< 2019年11月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2020年01月 >

フリーエリア

ホーム  > [完結]【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… > 【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… 第五話

【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… 第五話

2014年02月19日

898 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 04:56:54 ID:f3gFH28A0

マタドール先生「待ってたらヘルズエンジェルの野郎が負けやがったせいで地下道すっ飛ばされたじゃねえか!!」


899 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 05:47:08 ID:VVYD0AQs0

股先生何者かにやられちゃったんだぜ・・・


900 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 19:19:04 ID:7tDK4qwk0

>>898
>>899

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ..___       /: : `7::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::..:廴彡==ミ、/: : : : ′。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、: : : : : : : ーt=ミ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::...... ..._\: : : : : /: ノ::::::::::::::::: ..::::: . ..::::::::
:::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::__∧ ´{ tゥ、 ぇ厂{  ::::。::::::::::::::::: ゜.::::::::::::
:. .:::::。:::........ . .::::/:::;==\\Y、 ^イ: : {:::::::::::::::::。::::::::::: . . . ..::::
:::: :::::::::.....:☆彡:::: |::::|:o)): : :ート ^^八`′rく⌒ーz:::::: ...:: :::::
 :::::::::::::::::: . . . ..: :丶|:r==彡: : }レ:\ー=彡(⌒´:.... .... .. .::::::::::::::
::::::...゜ . .::::::::::   :ー==ミ:.ノ「: \}>--廴 __ .::::::::::::........ ..::::
:.... .... .. ..:.:.:. :.: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:. :.:.:.:.:. :.:.:.: .:.: :.... .... .. .:.
:.... .... ..:.... .... ..... .... .. .:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
         __
:.... .... ..:.... .... ( `ヽ...:.... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........ ......
:.... . .... ...... ,-`ー 、 .... .... .. .:.... .... ..... .... .. ..... .... .. .:.... .... .....
... ..: .... .... ;z゙     ヽ  無茶しやがって…… ...... ................... .. .
....  .............リ, : : : : :.人 .. ..... ..................... ..... ................... .. . ...
..  .:. . ((∈ ::::::∋))  ... ............. ............... ............. ........... . .....
...... ..: ... .....| ::,:: /    ............ ............... ............. ............. .. ........ ...
... ..: ...... ミ し'し' ミ ... .... .. ..... .... .. ..... ............. .. . ........
     三三三三
    三三三三


901 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 19:20:20 ID:7tDK4qwk0

という事で、予定通り今夜21:00から投下したいと思います。

また、本編投下後に15レスほど埋めネタを用意しましたので、
>>980になりましたらお手数ですが次スレの方に移動お願いいたします。

今回は約240レスです。


903 : ◆P3dFUnx0fI [] :2014/02/18(火) 20:59:17 ID:7tDK4qwk0



~マントラ軍本営・中庭~




───────────────────────────────────────────
                                 /⌒ー'7
       《                        / y'⌒Y^!ニ7
≦^1     }}             __rz-、l`ー/ヽー--'z  rー'―‐へ_
   ̄`7   {{            r-' 7廴〕 }}  `ツ   .{{  〈 r'Zニ=-z廴〉
    {   }}          r勹V⌒> 〃 /   /}} _..斗==''"⌒{ {、
     Y />イ       rく{_.ス /. i{{ イ ,≧xイ、,))'"          リハ
      l/〉 '>'⌒~ ̄>、  rf_〕 >' /_} }"=-'"    `{{ \      ///A
,-、__ノ//  _/ | _ノ///\\ノ        ヾz.  `ト . _  /〉〈//
 [__〕_/" _r'´   r-r'-{_,//  イ{ \\         ゝイ_,、  `''<〈、 ,、             イ
ノ⌒´ く\    「.ノ _く.イ、  {{イ〕 \\       / Λ `ー勹トzrくハ/       _r--'⌒´
     ヽノヽ  .ノ" r' 〉'7〈 >'⌒ト--、 \\     ./ / _」_    Zハ,.」:..    r'⌒ }:.
>、    .ノLノイ   _ノY / /`T'ー、ヾ、 `ー \\ _./ /< ⌒〕ー-'⌒-'      {_ry':.:.:..
.ノス_,、r'´〉イ----rく_}ム、/  .}   ̄ヾ、ト-z勹>、.\ / /≧x`''< ̄レ1          〈  ゝ:.:.:.:.:...
ィく、. \`ク^!x==≦、   Y}_/ニ辷'ニユ ヾ、_Z_之>'1イ   r≧x`''<     r----ヘ ‘ー'7:.:.:.:.:..
ヾ. \ \_〃 LZ  廴_}   _rく勹r'^L二>..二''<_〔   Lr--≧x `''< ̄`廴r-、/〉`ー-1:.:.:.:.:.:.:...
、 Y  \lノ{{≧x>--r'7^{ ̄廴_ノ 辷'Z二>く__   __ ''ー--x''"j≧x `''<_.`''<> ., }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
,廴.Ljス二lヾ、 ヾ、,イ〕/_〕,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ̄〃 ̄二厂 ̄  __ `''<ノ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ーzrァ' ̄ ̄ Y  }}厂{_ 丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}彡´ ̄ ̄ ̄`ー<廴_]    .:\:.:.:.:r勹
              {:::::::::::::::::::ノVVⅥ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
             _廴:::::::::::/、 , /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ        :::::::::::::::
          ( ̄::::::::::::::::::::× ≦)イ§―‐- 、::::::::::::::::::::::`ー- 、     :::::::::::::::::::j
          ..`ー、::::::::::::::(人__)u§ fつ _⊃::::::::::::::::::::::::::と_       :::::::::::::::
             ゝ ::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
             {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j            ::::::::::::: `:::、
              ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄            廴::::::::::::ー''''''
───────────────────────────────────────────



.




904 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 20:59:53 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
                 l   ……神よ……お答えください……   l  :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::
                 ヽ、___  ____________ / :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
                        ∨          :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


905 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:00:11 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::  ::: 
     l   繰り返される世界の滅びと創世……これらの苦痛に何の意味が有るのですか?   l :::  ::: :
     ヽ、___  _______________________________/:::  :::  :::
            ∨      :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  ::: 
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


906 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:00:35 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::  :::  ::: 
     l  その度に人々がもがき苦しむ様を、                            l :::  :::  :::
     l  その意味を知らずに見続けることなど、もはや私には耐えられません……     l:::  :::  :::  :::
     ヽ、___  _____________________________/ :::  :::  :::  :::
            ∨                      :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


907 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:00:56 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
                 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
                 l          …………           l  :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::
                 ヽ、___  ____________ / :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
                        ∨          :::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  ::::::  :::  :::  :::  :::
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


908 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:01:18 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::  :::  :::  :::  :::
           l  ……神よ……なぜ答えては下さらぬのですか……?     l :::  :::  :::  :::  :::
           ヽ、___  ____________________ /:::  :::  :::  :::  :::
                  ∨                         :::  :::  :::  :::  :::
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


909 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:01:44 ID:7tDK4qwk0



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: \_人_人∧从_人_∧_人_从_// ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  :: )                 >::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::   ::  <    ……神よ!!     >  ::   ::   ::   ::   ::   ::
                     <                 (  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  :
 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  :::::/^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



.


910 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:02:09 ID:7tDK4qwk0



────────────────────────────────
                       `
                    `
               //        `ヽ
‐- ..         〃                 、
     ‐- ..     /                 \
           ̄/  /             \ \
         ´  /   ,__ {     }         ヽ   、
      /     ,{   }__{    }  、       ',   ` 、
.     /   y-‐''´{     !  !     !`⌒ヽ、|    ',     ヽ ))
      '   ノ   |    }  ',    ',     l     iヽ.{,     }
     {  'ヽ    ',    ',  ',    ',     {     ! ゙',    {
    ヽ   }     ,    }   ,     }    ',     |   ゝ._ノ < ピクッ
       ゝ-'     ゝ._ノ   ゝ._ノ    ゝ._.ノ
────────────────────────────────










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  i| |
  レ!小§ (/)  (\)  | イ   うっ……ううっ……
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ
彡  /⌒゜   ー‐ ┓ ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
 彡/,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |
                 < ムクッ



.


911 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:02:30 ID:7tDK4qwk0



                /レVVVVVVVV イ
               /           /
              /         ∠
             / /ヽ/^^\   x≦⌒  お、オレ……まだ……生きてる……?
           / / |::| ( |::|    〆  ミ
            | ′\   / U  ム  ヾ   それに、今の夢は……?いやに鮮明な声だったッスけど……
         从| (>) (○ )  §从 ゝ
           | |(_人_)|::|  §ル′    あてててっ……か、体がまだ痛ぇや……
              \|: `⌒ ´ ┓ /










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ   U _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (<) |从   うわっ!な、なんじゃこりゃあ!
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::| `⌒ ´||/    一面血だらけ……これ全部オレの血ッスか!?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ    眼も見えるし、体は全部再生してるみたいッスけど、なんともはや……



.


912 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:02:54 ID:7tDK4qwk0



──────────────────────────────────────
                   |       | |    |
                  |     | .|     |
                  |     | .|    |    「まったく、スプラッター映画顔負けだったですぉ。
                  | ,     .|  |    |
                  |ノ   、|  |    、|    おめぇ、あんなグチャグチャな状態からよく息を吹き返したもんですぉ」
                 ノ_____,ゝ ソ ___ゝ
               _ノ゙ ̄⌒^⌒}  .{ ⌒^⌒}
              'ニ===⊂⊃=} {=⊂⊃=} < ザッ
──────────────────────────────────────










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
     ヽ             \    l  /
   ⌒≧x   /^^\/ \ \    ′/
    彡  〆  |::|  ) |::| 丶 ∨
     〃 ハ   /   \ Y:i|
    イ 从§ ( ●) ( ●)|从
    乂イ§  |::(__人__)::|ノ    えっ?
     / ⌒ヽ ` ⌒´ /



.


913 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:03:15 ID:7tDK4qwk0



              __
          _, -' ´___\
       , '´ _,-'´, -――- ゝ、
      /  ./ /      l ト、\
      \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |  (○) / (●) .」 |
      彡彡彡    (__人__)   .ミミ    おうおう、中庭もこんなに壊してくれちまって……
        \     ` ー´   /
        /      ー-   / 、     ルシファーの奴も、はた迷惑なモンこさえてくれたもんですぉ。
          ヽ|             / /
          |           / ´
         ヽ   /  /
           `/  /ヽ
          (´_ /ヾ_)
                 










          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |      ま、それはそれとして、オメェ大丈夫ですかぉ?
  彡彡彡    (__人__)  ミミ
   /     ∩ノ ⊃  /  ∩ノ ⊃    昨日の裁判の後から丸一日、
   (  \ / _ノ    \/ _ノ    血ヘド吐きながら破裂と再生を繰り返して暴れまくってた様ですけど?
    \  “  /   \    /
     \ /      ヘ /
       \        \



.


914 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:03:32 ID:7tDK4qwk0



           /レVVVVVVVV イ
         /           /
        /         ∠
      / /ヽ/^\   x≦
       |  ー三―::::: 〆 N ヾ    いいっ!
      从(〇)三(〇 )u::§从ゝ
       i |:(_人__)|::|:u:::§ル′    オレ、あれから丸一日も発作起こしてたんスか!?
        \; }__(, |::|;;;;;、,r'
       /      , \      前は2時間ぐらい血を吐いただけだったのに……










      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / / /l 〃| トl ',/
    | /l/レ(○) /(●)-L.l !
    | l |   (__人__)   」 |    そりゃ、トールとネバーサレンダーな肉弾戦で互角に戦えるぐらいまで
 .  彡彡   `⌒´    ミミ   「侵食」を進行させたんだから当然ですぉ。
     \         /
     /            \    ……オメェ、本当によく消滅しなかったもんですぉ。



.


915 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:04:04 ID:7tDK4qwk0



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§   \   ノ  Y:i|  !!
            乂イ§ U ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/    「侵食」って……もしかして「マガタマ」の事を知ってるんスか!?
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ    アンタいったい……










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   おや?この顔を知らないのですかぉ?
   l | l |  -━-/ -━- .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ   ……お茶目でキュートな総司令ですぉ。
    \     `⌒´   /



.


916 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:04:39 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   へっ?
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \    総司令……?









         __
     _, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  .//      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    そっ、ここ「マントラ軍」で一番強くて男前なナイスガイ。
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |    そしてこの国のド偉い神様でもある、Mr・セクスィこと【スサノオ】様ですぉ。
 彡彡彡   (__人__)   ミミ
    ヽ n   `⌒´    ⌒ヽ   
     (_{ _)              \
     `.             >  }
        \          t{_/
         \          /
  【スサノオ】(根の国の主・三貴子の一人)




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


917 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:04:54 ID:7tDK4qwk0



~マントラ軍本営・スサノオの間~




────────────────────────────────────────
                 \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
                  >                 <
                  >  このおバカっ!!!! <
                  >                 <
                 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
    ;:.           .)'ゝ;                        )'ゝ;       ;:.
   ::ノソ:.       .:(  .):                       .:(  .):     ::ノソ:
  :)' て:..      riェェェiュ                       riェェェiュ    .:)' て:..
 ::(   ):      └回┘  _____________ └回┘   ::(   ):
.. [[匚囗二]]        .| |   /7\_|_.||三三三三三三||-</ニ∧  .| |    [[匚囗二]]
 └L凵」┘        | |  ./7_/-< ||;三三三三三三||_〉-<Α | |    └L凵」┘
   | |:|     __r土'ュ/7_;l_匚||;三三三三三三 ||_]_〈_r土'ュ__  | |:|
   | l:|     ∧/:::l   ..:| ......::;| |ニlニニニlニニニニニニlニ| |   :|__,/ヽ∧  | |:|
   | |:|    .∧/ ̄\;;;;;;√ ̄`7| |;;二二工二工二二工二二| |::...;/   \ヽ∧ | |:|
 ┌┴┴┐ ∧/  .::/ ....ヽ .:/ | |-┴┬┴-ー┬┴ー┬┴ー| | ̄\ ...,.,.;;;/ ̄┌┴┴┐
 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄
 ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄厂 ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.


918 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:05:23 ID:7tDK4qwk0



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    何で人の言うこと聞かないで「マガタマ」を使ったの!!
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/     アタシがどうにかするって言ったじゃないの!
                      从ヽ   マ二)  /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   そ、そんなに怒んねぇでくれッス。
            乂イ§ U ( ≡) (≡) |从
               /     |::|(__人__)/    そりゃお前の言うこと聞かなかったのは悪かったッスけど、
            /      》》    《ヽ     こうやって生きてるんだから……
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


919 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:05:51 ID:7tDK4qwk0



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′   なに言ってるの!
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′     , -.、ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        (,_∨      一日中、血飛沫をあげて体を破裂させながら苦しんで……
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '         アナタ、今回はほんっっとうに死ぬトコだったんだからね!?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{            生きてるのが奇跡みたいなもんなんだから!!
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










     ノ L   __
     _⌒, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |    そうだ!そうだ!
 彡彡彡    (__人__)   .ミミ
    |       |::::::|     |    おめぇ、こんなカワイコちゃんが叱ってくれてるのに気が入ってねぇですぉ!
    \       l;;;;;;l    /l!| !
    /     `ー'    \ |i    スサノオだったら、罵られただけで昇天ビクンビクン悔しいモード全開だっつうのに……
  /          ヽ !l ヽi
 (   丶- 、       しE |そ
  `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
             レY^V^ヽl



.


920 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:06:15 ID:7tDK4qwk0



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }::::}::::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`  ……スサノオ。
                     ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/    そんなに罵って欲しいなら、後で幾らでも罵ってあげるから、
                     从\   ⊂ニ⊃ /从     お願いだからちょっと黙っててくれる?
          .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´
            ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   ホント!?うわぁ~い!楽しみですぉ!
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |    罵られるの想像したら、ドキがムネムネしてきちゃったですぅ。
  彡(⌒) /// (__人__) ///(⌒)
.   / i\            /i ヽ



.


921 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:06:36 ID:7tDK4qwk0



                 /| \
                /ヾ、i /`ヽ
              / '==-ゞi´ / `ヽ、
              /ゝ--- ゞ=-- 、/ヘ
             l/, ィ ´;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾーヘ
              il/:.:.:./::..;.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ iゝ、
               /`|:.:.{i/|/从イ从:,:,ヘ.:.|:.:.:.:|/, ヘ     ……ピクシー、一々真面目にスサノオの相手をするのは
          --キi l:.:.イ弋ナ  弋ナ.从:.:.:.:i.|`=十ー  かなり時間の無駄ですよ?
            ゞ |:.:l,  __   リ:.:./:,イト'<´
                .i:.:ゝ └─┘U//:./       何を言っているのか理解できない単語も多々ありますし。
               ヘソ`>  ≦´イ::/i/
               jィ/;:;:;:;:;:;:;:;:;//`ヽ
               /V,';:;:;:;:;:;:;:;:;:{ |;:;:;:;:;i










          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   天使のお姉さんはド直球でキッツイのぉ。
   l | l |. ィ赱フ> i iィ赱フ> 」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ    でもM気質としては、そこに痺れるあこが……あ、やべ股間がジ~ンと来て……
    \       `⌒´  U/



.


922 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:06:52 ID:7tDK4qwk0



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}
            \ ||/    ヾ---ァ`   ノ
            ノー      \/  U/  …………
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
    | /l/|7ニイ´/〃| -L.l    ふぅ、ヤバイヤバイ。
    | l | fてハ`  ィて刀 .」 |
 .  彡彡   (__人__)  ミミ   危うく、朝っぱらから賢者モードに突入するとこでしたぉ……
     \   `⌒´ U,/
     /   ー‐    \



.


923 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:07:18 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   ……とまぁ、冗談はさておき、ピクシーちゃんの言うとおりですぉ。
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ    あんな深度で「侵食」されたら、悪魔だって十中八九消滅だっつうの。
    \     `⌒´  /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     もしかしたら、「マガタマ」にそこまで「侵食」されて生き残ったのって
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     おめぇが始めてなんじゃないですかぉ?
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `__ニニうヽ. |









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |   ……スサノオさん、オレは今どのぐらい魂を「侵食」されてるんスか?
               /     |::|    ||/
            /      》》    《ヽ    具体的に、後何回発作を起こしたら完全な悪魔に?
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


924 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:07:38 ID:7tDK4qwk0



         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  う~ん、天使のお姉さんとも話してたんですけど……
  l | l |  (○) / (●) .」 |  たぶん、あと一回でアウトですぉ。
 彡彡彡   (__人__)  ミミ
   \   (( \  / ))  /   あと一回の発作で人間失格、ウェルカム真の悪魔への道って感じ?
    (   \/ /  )
      |\ `´ /`´ / |    ……ま、生きてられればの話ですけど。
      |  `ー一'`ー一'  |











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |  いいっ!?あ、あと一回!!
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   やらない夫は、何度か猶予か残ってるような口振りだったのに!?
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


925 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:08:05 ID:7tDK4qwk0



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://  ギャル夫、アナタはよく分かっていると思いますが、
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   トールは悪魔の中でも、こと肉弾戦に限れば最上級の実力の持ち主です。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     ……その高位悪魔と並ぶために
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     どれだけの「力」を引き出さなければならなかったのか……
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ









            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   ですが、あれだけの「力」を引き出してなお、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   アナタは人としての意識を保ち命も繋ぎ止めました。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/       それ自体は素直に喜ばしい事です。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、           ……私の見込みに、間違いはなかった様ですね。
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ



.


926 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:08:24 ID:7tDK4qwk0



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ:;:、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    ちょっと、この流れで褒めてどうするのよ……
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/     こういう時は本人の為にもガツンと言っとかないと。
                       从ヽ     -    /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-











  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  i| |
  レ!小§ (/)  (\)  | イ  いや、もうマジで反省してるッスから。
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ   姉さん見つけた後で、何でも言うこと聞くから勘弁してくれッス。
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


927 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:08:46 ID:7tDK4qwk0



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ      もう……何か話の腰折られちゃったけど、いい?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '         アタシが言いたいのは、あと一回で終わりって事は、
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '         次の発作は間違いなく今回よりも規模が上ってことよ。
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_         ……その意味、ちゃんと解ってるの?
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′











        ト VVVVVVVVノ\
         \            \
           ヽ             \
         ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
           〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
           イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   ……解ってるッスよ。
          乂イ§   ( ●) (●) |从
             /     |::|(__人__)/    オレだって、正直苦しいのも痛いのも嫌ッスから、
          /      》》    《ヽ      起こさないで済むなら、あんな発作二度と起こしたくないッス……
          | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


928 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:09:18 ID:7tDK4qwk0



         __
       /___` '- ,_
     、ゝ -――- ,`'-,_ `' ,
   /、イ l      \  \.  \
  ,' l、イ |'l゙i/, /  /゙i l゙i ゙i__/
   ! l.L|/ニ゙イi/ 〃イ7ヽ|l.゙i| l |
   | 」. (○)./ (●)   | l |l¦    まぁ、昨日オメェが引き出した「力」は相当なモンな筈ですぉ。
  彡彡.  (__人__)   ミ_ミ_ミ_
    \   ⊂ ヽ∩     <      だから、これ以上「マガタマ」の力を引き出さなきゃならない事態なんて
      |  |  '、_ \ /  )      そうは起こらないんじゃないかと思いますけど。
      |  |__\  “  /
      \ ___\_/










                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ ヽ   \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}
            \ ||/ U  ___   ノ     そう思いたいけど……でも、ギャル夫に「マガタマ」を入れた奴は
            ノー       -   /      ギャル夫に早く完全な悪魔に成って欲しいって言ってたし……
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ



.


929 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:09:34 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   そう心配しなくても、今すぐどうこうはならないんじゃないですかぉ?
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ    それになんてったって、今のコイツは殴り合いならトールとタメ張れるんですし。
     |    /| | | | |     |
     \  (、`ー―'´,    /
         ̄ ̄ ̄










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |   ……そうッスよ。
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ   心配してくれるのは嬉しいッスけど、もうちっとオレを信じてくれッス。
             \   |::| `ー´ |::| /
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     オレはアホだけど嘘はつかない主義ッスからね。
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´



.


930 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:10:00 ID:7tDK4qwk0



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´   はぁ……だといいんだけど……
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '       何かアタシ一人で騒いでるみたいで嫌になっちゃうわ、まったく。
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/










             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ   スサノオ、入るぜ……っと、お前さんらも居たのか。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ    ギャル夫、もう体は平気なのかい?
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
                        < ガチャ



.


931 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:10:21 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \     ああトール、昨日はどうも。
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  おかげさまで、何とか生きてるッスよ。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒)Uヾ  |  ただ、中庭はずいぶん汚しちまったみたいッスけど。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \










            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::   なに、お前さんが死ななくて何よりさ。
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   せっかく見つけた好敵手なんだからな。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    ……再戦、楽しみにしてるぜ?
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !



.


932 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:10:38 ID:7tDK4qwk0



      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \  おうおう、朝っぱらから汗臭い熱血ホモ野郎ですお。
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
    | /l/|7ニイ´/〃| -L.l    ……そういえばトール、
    | l |  (○) / (●) .」 |    例の「アサクサ」の件はどうなりましたかぉ?
 .  彡彡   (__人__)  ミミ
     \   `⌒´  ,/
     /   ー‐    \










                      _______
               . .::´:::::::::::::::::::::::::::::`:. .
             /.:.::;v‐-=,;::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                {イ::{/    } `ト、:::::::::::::::::::::::::::\
                  Xゝ       /.::::::::::::::::::::::::::::::::i
             ノ 仁ニニ=、 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            /  ーfュ_,   `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::l  ああ、丁度その件で来たんだが……
           /          ノ.::; - 、::::::::::::::::::::;
          ヽ、            |:::;/ /^ 〉::::::::::::::::,′ やっぱり正体不明の敵の襲撃を受けているらしい。
      ___j'_         N{  ノ/::::::::::::::::/
    ノi ''―――r=、        、__ ..イ::::::::::::::::/    現地の連中が対処してるが、相手の正体も掴めず、
   ( .::i      〉           ノ´  ヽ:::::::::::/     どうにも雲行きがよろしくない様だ。
   ) .:::.       /         /     }ヘル{
   ( .:.::j(O)   、____ . . :  /         .ィ二}
  \∠二二{          {    /       /   人
  /|    |       / ヽ       .  ´     \
  ̄ ̄`ヽ   |      く    >  ´       -‐=二三\
   ̄`ヽ { ├-,     > /       /   `ヽ     ∧
   ̄`ヽ }'― ' /    {/      /     -┼…=ミ ハ
                                   < シュボ



.


933 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:11:05 ID:7tDK4qwk0



         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |  う~ん……困りましたぉ……
 彡彡彡::::::⌒(__人__)⌒:::::ミ
   /     ∩ノ ⊃  /   万が一、あそこの「マネカタ」に全滅でもされたら、
   (  \ / _ノ |  |    グローイングアップする為の「マガツヒ」集めが……
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /









           |
       \  __  /
       _ (m) _ピコーン
          |ミ|
       /  .`´  \
          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   あ、閃いた!
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |   ……ギャル夫にピクシーちゃん、
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ    オメェら凸凹コンビでアサクサの様子を見てきてくれないかですぉ。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



.


