO4E4x20



      / ̄ ̄\
     / U    \
     |    -‐'||||へ l
     |  (◎ )(◎ )|    ……だからどうしたってんだ!!ちくしょうめっ!!!
      |      |   |
      | ヽ  __´___   }    今更「コトワリ」なんか啓けたって何の意味が有るってんだよ!!
     ヽ  /___ヽ !
      ヽ       ノ     ふざけやがって……ちくしょう!ちくしょう!ちくしょう……
      /      く
      /        ヽ










   / ̄ ̄\
 / \ |||/ \
 | ノ((○)(○) |
. |⌒    |    |    こんちくしょう……こんな理不尽が許されてたまるか……
  | ヽ __´___  ノ
.  |         }     死ぬもんか…オレはこんな所で死ぬもんか……
.  ヽ       }
   ヽ       ノ
   /    く



.


708 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:12:48 ID:YaO4E4x20



─────────────────────────────────────────────
                                  _ ____
                                /:::::::::::::::::::::::: . ` ヽ
                           /:::::::::::::::::::::::__::::::    \
                           //ヽ:::::::::-‐'''"  `:::.      \
                        /    ヾ"    __ :::::::      \
                          /:::::::::::::::::r´:::::r ○ 》::::::         ヘ
                .         / ::::::::::::::::::::::::::. `¨ ´::::::            }
                        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::           ;
                .       / :::: {:. 、::::::::::::::::::::::::::::::::             /
                     /:::::,__ _ _::::::::::::::::::::::::::            /
─────────────────────────────────────────────
                         |\
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       |  そうだ……オレは必ず生き残ってやるんだ……そして、          |
       |  こんな風に追い込んだ奴全員にツケを払わせてやるぞ……必ず!  |
       \_____________________________/



                                                     ……to be continued



.


696 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 22:06:29 ID:G7W7GTI60

できない子役の兄さん……

いったい誰なんだ!?


709 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/03/27(木) 22:15:53 ID:YaO4E4x20

>>696
この想像もつかないであろう空前絶後の配役はご想像にお任せしますw


というところで第十二話終了になります。

今回も見ていただいた方々、ありがとうございます。

次回も来週木曜日、3日の21:00から投下したいと思いますので、
また見てやってくれれば嬉しい事この上ないです。

では、また来週~。


710 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 22:23:31 ID:sDpatJOI0

おっつー

こんだけビックネームが揃ってるのにサタンスルー
真2だと四文字直属だったっぽいから仕方ないか


711 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 23:10:16 ID:OBWUpQvA0

乙どす

やはりメタトロンは頑なだなぁ


712 :どこかの名無しさん [↓] :2014/03/27(木) 23:19:22 ID:FLjHRtGs0

乙津

.
関連記事

カテゴリ:[完結]【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… /  コメント(0トラックバック(0

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