934 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:11:26 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  アサクサっすか?あの柴又帝釈天etcの?
          〃 ハ  ⌒    ー\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  ……なんでまた、あんな観光地の様子を?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \









         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  今のアサクサは、我々「マントラ軍」の占領下にあるんですぉ。
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |  そこで「マネカタ」って人モドキを管理してるんですけど、
 彡彡彡   (__人__)  ミミ   そいつ等と現地の悪魔が襲撃されてる様なんですぉ。
   \     {└― 、  /
    (     (   j ̄´   ヽ
      |\  `´ /    i   }
      |   `ー一'     /  /



.


935 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:11:45 ID:7tDK4qwk0



                            _
                               //⌒ヽ
                  ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
                r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
                〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
                {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
                 〈_  ´i:.ノ// /         /    ……まさか、その襲撃犯を
                  ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /     倒して来いって言うんじゃないでしょうね?
                   ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
                ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
                (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
                  i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ








         __
       /___` '- ,_
     、ゝ -――- ,`'-,_ `' ,
   /、イ l      \  \.  \
  ,' l、イ |'l゙i/, /  /゙i l゙i ゙i__/
   ! l.L|/ニ゙イi/ 〃イ7ヽ|l.゙i| l |    いやいや、さすがにそこまでは頼まんですぉ。
   | 」. (○)./ (●)   | l |l¦
  彡彡.  (__人__)   ミ_ミ_ミ_   ただ、なるべくトールはここから動かしたくないから、
    \   ⊂ ヽ∩     <     他の悪魔で対処できそうかだけ確認してきて欲しいんですぉ。
      |  |  '、_ \ /  )
      |  |__\  “  /
      \ ___\_/



.


936 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:12:11 ID:7tDK4qwk0



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     その程度なら、現地の「マントラ軍」の者達で判断がつくのでは?
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、








              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ヾ: :            ゞ, rr~~~ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 } .:.           フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
ノ  .:;             l∠ニニニゝ ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
{.  .:.              } Tj ̄    ヽ::::::::::,.--.、::::::::::::::::::l  いや、それが相当隠行に長けた奴らしくてね。
.ヾ. ..;          /    ̄     |::::::://⌒l.l::::::::::::::::::,'
  、:...:.:......      (          |::::::| ) .//::::::::::::::::/  現地の連中は、まだ姿すら確認できてないらしい。
  .`" ̄`ヾ:.     ー          },,,/. し' /::::::::::::::::/
            ヾ==〉-.、       /ヽ-'l::::::::::::::::::l
              )        /   ヽ、::::::::::|
              丶   _,,..-''" /     ヾヾヾヾ
               ` ̄l   /_,,.-''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 >‐''"´  ____    |
                  __∠_,,..-''"´        ̄''―-ヽ
              _,,-''"   ヽ               ――‐-⊥、



.


937 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:12:42 ID:7tDK4qwk0



ヾ: :.        ,.-''".;.;.;.;;.;.;.;.;.;.;;;;;`'、
 } .:.        /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;l
ノ  .:;      ´7;;;;;rr-‐-‐'^i:;.;.;,;,;,;,;;;;;;}   だから、本来ならオレが行って確かめたいんだが
{.  .:.          《    __,,,ゝ{rヘ.;.;.;;;;;ζ   そうするとイケブクロの防備が手薄になっちまうんでな。
ヾ. ..;        .l.゙"rィァ‐ ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、
  .、:...:.:......       /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ
  `" ̄`ヾ:.    了二つ :::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_
         ゞ=ヲ rー冫;::::::::.. ::.. ..:::ヾ三三;=/
             _,> .二Y´乍=z::::   .....:::|三三/ミぇ_.
          ノ.K ,-=.Y 三∥::. ,; ,;::.._z-|三/ぇ::::::::...`ミ.、
       ∠.三i| ヽ  ノ;三∥;_;;zr-― .::}》'三i三三ミ>:/:ヽ.
      /,;彡:__l|  ,.イ;;三三}},, _,,   ..:://三i三三三メヾ;:::..ヘ









                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂     でも、スサノオってトールより強いんでしょ?
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ     だったら、少しぐらいトールが居なくなっても
                      乂ハ     `      /|:/      問題ない様な気もするけど。
                      从ヽ     -    /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


938 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:13:01 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |  それは、スサノオが完全な状態でこっちに来てればの話ですぉ。
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ
    \     `⌒´  /    スサノオは普段、「根の国」っていう魔界よりも行き来が難しい死者の国に居るから、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    フルパワーでこっちに降臨するのには、媒体としてかなりの「マガツヒ」が要るんですぉ。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `__ニニうヽ. |










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   ああ、そういえば古事記で見たッスけど、スサノオさんって
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  お母さんの【イザナミ】さんを追って「根の国」に行ったんだっけか。
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |  ……て事は、今、目の前に居るアンタは?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


939 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:13:24 ID:7tDK4qwk0



              __
          _, -' ´___\
        , '´ _,-'´, -――- ゝ、
      /  ./ /      l ト、\
      \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |  (○) / (●) .」 |   まぁ、空気の入ってない風船みたいなもんですぉ。
      彡彡彡   (__人__)  ミミ
        \     `⌒´  /    この状態でも一応実体だし、そんじょぞこらの悪魔にゃ負けん自信も有るけど、
        /           )      さすがに「創世者」が呼ぶ「守護」と戦うにはチトきついんですぉ。
       /          /
     / /     / /










         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/  `ヽリ| l |ミ i|  「守護」?
         lイ小l●    ● 从 | i/
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>   なにそれ?
      .      | ヘ       j /
           /⌒l,,、__, イァ|/
.    .       /  /:::::::::::::::`ヽ ゝ=='―=ー、
        .  |  l::::::::::::::::::::::|_|   / ⌒ `ヽ 



.


940 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:13:48 ID:7tDK4qwk0



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、   rェ----、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ  「守護」ってのは「創世」を行う者が、
       `|      ^'='^     ム'′  自分の「コトワリ」の守護者として召喚する強力な悪魔や神の事でな……
       .ト、.   -‐‐ ‐‐-  /|
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙











===============================================
        _,..、-''": : /三ニ/)ノ                       /:≠ヽ: : :iミ<_/三三三三三三
    ,..-'''": : : : : :/三三.//Ⅶ       ,zzzzzzz、             ,イ 'ィ⌒\三三三ミ<三三三三三
   /: : : : : : : : ::イ三三三 ´三〃,.. -‐‐‐‐‐彡′: : : : :`‐‐、__    //三三三Ⅶ三三三三ミ<三三三
 /: : : : : : : ,.ィ炙三ニ/ 三三./ 乂__     `:::. 。 ・ ″'ミ、iii≧、//三三三三ニⅦ三三三三三ニ\三ニ
./: : : : : : ::/三三ニ/イ三三/    ̄`ー、-----ミ、':::. `ーir㍉ヽ: Y´三三三三三三Ⅶ三三三三三ニ: \ニ
: : : : : : /三三ニ/ィ´/三./         }三`Y::::::::\:::..  `'´  Ⅶ三三三三三三≠,ニニ=‐‐三三三三ニニ
: : : : /三三ニ/:::/::::iⅥ {{zzzzzzzfァ=‐‐≠三ニ从圭/  Y  `i:. .ヾト、_三三三ニ//ニⅦ::::/⌒~""''' ‐- .
: : ::〃三三 ≠: /三::\__________/::::>‐‐く::::Y〃}〃 ___人::. `ミ、::.〈Ⅵ___________./----Ⅶ´
:::/三三ニ/三三三三三三zz'〃ヽ-´、::.   ヽiiiiiii/ /|iiii| |iゝ、:. .\Ⅵヽ.\__________   `
´三三ニ/::::{ {ヽzz,ィ、>/ ̄厂/ ̄ ::::\::..  `: { /i Ⅵ| | Ⅶ\  Yヽ.____,=====-`、
三三/三,__∨iiiii/ / \ .ノ /  .:::::::::::人::、   :人.ヽiiiii/ : | Ⅶ: |\ .∨`ー---Y___ ̄ ̄\__
三≠三三{ {iiiiiiiiУiiゝ   :i:__,=====Ⅶiii}:::ヽ    \\/i |〉 〉i | |i\\______ノ}‐、ヽ    ノ
≠三_,..、-'乂iiiiiiiiiiiiiiiiiii.,..、-''"       Ⅶ \      /\Yノ /i Ⅶ ノ::::::`ー----´ :} i
三/      `iiiiiiiiiiiiiiii:      )     Ⅶ圭\.   { { }i|./i  |iii\::::::::::::\  ノノ
/      iiiiiiiiiiiiiiiiiiii    , -'"    /乂三ニ}:::::::::乂 .i八  \iii|  \__ノ::::::、''"
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii_,..、-''"       /::::::::\Ⅵ≧== ノ   `ー-、ヽ______/::::::::::::::\
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii         {::::::::::::::::ヽ三三三≠:::::::::::::) )  \:::::::::::::::::\
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii        ,イ:::::::::::::::::::::Ⅶ///:::::::'  /'"/    Ⅶ::::::\:::i::ヽ
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii          /::::::::::::::::::::::ミ毟〃:::::::::::  _ノ \   }}\:::::::Ⅵ:::::.、
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii       /:::::::/ヽ::::::::::::圭三=ーー::::::/::::::  i ヽ :/  .}:i::::Y`Y::::|
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii\_______/::::/   i::::::::::弐戓≧三ニ:/:::::   ./.. ///  ヽ乂i〉::iヽ:i
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii圭圭圭〃:≠     i:::::::/牛≠ ̄ /仆 ___/ //      У .ノ
===============================================

    『「創世」を行う者が、競争者や妨害者を排除する為の最強最後の手段らしい。

     ただし、「守護」の召還には尋常じゃない量の「マガツヒ」が必要らしいから、
     「コトワリ」を啓いたからといって簡単に呼び出せるモノでもないらしいが』



.


941 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:14:11 ID:7tDK4qwk0



      __
    /__   `丶、
   ∠-―‐-、 ヽ    \
  イ   、  \\   \
 ,' l  /l | `    ト、\_/
  !/〃| -L ヽ|∨l l | l    「守護」として呼ばれる悪魔は、おそらく各神話の最高神クラスですぉ。
  ' (●)     」 l | l
  (l、__)      ミミミ     その彼等が創世者と一体化し、何の制約も無いフルパワーの状態で顕現するからには、
   ⌒´       /      迎え撃つスサノオもフルパワーじゃなければ具合が悪いんですぉ。
   `l          \










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \    ……あれ?アンタ等もしかして「創世」に参加する気なんスか?
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|   でも、アンタたち悪魔ッスよね?
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    人間じゃなければ「創世」はできないんじゃ……
               /     |::|    ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


942 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:14:39 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  そこは細工はりゅうりゅう仕上げをごろうじろってね。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |   ま、正攻法以外でも色々やりようはあるかも?ってことですぉ。
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ
     |       |++++| 」_ キラッ
     \     `ー''´ l /










                        _
                           //⌒ヽ
              ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
            r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
            〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
            {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
             〈_ u ´i:.ノ// /         /    えっと……ひょっとして、ギャル夫の友達に「創世」して貰う気?
              ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
              /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、  アナタたちの理想に近い世界を?
           |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
            (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
              i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
             |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
            |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、



.


943 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:14:59 ID:7tDK4qwk0



              ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
              r(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ヾ: :            ゞ, rr~~~ィ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
 } .:.           フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
ノ  .:;             l∠ニニニゝ ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
{.  .:.              } Tj ̄    ヽ::::::::::,.--.、::::::::::::::::::l
.ヾ. ..;          /    ̄     |::::::://⌒l.l::::::::::::::::::,'
  、:...:.:......      (          |::::::| ) .//::::::::::::::::/
  .`" ̄`ヾ:.     ー          },,,/. し' /::::::::::::::::/
            ヾ==〉-'         /ヽ-'l::::::::::::::::::l     ま、そこはそれ、企業秘密ってね。
              )        /   ヽ、::::::::::|
              丶   _,,..-''" /     ヾヾヾヾ     ……全部種明かししちまってもツマランだろ?
               ` ̄l   /_,,.-''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 >‐''"´  ____    |
                  __∠_,,..-''"´        ̄''―-ヽ
              _,,-''"   ヽ               ――‐-⊥、










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     ……
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i




.


944 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:15:26 ID:7tDK4qwk0



    〃                 i,
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈
   !  :l      ,リ|}    |. }
.   {.   |          ′    | }
   レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    という訳で、オレたちの理想である「力の国」とは異なる「コトワリ」……
   !∩|.}. '___゙`   ./'__`( ;;;;(
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄' ) ;;;;)    とりわけ「シジマ」に静寂の世界なんて代物を「創世」させない為にも、
.    ヽ.ヽ        {:.  /;;/    一刻も早くスサノオに100%の状態になって貰いたいのさ。
.    }.iーi       ^ r'  l;;, ,'
    !| ヽ.   ー==━・  /      ……それには、アサクサから供給される「マガツヒ」が生命線ってわけだ。
.   /}   \    ー‐   ,イ
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\









      ,        、
   ,/    ___  `ヽ
  /  /, -― ――- 、\ \
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
   | /l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ……実は、アサクサの件が一段落したら、
   彡彡 (○) / (●) ミミ   「ニヒロ機構」の本部に先制攻撃を仕掛ける手筈になってるんですぉ。
    ゝ   (__人__)  ,ノ
    /    ー‐    \    聞けば、オメェの探してる姉ちゃんらしき人間も、ダディのイ○ポ野郎と一緒だとか。



.


945 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:15:42 ID:7tDK4qwk0



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │i|   !!
  レ!小§ (●)  (●)U | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    姉さんたちの居場所分かるんスか!?
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |









              __
          _, -' ´___\
       , '´ _,-'´, -――- ゝ、
      /  ./ /      l ト、\
      \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  ああ、バッチリ把握してますぉ。
       l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
       l | l |  (○) / (●) .」 |   だから、オメェも襲撃の時に一緒に来ればいいですぉ。
      彡彡彡    (__人__)   .ミミ
        \     ` ー´   /   ……どうですかぉ?アサクサの件、オメェにも損な話じゃないと思うんですけど?
        /      ー-   / 、
          ヽ|             / /
          |           / ´



.


946 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:16:02 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |  分かったッス!アサクサの襲撃犯を確認してくればいいんスね?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   その代わり、今の約束忘れんでくれッス。
            \.|::|.      |::| /
            /           \










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|   じゃあ、アサクサに向かう前にできない夫に会わせてくれないッスか?
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    そもそもオレはアイツを助けに来たんだし、
               /     |::|    ||/     まずはアイツの安否を確認したいんスけど……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


947 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:16:24 ID:7tDK4qwk0



          _, -' ´___`'‐、
        ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
       / //      ヽ\ \
       \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
   ∧    | /l/|7ニイ´/〃| -Ll |   オーケーですぉ。
  < >  | l | (○) / (●) 」 |
     V  ∩彡彡  (__人__)   ミミ   元々、あの兄ちゃんを拉致してたのは保護の意味合いが強かったから、
    _ _ _| | \   `⌒´   ,/    別に監禁する気も手荒に扱う気も無いですし。
    UUU ,`⊃         \
     `ー ' _'_          |  )   ……というワケで、下っ端くんカモーン。ギャル夫たちを案内してやって。
         |          |/
         |          |
  シュビッ! >










 ____
 《ヽ◎Д◎》   了解です。
 (     )   
  l  l  l     ……どうぞ、こちらへ。
 (__)_)




                               ●

                               ●

                               ●



.


948 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:16:46 ID:7tDK4qwk0



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   ……スサノオ、いいのかい?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′   アサクサに行って「マネカタ」への扱いを知ったら、
       ,rト、  ー- ─-:  /|     ギャル夫の性格じゃ、オレたちに賛同しなくなるもしれんが……
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\










      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / / /l 〃| トl ',/   ああ、その件なら心配無用ですぉ。
    | /l/レ(○ )/(● )-L.l
    | l |   (__人__)   」 |     大いに失望はするかもしれんけど、それで敵対してくる事はたぶん無いですから。
    彡彡 l^l^lnー'´   ミミ
     \ ヽ   L    /      ……それに、【フトミミ】の奴とも会わせておきたいですし。
     /  ゝ  ノ    \



.


949 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:17:06 ID:7tDK4qwk0



            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   フトミミの「予知能力」か……オレはあまり好かないがね。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::   どうにも奴は、胡散臭過ぎて信用できなくてな。
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',  それは同感ですぉ。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |   でも、あの凸凹コンビにとっては役に立つかもしれんですし、
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ   まぁ、会わせておいて損はないと思いますぉ。
    \     `⌒´  /
    /             \



.


950 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:17:27 ID:7tDK4qwk0



     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }   お?お前さんが他人を気にかけてやるなんて珍しいな。
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }   ギャル夫の奴が気に入ったのかい?
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  だって、あいつ友達助けにバイクでカミカゼしてきた上に、お前とガチンコしたんですぉ?
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ   そんな愉快な馬鹿、魔界中探したってそうそう居ねえですぉ。
     |    /| | | | |     |
     \  (、`ー―'´,    /
         ̄ ̄ ̄



.


951 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:17:55 ID:7tDK4qwk0



             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、   rェ----、ミ;リ   しかし「マガタマ」ねぇ……そんなトンデモない物が在るとはなぁ。
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ   ……人間にそんな物入れて、最後まで保つと思うかい?
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′  
       .ト、.   -‐‐ ‐‐-  /|
        i| \   ===   ,イ.:|
        ,イi| ゙、\  ;   /リ.:;ト、
               `ー─''゙








         __
       /___` '- ,_
     _∠ -――- ,`'-,_ `' ,
   /、イ l      \  \.  \
  ,' l、イ |'l゙/, /  /゙i l゙i ゙i__/   考えうる限り100%不可能ですぉ。
   ! l.L|/ニイ i / 〃イ7ヽ|l.゙i| l |
   | | (○) / (●)   | l |l¦    魔力調整が未熟な人間は言うに及ばず、例え高位悪魔だって
   彡彡 (__人__)   ミ_ミ_ミ_     ルシファーの魔力の波長と自分を同期させられずボンッ!がオチですぉ。
     \  `⌒´     /
     /          \



.


952 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:18:17 ID:7tDK4qwk0



            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::   だが、アイツは生きている。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::
    /..             "´ 2ノ/ l:::::   それも、おそらく誰も耐えられなかった深度の侵食にまで到達して……
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::
.     'ーr_‐;        .ィ    l:::   強固な意志が、肉体の崩壊を防ぐ回復力を発揮させているのは確かだろうが、
      〈..        /:{      ヽ   他にいったいどんなタネが有るのやら。
        `}     /:: ! i
        丶、,、. イ::::::    !









         __
       /___` '- ,_
     、ゝ -――- ,`'-,_ `' ,
   /、イ l      \  \.  \
  ,' l、イ |'l゙i/, /  /゙i l゙i ゙i__/
   ! l.L|/ニ゙イi/ 〃イ7ヽ|l.゙i| l |    さてねぇ……けど、ギャル夫たちは日本人、つまりスサノオの民。
   | 」. (○)./ (●) /^ヽ |l¦
  彡彡.  (__人__)( /   〉ミ_   だから、なるべく4人とも助けてやりたいところですけど、果たしてどうなるやら……
     \ `⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――――\ _ _ _ )




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


953 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:18:40 ID:7tDK4qwk0



~マントラ軍本営・牢屋~




_____________________________
/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.


954 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:19:00 ID:7tDK4qwk0



                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                     |   「人修羅」、こっちです。   |
                     \                  /
                       ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
─────────────────────────────────
        7      .1 i;;;;;;;;;;;:;;;l      ヽ、;;;ソ;;;;;;;;;;;;;;i!
       ゞ       }. i!;;;;;;;;;;;;;;i       ヽ;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;i
       `ヾ‐------‐'i  |:::::::::::::(        ソ{i!‐-___〕
.         ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ_;;;;;;;;;;ノ.       ノ::::{..:::::::::::く
.         )::::::::::::::::::i    ̄~~        `--`ヽ:::::::::::ヽ
.         /::::::::::::::::::::)                `‐----'
        /:::::::::::::::::.//
.       {―--―-',/
        `--――'
       i !         _   i !         _   i !
      二 二~i   {}{}//  二 二~i   {}{}//  二 二~i  {}{}//
.       |_| |_|.     //    |_| |_|      //    |_| |_|     //
                "              "            "
─────────────────────────────────
                 |\
           / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           |  ああ、すまねぇッス。  |
           \__________/



.


955 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:19:26 ID:7tDK4qwk0



      / ̄ ̄\
     /    U \
      |    -‐'  へ |
      |  (● ) (● ) |
      |     |  │  。o(……誰か来やがった。だけど、番兵の悪魔がわざわざ案内してくるなんて……
      |    __´___   l
     ヽ        !     もしかして総司令とかいう奴か!?
      ヽ       ノ
      /      く       そういや、一昨日会う筈だったのに、侵入者がなんとかでウヤムヤになったもんな)
      /        ヽ









      / ̄ ̄\
     /      \
     |    -‐'  へ l
     | u(─ )(● )|  。o(だとしたら、勘弁してくれよ……
      |      | u |
      | .U  __´___   |    オレはこんな脳筋集団の親玉になんて会いたくないっての!
     ヽ        !
      ヽ       ノ     要求通りの「コトワリ」が啓けないなんて言ったら、何されるか……)
      /      く
      /        ヽ



.


956 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:19:48 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \   ∩__
            ハ            \ 〈〈〈 ヽ
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
            彡  〆 |::|   |::|   、 |   |
          〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
          ル从§ (●) (●) ヾ |   |
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /    できない夫!!
           \ |::| |r┬‐ ||:|  /  /
           /__`ー ´    /
          (____)       /
                       < ザッ









          人
   / ̄ ̄\   て
 /   「   \  (
 |    ( ○)(○)
. |  U     |│   ぎゃ、ギャル夫!?
  |     ___´__|
.  | u   ´ー‐‐}    お前、ギャル夫なのか!!
.  ヽ     u }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \



.


957 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:20:09 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ   _ノ   ヽ_   l  |  で、できない夫~!
         ル从§ (⌒) (⌒)゚oヾ |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ  無事で良かったッスよ~!!
            \.|::| lr┬‐ l |::| /
            /   ` ⌒ ´  \









    / ̄ ̄\
  / u ─'   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |   いや、あんまり大丈夫でもないけど……
  | U    __´___ノ
  |       ´}    でも、お前こそその体どうしたんだよ!?
  ヽ        }
   ヽ   u ノ    それに番兵の悪魔に普通に案内されて来たみたいだけど、どうなってんだ!?
    /    く
    |     |



.


958 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:20:31 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |   いや、まぁ話せば長くなるんスけどね。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    あの病院でお前ら二人と別れてから……
            \.|::|.      |::| /
            /           \



                        ●

                        ●

                        ●



.


959 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:21:15 ID:7tDK4qwk0



~10分後~




                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ┛┗
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::',:┓┏
                    7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
                    {::/彡::/\,   ,/ ヽ:::、::i
                  ー=ニニィ     、     ヽ::乂
                    |:::{  ≡≡  }  ≡≡ リ::ー`
                    ノ个             }::}ノ     ……という訳なのよ!
                      乂ハ     `      /|:/
                     从\   マ二)   /从      放っておくのもアレだから付き合ってあげてるけど、
                        ≧ト . _ . イ´          コイツの無鉄砲さときたら底無しだわ!
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,,    まったく……アナタも酷いと思わない!?
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐











       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   -‐'  \     。o(妖精って、こんな感じなんだな……)
    (⊃   ( ≡)(≡)
     | U.     |  |
      |     __´___ノ       あ、ああ、そうなんだ……
       |     `ー'´ } \
     /ヽ        }.  \   まぁ、なんだ、アンタも大変だな……
   /   ヽ、.,____ノ      )
  /        .   | _/



.


960 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:21:43 ID:7tDK4qwk0



     / ̄ ̄\
   /   -‐' \
   |   ( ●)(●)
   |  U     |  |
.   |      ___´__ノ    しっかし、ギャル夫が悪魔になぁ~。
    |      ∩フ´⊃
  /     ./ _ノ    いったい、この世界はどうなってんのよ?
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆u|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{   |:ノ    ─  i| |    やんねえ香と同じリアクションどうも。
  レ!小§ (/)  (\)  | イ
   レ §u|::| (__人__)|:|  |ノ    まぁ、当事者のオレの方が理由を聞きたいくらいなんスけどねぇ。
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ     オレを悪魔にした奴はストーキングまでしてくる始末ッスし……
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


961 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:22:03 ID:7tDK4qwk0



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从  ……と、俺の話はともかく、お前の方はどうだったッスか?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    |:|/    ここの連中に拷問されたりとかされなかったッスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










      / ̄ ̄\
    /      \
    |    -‐'  ヘ l
.     |  ( ー)( ●) |   ああ、色々酷い目に合ったよ。
      |  u.   |     |
      ,|    __´___   }   ここに連れて来られた初日には悪魔どもにボコられるわ、
    / ヽ        !   その後はずっと牢屋に軟禁状態だぜ?
  く  く ヽ     ノ
    \ `'     く      世界はいきなりこんなになっちまうし、ホントやってられねぇよ。
     ヽ、      |
        |     .|



.


962 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:22:30 ID:7tDK4qwk0



        ト VVVVVVVVノ\
         \            \
           ヽ             \
         ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
           〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
           イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
          乂イ§   ( ●) (●) |从  できない夫、すまねぇッス……
             /     |::|(__人__)/
          /      》》    《ヽ     オレがもう少し早く助けに来てやれれば良かったんスけど……面目ないッス。
          | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










    / ̄ ̄\
  /   _  \    ……まぁ、済んじまった事はいいさ。
  |   ( ●)(●)
  |      | |   それはともかく、これからどうするんだ?
  |     ___´_ノ
  |           }    どこか安全な場所とか、ギャル夫には行くアテは有るのか?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \



.


963 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:22:50 ID:7tDK4qwk0



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  う~ん……オレもそれは考えてたんスけどねぇ。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |  どうにもアテが無くて……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /    それにオレ、姉さん探しの一環でアサクサに行かなきゃならないし……
            /           \










      __
     / 」 ヽ\
   / (○)(○)\
   |. u     |     |
   .|    ___´__  |    おいおい……それじゃもしかして、この牢屋を出ても
    |   ´      |   お前とこの「ボルテクス」とかいうのに変わった東京を歩かなきゃならないのか?
  .  ヽ      ノ
     ヽ     /     オレ、悪魔となんてまったく戦えないんだけど?
     /    ヽ
     |     |
     |     |



.


964 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:23:18 ID:7tDK4qwk0



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ    ……なら、いっそここに置いといて貰う?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      スサノオに頼めば、そう無碍には扱わないと思うけど。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{         アナタだって「創世」資格者なんだろうし。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ  でも、それじゃあんまりじゃないッスか。
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   せっかく助けに来たのに、また牢屋に居ろだなんて。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


965 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:23:36 ID:7tDK4qwk0



       / ̄ ̄\
     /    ノ ヽ
     | ij    ( ●) |  ……いや、ギャル夫、オレとりあえずはここに残るよ。
     |         ||
     | u     _´/  勿論、お前がトールや総司令って悪魔に口は利いてくれるんだろ?
.       ン        '
    /⌒ヽ、    _ノ    それなら、外に行くよりよっぽど安全そうだしな。
.  /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.









  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ  できない夫……
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::|U│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ   でも、それでいいんスか?本当に。
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ  
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


966 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:24:07 ID:7tDK4qwk0



         / ̄ ̄\
.      / U    \
      |     /  \ |   そりゃ、お前は悪魔の力なんて非常識なもん手に入れたから安全だろうけど、
      |   ( ●) ( ●)  オレはただの非力な一般ピープルなんだぜ?
      |        | |
      |      __´___i   ……本音言えば、こんな牢屋に一秒だって居たくないけど、
      ヽ.       ノ    どう考えたってお前と一緒に外ウロついてたら、命が幾つあっても足りねえよ。
       ヽ     ノ
    /   \       \










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i     ギャル夫、或いは彼の言う通りかもしれません。
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |         アナタも用が済めばまたここに戻ってくるのでしょうし、
         ヽ、 ー‐ /.:..l           今はスサノオたちに預けておいた方が安全かもしれませんよ?
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、



.


967 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:24:46 ID:7tDK4qwk0



  |||          
         __   |||
     _, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、 |||
 /  .//      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',     ……話は聞かせて貰ったぁぁぁ!!
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |     そういう事なら、スサノオにお任せですぉ!
 彡彡彡   (__人__)   ミミ
   ヽ,-‐(_)  `⌒´     ⌒ヽ    そこのモヤシの様なキミを、VIPルームという名の愛の巣へご案~内~!
    ljjj と)            \
     `.             >  }
        \          t{_/
   ||| .   \          /
                  < ニョキッ!









               /|
     / ̄ ̄\  /  |__
   / 「   ヘ \ \  /
    |  (○)(○) |  |   \
    |      |   │   ̄ ̄
    | u. __´___  .|        おわぁ!!
    |   |!!|!|!l|  |
   ヽ  |ェェェェ| /         だ、誰だアンタ!?いきなり現れて……
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |



.


968 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:25:10 ID:7tDK4qwk0



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|   あ~……この人はなんつうか……
    イ 从§  ( ≡) (≡) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |     ここで一番偉い人?
      /.    |::| `ー´ ||/
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   そ、「マントラ軍」のアイドル司令官、
   l | l |  -━-/ -━- .」 |    FDで攻略可能になる予定のスサノオちゃんですぉ。うっふん。
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ
    \     `⌒´   /



.


969 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:25:31 ID:7tDK4qwk0



      / ̄ ̄\
   // ̄   ヘ.\
   |  ( ) ( ) ((○  ((○
   |U    |    |
   |   ___´___  .|   あ、アンタがここの総司令官!?
   |   |   |  |
   ヽ.  |.r┬-|  /   トールたちの親玉の?
    __ヽ `ー'´ ノ__








          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |   親玉なのは間違いないですけど、
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ    トールとはマブだから、別に部下って訳じゃないですぉ?
    \     `⌒´   /



.


970 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:25:55 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |  まぁ、それはそれとして、
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ  おめぇがギャル夫と一緒に行くってんなら止める気は無かったですけど、
    \           /    そういう事ならスサノオの部屋でルームメイトにしてやってもいいですぉ。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `__ニニうヽ. |










      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.(● ) (● ) |  ……え?アンタと一緒に?
      |      | u |
      l U  __´___   l  いや、おれ別に牢屋で……
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ



.


971 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:26:23 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、     HAHAHA!遠慮しないで、
  /  ./ /      l ト、\   夜明けのマウンテンデュー飲みながら一緒に積んであるエロゲーやろうですぉ。
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   ……トールの客人は、このスサノオの客人。
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ   その友人ならそれ相応に持てなしてやるですぉ。
     |       |++++| 」_ キラッ
     \     `ー''´ l /








      / ̄ ̄\
     /ー  へ  \
.     (● )(● )   |
.      |  |       |
      | ___`___   U |   えっと……つ、つまり、
.       |         |   ギャル夫がアンタたちと仲良くなったからオレの待遇が良くなるの?
     ヽ      /
        ヽ     /    今まで放っておいたのに?
.         >    <
.      |     |
.      |     |



.


972 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:26:47 ID:7tDK4qwk0



          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !      OH!なんて捻くれた解釈を!
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)  ミミ      ……ま、ぶっちゃけ、チミがスサノオのこと怖がってるようだったから
   /     ∩ノ ⊃  /  ∩ノ ⊃   しばらく放って置いたんですけど、
   (  \ / _ノ    \/ _ノ    そろそろ親睦を深めてもいい頃合なんじゃないかと思ったんですぉ。
    \  “  /   \    /
     \ /      ヘ /
       \        \











  r‐=-、、  ,、-' ____ ,、=======、.  \
 ._.il、 `tlv´,--'´;.:.:.:./    ___ /.∠===‐┴‐‐-、
 |i__.>==i{.:.:.:._,;;-‐,'===ニ二  _,、 '´~    __/ハ ̄``
 r>‐、.__/l|r≠t;<、    __>__`ニ===ニ二tヘ、、`;
  li_/.</ //  .l.|  Xニ=' ̄    ~>>    i  \.i
  l{,/.《‐'_ト=、 .|.}、_,/^\'ヽ、 _ //:.\   |   .〉=-、
  li' / /il´ `Y/ `ヽ、  ヽi`'i/      ヽ.  !_  /   il
  |i/i .li.|i   |l    〉ゝ__∠,, |   .,:.:.:.:.:.:.:.i ./~Yi    i|
  j i .l|.|i   ./i._,  ,/ 'イ fj:;;:li}jl   ,:.:.:.:.:.:.:.l / ;' ; li  ,、 i|
‐==l.ヘ_!li;.=',へ-‐'´  ヽ. ゞ=ン i   ;.::.:.:.:.:.i l ; ;. |i  i {=l=‐
   | .:.:i^´          ,/; ;:  ,:.:.:.:.:.:/ | ; .; li.  `´.i|
    l .:.:..l   ;        / ;.. .: ,:.:.:.:.: l .l `  li   /   ……どうしますか?
.    l !.:.:l   ヽ       '7 /,', ,;.:.:,';. /,へヽ_/弋_/
    ヽi.ヽ         ///i /i.:;.:/´             我々とアサクサに行くもよし、
       i.; ヽ  `ヽ      /';l :/:::::l;./              ここでスサノオとギャル夫を待つもよし、
      ;  `、    ,、-‐'´,-‐'i/:::::::.l/|               アナタの自由ですよ?
       '、 `ー<‐‐''"´: ..:.:.':::::::::,´::l
           `l;   .;::.:.:.:.:.:.::::::::::::l
            .l:.  .;.:.:.:::::::::::::::.:::::::l



.


973 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:27:02 ID:7tDK4qwk0



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ U       ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        ー´      ……ちょっと待てい。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        今、サラッと言ったけど……「我々」?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、    ええ、「我々」です。
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ……アサクサへは私も同行しようと思ったのですが……いけませんか?
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、



.


974 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:27:23 ID:7tDK4qwk0



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   いや、別に構いはしないけど……
            \ ||/   、___,   ノ
            ノー  U   \/   /     アナタ、何か役目が有って来てるんじゃ?
              乂`ァ      <
               /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   ああ、お気遣い無く。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     「マントラ軍」との交渉も無事に終りましたし、
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     今は他に優先する役目もありませんので。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.


975 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:27:46 ID:7tDK4qwk0



                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
             {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
           ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`    そ、そうなんだ……
              ノ个              }::}ノ
               乂ハ     `      /|:/     まぁ、なんでもいいけど、それならあっちでトラブルがあった時は、
               从ヽ     , 、   /从      今度はちゃんと一緒に戦ってよ?
                 ≧ト . _ . イ´
                 _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










        /// /: :.    \ : : : :.\::::::://::::::::il:::::::::il::::::::::il:::::\、:::::
      _ / / /__/_: : : : : : l  / \: : : ,,:`ヽヘ'、::::::/i:::::::::il::::::::::ilr==リヽ、:
      \/ .//.:.:.:.:.:.\: : : ,!: ./l /l\/l: :/i: : ヽ='-'=='ヽ==': : : : : i ヽ
       / //.:.:/ ̄\.:.:.l: :/|: / |::/ l: /`;:/ l: : : : : : : : : : : : : : :.    l ',
       l i ,l.:.:.l.:.r‐、.:.l.:.:l: :l {=ィ≠=、!/__l/ |i: : i: : : : :/_」斗-‐7´    l
       'ー',l.:.:.l.:.i.ー'.:/.:./: :l | /.:::::::::`7=  li:. /l: :/,'/  l::ll: ::i     l: :lヘ
==ゝ__,、.-ヘ.:.:ヽ-.:.:.:.:ハ: :l l.iO。::::::::l.   | / l /≠==」:/l:/l : : : : : !:l | l  ……ピクシー、何やら誤解が有るようですが、
|l::/ム->/    !.:.:.:.:.:.:ィ: : i、:l i l::::::::::::/    l/ i//:::::::``、l/ l: : : : ::i/!  l l  昨日私が手を貸さなかったのは、あれは
li/ ,、―'     ヽ、__,/: :、: l、:l `―--'゚       /0。:::::::i/ /: : : : :l;../ //  ギャル夫に課せられた試練だったからです。
/   V   \  '´i_: :ヽi `.:.:.:.:.:        il:::::::::::::/ /'.:.:,.:.:.:.i./ /∧
  i   |     i   }: : lヽ             `ヽ/ /.:/: : :/_// ̄   試練は手助けしてしまっては意味が……
.  }   l     }  _,ゝ、i_\         .:.:.:.:.: /イ: : : :./   ^
  \  \ __,、-| /.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ`ヽ、  ̄ヽ       /ィ': : :/
ヽ、  >ー‐' ヽ、___<-〈-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  `>―――‐、‐t/: : : /
  `‐-'´>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.::.:.:.:./.:.:ヽ /.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i /: : /



.


976 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:28:14 ID:7tDK4qwk0



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ ヽ   \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   あーはいはい、解ったわよ!
            \ ||/ U  ___   ノ
            ノー       -   /      ……ったく、天使様は理屈っぽいったらありゃしないわ。
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  ま、まぁ、エリヤが一緒に来てくれるなら心強いッスよ。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒)Uヾ  |  また話を聞きたかったッスしね。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \



.


977 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:28:33 ID:7tDK4qwk0



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_    ええ、よろしくお願いします。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      私も、アナタとゆっくり話す機会が欲しかったですしね。
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ










      ,        、
   ,/    ___  `ヽ
  /  /, -― ――- 、\ \
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
   | /l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   彡彡 (○) / (●) ミミ  。o(……「エリヤ」?なんでそっちの名を……)
    ゝ   (__人__)  ,ノ
    /    ー‐    \



.


978 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:28:58 ID:7tDK4qwk0



    / ̄ ̄\
  /   ─'   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  | U   __´___ノ   ……楽しくやってるとこ申し訳ないんだが、
  |        }    オレはここに残るってことでいいか?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_u Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   え?あ、ああ、スマンっす。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/     お前がそういうのなら……でも、考え直して一緒に来ないッスか?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     オレの他にも2人も居るし、並の悪魔相手なら十分守ってやれるッスよ。



.


979 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:29:25 ID:7tDK4qwk0



            / ̄ ̄\
         /  、___   \
         (●)(● )   |
          | |         |   でも、トールみたいな並じゃない悪魔が出てきちまったらアウトだろ?
          l __`___       |
.          {          l    ……お前らの足手纏いになるのも嫌だし、
          {        ./    ここで大人しくしてるよ。
            ヽ     ノ
            ノ     ヽ
             /      |









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|  そうッスか……分かったッス。
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/    なるべく、早く姉さんたちを見つけて迎えに来るッスから。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.

1 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 20:56:15 ID:cJPnHjM60



            , '⌒>',ィ‐-γヽ,_,
              / /" `ヽヽ:.; :ヽ
           //,'/__ /:.人ヽハ 、:::ヽ     このスレはアトラスのゲーム、真・女神転生Ⅲが原作の2スレ目になります。
           〃 { /从ハノ ヽ)ト、リ | |      展開etcが所々原作と違っていますが、大目に見てくださると助かったり。
           イ小l/ .    . 从|i /
            ヽ|///   /// l iミ´>     それでは引き続きお楽しみくださいませ。
       ,へ     l l   ヽニフ   j /
       ヽ、`ー―ヾヽ       /|/        前スレ
        `>"´::::::`:::::ー- ヘ          http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/15956/1391687925/
        / ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ  ', `゙''ー、,_
     _(__ l:::::::::::::::::::::::/ l_ l     `''、,_  まとめていただいています【隣のAA】様
   /´______`__ , ´ (´__,ノ~""''‐-ー―   ttp://tonarinoaa.blog136.fc2.com/blog-category-156.html
   `´      



.


2 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:30:35 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /へ       \
.    ((● )     |
     /        |   ああ、待ってるよ。
.    ヽ___       |
.     |        |   ……お前も気をつけて。
.     ヽ      /
      ヽ     /
      .>    <
      |     |
       |     |



                       ●

                       ●

                       ●



.


3 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:30:55 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
    /   -‐'  \
    |    ( ー)(ー)
.     |      │ │
     | U   ___´___ノ    はぁ……オレなにやってんだろ?
      ,|        }、
    / ヽ         ! 丶   せっかく助けに来てくれたってのに……
   (  〈 ヽ     ノ   }
    \ `'     ー' /    何であんな態度……
     ヽ、       /
        |       l









                __
              /___` '- ,_
            、ゝ -――- ,`'-,_ `' ,
          /、イ l      \  \.  \
         ,' l、イ |'l゙i/, /  /゙i l゙i ゙i__/
          ! l.L|/ニ゙イi/ 〃イ7ヽ|l.゙i| l |
          | 」. (ー)./ (ー)   | l |l¦   モヤシボーイ、キミの心に渦巻く感情……
         彡彡.  (__人__)   ミ_ミ_ミ_
          /⌒\    ` ⌒´ j⌒i、/     それはずばり「怒り」と「嫉妬」ってやつですぉ。
       /´     ・      /  /
     _(__ l,       . ノ  ノ
    /´______`___ _´__ノ



.


4 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:31:18 ID:cJPnHjM60



          / ̄ ̄\
.      / _ノ     \
.       (○)(○ )  u. |   おわぁ!?
        | |   u   |
       l __`___      |    あ、アンタまだ居たのか!
       }vvvv}      |
       {`^^^´    u/    ……オレが嫉妬してるって?ギャル夫に?
.         \.      /
.        ノ     \
     /´        ヽ








         __
     _, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  .//      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   OH!YES!高○クリニック~♪
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
  l | l |  (○) / (●) .」 |    ……片や悪魔にボコられ惨めな牢屋暮らし、
 彡彡彡   (__人__)   ミミ    片やカワイコちゃんをはべらせた冒険活劇……比べたら腹の一つも立つってもんですぉ。
   ヽ,-‐(_)  `⌒´     ⌒ヽ
    ljjj と)            \



.


5 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:31:36 ID:cJPnHjM60



       / ̄ ̄\
      / _ノ     \
.    (●)(● )  u. |  み、惨めなってアンタなぁ……
     | |   u   |
     | __`__      |   確かに酷い目には合ったけど、だからって親友を妬むなんて……
      /__ヽ     |
       {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ








       _, -' ´___`'‐、
     ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
    / //      ヽ\ \
    \_/ /l / /  , /l'| トl ',/  ああ、別に責めてるんでも、バカにしてるんでもねぇですぉ。
     | /レ|7ニイ´/〃|-Ll |
     | l | (○) / (●) 」 |    むしろ慰めてるみたいな?
    彡彡  (__人__)  ミミ
     (⌒ \mm´    ィ´ヽ    ……いいですかぉ?おめぇがどうこうじゃなくて、
     |ヽ、 ノ゙  ノ     |   )   おめぇの友達のギャル夫……あっちが異常なんですぉ。
     |           | /
     |           |´



.


6 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:31:51 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (● ) (● ) |   ギャル夫が異常?
      |     |  │
      |    __´___   l   ……まぁ、かなりのお人好しだし、
     ヽ        !   物怖じしない奴ではあったけど……異常って程じゃ……
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ








         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !  いんや、異常じゃなきゃクレイジーですぉ。
  l | l |  (○) / (●) .」 |
 彡彡彡   (__人__)  ミミ   ……「受胎」からのこの数日間で、アイツ何回死にかけたか知ってますかぉ?
   \     {└― 、  /
    (     (   j ̄´   ヽ   
      |\  `´ /    i   }
      |   `ー一'     /  /



.


7 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:32:15 ID:cJPnHjM60



     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (●)(●) |
    |     |   U│
    |   __`___  .|   えっと……何回死にかけたの?
    |        .|
   ヽ         /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |








          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ   話を聞く限り少なくとも3回、細かく分ければ4~5回ぐらいですぉ。
    \     `⌒´  /    しかも、その内一回はあのトールと戦ってですぉ?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    なのに、あの偏執的なポジティブさ……それに「侵食」に耐える精神力……
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `__ニニうヽ. |   少し前までただの高校生だった事を考えても、正に異常としか言い現せないですぉ。



.


8 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:32:30 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
.      _   へ   \
     (● )(● )   |
      |  |     u |   う~ん……改めてそう言われれば……
      | ___`___     |
     |         |   ……あれかな、この事態にアイツの姉さんが絡んでるみたいだから責任感じてんのかなぁ?
    r'ニ二ヽ_      |
. ノ´─‐、)' ,ハ     /    あの姉弟、とにかく仲が良かったみたいだし……
 |. ご,¨lノー' /    \
 | ‘ーァ′/       |









      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
    | /l/|7ニイ´/〃| -L.l    ほほう?それは例のファッキン・ダディと一緒に行動してるっていう?
    | l |  (○) / (●) .」 |
 .  彡彡   (__人__)  ミミ    ……もしかしてアイツ、病的なシスコンかなにか?
     \   `⌒´  ,/
     /   ー‐    \



.


9 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:32:56 ID:cJPnHjM60



    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |  ,l     | |   違う……って言いたいトコだけど……
  | ハ   __´_ノ
  | し′  `ー'´}    まぁ、姉弟っつっても本人同士の約束的なもので、血縁も戸籍も繋がりは無いらしいから、
  ヽ        }    厳密にはシスコンではないんだろうけど……なぁ?
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |










          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   なにそのエロゲ的なシチュエーション。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |. ィ赱フ> i iィ赱フ> 」 |   そのお姉さんが美人なら、羨ましいの通り越して殺意が湧くですぉ。
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ  
    \       `⌒´  U/



.


12 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 21:33:40 ID:.H5ii3xo0

スサさんもある意味シスコンだろw


10 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:33:14 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (ー)(ー) |
.     | 、、、 | 、、、 |   ……残念ながら美人だよ。
      |   __´___  ノ
     |   `ー'´  }    オレも密かに狙ってたくらいだしなぁ。
     ヽ     U }
      ヽ     ノ    もっとも、ちっと気難しい人ではあったけど。
      /    く
      |     |
      |     |









    ノ L   __
    _⌒, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、
/  ./ /      l ト、\
\__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
 l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !   かーーーっ!!世の中不公平ですぉ!!
 l | l |  (○) / (●) .」 |
彡彡彡    (__人__)   .ミミ    スサノオもトールとかホモホモしいのじゃなくて、
   |       |::::::|     |    もっと美人でお色気ムンムンな副官か秘書が欲しいですぉ!!
   \       l;;;;;;l    /
   /     `ー'    \



.


11 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:33:39 ID:cJPnHjM60



         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ……とまぁ、ルサンチマン的な魂の叫びはともかくとして、
  l | l |  (○) / (●) .」 |    アイツの狂気染みた執念の源泉は姉ちゃんの可能性大か……
 彡彡彡   (__人__)  ミミ
   \     {└― 、  /     そこまで想わせる姉弟関係ってどんななのかしらん。
    (     (   j ̄´   ヽ
      |\  `´ /    i   }     スサノオにも姉ちゃん居るけど、リアル姉ちゃんなんて全然萌えねぇですし。
      |   `ー一'     /  /








          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   でも、ま、誰かを想うってのは、狂気と紙一重の部分も確かにありますぉ。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (―) / (―) .」 |    スサノオの父ちゃんも、カミさん恋しさに死者の国にまで押しかけましたし、
  彡彡彡::::::⌒(__人__)⌒::::: .ミミ   かくいうスサノオも……理由としてはアリなのかもしれんですぉ。
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"



.



13 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:33:58 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /へ       \
.    (( ●)     |
     |          |     そんなもんかねぇ。
.    |`___       |
.     |ー'´      |     ま、そうなるとこの場合、行き着く先はやっぱり禁断の姉弟愛とかそんなんオチかね?
.     ヽ      /
      ヽ     /
      .>    <
      |     |
       |     |










          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',    おお、それもいいですぉ。
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |     ……自分の姉ちゃんだと欠片も萌えねえですけど、
  彡(⌒) /// (__人__) ///(⌒)    他人のそういう背徳関係は興奮しちゃうんだからあら不思議ですぉ。
.   / i\            /i ヽ



.


14 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:34:24 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  ( ●) ( ●) |
      |     |  │   隣の水は甘いぞってか?
      |    、__´___   l
     ヽ        !    そういうんだったら、もうちょい捻って……
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ










                  ..::´/⌒::、ミー、
              ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
               /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
              /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
              7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
              {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
            ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
              |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
               ノ个            U}::}ノ
                乂ハ     `     /|:/     ……アンタたちさ、さっきからなんつうバカな話してるのよ。
                从ヽ     -    /从
                  ≧ト . _ . イ´         さすがHENNTAI大国の神様と住人ね……
                  _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
              ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
              /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
        __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-
                                     < ニュッ



.


15 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:34:44 ID:cJPnHjM60



               /|
     / ̄ ̄\  /  |__
   / 「   ヘ \ \  /
    |  (○)(○) |  |   \
    |      |   │   ̄ ̄   のわぁ!?あ、アンタはギャル夫と一緒に居た!
    | u. __´___  .|
    |   |!!|!|!l|  |        い、いったい何処から!?
   ヽ  |ェェェェ| /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ    何処も何も、ずっとそこに居たわよ。
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       ……スサノオに聞きたい事が有ったから残ってたのに、
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        アンタたちがアホな話始めるもんだから
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           声掛けづらくなっちゃんたんじゃない。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


16 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:35:14 ID:cJPnHjM60



          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (<)=☆    勿論、スサノオは気付いてましたぉ?
  彡彡彡 ///(__人__)/// ミミ
     >     / )ヽ    く      さっきの秘書が欲しいって話も、間接的なピクシーちゃんへのアプローチですぉ。
    (  \ /__ノi )  ,  }
     \ `´ / ヽ `y' /
      \_/    \_,ノ









                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
                    7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`  あー、はいはい。
                     ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/     百年ぐらいたったら考えてあげるわ。
                     从\   ⊂ニ⊃ /从
          .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´         ……真面目な話いい?
            ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
             ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__



.


17 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:35:40 ID:cJPnHjM60



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |  ん、なんですぉ?
  彡彡彡   (__人__)  ミミ
    \     `⌒´  /    スサノオは何時でも大真面目ですけど?
     (           \
        \           \










                    _
                       //⌒ヽ
          ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
        r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ
        〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
        {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /  ギャル夫の「マガタマ」についてなんだけど……
         〈_  ´i:.ノ// /         /
          ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /    あの「力」がルシファーの物だってホントなの?
           ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
        ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
        (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
          i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
         |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
        |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、



.


18 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:35:59 ID:cJPnHjM60



         __
     _, -' ´___\
  , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  .//      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    おんや?まだ知らなかったんですかぉ?
  l | l |  (○) / (●) .」 |
 彡彡彡   (__人__)   ミミ    マジも大マジ、怪獣モチロンさパパ!って具合ですぉ。
    ヽ n   `⌒´    ⌒ヽ
     (_{ _)              \
     `.             >  }
        \          t{_/
         \          /










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ     -    /从    やっぱりそうなんだ……うん、ありがとスサノオ。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


19 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:36:15 ID:cJPnHjM60



     / ̄ ̄\
   / ―   ―\
    |  (●)(●) |
    |      |   │   アンタ、そんな事聞くために残ってたのかい?
    |   __´___  .|
    |        .|    ……もしかして、ギャル夫に聞かせたくない話とかだった?
   ヽ         /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'  l  /
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!     ′/
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´     うん……まぁね。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        だから、アナタも……ん?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ



.


20 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:36:45 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/
                      从ヽ     -    /从     ……ねぇ、ちょと動かないでくれる?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __     アナタの顔、お姉さんにもっとよく見せて。
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-  < グイッ










           っ
    / ̄ ̄\
  /   /  \  っつ
  |    ( ●)(●)
  | U     | |   え?……別に構わないけど……
  |     __´___ノ
  |     `ー'´}   なんかあるのか?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \



.


21 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:37:05 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ    それを今調べてるの。
                      乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ     -    /从      むむむむ……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-
                                            < ジーッ










      / ̄ ̄\
    / 「  へ \
    |  (●)(●) |
.     | 、、、 | 、、、 | 。o(……この娘、小さいけどよく見ればかなり整った顔立ちだなぁ……
      |   __´___  ノ
     |   `ー'´ U}    距離近いし、花みたいなイイ香りもするし……やべっ、なんか緊張してきた……)
     ヽ       }
      ヽ     ノ
      /    く
      |     |
      |     |
            < ドキドキッ



.


22 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:37:27 ID:cJPnHjM60



                    _
                       //⌒ヽ
          ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
        r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
        〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
        {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /    ……うん、アナタ人間にしては潜在魔力が凄く高いわ。
         〈_  ´i:.ノ// /         /
          ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /     ギャル夫とは正反対のタイプね。
          /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
       |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ ちゃんと魔法を教われば、かなりイイ線行くんじゃないかしら?
        (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
          i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
         |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \










    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |  ,l     | |   え?……つまり、魔法使いの素質が在るってこと?
  | ハ   __´_ノ
  | し′  `ー'´}   オレも悪魔と戦えたりするとか!?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |



.


23 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:37:53 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´    誰かに師事して何年も修行をすればね。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '      人間の場合、まず魔力のコントロールから学ばなきゃならないから、
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{        魔法を使える様になるまでどうしても時間が掛かるのよ。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










.        / ̄ ̄\
.      /  U   \
      |     /  \ |
      |   ( ●) ( ●)
      |        | |   なんだ、今すぐに使えるんじゃないのかよ……
      |      __´___i
      ヽ.       ノ    ……でも、だったらギャル夫はどうなんだ?
       ヽ     ノ
    /   \       \   アイツだって魔力なんて使った事ないだろうに。



.


24 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:38:19 ID:cJPnHjM60



             ..::´/⌒::、ミー、
         ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
          /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
         /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
         7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
         {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
       ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
         |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
          ノ个              }::}ノ   ギャル夫の場合、体はもう完全な悪魔だからね。
           乂ハ     `       /|:/
           从ヽ     -    /从    アタシたちにとっての魔力の行使は、歩くのと同じくらい本能的なモノだから。
             ≧ト . _ . イ´
             _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
         ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
         /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
        ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
   __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__










      / ̄ ̄\
     /`ヽ      \
.    ((ー )     |
     /        |   ちぇ、結局、自分の身も守れないのはオレだけか……
.    ヽ___   U   |
.     |        |   しかしギャル夫の奴ラッキーだよなぁ……
.     ヽ      /
      ヽ     /    どうせなら、オレを悪魔にしてくれたらよかったのに。
      .>    <
      |     |
       |     |



.


25 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:38:35 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ    ……それはどうかしら。
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      アイツさ、今まで何度も死にかけてるのよ?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          ワケの分からない大物悪魔にも目を付けられてるみたいだし、
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_       アナタが思ってるほどギャル夫も良い目見てないと思うけどな。
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \   
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
._,,.-‐''" ヽ::::::::::::::、          ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i










            / ̄ ̄\
         /  、___   \
         (―)(― )   |
          | |         |  それでも、悪魔に追い掛け回されたり拷問されたりして、
          l __`___       |  惨めな想いするよりはマシだよ。
.          {          l
          {        ./   ……ま、アンタやギャル夫にこの気持ちは解らんだろうけど。
            ヽ     ノ
            ノ     ヽ
             /      |



.


26 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:38:56 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /   `ヽ  \
.     ( ●)( ●)   |
.      |  |       |   ……でもさ、ギャル夫がそんな危険な状況に居るなら、
      | ___`___     |   なんでアンタはアイツとつるんでるんだ?
.       |         |
     ヽ      /    アンタら、まだ出会って3日ぐらいなんだろ?
        ヽ     /
.         >    <
.      |     |
.      |     |










                            _
                               //⌒ヽ
                  ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
                r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
                〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
                {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /     こっちも色々事情が有るの。
                 〈_  ´i:.ノ// /         /
                  ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /       まぁアタシとギャル夫は、
                  /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、     ギブアンドテイクな関係ってやつよ。
               |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
                (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
                  i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
                 |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
                |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、



.


27 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:39:23 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     /へ       \
.    (( ●)     |
     /        |   ギブアンドテイクねぇ。
.    ヽ___       |
.     |ー'´      |    ……なんにしても、こんな可愛い娘とつるんで駆け回ってるんだから、
.     ヽ      /    やっぱりアイツはラッキーだよ。
      ヽ     /
      .>    <     代われるもんなら代わりたいね、ホント。
      |     |
       |     |










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
            7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
            {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
          ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
            |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`   お?アナタもそう思う?
             ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
              乂ハ     `      /|:/     まったく、この超絶美少女のピクシーちゃんと一緒に居られるなんて
             从\   ⊂ニ⊃ /从      役得もいいトコなのにねぇ。
  .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´
    ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __       アイツ、その有り難味を全然理解してなさげなのが腹立つわぁ。
   (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
    ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
     ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


28 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:39:39 ID:cJPnHjM60



      / ̄ ̄\
     / U    \
      |    -‐'  へ |   そこはそれ、ギャル夫だからなぁ……
      |  ( ●) ( ー) |
      |     |  │   先生と同じで色恋沙汰にはあんまり興味が無いみたいだったし、
      |    、__´___   l   変な所だけ似通ってる不健全な姉弟だよ。
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く    
      /        ヽ










         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/  `ヽリ| l |ミ i|
         lイ小l≡    ≡ 从 | i/   まぁ、年がら年中発情されてるよりはいいんだけどね。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>
      .      | ヘ     U  j /      少し前に、あたしゃそれでエライ目に遭ってるし……
           /⌒l,,、__, イァ|/
.    .       /  /:::::::::::::::`ヽ ゝ=='―=ー、
        .  |  l::::::::::::::::::::::|_|   / ⌒ `ヽ 



.


29 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:40:08 ID:cJPnHjM60



    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)
  |      | |
  |    、 ___´_ノ   お?なんだい、悪魔にも色恋のトラブルが在るのかい?
  |           }
  ヽ        }    それなら、あの姉弟より悪魔の方がよっぽど健全だな、おい。
   ヽ     ノ    
    /    く
    |     \    
           < ニッ









                     _
                        //⌒ヽ
           ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
         r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
         〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /   不健全でもいいから、ああいうトラブルは願い下げだわよ。
         {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
          〈_  ´i:.ノ// /         /     ……ところで、アナタ本当に一緒に来ないの?
           ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
            ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、    てっきり、同伴するんだと思ってたけど。
         ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
         (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
           i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
          |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.


30 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:40:33 ID:cJPnHjM60



       / ̄ ̄\
      /  へ    \
.    (●)(● )  u. |   おいおい、冗談はよしてくれよ。
     | |   u   |
     |___`___     |   さっきも言ったとおり、オレじゃ足手まとい以前の話にしかならないってば。
       {`ー'´       |
      {      u. /    ……何のかんの言っても此処が一番安全っぽいし、大人しく待ってるよ。
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´     ん~……まぁ、100%アナタを守れる保障は無いし
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      妥当な判断ではあるのかなぁ。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          ……でも、此処の連中も「創世」を目指してるのは
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_       忘れない方がいいわよ。
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


31 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:40:56 ID:cJPnHjM60



          __
      _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (●) .」 |   HAHAー!ピクシーちゃんは手厳しいですぉ。
  彡彡彡    (__人__)   .ミミ
    \       `ー'´  /     大丈夫大丈夫、このスサノオの目の黒い内はトールに掘らせたりはしませんから。
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ









                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   U  }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ リ::`  げげっ!?
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/    ……と、トールってそういう趣味だったの?
                      从ヽ    _   /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


32 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:41:13 ID:cJPnHjM60



          __
      _, -' ´___\
    , '´ _,-'´, -――- ゝ、
  /  ./ /      l ト、\
  \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',   ザッツライト!
   l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !
   l | l |  (○) / (<) .」 |    ……でも、スサノオのア○ルは、まだバージンだから安心してくださいですぉ。
  彡(⌒) /// (__人__) ///(⌒)
.   / i\            /i ヽ









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃     んな事、誰も聞いてない!……な、なんか頭痛くなってきた。
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        知恵熱出さない内に、アタシは退散するわ……
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
                                 < パタパタッ……



.


33 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:41:37 ID:cJPnHjM60



         _, -' ´_\
  ,r'ニニニ゙ヽ、'´ _,-'´,-―ゝ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))//  l ト、\
 |   rー< ノと)/ / /, /l'| ト、l ',
 |   `フ"ノ /l/|7ニ´ /〃|L.l !    ほ~い!行ってらっしゃいですぉ~。
 ヽ、  ' ( l|l | (○ )/(● )」|
   \  \彡  (__人__) .ミミ    お土産は、最中か雷おこしでいいですから~。
    \  \  `'ー'   /
      \   ヽ ー─ィヽ










            / ̄ ̄\
.         / \     \
         (● )      |
       |         |   ……行っちまったか。
        `__      |
        |        |    まぁ何にせよ、悪魔の力なんてどえらい物手に入れて、
         ヽ       /    あんな娘と美人の天使さんの三人で旅だなんて、やっぱ羨ましいかもなぁ。
          ヽ     /
           >    <
           |     |



.


34 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:42:09 ID:cJPnHjM60



         __
     _, -' ´___\
   , '´ _,-'´, -――- ゝ、
 /  ./ /      l ト、\
 \__/ /l / /  , /l'| ト、l ',
  l | / l/|7ニイ´/〃| -L.l !    ……実際のところは、そうでもねぇかもしれんですぉ?
  l | l |  (○) / (●) .」 |
 彡彡彡::::::⌒(__人__)⌒:::::ミ    ピクシーちゃんはともかく、あの天使のお姉さんに気に入られるって事が、
   /     ∩ノ ⊃  /     ギャル夫にとって必ずしもイイ事とは限らんですし。
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /










      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      |  (● ) (● ) |
      |     |  │  ??
      |    __´___   l
     ヽ        !   というと?
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ



.


35 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:42:30 ID:cJPnHjM60



      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / /  , /l'| トl ',/
    | /l/|7ニイ´/〃| -L.l !
    | l |  (○) / (●) .」 「|     あのお姉さんが何を考えてるのか?って話ですぉ。
.   彡彡   (__人__)  ミ(^ l
     \   `⌒´  ,/ノ }     お姉さん、どうやらギャル夫たちには自分の素性を隠してるみたいですし。
     /   ー‐    ´  ノ










      _, -' ´___`'‐、
    ., '´ _,-'´,-――-、 ヽ
  / //      ヽ\ \
  \_/ /l / / /l 〃| トl ',/
    | /l/レ(○ )/(● )-L.l
    | l |   (__人__)   」 |    もしも、何か思惑が……例えば、ルシファーの力を宿したギャル夫を天使側に……
    彡彡 l^l^lnー'´   ミミ    とか考えてるなら、悪意は無くても「マガタマ」を植えつけた連中と同じぐらい
     \ ヽ   L    /     ギャル夫にとっては厄介な存在かもしれんってコトですぉ。
     /  ゝ  ノ    \




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


36 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:42:50 ID:cJPnHjM60



~アサクサへの道中~




─────────────────────────────────────────────────
  iv'ヘ                                   __
  | ;`;|                                  /:/\
  | ;'l:|           i'`'i             、         ┌个┐| | .:_|___.
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥         | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─Lム、
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>       | └┴┬i::::|==========|: :Lム、ロ.::|
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /      |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :: . : . : .::|
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.:   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : . ┌::、    /〉:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : -┘:::L、r‐//┐ ,、:
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ニl.r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮/7_」L_:.」L____.」L ___.」L
~三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉┬┴┤ .:|_;!:..|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄「 ̄ ̄]「 ̄
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'.:|  .:|ー:|_ .|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~::::::::::::::::::}「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉 ~゛`┴::-'⊥::.∟ロ⊥!:::::::::::::::::::::::::::::::::::>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄____」L:._:.」「 」L:._:.」「 ̄
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7_」L_:.」L___|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄TニT ,,                   》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄,,
  __,」L__」|____」L 三三三`    ,.        `      }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ `    ,.
.    _||     |L    ̄l|「 L l「 ̄            .        `|ト、 _」L____」L:._
                 ]_」L:_
                   ]「
─────────────────────────────────────────────────



.


37 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:43:15 ID:cJPnHjM60



           / ll \
         _//イ || \\
        /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
       / ===/二ヘ=== \
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、   ……というわけで、この世界は大きな枠組みの世界の中に、
  _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_ 幾つもの並行世界や派生世界を内包しているのです。
   ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/   そして、その大きな世界ですら「アマラ宇宙」の中の数在る世界の一つでしかなく、
      ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/     世界は無限に近い数が存在すると言っていいでしょう。
        ヽ、 >t―f=ニ //
          fニt:::i::::t^:、        ちなみに「アマラ経絡」は、それらの間に在る道の様なモノですね。
            },、 i:::::/::::/
         //ll iヽ_l:::/ヽ









   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ≡) (≡) |从  ……ゴメン、さっぱり意味が解んねぇッス。
    乂イ§   |::(__人__)| |
      /.    |::| `ー´ ||/    世界って、オレたちが今居るここだけじゃないんスか?
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


38 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:43:46 ID:cJPnHjM60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄    そうですね……解りやすく例えるなら、
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´     「大きな世界→人体」、「その中に内包される世界→一つ一つの細胞」、
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l          「アマラ経絡→体中に張り巡らされた血管」、といったところでしょうか。
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_        
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.
     i, /      ,      .::/  /   :i










              ..::´/⌒::、ミー、
          ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
           /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
          /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
          7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
          {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
        ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
          |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
           ノ个             }::}ノ    ……その例え、真に受けると、
            乂ハ     `     /|:/     一つの世界の中でも並行世界やら派生世界やらが60兆ぐらい在って
            从ヽ     -   /从     そんな大枠の世界が70億以上も在るってことかしら?
              ≧ト . _ . イ´
              _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
          ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
          /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
         ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
    __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


39 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:44:10 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、     間違いなく、その程度の数は存在するでしょうね。
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   まぁ、そういった他世界を知覚できるのは、高位悪魔や天使に限られますが。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (ー) (ー)Uヾ  |   はぁ~……気楽に世界の構造なんか聞いちまたッスけど、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    とてもオレに理解できる話じゃないッスねぇ~。
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \     想像しただけで頭痛くなってきたッス……



.


40 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:44:29 ID:cJPnHjM60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://  そんな事はありませんよ。
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./     元々、フォルネウスを倒した時点で
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i       既にアナタは高位悪魔に匹敵する「力」を持っている筈ですから。
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ              なので、いずれは他の世界を感じる事も可能になりますよ。
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ⌒) (⌒)Y:i|
             イ 从§U |::(__人__)| |从   はははっ……願わくば、そんなややこしい世界を感じる機会が無い内に
            乂イ§   |::|` ー´ |:| |     人間に戻れるといいんスけどねぇ。
               /          /
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


41 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:44:49 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|    人間に、ですか。
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:/ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___ ///i |_   ……永遠に等しい命を持った高位悪魔への転生など、聞く者が聞けば、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   何を犠牲にしてでも手に入れようとする代物でしょうに。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ー ⊂⊃イ/       ギャル夫は欲がありませんね。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、









               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
           7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
           {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|    エリヤ、ギャル夫の場合は、
         ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂   無欲なんていいものじゃなくって、ただおバカなだけよ。
           |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`
            ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ    この数日一緒に居て、あたしゃそれが骨身に染みたわ……
             乂ハ     `      /|:/
            从\   ⊂ニ⊃ /从
               ≧ト . _ . イ´
               _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


42 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:45:09 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  /    \\ l  |   な、なんか切なくなるから、
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |   あんまバカバカ言わねえでくれッス。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /     いや、まぁ実際バカなのは否定できないッスけど……
            /           \










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ     そう思うなら、もう少し考えて行動してよね。
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        ⌒´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       毎回、付き合わされる方の身にもなれっての。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


43 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:45:33 ID:cJPnHjM60



                   ..::´/⌒::、ミー、
               ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
               /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
               7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
               {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
             ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
               |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                ノ个             }::}ノ    それにしても、ギャル夫の友達のできない夫、
                 乂ハ     `     /|:/     せっかく助けに行ったのに、なんか微妙な反応だったわねぇ。
                  从ヽ     -    /从
                   ≧ト . _ . イ´        ……もしかして、余計なお世話だったのかしら。
                   _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
               ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
               /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
              ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
         __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   うん……オレが助けに行くのも遅れちまったし、
            乂イ§   ( ●) (●) |从   酷い目とかに会って気が立ってたんスかね。
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ      普段のアイツは気さくでイイ奴だから、
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ    スサノオさんとも上手くやれてるといいんスけど。



.


44 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:45:56 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   一応、彼も「創世」資格者ですし、
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄    何より、トールやスサノオがアナタを気に入った様ですので、
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      友人である彼も粗略に扱われる事は無いでしょう。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //          ですから、その点は心配ないかと。
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨  うん……
     〃 ハ    _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ー) (ー) |从   スサノオさんはともかく、トールは信用できそうだったッスし、
    乂イ§   |::(__人__)| |    大丈夫ッスよね。
      /.    |::|    || /
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


45 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:46:25 ID:cJPnHjM60



               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
           7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
           {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
         ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
           |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
            ノ个             }::}ノ    まぁ、別に悪い奴でもなかったし、人畜無害そうでもあったから、
             乂ハ     `     /|:/    意外とスサノオみたいなのとは仲良くやれるんじゃないかしら?
             从ヽ    ー   /从
               ≧ト . _ . イ´        だから、あんまり気を揉まないで……お?
               _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










──────────────────────────────────────
                       |\: : : : : : : :. /!
                       |::::::::::::::::::::::::::::::: |
            "':;          |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |.         ,;::' . .:
                       |::::::::::::::::::::::::::::::: |      "`         ;
    ,':                      |/.: : : :. :. :. :.\|r―、
                     /.: : : : : : : : :. :. :. :.}ニニ{
.      ::;:.;::,;                 /               }ニニ{、     . ;'"
     '    " '          /      /ヽ          \
                 /     ,,,,,/三ヽ             \;;(三三)         ,
 ,                 /       /黄三ヽ:::            `}二二{       ,;:' ゙
              /        /泉三三ヽ::            }二二{
            /        日¨ 丶'   ¨日::          }二二{
゙;;:. ,;ィ.o ̄ ⊂!ヽ..../        日 ヽ,-‐‐- 、/ 日:::                 \
   }ゞ、__,,ィ{'´          / /へ ヘ / /l:::                   \
   | ` ̄ ̄´ |           /  \ ヾミ  //:::       ""          .\
   |`===´|           (__/|ゝ\___ノ /:::            .      \
   |        |             〉    /:::
   |`===´|             / y   ):::
──────────────────────────────────────

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      |  「マントラ軍」らしき悪魔が居るわ。どうやら着いたみたいね。   |
      \__  _______________________ /
           ∨



.


46 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:46:42 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  あ~、もしもし?あんた「マントラ軍」の悪魔ッスか?
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  オレたち、トールとスサノオさんに言われて来た者なんスけど……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \







          /ヽ
          /三ヽ
            /黄三ヽ:::
        /泉三三ヽ:::    ああ、アンタが「人修羅」か。
      日¨ 丶'   ¨日:::
     日 ヽ,-‐‐- 、/ 日:::   副指令から連絡は受けてるぜ。
     / /へ ヘ / /l:::
     /  \ ヾミ  //:::    ちょっと待ってな、今案内を呼んでやるから……おい!誰か!!
    (__/|ゝ\___ノ /:::
        〉    /:::
        / y   ):::
       / /  /:::



.


47 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:47:03 ID:cJPnHjM60



      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶   は、はい!
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\ U  |    ただいま……
      \           /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
    【ドクオ】(マネカタの一人)








          /ヽ
          /三ヽ
            /黄三ヽ:::
        /泉三三ヽ:::    この「マネカタ」について行って、フトミミって「マネカタ」と話してくれ。
      日¨ 丶'   ¨日:::
     日 ヽ,-‐‐- 、/ 日:::   ……おい、この3人を奥のフトミミの所へ案内しろ。
     / /へ ヘ / /l:::
     /  \ ヾミ  //:::    トール副指令の客人だから、粗相のない様にな。
    (__/|ゝ\___ノ /:::
        〉    /:::
        / y   ):::



.


48 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:47:30 ID:cJPnHjM60



     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ  は、はい!
     |      /\.   |
     |    /  ̄ヽ U|   そ、それではこちらです。
     \           /










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  こ、こりゃどうも……
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |  んじゃらば、すまねぇッスけどよろしくお願いするッスよ。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


49 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:47:47 ID:cJPnHjM60



~アサクサ~




───────────────────────────────────────
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `
───────────────────────────────────────



.


50 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:48:17 ID:cJPnHjM60



            /VVVVVVVⅥ
           /        /
         r'´      U  >
       / /ヽ/ ゛゛\  \>
      / / |:: |(   |::| ゝ'   ,ミ     しかし、アサクサも見事に瓦礫の街になっちまってるッスね。
      |i│ ─    ─   }_}  ヾ
  ((  ト |. (● )  (● ) §小!ゝ     ここの人形焼き、好きだったんだけどなぁ。
      (,|  |::|(__人__)::|  § 、ゝ  | |
      /   |::| ∩ノ ⊃ 。/l    ノノ  ……ドクオさんたちは、ここに住んでるんスか?
     (  \ / _ノ  |. |
     .\ “   /__ノ  |
       \。/____ノ











    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶   ええ、ここは我等「マネカタ」の生誕の地ですので。
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |   ……「人修羅」様は、「ボルテクス」になる前のこの地をご存知で?
    \           /



.


51 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:48:34 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \      モチロン知ってるッスよ。
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   ここは繁華街で、観光客なんかが一杯来る場所だったんス。
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
    .      〃 ハ  ー    ー\ l  |  ……それよりも、そんな畏まらんでくれッス。
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   呼び捨てでギャル夫でいいッスよ。
            \.|::|.      |::| /
            /           \










         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /   /   \   丶  いえいえ!滅相もない!
        │     /\     .|
        |    / ̄ ̄\  U |  トール副指令が寄越したお客を呼び捨てなど
         \            /   見つかったら私が殺されてしまいます!
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ  ……堅苦しいのがお嫌でしたら、せめてギャル夫さんと呼ばせてください。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |



.


52 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:48:56 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨    殺されるって……立ち入った話かもしれないッスけど、
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|   さっきの悪魔の態度といい、もしかして
             イ 从§  ( ●) (●) |从    アンタたち「マントラ軍」の連中に虐げられてるんスか?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ








    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ
 |    /\      |   ……「マントラ軍」だけではありません。
  ヽ  / ̄\   /
   \       /    この「ボルテクス」では殆どの悪魔が我々を虐げます。
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ    悪魔たちにとっては、所詮、私たちは出来損ないの泥人形ですから……
  L_,l      、_,!
   | |       | l



.


53 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:49:26 ID:cJPnHjM60



              ..::´/⌒::、ミー、
          ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
           /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
          /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
          7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
          {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
        ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂   泥人形?
          |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
           ノ个             }::}ノ    ……そういえば、「マネカタ」なんて悪魔は私も聞いた事ないけど、
            乂ハ     `     /|:/     アナタたちゴーレムか何かなの?
             从ヽ     -    /从
              ≧ト . _ . イ´
              _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
          ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
          /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
         ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
    __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├  いいえピクシー、彼等「真似形(マネカタ)」は呼んで字の如く、
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://    人に似た形を持って生まれし者……
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./      されど人に非ず、「魂」を持たぬ「ボルテクス」の落とし子なのです。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i



.


54 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:49:50 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  「ボルテクス」の落とし子……ッスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \










─────────────────────────────────────
          iv'ヘ
          | ;`;|
 . . . . . . . | ;'l:|           i'`'i             、   、"''''"´ . . . . . . : : . :
. . . . .    _,;::!:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥   . . . . . . . . . . .. . . . ,.,:::
     ._,. :.':"..._|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>     ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;
  _.....:;;:;:;::';::':':'"|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//:;:':''"゙"゙゙'..:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''"
 ` ´ ...:.,.._   |_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥:';'"'''` .;:;'、;':'":'"  . .
,.,:'".,:::;:':;'' .   |_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| . . . . . : : . :
';'::'''"       |_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、、     , -─'゙7´ ̄ ̄ハ─r‐
    、v,..v、  |_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:彡v、./ /.:: .::./....::/ ,::'.ソ;:::
─'ー;;ミ゙'爻爻ミ;.. |_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|彡ミx;: -─: ッ淼w ー ywv、‐ー
゙':;ゞ;爻彡炎炎;ゞ~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|彡ミメ゙';ヾ: ;:; ';: ;:; 'ヾ淡炎ミミx:;'
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y  ; ::; : ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:| ;~ ;y ::; : ;:; 'ミ゙': ;: ',;:; ;~'',;'':; ;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; ,”v:": ;:; ';v:'';'' ;~'',;'
:  ;:; ;~ ;  :; ;~ ',;''   ; : ; ::  :; ~'' ,;: ; : ;: ;  : ;:; ; ~'',;'   ;:;   '゚ ":;;;: :  ;  : ;:
:;   . ;: ; ; '', ;' ' .;~' ', ;'  '゚ ".  .  ;;  :  ;   : ; : ;:   . ; :; ;~ ;  :; ;~  ',
 :  ; .'  :   ; .     ;  .  ; ' :  '  ;~  ',  . .  . '  :   '',  ; ' '  ;  '
─────────────────────────────────────

 『はい……人は「神」が土塊より創りだしました。

  されど「マネカタ」は、「受胎」によって一瞬で死んでしまった人々の「想い」が
  泥に宿る事により生まれた虚ろなる存在です』



.


55 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:50:23 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ     「想い」だけが泥に?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       霊化した魂が泥にとり憑いたんじゃなくて?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ










  r‐=-、、  ,、-' ____ ,、=======、.  \
 ._.il、 `tlv´,--'´;.:.:.:./    ___ /.∠===‐┴‐‐-、
 |i__.>==i{.:.:.:._,;;-‐,'===ニ二  _,、 '´~    __/ハ ̄``
 r>‐、.__/l|r≠t;<、    __>__`ニ===ニ二tヘ、、`;
  li_/.</ //  .l.|  Xニ=' ̄    ~>>    i  \.i
  l{,/.《‐'_ト=、 .|.}、_,/^\'ヽ、 _ //:.\   |   .〉=-、
  li' / /il´ `Y/ `ヽ、  ヽi`'i/      ヽ.  !_  /   il
  |i/i .li.|i   |l    〉ゝ__∠,, |   .,:.:.:.:.:.:.:.i ./~Yi    i|
  j i .l|.|i   ./i._,  ,/ 'イ fj:;;:li}jl   ,:.:.:.:.:.:.:.l / ;' ; li  ,、 i|
‐==l.ヘ_!li;.=',へ-‐'´  ヽ. ゞ=ン i   ;.::.:.:.:.:.i l ; ;. |i  i {=l=‐
   | .:.:i^´          ,/; ;:  ,:.:.:.:.:.:/ | ; .; li.  `´.i|   霊化は、死の純化によって状態が変化しただけで、
    l .:.:..l   ;        / ;.. .: ,:.:.:.:.: l .l `  li   /    魂を持った人間である本質には変わりありません。
.    l !.:.:l   ヽ       '7 /,', ,;.:.:,';. /,へヽ_/弋_/
    ヽi.ヽ         ///i /i.:;.:/´             ですが、この「マネカタ」たちは、世界に焼きついた
       i.; ヽ  `ヽ      /';l :/:::::l;./              「想い」だけが泥という仮初の肉と結びついた存在なのです。
      ;  `、    ,、-‐'´,-‐'i/:::::::.l/|
       '、 `ー<‐‐''"´: ..:.:.':::::::::,´::l
           `l;   .;::.:.:.:.:.:.::::::::::::l
            .l:.  .;.:.:.:::::::::::::::.:::::::l



.


56 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:50:41 ID:cJPnHjM60



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶  ……ですから、我々は姿は人に似ていても、
   │:::::::::  /\     .|  どこまでいっても、ただの残留思念の塊の様なものなのだそうです。
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |
    \:::::::::        /  魂も記憶も無いせいか、「創世」にも参加出来ませんし……









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|   魂、ッスか……見た目はホントに変わりないのに……
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    ドクオさんたちはこうして生きてるんスから、
               /     |::|    ||/     魂の有無なんて些細な事だと思うッスけど。
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


57 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:51:02 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil     ギャル夫の気持ちは理解できます。
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|     私とて、彼等の存在それ自体には同情を禁じえません。
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_  ……ですが、世界の気まぐれで生まれてしまう彼等は
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  「創世」が終れば再び泥に戻るだけ……
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      魂が無き故に、次の世界への転生が許されない存在なのです。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´      なるほどね……元々が人間の思念だからこそ
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        「マガツヒ」の供給源足り得るワケか。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           ……神様だけあって、トールたちもエグい事考えるわ。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


58 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:51:29 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |  ?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ピクシー、何か解ったんスか?
            \.|::|.      |::| /
            /           \










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
             {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
           ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`   ……たぶん、そのうち解るわよ。
              ノ个             }::}ノ
               乂ハ     `     /|:/     アナタにとっては愉快な話ではないでしょうけど……
                从ヽ     -    /从
                 ≧ト . _ . イ´
                 _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


59 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:51:51 ID:cJPnHjM60



~アサクサ・聖地ミフナシロ前~




─────────────────────────────────
      |   l――‐、 `!
      |:::::::::''|    |  |
      |:::::;'' <  r ´ ̄ ̄ ̄!i!i!i!i         ,,,;'';,
      |::''メ;.,|  | ,ニニニ!i!i!i、|     ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
      !i!i!i!i;,.|  | | \|;;;;;;;;;;;;| |   ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,;;'',
      !i!i!i  |  | |>;;;;;;;;;;;;;;;;;!ii!     . .  . . . .....,,,;;''
      !i!i ;.,;|  | `ー――‐´i!     ..: : :::::,,,;;''
      !i   .|  | ,ニニニニ、!i
      |   |  | |:;;;;;;;;;;;;;;レ' !i!
      | #; |  | |\∧__;;;;;;!i!i
      |   |  | `ー―"!i!i!i!i!
      |#;  |  、 ___i!i!i!i!i
      |   |    |  | i!i!i!i   '''''''; ; ; ;;  ;'',,,, ; ; ;''''';;;;;;;;;'''''';;;;,
      |  #;|――‐'  ! i!i!i        "': : : :::' '''''''''''''''''''-,,,,,,,,;;'''''''''''',;;''
      |   |―――‐!i!i !i'
               !i!
               .!i
─────────────────────────────────



.


60 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:52:18 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |    ここがミフナシロ……何か地形が変わって洞窟みたいになってるッスけど、
         ル从§ (●) (●) ヾ  |    ここって吉原大門の交差点だった辺りッスよね。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ
                      乂ハ     `      /|:/
                      从ヽ     -    /从     およ?ギャル夫この場所知ってるの?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


61 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:52:43 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|  
             イ 从§  ( ●) (●) |从  あ、ああ、ここいらってその……昔から続く、いわゆる「色街」らしくて、
            乂イ§ /// |::(__人__)| |   今でも信号から少し入った辺りにそういう店たくさん在るから近づくなって、
               /     |::|     ||/    前に姉さんと浅草に来た時に教えてもらったんスよ。
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










             
              ___
           ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
            .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
        /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
        ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
        __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}   おやおや~?
      /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂   気の無いそぶりをして、やけに詳しい店の場所まで憶えてるじゃない。
      \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   
         \ ||/    ヾ---ァ`   ノ      どうやらギャル夫坊やも、そういうのに興味津々なお年頃の様ねぇ~。
         ノー      \/   /
           乂`ァ      <
            /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      < ニヤニヤ



.


62 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:53:03 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |  ばっ!そ、そんなの別に興味無いッスよ!!
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂//|::| (__人__)|::|///イ   姉さんが注意してくれたから憶えてただけッス!
            \.|::|.      |::| /
            /           \










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_  ま、まぁ、人としての営みそれ自体を否定するものではありませんが……
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー' /// ゞ‐'イ/ /_/      ですが、過度の色欲に囚われてしまうのはいかがなものかと。
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //        若いとは言っても、その……そういう興味は程々にしておいた方が……
           fニt:::i::::t^:、



.


63 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:53:31 ID:cJPnHjM60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ    だ~か~らっ!
  〃 {_{   \   / │ i|
  レ!小§ (○)  (○)U | イ    全然興味無いって言ってるじゃないッスか!!
   レ§//|::|(__人__)|:|//|ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ      ったくもう、エリヤまで……何か泣きたくなってきたッス……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










               
    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶    ……皆さん、お待たせしました。
   │     /\     .|    
   |    / ̄ ̄\ U  |    あの……大変申し訳無いのですが、フトミミさんは瞑想中らしくて……
    \           /
     /          |      今日はおそらく聖地から出てこないかと……
               < ザッ



.


64 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:53:56 ID:cJPnHjM60



         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/ `ヽリ| l |ミ i|
         lイ小l●    ● 从 | i/   あらなによ、せっかく来たのに顔も出さないの?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>
        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)   j /⌒i    ……もしかして、アタシたち歓迎されてない?
      \_\__>,、__, イァ/  /
.        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ










    |
   |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   いえ!滅相もありません!
   |  \ ∪ |
   |\     │  み、皆さん、本当に申し訳ありません……
   | ̄\ ∪ |
   |     /    トール副指令からの客だという事も伝えたのですが……
   | ̄ ̄ ̄ \
  (⌒ー─'   )



.


65 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:54:19 ID:cJPnHjM60




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|    |::| \ ヽ
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |
         ル从§ (● ) (<)ヾ  |  ドクオさん、アンタのせいじゃあるまいし、そんな恐縮せんでもいいッスよ。
             乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
             \   |::| `ー´ |::| /    じゃあ、ドクオさんが知ってる限りでいいから、
                / ⊂  \∩ィつ ヽ     その襲撃犯の事教えてくれないッスか?
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´










     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |    /    \ ヽ
     |       /\.   |
     |    /  ̄ヽ U|   ……じ、実は……私たちは犯人に心当たりがあるのですが……
     \           /



.


66 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:54:48 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    なんだ、それなら問題は解決じゃない。
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/      ……って、あれ?何でそれを報告しないの?
                      从ヽ   l⌒7  /从
                        ≧ト 二 イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶  それが、「マントラ軍」の悪魔たちは信用してくれないのです。
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\ U  |  お前たち如きにに悪魔が殺せるワケがないと……
      \           /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ



.


67 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:55:13 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  えっ?それじゃ犯人って……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \










    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶  ……はい。
   │:::::::::  /\     .|
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |  襲撃犯の正体は、我々の同類の「マネカタ」なのです……
    \:::::::::        /



.


68 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:55:38 ID:cJPnHjM60



__________________________________
                       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
              _ .._ _    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       .     '´;;;;,;;;;,;;;;,;`i  |;;;;;;;;;;;ィチ⌒x;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            /;;y;;/;;/;;ノ;;ノ  l;;;;;;;;;;;w◎w;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
       .    /;;;;`,≧= 'ー┘_ !、;;;;;lゝ、_________ノl;;;;;;;;;;,!
          /;;;;;;;;;;;;;;i .-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;\wwwwwww/;;;;;;/
       .  {;;;;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈
           ` 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
                   【サカハギ】(マネカタ)
──────────────────────────────────

      『……奴は殺した悪魔や「マネカタ」の皮を剥ぐ事から
       我々の間では【サカハギ】と呼ばれています。

       この数日で、奴の手に掛かった悪魔や同胞は10は下らないでしょう……』



.


69 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:56:01 ID:cJPnHjM60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´  皮を……しかし、「マネカタ」が悪魔まで殺せるとは、
    ゝノ `丶、   、    イ, |      「マントラ軍」の悪魔達ではないですが、にわかに信じがたい話ですね。
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.









     ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|   天使様が仰る通り、我々「マネカタ」は総じて腕力も魔力も低く、
   |    / ̄ ̄\    |   戦闘能力はおそらく人間以下です。
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ    ……ですが、あのサカハギとフトミミさんだけは別格なんです。



.


70 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:56:21 ID:cJPnHjM60



    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ    サカハギは、おおよそ「マネカタ」とは思えない力の持ち主です。
  |   /\    U |
  ヽ  / ̄\   /    しかも姿を隠すのが上手いうえに、狙った獲物は必ず仕留める周到さからか
   \       /     悪魔達には一度も目撃されていませんし。
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!
   | |       | l










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   でも、同族の「マネカタ」まで襲う理由が解んねぇッスね。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   そのサカハギという人、アンタたちに恨みでも?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


71 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:56:44 ID:cJPnHjM60



      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ  それが、何故我々を襲うのか私達にも全く解らないんです。
   |     /\  U |
   ヽ   / ̄\  /   我々など、殺しても何も得など無い筈なんですが……
 ,,.....イ.\       /
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ     ……ちょっと待って。
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        なら、何でアナタたちは犯人がサカハギだって知ってるの?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           目撃者はみんな殺されてるんでしょ?
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


72 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:57:13 ID:cJPnHjM60



────────────────────────────
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |   ……それは、奴の凶行をボクが「予知」したからだよ。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
────────────────────────────










           ト VVVVVVV_ノ\   l  /
            \           \   ′/
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  ん?アンタは……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


73 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:57:34 ID:cJPnHjM60



     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ / -  -_ハ、ヽ   失礼、ボクがフトミミです。
   レ!/(   (●) (●)从|i|
    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   ……「予知」をしている間は、どうしても手が離せなくてね。
    .|           |
     ヽ         /    会わずに追い返してしまいそうになった非礼をどうか許して欲しい。
    /   ヽ     ノヽ
【フトミミ】(マネカタたちの指導者)










      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\  U |  ふ、フトミミさん!?
      \           /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   「予知」の為の瞑想中だったのでは……
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |



.


74 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:57:48 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \    ああ、たった今「予知」が終ったトコロだよ。
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|   ……キミが「人修羅」のギャル夫くんだね?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |     魔王たちに「マガタマ」を植えつけられながらも、
  ヽ         /     友達とお姉さんを探すために「ボルテクス」を駆け回っている元人間……合ってるかな?
 /   ヽ     ノヽ










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ
  〃 {_{   \   / │i|
  レ!小§ (●)  (●)U | イ   !!
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     なんでそんなに細かいトコまで……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


75 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:58:13 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|   ボクには、ごく近い将来に起こる事柄を限定的にではあるが「予知」する力が在る。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|           |    キミの素性を知っているのも、キミとトールたちのやりとりの一部を視たからだ
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ    ……無論、キミがここに来る事も知っていた。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ●) (●)Y:i|    はぁ~、凄ぇ能力も在ったもんスね。
             イ 从§  |::(__人__)| |从
            乂イ§   |::|` ー´ |:| |     そういえば、姉さんも未来を視たとか言ってたッスけど、
               /          /      同じ力なんスかね?
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


76 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:58:45 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \    さて、どうだろうね。
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (ー) (ー)从|i|   ただ、ボクのこの能力も好きな時に好きな場面を予知できる訳じゃないし、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   どうすれば回避したい未来を変えられるか解釈に困る場合も有るんだ。
 .|      `⌒´  |
  ヽ         /    ……だから、キミが思っているほど便利なモノでもないよ。
 /   ヽ     ノヽ










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ    その「予知能力」で、サカハギとかいう奴が
                      乂ハ     `      /|:/     次に出る場所はパパッと分からないの?
                      从ヽ     -    /从
                        ≧ト . _ . イ´         そうすれば、こっちも楽なんだけど……
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


77 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:59:03 ID:cJPnHjM60



    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 / /" `ヽ ヽ  \    残念ながら。
 //, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
 レ!小l (●) (●)从|i   でも、「予知」では特定できないけど、悪魔たちが数度襲われたポイントなら分かっている。
  .|   (__人__)  |
  .|     `⌒´    |    サカハギに会いたいなら、少数でそこで夜営していれば姿を見せるだろう。
   ヽ         /
   /ヽ       ノ\










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  それって……つまりオレたち自身が囮になるって事ッスよね?
          〃 ハ U _ノ   ―\ l  |
          ル从§-=・=- -=・=-ヾ  |   スサノオさんは自分たちでどうにかするって言ってたッスけど、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   どうもそうはいかなさそうッスね……トホホ……
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \



.


78 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:59:30 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´     「マネカタ」で「マガツヒ」集めしてるとこ見ても、
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       ただの気のイイ変態じゃないのは確かだしね。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{          ……最初からアタシたちに処理させる気だったとしても
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_        不思議ではないかしら。
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从  そういえば、さっきもエゲツないとか言ってたッスよね?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/    「マネカタ」で「マガツヒ」集めるののいったい何が……
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


79 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 21:59:57 ID:cJPnHjM60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ    ……って、ちょっと待つッス。「マネカタでマガツヒ集める」?
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::|U│i|
  レ!小§ (●)  (●)  | イ    てことは、ひょっとして……
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ / _  _ハ、ヽ
   レ!/(   (●) (●)从|i|
    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  ……その通り。
    .|           |
     ヽ         /    カブキチョウの捕虜収容所にボクらの仲間を連れて行き、
    /   ヽ     ノヽ    そこで拷問して搾り出しているのさ……「マガツヒ」をね。



.


80 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:00:14 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  \    /\ l  |  ……マジなんスか?
         ル从§ (○) (○)Uヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   そんな……スサノオさんもトールもあんなに気の良さそうだったのに……
            \.|::|.      |::| /
            /           \









  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|   それはキミが悪魔だからさ。ああいう集団だからこそ身内には優しくもなるものだよ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|           |    ……だけど、我々「マネカタ」は奴等にとってはただの道具でしかない……
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ    ボクたちにかける情けなど、悪魔たちは持ち合わせていないのさ。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



.


81 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:00:44 ID:cJPnHjM60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   ……ギャル夫、彼等「マネカタ」の境遇に同情してしまう気持ちは解ります。
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i     ですが、今「マントラ軍」たちと事を構えれば、
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ     お姉さんを助けることが遠のくばかりか、友達まで危険に晒す事になります。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ









           _//イ || \\
          /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
         / ===/二ヘ=== \
       //  _ -――――- _= ヘ
       /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
      l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
      ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
     /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、    それに……例え、「マネカタ」たちを開放してあげても、
    _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_, 、.__ ///i |_   先ほども言ったとおり、彼等は次の世界へは旅立てません。
     ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄
     弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/      これだけは、本当にどうしようもないのです。
        ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/
          ヽ、 >t―f=ニ //
            fニt:::i::::t^:、



.


82 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:01:05 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ  U |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ●) (●) |从   でも……でも、次が無いからって、
               /     |::|(__人__)/     今虐げられていい理由になんかならないッスよ!
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ     オレは……










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|   ……ギャル夫くん、ボクたちにそこまで同情してくれた悪魔は初めてだよ。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |    ありがとう、その気持ちはありがたく受け取らせて貰う……
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ



.


83 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:01:26 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   ……でも、その天使の言うとおり、まだどうにもならないんだ。
 .|           |
  ヽ         /     だから、ボクらを哀れに思うのなら今はそっとしておいてくれ。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |     それに、確かに拷問は酷いが、
(  \ / _ノ |  |    代わりにちゃんと他の悪魔から守ってくれている側面も有るしね。
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /










                 ..::´/⌒::、ミー、
             ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
              /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
             /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
             7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
             {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
           ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
             |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`   まるっきりヤクザのやり口ねぇ。
              ノ个              }::}ノ
               乂ハ     `      /|:/     「マネカタ」たちにも利がゼロじゃないトコロが余計に性質悪いわ。
               从ヽ    -    /从
                 ≧ト . _ . イ´
                 _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
             ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
             /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
            ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
       __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


84 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:01:51 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ   U _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ー) (ー) |从    ……ごめん、フトミミさん。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/     何も無かったなら、何かしてあげられたかもしれないけど、
            /      》》    《ヽ       今のオレは守らなきゃならない身近な人で手一杯ッス……
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ    気にすることはないさ。
レ!/(   (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   これは、最初からキミが解決するべき問題じゃあないしね。
 .|           |
  ヽ         /     ……この問題は、ボクたち「マネカタ」の問題なのだから。
 /   ヽ     ノヽ



.


85 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:02:15 ID:cJPnHjM60



      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/ /ー  ー ハ、ヽ  ……さて、ではボクも再び瞑想に入るから失礼するよ。
    レ/) (●) (●)从|i|
   / .イ'⊂⊃(__人__)⊂⊃  ドクオ、例の場所まで連れて行ってあげなさい。
.   /,'才.ミ)     `⌒´  |
.   | ≧シ'         /    ドクオも皆さんも、サカハギは凶暴だからくれぐれも気をつけて。
 . \ ヽ  ヽ     ノヽ









    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ   はい。
 |    /\      |
  ヽ  / ̄\   /    では皆さん、参りましょうか。
   \       /
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


86 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:02:35 ID:cJPnHjM60



~アサクサの外れ~




__________________________________________
::::::::::::: ::. :. .: :::::::::::::::::::::::::::::.:. .:.: ...: :::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::.....:.... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: .. ......:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::.:: .: ..:..:' ..:.::::::::::::::::::::::::::::: :... ...:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::.:....: :. ::..::::::::::::::::::::::::.: :....:.::......:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.......: ..:..:::::::::::::::::::::::::::::::: :.. :. :............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.::::. ::.. :..:. :`::::::::::::::::::::::::::::::::... ... ..: :..:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::: ... ... .... ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::...... ....:::::::゜::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::: ゜.:::::::::::: ゜.::::::::::::::。::::::::::::::
:. .:::::。:::..    :::::::::::::     :::ト VVVVVVV_ノ\::::::::::: . . . ..:::: ゜.::::::::::::::。:::::::::::::::
:::: :::::::::.....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           \::::::::: ...:: :::::::。::::::::::::::::::::::::::::::。:
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ            \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :⌒≧ /  /^^\〆 、 \:: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:, .:.
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  パチパチ…    . . .:', .:.
                   〃 ハ  ─    ─\ l  |         .::... .   . .':::;:, .:.
                   ル从§ ( ●) ( ●) ヾ  |    ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                    乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ..':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                     `\.|::|.      |::| /       .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :.
                      /         ヽ       ',:; .::)       て:;;':..
                     "-'''" ̄ 丶 ´  ̄"'` .   、  ..:.(ノ        (::..
                    ゝ    _ノ ゝ_  __ノ     . .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.
                    /    /ヽ  /\   \  .::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (:.:..
                    /    /  ヘ冫.  \    \ :.(    (::..::..:::.::ノ    ):::...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.


87 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:02:56 ID:cJPnHjM60



         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/  `ヽリ| l |ミ i|
         lイ小l●    ● 从 | i/    「カグツチ」もすっかり陰っちゃったわね。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>
      .      | ヘ       j /       ……肝心のサカハギも来ないし、なんだかお腹減ってきちゃったかも。
           /⌒l,,、__, イァ|/
.    .       /  /:::::::::::::::`ヽ ゝ=='―=ー、
        .  |  l::::::::::::::::::::::|_|   / ⌒ `ヽ
                         < グ~ッ









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨   ¶
             〃 ハ     ー   ― Y:i| ┗†┛   ドクオさんが置いてってくれた干物でよければ食うッスか?
             イ 从§  ( ●) (●) |从  ┃ 彡
            乂イ§   |::(__人__)| |  ┏†┓   さっきオレも食ったッスけど、結構イケるッスよ。
               /     |::|` ー´ ||/    ||
            /      》》    《ヽ  〆⌒,
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ rヾイソ < ヒョイ



.


88 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:03:24 ID:cJPnHjM60



         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ  あら、いただこうかしら。
         〃 {_{⌒ 彡/⌒`ヽリ|l |ミi|
         lイ小l●    ● 从 | i/  モグモグ ……ふん、ほれグロいへほ、はほたへはってほいひいは。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>           (うん、これグロいけど、歯ごたえあって美味しいわ)
        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)   j /⌒i
      \_\__>,、__, イァ/  /
.        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ










          NVVVVVVV\
    ¶      \        \
  ┗†┛    <          `ヽ
   ┃     </ /"" \ .ノヽ.  ∨
  ┏†┓     //, '〆 ─  ) ─ \ :i|
   ||      〃 {_{  ( ⌒)  (⌒) |从  そいつは何よりッス。
  ,'⌒丶    レ!小§  |::|(__人__)::| |
  丶 ノ‐─‐─レ §   |::| `⌒´ ::|/    エリヤも一本どうッスか?
    ヽ___   》》      《 \
          ヽ  |::::::::|  |:::::::|   丶
           \彡      ミ  |  |



.


89 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:03:47 ID:cJPnHjM60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ  ,-┐   ,イ:./     い、いえ、私はそんな何だか分からない物体……もとい、
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝニ ,.<:.:.:.i     食べ物は摂取する必要が無い体ですので……
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ
    .,イ    メト ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:;:;::.:.:.:.:.:.:.:i








           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   そッスか?
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (⌒) (⌒) ヾ  |   見た目より美味しいんスけどね……モグモグ。
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::| 。`,⌒゚:j´|::| /     うん、塩味が効いてるッス。
            γ⌒/  )'     \
            ( ^ノ 彡
             彡   < ヒョイッ



.


90 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:04:03 ID:cJPnHjM60



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ノ  ヽ  \\乂  こんなに美味しいのに、エリヤはモヤシっ子ねぇ。
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}
            \ ||/     ___   ノ     好き嫌いせずモリモリ食べないと元気に育てないわよ?
            ノー      ) | | | /──
              乂`ァ     ̄ ̄<
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ < バリバリッ









            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil     いやいや、これ以上育つ必要もないですから。
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、    ……というか、アナタ方も食事は特に必要な体でない筈ですが?
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   まぁ、食べて害になる事もないでしょうけど……
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、



.


91 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:04:26 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ― Y:i|   いやぁ、食事の習慣ってなかなか抜けなくて……
             イ 从§  ( ⌒) (⌒) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |     口寂しいっつうか、一日一食は摂らんと何か落ち着かないんスよねぇ。
               /     |::|` ー´ ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










                ..::´/⌒::、ミー、
            ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
             /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
            /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
            7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
            {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
          ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂   あら、アタシは結構飲み食いしてるわよ?
            |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
             ノ个              }::}ノ   多少はエネルギーにもなるし、何よりストレスの発散になるしね。
              乂ハ     `      /|:/
              从ヽ     -    /从     エリヤは全然しないの?
                ≧ト . _ . イ´
                _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
            ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
            /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
           ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
      __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


92 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:04:54 ID:cJPnHjM60



                 /| \
                /ヾ、i /`ヽ
              / '==-ゞi´ / `ヽ、
              /ゝ--- ゞ=-- 、/ヘ
             l/, ィ ´;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾーヘ
              il/:.:.:./::..;.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ iゝ、
               /`|:.:.{i/|/从イ从:,:,ヘ.:.|:.:.:.:|/, ヘ
           --キi l:.:.イ弋ナ  弋ナ.从:.:.:.:i.|`=十ー
          ./}}} ゞ |:.:l,  __   リ:.:./:,イト'<´   普通、天使は食事などしませんよ。
       f爪n |jノif}  i:.:ゝ └─┘U//:./
    -={  j.{=|' ノ.  .ヘソ`> , ,≦´イ;:/i/        私も何か食べたのは、3千年程前の天使になる前が最後ですし。
      ヽ ノ三 |ミ    jィ/;:;:;:;:;:;:;:;:;//`ヽ
      -= ヘ王 .|ミ _/V,';:;:;:;:;:;:;:;:;:{ |;:;:;:;:;i
        ',-ヘ! |∠、;:V:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ゞ;:;:;:;:;:|
        ヽ 乂 } │;:{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|:;:;:;:;:;:|
            \__,xくl/}:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:i









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:           ゝ   ……「天使になる前」?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|   U    -´
- ...,,__              ∨:::ト∧|      , '      もしかしてエリヤって……
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /::::::::ヽ_ァ‐- '
               /      ヽ!::::::::::::::::::{
            ,        ヽ::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ



.


93 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:05:27 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.u:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  あっ……えっとぉ~……
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ……私、元々は「人間」だったこと言ってませんでしたっけ?
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    ぶっ!!
               /     |::|` ー´ ||/
            /      》》    《ヽ     ま、マジっすか!人間って天使になれたりするんスか!?
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


94 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:05:46 ID:cJPnHjM60



 ._.il、 `tlv´,--'´;.:.:.:./    ___ /.∠===‐┴‐‐-、
 |i__.>==i{.:.:.:._,;;-‐,'===ニ二  _,、 '´~    __/ハ ̄``
 r>‐、.__/l|r≠t;<、    __>__`ニ===ニ二tヘ、、`;
  li_/.</ //  .l.|  Xニ=' ̄    ~>>    i  \.i
  l{,/.《‐'_ト=、 .|.}、_,/^\'ヽ、 _ //:.\   |   .〉=-、
  li' / /il´ `Y/ `ヽ、  ヽi`'i/       ヽ.  !_  /   il
  |i/i .li.|i   |l    〉ゝ__∠,, |   .,:.:.:.:.:.:.:.i ./~Yi    i|
  j i .l|.|i   ./i._,  ,/ 'イ fj:;;:li}jl   ,:.:.:.:.:.:.:.l / ;' ; li  ,、 i|
‐==l.ヘ_!li;.=',へ-‐'´  ヽ. ゞ=ン i   ;.::.:.:.:.:.i l ; ;. |i  i {=l=‐
   | .:.:i^´          ,/; ;:  ,:.:.:.:.:.:/ | ; .; li.  `´.i|
    l .:.:..l   ;        / ;.. .: ,:.:.:.:.: l .l `  li   /   いえ……私と姉の二人が特例だっただけで、
.    l !.:.:l   ヽ       '7 /,', ,;.:.:,';. /,へヽ_/弋_/    通常、人間が天使に転生する事はありませんよ。
    ヽi.ヽ         ///i /i.:;.:/´
       i.; ヽ  `ヽ      /';l :/:::::l;./
      ;  `、    ,、-‐'´,-‐'i/:::::::.l/|
       '、 `ー<‐‐''"´: ..:.:.':::::::::,´::l
           `l;   .;::.:.:.:.:.:.::::::::::::l











         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/ `ヽリ| l |ミ i|   ああ、なるほど、だから天使の中でアナタが一番若いって話になるのね。
         lイ小l●    ● 从 | i/
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>   それにしても驚いたわ……人間から天使になった実物が見れるなんてねぇ。
        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._) U j /⌒i
      \_\__>,、__, イァ/  /
.        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ



.


95 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:06:02 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从  しかし、特例で天使に成れるなんて、よっぽど神様に好かれたんスねぇ。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|` ー´ ||/    エリヤ、人間だった頃はきっと優しい修道女か何かだったんしょ?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i     修道女、ですか……そうですね……
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´
    ゝノ `丶、   、    イ, |         そうであったならよかったのですが……
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l         
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、



.


96 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:06:28 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |  ん?違うんスか?
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   エリヤにはピッタリだと思ったんスけど。
            \.|::|.      |::| /
            /           \










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://  ……神への愛と、正しい信仰では誰にも負けない自負はありました。
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./    ですから、私が成した行為自体も間違っていたとは思いません。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



.


97 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:06:55 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、    ですが……私がもたらした結果は、優しさなどとは程遠いモノですよ。
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  天使となった今振り返ってみれば、厳しい時代で人々を導く為だったとはいえ
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     他に方法が無かったかと思う事もあるくらいです……
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/   u   }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_   __ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`  ちょ、ちょっとちょっと、
                     ノ个             }::}ノ  天使が自分のした事に疑問なんか持っちゃっていいの?
                      乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ     -    /从    そういうのって堕天使の領分な気がするけど。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


98 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:07:20 ID:cJPnHjM60



           / ll\ \
          _//イ ||  \ \- 、
        ./=ニ=>ー<==ニニ=ヘ\
      / ===/二ヘ=====\\
     //  _ -――――- _===ヘ::::ヽ
    /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\   `jl:::::.|
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽi l:::::::::|
    l l:il.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:\|::::l:::|     確かに、そういった行為に否定的な天使も多く居ます。
    . |:.::ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./:/ト/l lヽ:i
      |::::ヽ|ィr,‐、`ヽVl/ !i::;;;;i.}. | .::./i; { .==  ですが、神はそこまで狭量ではないですよ。
     イi:.:`{.l l:;;;:}    ゞ--‐' l .イ:.:.{/ゝ
      |l :/i.ゞ-‐'     ⊂⊃' ,i /:`ー'/      ……仮に疑問を持つことすら許されないのなら、
      !/ニ.l⊂⊃  ,-、    ,∠::::/i:/       私などとっくに天界から席を追われているでしょうし。
       `i ゝ .__ー'_,ィi´ヘ!/ヽ'  `
        ヽ'  ヽ' / `v' ゝ、_
               ,ゝ::::i:::、八 )











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  へぇ~、オレもイメージ的には神様や天使って凄く厳格で、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ガッチガッチに思想を縛るものだとばかり思ってたッスよ。
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


99 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:07:41 ID:cJPnHjM60



           / ll \
         _//イ || \\
        /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
       / ===/二ヘ=== \
     //  _ -――――- _= ヘ
     /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
    l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
  _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   まぁ、ギャル夫が言うようなイメージの方が
   ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   天使の中で主流派なのは間違いないですけどね。
   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
      ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      今、私が言った風に考えているのも、私と【ガブリエル】ほか数名ぐらいですし。
        ヽ、 >t―f=ニ //
          fニt:::i::::t^:、
            },、 i:::::/::::/
         //ll iヽ_l:::/ヽ










                       _
                          //⌒ヽ
             ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
           r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
           〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
           {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /   ガブリエルって……あの熾天使のガブリエル!?
            〈_  u´i:.ノ// /         /
             ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /     アナタ、あんな大物天使とも知り合いなの?
              ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
           ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
           (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
             i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
            |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
           |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、
           メ、:.:.:/⌒ヾ、ヽ:.i    、,)



.


100 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:09:36 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆 U|::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|  えっと……そのガブリエルって有名な天使なんスか?
             イ 从§  ( ⌒) (⌒) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |    何度も申し訳ねえッスけど、オレ海外の神話には疎くて……
               /     |::|` ー´ ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ











         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/  ヽヽリ| l|ミ i|
         lイ小l●    ● 从 | i/  アタシでも知ってるぐらいの、かなり名の知れた天使よ。
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>
        /⌒ヽ | ヘ       j /⌒i   確か、イエスのお母さんに妊娠を伝えたんじゃなかったかしら。
      \_\__>,、__, イァ/  /
.        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ 



.


101 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:10:45 ID:cJPnHjM60



         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ     ええ、その逸話は有名ですね。
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├   ……ガブリエルはとても優しい天使ですので、
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://    私が天使に成りたての頃、何かと世話をしてくれたのですよ。
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ   ー  ,イ:./       私にとっては、2人目の姉の様な存在です。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ











          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   お姉さんッスか。
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/     ……そういえば、姉さん無事で居てくれてるかな。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ     不精な人だから、ご飯とかちゃんと食べてるといいんスけど……



.


102 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:11:08 ID:cJPnHjM60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,  「ニヒロ」に目立った動きも無いようですから、おそらく無事でしょう。
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i     彼女自身、優秀なサマナーでもありますから、
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´     自分の身を守る術も十分心得ているでしょうし。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、










   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ    _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ー) (ー) |从    うん……でも、なるべく早くダディとかいう人から取り戻さないと……
    乂イ§   |::(__人__)| |
      /.    |::|    || /     姉さんの身に何か有ったらと思うと、居ても立っても居られねぇッスよ。
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ     それに……ん?



.


103 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:11:29 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミヽ   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ      ??
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '        どうしたの?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   (……どうやら、奴さんやっと来たようッスね。
          〃 ハ  \    /\ l  |
         ル从§(● ) (● ) ヾ  |    今、こっちを伺ってるみたいッスから、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ     二人とも、何も気づいてない風に振舞ってくれッス)
            \.|::|.      |::| /
            /           \
                       < ボソボソッ



.


104 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:11:50 ID:cJPnHjM60



              _-ニ< ̄///^ヽ、
            ,、 =ゝー--ヽ/ヽ_/  ,〉ヘ
           ∠二二ニ=―‐=-==∠二j、
        /  //--―===--、Ξヽ\ ゝ|
        /=/: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、ヽヽ 〈
       ∧ / : : : : /: :/: : :/: :i: : : : : : :\\
   _ イ 〉ヘ.|// : : :、/: :/: ://: : :!: : : i: : :i: : : 弋
   .}, li:i ,ィ、 ヽ/ l:: :i / >X,,  l: : : /〉: : :リ: :/: :ソ
   |r-、{r-、丶|l:::/l/ /r‐ヽ、 Vl / V/i __/: :ii リ    (承知しました。
   li.:.:.:.i | ', i lV::::l` l l::;;::/ハ`l/ _, =‐77 / ii
 /_,、.:.:.l |ァ、 ; .|: :: :l ヽゝ='‐    〃;;::/ハ::∧/l      ピクシー、ここは自然に会話を)
 ~´ ヘ=ノゝ、_.l: :: :ト、       ゝ='イン: :/ //=、
        .  ヽ::l             /ヽヘ/l/
          _  > 、  ー   /イ/
      r―‐< ―へ:>┬ ' ´       < ボソボソッ










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '          (ええっ!?ちょ、いきなりそんなこと言われても、
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{            なんだか余計に緊張するじゃないの!
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \        ったく……)
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
                                 < ボソボソッ



.


105 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:12:13 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/  U   }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂    アー……
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ    そ、ソレニシテモ、キョウハ イイテンキ ネェ~。
                      乂ハ     `     /|:/
                      从ヽ   マ二)  /从     あ、アナタタチ モ ソウ思ウデショウ?
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- ...,,__










──────────────────────────────────────────
         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ 
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |    ...            ト VVVVVVV_ノ\
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ             .     \           \
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i                   ハ            \
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├   .....            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://      .             彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `      .               〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
           i;ヾ!;ヽ  ,-┐   ,イ:./      .....              ル从§ (≡) (≡)Uヾ  |
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝニ ,.<:.:.:.i   ……                乂§|::| (__人__)|::| 从イ
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ      ......       ……   .  \.|::|. `ー´ |::| /
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ                              /           \
──────────────────────────────────────────



.


106 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:12:38 ID:cJPnHjM60



                _
              ..::/⌒:、ミー、
          ミッ:::/:::::::/::::ヽ::::\
           /: /::::::/:::::::::::::∨::::ヽ┛┗
         7::/::::/::/`~~~气:::::::',:┓┏
         彡::/(__)   (__) }::U::}::::}
       ー=ニィ ///    /// ヽ:::::、::|   (な、何よ!その残念な子を見る眼は!!
          |:::{   |▽▽▽| ノ( ヽ:\乂
         ノ个  !      | ⌒ リ::|ノ>    だいたい、いきなりこんな無茶振りする方が悪いんでしょうが!)
           ハ  |     |    }|/
         .    ヽ、|     l   ,′
             >t----j‐<
                     < ボソボソッ










            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_  (それにしたって今のは……
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ま、まぁ、ある意味、その勇気は賞賛に値しますが)
       ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
                  < ボソボソッ



.


107 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:13:07 ID:cJPnHjM60



   ト VVVVVVVVノ\
    \            \
      ヽ             \
   ⌒≧x   /^^\/ \ \
     彡  〆  |::| ) |::|丶 ∨
     〃 ハ  U _, ,丶_  Y:i|
    イ 从§  ( ≡) (≡) |从
    乂イ§   |::(__人__)| |     (い、いや、まぁ確かに無茶振りだったし、
      /.    |::| `ー´ ||/     オレたちも悪いっちゃ悪い……)
     /      》》    《ヽ
     | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ
                  < ボソボソッ









─────────────────────────────────
       |   (トェェェェェェェェイ)   |
       \  \ェェェェェ/   /
        >          ```''ii !、
      ii !liノ"''フ         ,,__,,__ ゙ヽi、
    .  ,i /  ム(ヽ        /  "ヽノヽ
      (  ノ"\ (ヽ       ヽi、   をノ
       ^゙''" "! \( ヽ
               ̄ i , -ii !、          jヽ人し/  < バッ!
                i    i/        ソ    て
─────────────────────────────────



.


108 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:13:33 ID:cJPnHjM60



                 ト VVVVVVV_ノ\
                 \           \
                  ハ            \
                ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                  彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
________,,∧__ 〃 ハ  \    /\ l  |_____________
                   ル从§ (●) (●) ヾ |
                  乂§|::| (__人__)|::| 从イ  !!
                 .   \.|::|.      |::| /
                   /           \
                               < ピクッ!










_____________________________________________
     .,!  ,!          ヽ.ヽ                            三VVVVVVV\
    ...,!  ,!       .____ ヽ.ヽ  シュッ!                    \       \
    ...,!  .!     ./     \ .ヽヽ            __―_____  <        `ヽ、rl^i、
     .|  │   ./        \ . ヽヽ                        </ /"" \ .ノヽ:|il 「|
    │  .!   .' :::::::::::       \ .ヽヽ           ― ̄ ̄___ ̄  〃 {_{ U |::|ヽ_, , ノ|::| ./ 〉
 .    |   ! .!ェェェェイ)          |   i i                       〃〃{_{ (○ ) (○ |  }
 .    |   .! .iェェ/        /   .i i           _―_____  レ!小§ |::|(__人_ノ   /
      l    !  `l         〈      i i                       γ ⌒` ̄ ̄´  /_/\/\/\/|_
      l    l   l  r  、  i  \    l !                      三   、:::___/  \          /
    │   l   |  ヽ  ヽ |\ \    l|                       ∨ .|::::::::| / :::::/  <  おわっ!?  >
     !    l   |   〉  〉 |  \ \ /\                           〉彡_/  /   /          \
     .!    .!  |  /  / ハ ≦(_ノ]二二フ          .__―__    ソ= ーァ   /:\   ̄|/\/\/\/ ̄
 .       !    .! / (_ノ ノ 三    ..__―_____               /::::::::`ー='イ:::::::::::::\
      l   ..l,    /\    三    ―― ̄ ̄___ ̄            三:::::::::::::::/ `\::::::::::::::\
       l (  .l, <´    \   .三 ....__―_____           三:::::::::::::::/    `ン:::::::::::::::!
       l  \  l ヽ     \   .三   .__―_____   .   三  ̄ ̄ /      /  ̄ ̄/
        l.   >.l  }      ヾ   .三 ...―― ̄ ̄___ ̄    三    /       !、____`) < バッ!
        l. ゞ、_.l´        }  三  ...__―_____   (´_____ ___ノ
.          l    .l,        し´
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.


109 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:13:50 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    わっ!?な、なにコイツ!!
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `    U/|:/      って、もしかして……
                      从ヽ   マ二)  /从
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-










──────────────────────────────────
            ____
          / ::::::::::::::::\
        /  :::::::::::::::::::::::\
       /   ::::::::::::::::::::::::::::::\   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       |    (●)::::::::::::::::::::::::::|   l   こ、コイツがサカハギ!?     |
       \  (トェェェェェェェェイ)::/    ヽ、___________  __/
       /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ                       ∨
.      / /|  ..::::::::::::::::::::::i::::::i
____/ /__| ..:::::::::::::::::::::/|::::::|
___,廴j__ヽ   r::::::::/ ハ::::,)     ‐┐  _
         ヽ  |/           ‐┴   ―┐  . . .
          >__ノ;:::......
──────────────────────────────────



.


110 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:14:21 ID:cJPnHjM60



                    /レVVVVVVVV イ
                  /           /
                 /         ∠
               / /ヽ/^\   x≦
                 |  ヽ、,, __ノ  〆 N ヾ
               _  .从( ●) (●) §从ゝ   ピクシー!エリヤ!離れてるッス!
          /,-、`  i |:(__人__):| U §ル
            ///」〉ノ、  \|:|` ⌒´|::|  ,r'      ……サカハギさん、でいいんスよね?
        〈/、!    ヽ ヽ 、   , - = ≦、
               ∨.|::::::::| |:::::::| ,:" `ヽ    アンタ、なんだってこんな事を……
                 `{  彡    ミ ト、 :::::: \
                   !/:::/ \:::\ \   ヽ、









                    .____
         .          /::::::::::::::::::\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::\
         .       /   (●)::::::::::::::::::::::\
         .       |   (トェェェェェェェェイ):::::::::|   ……
         . ,.-‐"´  \  \ェェェェェ/::::::::/ヽ
         /             ̄ ̄       \
         /   i´ ̄ ̄ヽ                ヽ
  ー===l´   |ゝ─.  |            、    |
  `ー── ゝ、._ィ、ノ─"   |            l 、    |
                 |            | |   
                                  < スチャッ



.


111 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:14:38 ID:cJPnHjM60



______________________________________________
     _,,.. -―ー¬''''''¬―ー- ....,,,_                           /          __
  .,/″                     ̄''''ー- ..,、                /    .,.. ‐.¨¨ ̄    ̄¨\
/                          `'''ー..,,          ,/  ._..-'"            ヽ
                                `'ー.._     /  ._/゛                   l
                                   `''-.., / .,/゛                     l
                 _,, ー''''' ̄ ̄ ̄ ̄¨¨―- ..,,_        `''マ                       │
                /                  `゙''ー ,,,      ゙''-、,                  │
           /                     /.,.`''ー 、、    `'-\_人_人∧从_人_∧_人_从_//
             /                     /,/     ゙゙'ー..、   .)                  >
         /                    /, '"  ii!       ゙''‐、<  っと!問答無用ッスか!  >
         /                      ,r゙,./               |i! `'<                 (
         !                  ,,‐|i!    ト VVVVVVVノ\  i|i! /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^
           !                 ,ノ/i|i!   \          \        `'-、  .`'-、    l   ,i
           !                ,,彡′      ハ          \   |!      `'-、  \ /   ./
           l                    r'ン゛      ⌒≧ /  /^^\〆 、\  i|i!           \  /   ,/
k        !                ,iシ゛ |i!       彡  〆 |::| U |::| \ ヽ              マ   厶
. l           l,           ,r./   i|i!        〃 ハ  \    /\l |               /  ./.. `'
 ヽ          !          ,r./         _,イ __ル从§(●) (●) ヾ |  |i!          /   ./  \.
  ヽ       .l        ,i./        {__  イ´ 乂§ |::|(__人__)|::| 从イ  i!         /   ./
   .ヽ       l.      .rソ゛          ゙´     ` t──‐,イ´⌒/ .i          /  ./
    ヽ       l     : ,!′                /iー -  {   ./  {        /  ,i′
     ヽ      . l    ,i′           サッ! > /   、.    }   ィ'  ヽ         /  /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ┏━┓┏┓             ┏┓   ┏┳┓       .┏┓
               ┣━┫┃┃ ┏━━┓  ┏┛┃ ┏┫┃┃       .┃┃
               ┗━┛┃┃ ┗━┓┃  ┃┏┛ ┃┣┻┛ ┏┳┳┓ ┗┛
               ┏━━┛┃ ┏━┛┗┓┃┃   ┃┃     ┗┻┛┃ ┏┓
               ┗━━━┛ ┗━━━┛┗┛   ┗┛     ┗━━┛ ┗┛



.


112 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:15:02 ID:cJPnHjM60



──────────────────────────────────────────
                   /レVVVVVVVイ     ―― ̄ ̄___ ̄
                  /           /     _ ―― ̄ ̄___ ̄
                  /         /    /´  \
                   /、/^ヽ    x≦,.==''´      \ ―― ̄ ̄___ ̄
                     /   / 〆N ヾV´       ., -ヽ -‐‐ヾ
               从   ./ |::|  §从ゝ《《    /  .{.| .}..} リ
                i、::::::/● )  §ル \:::\ \   .`  ̄
                     ヽ(入___):|       \:::\ \        ……そっちがその気なら、
                   ``⌒´.-‐ <.\:::\   ミ  ヽ
                     r=y‐、\ 彡   \:::\ \    悪ぃけど速攻で終らせて貰うッスよ!
                        {二{丿i ̄ヽ/:::./   \:::\ \
             ̄ ̄___ ̄ ゞニ==ー--〉=======ム\
                       .   . /:::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::\ ―― ̄ ̄___ ̄
                             /:::::::::::::::::::/`=、:::::::::::::::::::::::\
                         /::::::::::::::::/    `=、::::::::::::::::::::::\  ―― ̄ ̄___ ̄
                            {::::::::::::::::::''=,,     `=、:::::::::::::::::::::\
                         .\―――:::''=,,      `=、 ――― .\ < グォッ!
──────────────────────────────────────────










─────────────────────────────────
                    .-――‐- ,
                       /          \
                /            \
                  /                  ',
                   ,'   ,' r⌒; ゙、 i ! ィ ,'⌒; }   ',   ……!!
                    {  ゝゞ='ノゝ } ´" ゞ="″   !
               ヘ   {ト、_____ イ!    / < クワッ!
─────────────────────────────────



.


113 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:15:21 ID:cJPnHjM60



──────────────────────────────────────────
                                         , -―‐- . ,,  /`゙''、,
                                   /       \\ヽ. \       ` 、
                                    ,'::::::::          ヽ \ヽ. \  .___,,..)  )
                                   l:::::::::( ● )::      l  \   \  --‐''´
                            (      ェェェェェイ       ノ   ヾ  ノ`-ュ 
                               ( ゙''ー--     ェェェ/       /.      〕-、   }、
                             ゙''ー--     ゝ .__ ._   -= ≦`>―ュ. ノ  ¨`リ \
                                       /                  /`一′
            / ̄ ̄ ̄ ̄ \    /レVVVVVVVイ   ム_                  /    
            |   えっ?  | . /          /   {   \      ,- …一 ´
         .   \__  _/ /         /     }     ヽ    /             _n_n__
                ∨     /、/^ヽ     x≦,    ハ    ヘ. , /             └i_n┌'
      ― ̄ ̄___ ̄     / (U / .〆N ヾV´  .  { ヽ     ∨ 〈                 く丿
   ..r‐=‐-、_ ___,,,--====从   ./ |::|  §从ゝ`ー-=,,,__ }     }  ',
   .{ ァ   三二=─        i、  /○ )  §ル      .`ヽ    /   i     ` 、         [][]「l
   .ゝ、___ノ======ニニニニ二二ヽ(入___):|   /            .゙、/    }  .___,,..)  )        くノ
         ― ̄ ̄___ ̄ .  ``⌒´ .-‐      ゝ、__    ヽ     \  --‐''´
                             ヽ        ヽ    }      \
 ┌―┐   _,n_                   ゙、      ,,=''    /.\       ヽ
  `フ∠  └l n |             .      \r‐=r‐v   ../l   ゛ .     \
 └'^ー┘   U U   [][]「l                {   {_,,,=‐''´  \   \    \
               くノ                 /`ー'''´          \   ヽ      \
──────────────────────────────────────────



.


114 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:15:49 ID:cJPnHjM60



────────────────────────────
.                      / ⌒ヽ   /
                       / ― 、. ,'
         , ―― - 、    /._    /
        / r==ィ    >'"´ ̄ ̄ヽ /
         |( ̄´ _    /          ト/  ヽ_,
        し兀八_ト--/ , ⌒ヽ,    レ   ヽ(_/
               しイ    ' .   |     ) (
                 |       ':, /    ノ (`
                |      V    ´⌒\ < ガッ!
────────────────────────────









─────────────────────────────────────────────
                          ト VVVVVVVVノ\
                           \            \
                            ヽ             \
                          ⌒≧x   /^^\/ \ \
             ( ̄ ̄`ヽ         彡  〆  |::|  ) |::| 丶 ∨
                 ̄|  |          〃 ハ U \ , , / Y:i|ノ
                  |  |         イ 从§ ( ○) ( ○)|从)  |\     /\     / |   //  /
       / ̄\     |  ヽ、        乂イ§  |::(__人__)::|ノノ  _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
      (_ノ\ \    \  ⌒`ー―――‐/ ⌒ヽ   ` ⌒´ /   \                     /
             \  ̄ ̄ ̄ ̄⌒          | \  \  〉 ̄ \   ∠      んなぁああ!?      >
     .       ` ー―――――、.____|   `>、_)'      \  /_                 _ \
             /   |           /|   /  /        |  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
             !     l           /      /   /        .|   //   |/     \/     \|
            |     ヽ      /      / ___/   (●) /
            l,      ヽ、   /       / (_)\  __/
             ヽ          /       /゙(_ソ'´ ノ ̄
              ヽ、     /     /   {__ ノ_/
                    |    |\    ̄\              _              r⌒ヽ
                     |    |   \    |        ┌──-/// ┌‐┐ ┌┐      /  ノ
                    /    /    .|   |        └-  / ̄ . └‐┘//      / /
                      /    /     |   |_         / /    ┌─' /      , ァ"~
                  /    /     (___)         ̄     .  ̄ ̄     (_ラ
                 (___)
─────────────────────────────────────────────



.


115 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:16:05 ID:cJPnHjM60



───────────────────────────────────────
        _   _         ___
      (´  (´      _,. '´      ̄`、
      `''ー-`''‐--  /          \
              |                |
      _   _       ノ、  {  ヽ    r  ァ /
    (´  (´     /  `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'´`ヽ
    `''ー-`''‐-- /   ,イ  ` ‐--‐'´  ノ    |
            /    / |          / ´  /
          Y   /  l        |゙';‐-,〉''|
          |゙';‐-;;,〉  |        `'''"´ ,.;;l ::::::::
          `'''"´ .  |      |    イ'::::::
                  |     厂|     l:::::
                 l    /. l     |:::
         ,/´ ,/´   ヽ、.,,_,ノ  l     ヽ、
        /   /           `ー---一
        !     !                          _/\/\/\/|_
       |    |          ト VVVVVVVVノ\     \          /
   .     !    l           \            \   <   んがっ!  >
       |     ヽ           ヽ             \  /          \
       l,      ヽ、       ⌒≧x   /^^\/ \ \  ̄|/\/\/\/ ̄
        ヽ      `゙''ー-、,_    彡  〆  _ノ  ヽ、_ \ :i|
         ヽ、           イ 从§;;;;;(>)  (<) 从ヽ n /^, /人
           `゙''ー-、,_    人  乂イ§  u|::|(_人__):| |   l  .^-,           ,イ ,イ
                   \ ζ^ヽ \   |::| |++++|:|/  ゝ  えノ  /   ,.イ  ,, レ .レ
                    )  ヾ ど,       ̄ ̄     ̄  /   (    | |/ .!     __
                 - <    `´ ̄ヽ         K-ー'     >  ./ ,/! |   /´ > ,.イ
                            \ -      V          レ'.| | .| |   ´ ̄ ./_/
                    )         >      〈___     (    | | .|/       .//
                   /^       /   へ   f   ヽ    ^\  |/      //     ,イ,イ ,イ
                         __,∠   /   \ l   /               |/      レレ //
                        〈、   /      `ー ’                        /'
                          \、__ノ
───────────────────────────────────────



.


118 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 22:16:54 ID:.H5ii3xo0

おお、強い!


116 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:16:33 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃     ……ねぇ、アタシの眼じゃよく見えなかったんだけど……
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        もしかしてアイツ、ギャル夫のパンチ避けた?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
._,,.-‐''" ヽ::::::::::::::、          ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐‐‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::::ノ ` トイr--メ.:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i       弋::ノイ.:.://
         ヘメ、ト、 u        イ:.:イ `    し、信じられません……
           i;ヾ!;ヽ   ̄   ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ─ <:.:.:.i       今のギャル夫の攻撃は、「マネカタ」の身体能力で反応できる筈が……
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/    `从ソ        まして、カウンターで投げ飛ばすなど。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



.


117 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:16:50 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    ……って、呆けてる場合じゃないわね。
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `     /|:/      エリヤ、こっちも援護しましょう!
                      从ヽ   マ二)  /从
                        ≧ト . _ . イ´        ギャル夫、魔法を撃つから一旦離れて!
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










             ト VVVVVVV_ノ\
              \           \
              ハ            \
            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
               彡  〆 |::|   |::|  \ ヽi
              〃 ハ u \    /\ l  |   ふ、二人とも待つッス!
            . ル从§ (●) (●) ヾ  |
              乂§  |:(__人__)::| u 从イ    ……この人、たぶんオレたちを殺す気無いッスよ。
                \ |::|     ::| /
                /  |:::::::| |:::::::|   i
               l `;  彡   ミl   |
             ,-''"/ / /:::/.....\:l   | ーー ‐、
              ー、_ノ_) ====i   |:::::::::::|   l
               /::::::::::::::::::::::::l   l::::::::::::| ノ
              , ':::::::::::::::::::::/ ;|  ;l k'  ̄
            〃____/ ;;;;|   |   ヽ;;;;;;;;;
           ヽ     / ;;;;;;;ノ   ヽ、ー”;;;;;;;;;
            `ー--‐"  ;;;;;;;;'⌒ヽ、_、_>;;;;;;;;;;;;;; 
                    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   < ムクッ



.


119 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:17:20 ID:cJPnHjM60



                 ___    ┛┗
              ..::´::::::::::::::::::、ミー┓┏
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ヽ  ノ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}    なに言ってるの!?
            \ ||/     ___   ノ
            ノー  U    -   /       たぶんも何も、今、刃物持って襲い掛かってきてるじゃないの!
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










       ト VVVVVVV_ノ\
        \           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
        彡  〆 |::|   |::| U\ ヽ
       〃 ハ  \    /\ l  |  確かにそうッスけど……でも、攻撃に殺気が殆ど籠もって無かったんス。
      ル从§ (●) (●) ヾ  |
         乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ……サカハギさん、あんたオレたちを適当に追っ払うだけのつもりだったんしょ?
         \.|::|.      |::| /
         /           \    オレはアンタが殺人鬼だって聞いてたんスけど……もしかして理由が在るんスか?



.


120 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:17:40 ID:cJPnHjM60



       ____
     /      \
   /         \    …………お前、本当に悪魔か?
  /  (●) (●)   \
  |     r───-、     |  その言い草……まるで人間だな。
  \               /









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ ヽ
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ―   ― Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   気が付いたら悪魔にされてただけで、数日前まで人間だったんスよ。
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/     オレはギャル夫、悪魔たちからは「人修羅」って呼ばれてるッス。
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


121 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:18:06 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \      ……そうか。
   /         \
  /           \   「マントラ軍」の悪魔が家族の心配などと変だとは思ったが、どうりで……
  |     (ー) (ー)   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/










           ____
         /      \
       /         \    ……オレの名は【キル夫】だ。
      /        (●) \
      |       (トェェェェェェェェ  アサクサの「マネカタ」どもと「マントラ軍」からはサカハギと呼ばれているがな。
      \      \ェェェェ ,
      /           <
 【キル夫】(サカハギと呼ばれるマネカタ)



                           ●

                           ●

                           ●



.


122 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:18:30 ID:cJPnHjM60



~5分後~




           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ー    ー\ l  |   ……ってなワケで、交換条件としてアンタを確かめに来たんスよ。
         ル从§ (●) (●) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   だから、オレたちは「マントラ軍」ではないッス。
            \.|::|.     |::| /
            /           \










       ____
     /     \
    /         \
  /     (ー) (ー)\   そうか……家族を助ける為にか。
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  .〉     ∩ノ ⊃  /   それでオレを確認にな……
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /



.


123 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:18:57 ID:cJPnHjM60



         , '⌒>',ィ‐-γヽ,_、 , _
             / /" `ヽ ヽ:.:.; :ヽ
         //,'/__ /:.人ヽハ 、:.ミ:ヽ
         〃 {_{ノ 彡/ `ヽリ| l |ミ i|   それはともかく、アナタなんだって通り魔なんてやってるの?
         lイ小l●    ● 从 | i/
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃iミ´>   まさか、本当に気が狂ってるとかじゃないわよね?
        /⌒ヽ | ヘ  ゝ._)  Uj /⌒i
      \_\__>,、__, イァ/  /
.        \:::/ /:::::::::::ヽ {ヘ:::::/='ー―=ー、
         `ヽ< :::::::::::::::::::ヾ  /    / ⌒ `ヽ









           ___
         /     \
       /        \    ……狂っているさ、こんな世界になっちまった時からな。
     /           \
      |   (●)  (●)   |  こんな何もかも変わっちまった世界で、
     \  fェェェェェェェェy   /  正気で居られる方がどうかしている。
       /          ヽ



.


124 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:19:18 ID:cJPnHjM60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´  ……キル夫といいましたね?
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l       アナタ、もしかして元の魂の記憶を?
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、









       ____
     /      \      ……持ってるよ、何故かは解らんがな。
   /         \
  /   (ー) (ー)  \   人間として生まれ育って、おそらく死んだ瞬間まで憶えてる。
  |   (トェェェェェェェェイ)   |
  \  \ェェェェェ/   /   まったく、ふざけるのにも程がある話だぜ……自分なのに自分じゃないなんて。



.


125 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:19:40 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_   やはりそうでしたか。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      しかし、何故アナタだけに生前の記憶が在るのか……興味深いですね。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/









          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从   じゃあ、もしかして、さっきの投げ技や体術は
            乂イ§   |::(__人__)| |     人間だった頃に修めたものとか?
               /     |::|` ー´ ||/
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


126 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:20:07 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \     ああ、柔道と合気道を少々な。
   /         \
  /           \  そういうお前は空手か何かだろ?まだ荒削りだし未熟だが、良い気迫だったぜ。
  |     (●) (●)   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |   ははっ……すっかり翻弄されたッスけどね。
         ル从§ (⌒) (⌒)Uヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   パワーとスピードは、人間の時とは比べ物にならない筈なんスけどねぇ。
            \.|::|. `ー´ |::| /
            /           \    アンタ、人間だった頃もよっぽど強かったんしょうね。



.


127 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:20:28 ID:cJPnHjM60



           ____
          /      \     いや、生前のオレは、柔道も合気道も精々ニ段止まりの凡庸さだったよ。
        /         \
       /   (●) (●)  \  ……だが、どういう訳かこの体に生まれ変わってから、
       |   (トェェェェェェェェイ)   |  特に反射神経というか感覚が信じられないくらい鋭敏になっているんだ。
       \  \ェェェェェ/   /
      /´ ̄          ィヽ
      〈    ̄  ‐- 、       i









                            _
                               //⌒ヽ
                  ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
                r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
                〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
                {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
                 〈_  ´i:.ノ// /         /      反射神経ねぇ。
                  ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
                  /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、    じゃあ、さっきのも視えてたワケじゃなくて、
               |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ    感覚的なもので対処してたってこと?
                (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
                  i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
                 |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
                |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、



.


128 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:20:51 ID:cJPnHjM60



       ___
     /      \       ん、「攻撃を肌で感じた」って方が正確かな?
    /(● ) (● ) \
  / (トェェェェェェェェイ)   \    ……まぁ、さっき避けたのには他にもタネが有るんだけどな。
  |  l^l^lnェェェェ/     |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./      ……私も「マネカタ」の全てを知っている訳ではありません。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ      ですがアナタのその能力、明らかに「マネカタ」の範疇とも思えません。
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\           はたして、如何なる理由在っての事なのでしょう?
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



.


129 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:21:10 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \      さぁな、オレが聞きたいぐらいだよ。
   /         \
  /    ::::::::::::::::::::  \    ……だが、もしかしたら悪魔がくれたのかもな。
  |     (●) ::::::::::   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/    オレの……「キル夫」の最期の願いを聞き届けて、「復讐」のチャンスを。










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |   復讐……ッスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


130 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:21:32 ID:cJPnHjM60



       ____
     /      \
   /         \    そうだ……妖精のお嬢ちゃん、オレが何故こんな事をしているのかと聞いたな?
  /        (●) \
  |       (トェェェェェェェェ   ……「復讐」の為さ。オレの娘を誘拐し殺害したあの外道と、
  \      \ェェェェ ,    その外道に信服し従う糞どもへのな。
  /           <









               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
           7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
           {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
         ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
           |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
            ノ个             }::}ノ   「あの外道」?……それって、もしかしてあのフトミミのこと?
             乂ハ     `     /|:/
             从ヽ     -   /从     確かに愛想は無かったけど、そこまで悪い奴にも見えなかったけど……
               ≧ト . _ . イ´
               _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
           ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
           /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
          ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
     __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


131 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:22:52 ID:cJPnHjM60



       ____
     /      \      ……「東京都連続殺人事件」……
   /         \
  /  (●) (●)   \   毎日ニュースを賑わせていたからな、人間だったんなら聞いた事ぐらいあるだろ?
  |     r───-、     |
  \               /










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  ああ、その事件なら憶えてるッスよ。
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |  去年、都内の17歳の高校生が子供からお年寄りまで、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   10人以上の誘拐殺人を無差別に繰り返して逮捕された……あ……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


132 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:23:04 ID:cJPnHjM60



==========================================

┌─────────────┐
│    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        .│
│  / /" `ヽ ヽ  \     │   『そ、そうだ!
│  //, '/ / -:::::-_ハ、ヽ     .│
│  レ!/(::::::(●)::(●)从|i|   ....│   あの人、ネットで晒されてた連続殺人鬼と同じ顔ッスよ!!
│   .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    .│
│   .|      `⌒´  |    ....│   できない夫に見せて貰ったの憶えてるッス!』
│    ヽ         /      .│
│   /   ヽ     ノヽ    ....│
└─────────────┘

==========================================



.


133 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:23:28 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      でも、何でそんな狂人の「マネカタ」が
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '       あんなカリスマリーダーに成っちゃってるのかしら?
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_       「マネカタ」ってオリジナルの「想い」が原型なんでしょ?
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










            ____
          / ::::::::::::::::\
        /  :::::::::::::::::::::::\    そんな事はどうでもいい!!
       /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
       |    (〇)::::(〇):::::::::::|   目の前に、気が狂うほど憎んだアイツが居るんだ……
       \  (トェェェェェェェェイ)::/
       /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ



.


134 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:23:55 ID:cJPnHjM60



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :\
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :ヽ
: : : : : :.; '⌒`: : :: : :: : :´⌒ヽ: : :: : : : : l   あの身を焦がすほど憎悪した相手が……憎い!憎い!憎い奴が居る!!
: : : :.:;;(w○w): : :: : :(w○w): : :: : : : |
: : : : : : ´'==´: : :: : :: : :`==´: : :: : : : :/   オレは……オレの全てを奪った奴を殺す! 奴に組した者も全て殺す!!
: : : : : : . ..: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :: :/
\: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :/     何を引き換えにしても必ずだ!!
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´: : :: : :: : :: :\
                      < クワッ!










                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/     ||| }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ
                      乂ハ     `    U/|:/
                      从ヽ     -    /从    うっ……
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-
                                            < ゾクッ!



.


135 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:24:11 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl     。o(この者、もしや……)
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、      ……それが、「キル夫」という人間が抱いていた
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_   その少年への殺意や世界への怒りの「想い」ですか。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      哀れな……
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、










       ____
     /      \     天使の哀れみなど要らん。
   /         \
  /.  (●) (●)  \  ……オレがあの娘の無事を、何度お前らの神に祈ったと思う?
  |   ハェェェェェハ   |
.  \  |_ェェェェェェェェ_|  /  今さら何を言われても慰めにもならん。



.


136 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:24:32 ID:cJPnHjM60



          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘゞゝト、i‐、.:.:.:./.:,/:::./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___,ィヽVl/'_, 、.__ ///i |_   ……神は何時も私たちを見ておられますが、
    ̄lイヘト、l l  _,    __ /∧lィ_! ̄  人の運命それ自体に関わる事は本当に稀です。
    弋∧i t   ̄      ̄ イ//_/
       ヽi ⊂⊃ - ⊂⊃イ/     ですがキル夫、それを理不尽と思ってはいけません。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、         神のお考えは、我ら如きで推し量れるモノではないのですから。










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ  ……でも、ならどうしてオレを殺そうとしなかったんスか?
          〃 ハ  ─    ─\ l  |
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  「マントラ軍」に組していないとはいえ、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   オレたちはどっちかっていえばアサクサ側ッスよ?
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


137 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:24:58 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \       ……最初は殺すつもりだったさ。
   /         \
  /           \   だが、姉の身を案じるお前を見ていたら……自然と殺す気が失せた。
  |     (●) (●)   |
  \    r───-、  /   確かに我ながらどうかしてるよ、こんなリスクを犯すなんてな……










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ   キル夫さん……
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


138 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:25:53 ID:cJPnHjM60



       ト VVVVVVVVノ\
        \            \
          ヽ             \
        ⌒≧x   /^^\/ \ \
         彡  〆  |::| )  |::| ∨
          〃 ハ     _ノ   ― Y:i|   ……オレも姉さんの件があるからトールたちに嘘はつけねぇッス。
          イ 从§  ( ー) (ー) |从
         乂イ§   |::(__人__)| |    でも、オレたちがイケブクロに戻るまで1時間は掛かるだろうから……
            /     |::|    ||/
         /      》》    《ヽ     ……オレの言いたい事、解るッスよね?
          | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ









       ____
     /     \
   /         \    ……解った。
  /     (ー) (ー)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |  今、トールと戦って深手を負ったり死ぬワケにはいかんし、
  \   \ェェェェェ/ /   このまま「マネカタ」どもの皮を剥ぎ続けても、フトミミを釣り上げる事は難しそうだしな……
  /           |



.


139 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:26:17 ID:cJPnHjM60



           ___
         /     \
       /        \
     /           \
      |   (●)  (●)   |    ……フトミミに伝えてくれ。
     \  fェェェェェェェェy   /
       /          ヽ     オレが「必ず会いに行く」と言っていたとな。
     /            \
   /   ィ          r   \   じゃあな。
    |   `||           |ヽ  ヽ
    /⌒ヾ|          | |,  |
   ヾ___,ソl          │(、__,ノ
       |          |
                  < スクッ



                           ●

                           ●

                           ●



.


140 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:26:35 ID:cJPnHjM60



                            _
                               //⌒ヽ
                  ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
                r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
                〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
                {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
                 〈_  ´i:.ノ// /         /   ……行っちゃったね、あの「マネカタ」。
                  ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
                   ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、  何だか、聞き分けが良くて拍子抜けしちゃったけど。
                ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
                (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
                  i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
                 |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
                |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、








          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ー) (ー) |从  うん、そうッスね……
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


141 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:26:58 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂   でも、意外だったわ。
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ    ギャル夫なら、「復讐なんて止すッス」とか
                      乂ハ     `      /|:/    「あの人を殺しても娘さんは喜ばないッスよ」とか言って
                      从ヽ     -    /从     アイツを止めるかと思ったのに。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐- .











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ   ……止めるなんてできねぇッスよ。
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |   だって……あの人の気持ち、痛いほど解っちまったッスもん……
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


142 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:27:17 ID:cJPnHjM60



       ト VVVVVVVVノ\
        \            \
          ヽ             \
        ⌒≧x   /^^\/ \ \
         彡  〆U _ノ   ―丶 ∨
          〃 ハ  ( ー) (ー)Y:i|   たぶん、あの人にとって娘さんは本当に大事な人だったんス。
          イ 从§  |::(__人__)| |从
         乂イ§   |::|    |:| |     オレだって、そんな大事な人を……姉さんを誰かに殺されなんかしたら……
            /          /
         /      》》    《ヽ     ……オレにはあの人の復讐を、止めたり責めたりする事なんてできねえッスよ。
         | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '      ギャル夫……
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′



.


143 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:27:38 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_  あの者も、家族を心配するアナタに共感する部分が有ったのでしょうね。
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     だから、アナタを敵と見なすことができなかったのでしょう。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、
             },、 i:::::/::::/
          //ll iヽ_l:::/ヽ











           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ           \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::| u \ ヽ
          〃 ハ  _    _\ l  |  結局、何も解決はしてないけど、フトミミさんとこに戻ろうッス。
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   ……これは、オレたちが首突っ込んでいい問題じゃなさそうッスから。
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


144 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:28:09 ID:cJPnHjM60



                  _
                     //⌒ヽ
        ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
      r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
      〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
      {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /   ま、元々アタシたちがどうにかしなきゃいけないワケでもなかったしね。
       〈_  ´i:.ノ// /         /
        ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /     スサノオの依頼も十分果たしたし、
         ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、  アタシたちに怪我も無かったしで結果オーライかしら。
      ,.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
      (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
        i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
       |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \
      |:l:.:.:.:.:.:.:ゝ ヽ:.:.i     ヽ、
      メ、:.:.:/⌒ヾ、ヽ:.i    、,)









         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ    '_
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i    、
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `   そうですね……ん?
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



.

177


145 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:28:34 ID:cJPnHjM60



─────────────────────────────────────────────────
              ┌个┐| | .:_|___.                   |_.' |.::.:..:.[]::.:.::.:|
              | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─┬i            .//| |.: :.: :.:.:.:.:..::|
\             | └┴┬i::::|==========|: : ://__.        rr┴' | |.:.::.[]:.:: : : :|
:::...>、           |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :.[_[;;::::.}      ]:]:: : | | :.:: ::..::.::.:::.|. ┌::、     /〉
‐く.:〈     ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : : : :〉〉       //:: : :| | : :.::.::.:::..::.:|-┘:::L、r‐//┐ ,、
.: ::L└i   _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : : :〈〈      rく〈:.;:..::..::.::_|:::/Tl::::;二/ム、|  || _r─
::.: :└i:| //\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : : : 〉〉      | :.|::|..::./rへ/レYL;/:>┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
工エ::「 /〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.: :: :〈〈       ̄└─匚|__| :| |:L:冂_| :|┐ .::::::ir==| |.:::.「.:[]:}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮  ̄               。l;_|_|ー|__!」====l|_<>‐┴─|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥!        rュ    ´         '                 ルヘ:
 ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ - _____‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──- 又";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙`Y ,, . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -======/7";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r==、}h|lー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
  __., -‐''"´       _,.    |;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   lルt,}──────一         -──── ─ ─ ‐ - - z .,_
 ̄                   k;l>ー―=、;;;;;l、 0 lハ;} ,.       _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
z=z_  - , . - r7     __,. -‐'´\レ" ゙̄'ヘ、"'\__/ / ''' '´ ̄ ̄`',         ' " ゙      z=z_,. -=z、  , . : ::
   _,.  - ──一' _   ̄`'⌒"` ,、Y"^゙`\\ リy:/ ∠ ……  l       _, .  -─ '"'^`'" ̄: : : :_,. -‐': : : : :::::::::
'"´   ‐- ''"~´ ̄            !"::;;;;;;;;;`レ゙//,.  - \    /  '"~´'" ̄: : : : : : : : : : : : :- ─ -: : : ::::::::::::::::::::::::::::
 ─ z _____   _ ,. - ─ - z _〆::::::;;;;;;;;;;;ス/‐- 、, ...,,::::   ̄ ̄一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──/:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;⌒~~=ネ、 . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -        /'|:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;::::::f  `ッ、─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
           ジ~ッ > rt" :l:::::::::::::::::::;;;;;、;;;;;;;;;;;::::::|:::/" | ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
─────────────────────────────────────────────────



.


146 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:29:02 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/ ̄`  ´ ̄``ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ'  ノ::リ`
                     ノ个              }::}ノ     エリヤ、どしたの?
                      乂ハ     `      /|:/
                      从ヽ     -    /从       誰も居ない方をジッと見つめて。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐










.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´   気配を感じた気がしたのですが……気のせいかもしれません。
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l        では、フトミミたちの所へ戻りましょう。
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


147 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:29:21 ID:cJPnHjM60



~アサクサ・ミフナシロ前~




─────────────────────────────────
      |   l――‐、 `!
      |:::::::::''|    |  |
      |:::::;'' <  r ´ ̄ ̄ ̄!i!i!i!i         ,,,;'';,
      |::''メ;.,|  | ,ニニニ!i!i!i、|     ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
      !i!i!i!i;,.|  | | \|;;;;;;;;;;;;| |   ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,;;'',
      !i!i!i  |  | |>;;;;;;;;;;;;;;;;;!ii!     . .  . . . .....,,,;;''
      !i!i ;.,;|  | `ー――‐´i!     ..: : :::::,,,;;''
      !i   .|  | ,ニニニニ、!i
      |   |  | |:;;;;;;;;;;;;;;レ' !i!
      | #; |  | |\∧__;;;;;;!i!i
      |   |  | `ー―"!i!i!i!i!
      |#;  |  、 ___i!i!i!i!i
      |   |    |  | i!i!i!i   '''''''; ; ; ;;  ;'',,,, ; ; ;''''';;;;;;;;;'''''';;;;,
      |  #;|――‐'  ! i!i!i        "': : : :::' '''''''''''''''''''-,,,,,,,,;;'''''''''''',;;''
      |   |―――‐!i!i !i'
               !i!
               .!i
─────────────────────────────────



.


148 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:29:42 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   ……なるほど。
 .|      `⌒´  |
  ヽ         /    残念ながらサカハギには逃げられた、というワケだね?
 /   ヽ     ノヽ









           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |   ……申し訳ねぇッス。
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ    話で聞いてた通り、そうとう手強い相手だったッスから……
            \.|::|.      |::| /
            /           \



.


149 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:30:00 ID:cJPnHjM60



      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶
     │     /\     .|   で、でも、アイツに会って生きて帰れただけ凄いですよ!
     |    / ̄ ̄\  U |
      \           /   今まで、何人の悪魔たちが返り討ちに会ったことか……
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |











  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|           |   ふむ……ギャル夫くん、サカハギは何か言っていたんじゃないかな?
  ヽ        ./
 /   ヽ     ノヽ   おそらく、ボクに向けて個人的な伝言か何かを。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



.


150 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:30:22 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|
            乂イ§   ( ●) (●) |从   ……「必ず会いに行く」と。
               /     |::|(__人__)/
            /      》》    《ヽ     それだけッス。
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
 レ!小l (ー) (ー)从|i   「必ず会いに行く」、か……
  .|   (__人__)  |
  .|     `⌒´    |    陳腐だけど脅し文句としては常套句かな……
   ヽ         /
   /ヽ       ノ\



.


151 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:30:54 ID:cJPnHjM60



─────────────────────────────────
         -‐ '''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、    -=ミ  -=ミ
       /    /"    "` , ヽ \    ノノ   ノノ
     〃  / / / /ィ /" `ヽヽ\ヽ\ /   /
     /   / / /  / /  ::::乂 ゞ ヽハ、\
    ./   / / / ./ /  ノ::::::::::: ≧=- \ヽヽ
    j   / /i  | | ー-=≦z ::::::::: {:● ) 从从|i
   / /! 人/! 人/  ( :●  }::::::::::  ヽ.  |                 ・ ・ ・ ・
   / イ! 人/: 人/           }    }  |   ……そう思わないか?サカハギ。
      |::::::::::       (___ノー‐―'  |
      |::::::::::                 |
      |:::::::::::               /
    .  \:::::::::::                /         r‐‐┐
        \:::::::::::::::::         / ̄ ̄ ̄\  く,勹|    m   
         >::::::::::::::::::::::-――           く_ノ.    _川_,n 
        ∠::::::::::::::::::::::                     └'^ー‐'   [][]「l
      ∠::::::::::::::::::                                くノ
─────────────────────────────────



.


152 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:31:14 ID:cJPnHjM60



            ____
          / ::::::::::::::::\    _/\/\/\/|_
        /  :::::::::::::::::::::::\   \          /
       /   :::::::::::::::::::::U::::::\  <   !!    >
       |    (●):::::::::::::::::::::::::|  /          \
       \  (トェェェェェェェェイ)::/   ̄|/\/\/\/ ̄
       /   ..:::::::::::::::::::::::::ヽ










─────────────────────────────────
               i|||l::::ill:::/ .>i、:::i:::::::::|::、
                iliil:l|iilll  ハililiヘ:|;;;;;;i::::::i
                   ll:|:||:|||   ハliiillli> --|-'
              i|l||i:::ll    `ー´
                  |!:l::|:|            \__人_人从_人_人从/
                :!!||:|i             _)                (__
             !lii l               )   チィイイ!!    (
                !i||              ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                  l|               /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

         jヽ人し/
        ソ    て < バッ!
─────────────────────────────────



.


153 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:31:36 ID:cJPnHjM60



                 ___
              ..::´:::::::::::::::::::、ミー‐::.、
               .::´/::::::::::::/::::ヽ::::::::::::::\
           /::/::::::::::::/:::::::::::::∨:::::ヽ::::::ヽ⌒' ,
           ′|::/:::/:::::/::::/`~气:::::',:::ハ
           __{:://:/::/彡::/    }:::::::}:::::}
         /  /彡::{:./:  ̄~ヽ  ノ  \\乂
         \   | ::|{ `  ̄ ̄   ̄ ̄  }ハ}   えっ?
            \ ||/ U  ___   ノ
            ノー       -   /      な、何が……
              乂`ァ      <
               /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ










              /レVVVVVVVV イ
            /           /
           /         ∠
         / /ヽ/^\   x≦
           |   ヽ、,, __ノ  〆 N ヾ   なっ!?キル夫さん!?
        .从 (○) (○) §从ゝ
       .  i |:(__人__):| u §ル    いったい何処に隠れて!って……
          \|:|` ⌒´|::|  ,r'
           /       \



.


154 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:32:02 ID:cJPnHjM60



───────────────────────────────────────
                      i|i|      ||
                      ||
                         ___       i|i|
               |i|i!     _,. '´      ̄`、    ||
              i|i|     /           \
               ||    |     ,-、         |       ∠二>  ,.イ
                      、   {  ヽ   r  ァ /      ∠二> /_/ ,イ二.7  ,イ,イ ,イ
                     `ヽ、  トェェェェェェイ /   ||i!   .    //  _/ム_  レレ //
                     (  \       '´`、   |i|     //    '──‐'    /'
               |ii!    |\  \  ,___|  |   ||      |/
               i|i|    |  \(三___/
               |     |    | i    /     |i|i!
                     |    r| i  /__    i|i|
                    /   ,r-| iヽ f   ヽ   ||
                 __,∠   /  レ'  l   /
                〈、   /        `ー ’
                 \、__ノ                     |\     /\     / |   //  /
                                        _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                        \                     /
                                        ∠   フトミミさん!危ない!!    >
                                        /_                 _ \
                                         ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、             //   |/     \/     \|
                   / /" `ヽ ヽ  \
                   //, '/ / -  -_ハ、ヽ
                   レ!/(   (ー) (ー)从|i|
                    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃    ,'´ ̄ ̄`',
                    .|      `⌒´  |    ∠ ……  l
                     ヽ         /     \    /
                    /   ヽ     ノヽ        ̄ ̄
───────────────────────────────────────



.


155 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:32:18 ID:cJPnHjM60



─────────────────────────────────
         l⌒l     /⌒!
         |  |     /  / /⌒l                __n__00  
         |  |   /  /  /  / ...:::::::::::::::::::::::...     └冖 !  
         |  |  /   /  /  /..:::::       :::::..      くノ  
         |  |  /   /  /  .::::::   ..:::::::::::..  ::::::.      __   
         j   ∨  l  /  /::::::  .:::     :::.  ::::::     └┘/7 
 ( ̄`ヽ   /   ‐- .._レ′  |::::::  ::::     ::::  ::::::      <ノ 
  \   \_/       `ヽ、  ::::::  :::.    .:::  ::::::
   ヽ      \         /::::::   :::::::::::::   ::::::
    `、     ヽ       /   :::::...................:::::
      ヽ     |      /
       ヽ、__        /
      /   ̄        /   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
     /   /    ┬‐'"    |  ……大丈夫、全部「視えてた」から……雷よ来たれ…… |
    ,′       /        \__  ____________________/
    /        /   < スッ      ∨
─────────────────────────────────



.


156 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:32:40 ID:cJPnHjM60



─────────────────────────────────────────
   l `ゝ,, _:┐  ∥
::、  ヽ   ゝ广l   」1
::'゙'、 `'、  ′ ヽ ..l亅l                            /|
 `∟..ヽ..    `''冖 │                      \_WW/ |WWWWWWWWWWWWW/
  .)⊥゛       │         ... 、  ....、  ..__      ≫                   ≪
   ヘ 、       | |     .ノ’ '、 ,' ハ、 |〕│ヽ、    ≫   ぎゃぁあああああ!?   ≪
     ヘ 、       1 コ_ `イ!    l  | `      ≧  ≫                   ≪
   `゙ヘ、        ヽ ` 「''i..i¦    ゝ ー、       {  /MMMMMMMMMMMMMMMMM、\
  、 .`ゝ 、           |/, -‐ニ7フ'''‐ -... 、     /
   `ゞっ- ニ┐、      : / <:/  トェェェェェ ヽ   /___
     `ゝ、 /゛.        'l.  ′   |i!i!i!i!i!|  } ,-、.    ゝー
        ''‐ 、..,,_     ,ハ  U   }i!i!i!i!i| ノ ¦ ヽ   /
      _、   :=^'      }_    ヽエエエー=r ム   〉  `ゝ      ,/   ,イ ,イ
      'ユ^+、 、 '、       ≧            ハ /   <   . //  ////
      ハ〉  `ー.. '、       ='´ ,          ハ´       \  //  /| レ レ
      :ヘ、   `′`    .メ辷イ            ハ       ハ //   l |  .    _,.. -z_
       ヘ、           i斗           }      〆  //   l |   ,.ニ7./二._
        'ヘ彡‐--、.        ` マ          ノ    孑   //    l l   'ー''7/´ ̄
            │        ゙r .__,,__..-、ヽ.     \ //   Y     /
          _,,_ 〉       / ノ′  ̄   `ー ワハ < /
         ヽ、      .、;'_ `´  _       ソ’ .  \ゝ         ,/   ,イ ,イ
           ゝ_....-‐'‐ヘ │^'l、....     / ゙'、∨'∟ ..iit亅 │    .   //  ////
           ′  :'> 、 ヽ `|T゙l 、   /"                  //  /| レ レ
             ヽ 厂 `ゝ'、 '|1 `1   |                  //   l |  .    _,.. -z_
                       ゙l    ゙ 、               //   l |   ,.ニ7./二._
                      !    '1                 //    l l   'ー''7/´ ̄
                         ゞ   !,'                  //   Y     /  '__ノ>/〉
                            ヽ   |「              /              ¨j/´〃
                           ヽ  '、                             rァ
                           丨│'1
                   n     / /´
                   l^l.| | /) ,;:''"゙゙''::., -‐
   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、        | U レ'//;:   ::; -―=
 / /" `ヽ ヽ  \     ノ    /:、,. ..,:,::'、
 //, '/ /_  __ハ、ヽ rニ     |   Vi`  
 レ!/(   (ー) (ー)从|i|  ヽ   /   ________
   .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  / `  /  /             \
   .|            |  /  /.  < ……マハジオンガ!  |
   .ヽ         /,/  /     \_________ /
  /   ヽ     ノヽ  /
─────────────────────────────────────────



.


157 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:33:10 ID:cJPnHjM60



───────────────────────────────────────
      \\ ,-、               | || !| |
\\   、,、-' 弋              | || || | !   ./
  _,、-'      (              ! || || | |   / / ̄ ~/   __ __
 (_          ヽ、           | l ! || | | /  /   /___./  //  /
.\ ¨''、         ヽ、,_          || !| |  // ̄ ̄       /  //  /
    ヽ、    _,、―--、,__)         ! | || .|  //__   __ /  //  /
  \\.ヽ  /      ヽ\\      || || |  /    /   / / /._M//_M/
    \ | .f         }        ! | || | /    /   / /   /
      し|  _      ノ  \\   | |  !  !    /   / /   /
       .ゝ_____,、-'´      .\  !   !    ./   / /   /
       \\    ¨¨・・,\\    |   | /  /μM/ /   / _ _ _
        \   \   ;,       . し'/      ./μM/ / // // /
                      。     て_         ./M//M// /
                           て                / /
                          ~               /M/
───────────────────────────────────────










  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆 |::|   ) |::|\ ヽ 
  〃 {_{   \   / │i|
  レ!小§ (○)  (○)U | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ   キル夫さん!!
    /⌒゜   ー‐   ィヽ
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


158 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:33:26 ID:cJPnHjM60



            ____
           / ; #; u, \
         /  u.      \
        / (○)ililili(<).u  \
        |   r───-、  ;#;  |
        \            /    くっ……お、オレが忍び込んでいたのまで
        :i     U ;#;   ):   「予知」してやがったっていうのか!?
        :|   !    /____/i:
       :,-| . |ー-、/ ゞノヽ .|:   なんて野郎だ……
      :{_ i、___,l   |    、 |:
       :)ソ(___i)---|    |.ノ:
               ゝ-i--i´ ;
                `-゙    < ムクッ








      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/ /ー  ー、_ハ、ヽ   キミがギャル夫くんと話し終わった後に、
    レ/) (●) (●)从|i|   この場所で襲いかかってくる場面が視えたのでね。
   / .イ'⊂⊃(__人__)⊂⊃
.   /,'才.ミ)     `⌒´  |    ……油断を誘う好期と、ボクを暗殺しに来たワケだ。
.   | ≧シ'         /
 . \ ヽ  ヽ     ノヽ



.


159 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:34:35 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / _   _ハ、ヽ  サカハギ……前にも言ったが、君は「キル夫」本人じゃないし、
レ!/(   (●) (●)从|i|  ボクも連続殺人犯の「やらないのか夫」でもない。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |   ……ボクらは、「サカハギ」と「フトミミ」という別の個なんだ。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ   いくら原型とはいえ、他人の「想い」に振り回されるのは愚かしいとは思わないのかい?








           ____
         / ; #;  \     ふざけるな!!
        /    )(    \
      /   (○)ilil(○)  \  ……例え「マネカタ」になろうと、オリジナルでなかろうと関係ない!
      |   (トェェェェェェェェイ);#; |
      \  \ェェェェェ/   /  オレは「キル夫」が最期までお前に抱いた激情であり、憎しみそのものだ!!
    γ⌒           ⌒



.


160 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:34:55 ID:cJPnHjM60



                    ___
                 _,. '´      ̄`、
                /   ; #;      \ ))
               | U           ;#   |
                 ノ、  {  ヽ    r  ァ  /
            /  `ヽ、 トェェェェェェイ -‐'`ヽ
           /   ,イ  ` ‐--‐'´ ノ    |     だからお前だけは……娘の仇の一部であるお前だけは、
            /    / |       / ´     ,'     「キル夫」の一部であるオレが殺す!!
          Y   /  l  __,.、 /  ,.-‐''''‐、/
          |゙';‐-;;,〉二 ̄   \ ,イ    ,.;;l ::::::::   ……くっ!?
          `'''"´⌒`ヽ;;;:;::::...;;;::>|;    イ'::::::
                 |  ̄ ̄   厂|      l::::: ))
                l     /  l     |:::
                ヽ、.,,__,ノ  l     ヽ、
                       `ー---一' < グラッ









  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   アレだけの電撃の直撃を受けたんだ。
 .|          |
  ヽ         /     悪魔たち程は耐久力の無いボク等じゃ、立っているのもやっとだろうに。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |     ……解って貰えなくて残念だよ。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /



.


161 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:35:45 ID:cJPnHjM60



─────────────────────────────────
            l⌒l
        l⌒l   |  |
       ', ',    |  |
       ', \  |  |   , -、
  r- 、     \  ー'  ヽ  /  /         「……同胞を殺した罪は重い。
   \ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __
      ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ   その血であがなって貰うとしようか」
   r―――'   / /      l   |
   丶-----く         /   /     /
         \     /   ∠ _ ィ/
      スッ > ー一'  ̄ ̄  ̄
─────────────────────────────────









           / ̄ ̄ ̄ \
       ./  u.       \
      ./    (○)ililil(○)i  !!
      | u.  .(トェェェェェェェェイ)|
      \   \ェェェェ//   クソッ!オレはお前を殺すまでは……
     /  ⌒ヽ      (



.


162 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:36:03 ID:cJPnHjM60



────────────────────────────────
      |\     /\     / |   //  /
    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
    \                     /
    ∠ キル夫さん!早く逃げるッス!! >
    /_                 _ \
     ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
      //   |/     \/     \|
      ト VVVVVVVVノ\
       \            \
         ヽ             \-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
       ⌒≧x   /^^\/ / /" `ヽ ヽ  \
        彡  〆U|::|  ) //, '/ /- ヽ-ヽハ、ヽ    ____
       〃 ハ    \,三レ!小l:::: ( ー) (ー)从|i|   /      \
      イ 从§ ( ●)三(●|:::⊂⊃(__人__)⊂⊃  <   ……   |
      乂イ§   |::| (__人__|::::::::::  `⌒´   |    \      /
          \   |::| ` ⌒´:\:::::ヽ_,    ,/ ,_,     ̄ ̄ ̄ ̄
          / 》》     《 (⌒):::ヽ(_  (⌒) ヽ(_/
        /  |::::::::|   /:/ /::::     / / \ ) ( < ガシッ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.


163 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:36:34 ID:cJPnHjM60



        ____
      /u     \        お、お前……
     /     u  \
   / U (●)|l|l|(●)  \     騙して案内させたのにどうして……
   |    ───── u  |
   \ u            /
    /            ヽ










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     \   / Y:i|   アンタの復讐を手伝うワケじゃないッス!
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |     でも、アンタこのまま死んじまったらあんまりッスよ!
               /     |::|    ||/
            /      》》    《ヽ      だから、この場は早く逃げるッス!
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


164 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:36:48 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \
   /      U  \       …………すまん。
  /           \
  |     (●) (●)   |     フトミミ、その命預けておくぞ!
  \  (トェェェェェェェェイ)/
             










───────────────────────────
                 〃⌒ヽ //V/vV/V//
                  |:.:.   .:.V//|/|/|///
                   |:.:.:.. :.:.:|//,!/|/|//
                T  ̄  ̄!/|'/ト.'
                |:.:.  .:.:.;|/|'/!
                 ,イ|:.:.:. .:.:.;.;|/|'/!
                  |'/!:.: . .:.:.;:;:;l'/!/!
              ,イ'/!:;:;;:;:;:;:;:;:;|'/、.!
             ///ハ:;:;:;:;:;:;:;:イ'//ノ
               〃:.: ̄\>--.'一. ´
                |:::::.::.:\:/V//i/VV
            ハ;:;:;:;:;:;:;:;:V,'V/Vv',!
              T  ̄ ` V/V/V
         \_)   !:.:.:.: . .:.:VV/i
          ヽ   ハ:;:;:: . .:.:.:.:','ハ.i
           )    ヘ:;:;:;:;:;:;:;:;:;V !
         /⌒   \:;:;:;:;:;:;/
                   ̄    < ダッ
───────────────────────────



.


165 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:37:11 ID:cJPnHjM60



   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
 / /" `ヽ ヽ  \
 //, '/ / -  -_ハ、ヽ
 レ!/(   (ー) (ー)从|i|   ……サカハギはもう行った。
  .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
  .|      `⌒´  |    ギャル夫くん、そろそろ離してくれるかな?
   ヽ         /
  /   ヽ     ノヽ








           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  ⌒    ⌒\ l  |  あ、す、すまないッス。
         ル从§ (●) (●)Uヾ  |
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   フトミミさん、あのオレ……
            \.|::|. `⌒´ |::| /
            /           \



.


166 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:37:38 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  何も言わなくていいよ。
 .|           |
  ヽ         /    ……キミがサカハギに同情して見逃す事も、
 /   ヽ     ノヽ    あの場でボクを止めるのも、全て解っていた事だからね。
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /









             ..::´/⌒::、ミー、
         ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
          /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
         /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
         7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
         {::/彡:::/\,   ,/ `ヽ::、::i
       ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
         |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`    ……アナタ、「予知」でこうなるのを全部知ってたってワケね。
          ノ个             }::}ノ
           乂ハ     `     /|:/      知ってて黙ってるなんて、イイ性格してること。
           从ヽ     -    /从
             ≧ト . _ . イ´
             _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
         ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
         /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
        ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
   __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-



.


167 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:37:55 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ    黙っていたのは悪かったけど、
レ!/(  (● ) (● )从|i|  話して未来が変わったらサカハギは追い返せなかったかもしれないからね。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|      `⌒´  |    ……ボクとて、できるならあの哀れな男を殺したくはないさ。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ     奴も、早くオリジナルの因縁を断ち切ってくれればいいのだけど……










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x  〆/^^\/ \ \
             〃 ハ    |::|   ) |::|丶∨
             イ 从§  |:ノ   ―::| Y:i|   ……ということは……
            乂イ§   ( ●) (●) |从
               /     |::|(__人__)/     もしかして、アンタにも元の魂の記憶が?
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


168 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:38:28 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \    あるよ、殺人鬼だった頃の記憶もね。
//, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ
レ!/(   (-) (-)从|i|  ……信じられないかもしれないが、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  ボクの原型の「やらないのか夫」は自分の行いを心底悔いていた。
 .|           |
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ










==============================================
     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /"u`ヽ ヽ  \
  //, '/ /- ヽ-ヽハ、ヽ
  レ!小l:::: ( ー)三(ー)从|i|
    |:::⊂⊃(__人__)⊂⊃   「やらないのか夫という人間は、自身が受けた痛みを常に他者に発して生きてきた。
    |::::::::::  `⌒´ u |
    \:::::       ,/     そして、その発露の結末があの連続殺人事件だった……
    ノ::::::::::u      \
  /::::::::::::::::      u  \   でも同時に、本心の彼は人の温もりや優しさに憧れ、それを強く求めていたんだ……」
 |::::::::::::: l  u
 ヽ:::::::  -一ー~、
  ヽ::::::::___,ノ
==============================================



.


169 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:38:49 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/  _ノ  ヽ、_ヽハ ヽ
レ!小l (-) (-)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃
 .|           |   ……そして彼は、もし人生をやり直せるのなら、
  ヽ         /    今度こそ誰からも好かれる人間として生きてみたいとも願っていたんだよ。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |










         //__ ヾ, /ニキ'、-/ゞ,´ヘ
           //_ _ゞ‐=ニニ=-≦、=_ヾヽ、
         /ゞ/ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ=-´ |
.      /ヽ´ 'i ,/:.:.:.:.:.:.:.,:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ´i |
     /\ i ソi:.:.:.:.:i:.:./l/ト:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i`ノ
     十 , | |_.|.|:i:.:.:.:.|f‐=‐ォ从:.:.ハソi,イ|:.:.:| i
.       ヘ/ ソ|.:.:|:.:.:.:.杙::ソ ` .トイr‐刋:.:.:.|├
      \/..,| iヘ:.:ヘ,i      , 弋ソ./:.:.://
         ヘメ、ト、       イ:.:イ `     なるほど……その悔恨の念と、
           i;ヾ!;ヽ    ´`  ,イ:./      善性に対する憧れの「想い」がアナタという訳ですか。
         ,.ゞ=-、;:;:;:ゝ、_ ,.<:.:.:.i
        /:;:;:;:;:;:;:ヘ 、/     `从ソ
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.|.ヘ
         ,i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i.:i:;:;:;:\
.       ,l:;:;:;:;;:;:;:;:;:;/;ソ ;:;:;:;:;:;ヽ、
      ィ‐ナー-、:;:;ゝ';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::ト、
.     i     .|/;:;:;:;:;:;:;:;:;:,;;:;:::.:.:.:.:.ヘ



.


170 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:39:07 ID:cJPnHjM60



  ::::::  :: -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  ::::::  :/ /" `ヽ ヽ  \
  ::::  :://, '/ /_ノ  ヽ、_ハ、ヽ\   おそらくは。
 ::::  レ!/    ─    ─ 从|i|
 :::    | ::  .(ー)  (ー) |     ……だからボクは、できうる事ならサカハギとも和解したい。
  :::   ⊂⊃   (__人__) ⊂⊃
    ノ             \    ボク等「マネカタ」の未来の為にも……










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ / -  -_ハ、ヽ    ……だけど、それが無理なら排除するしかない。
   レ!/(   (●) (●)从|i|
    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   今のボクは「マネカタ」たちのリーダーでもあるのだから、
    .|      `⌒´  |     これはもう、ボクとサカハギだけの問題ではないからね。
     ヽ         /
    /   ヽ     ノヽ



.


171 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:39:27 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ ─  ─ヽハ 、ヽ
レ!小l (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|
 .|            |    ……ギャル夫くん、君がサカハギにボクを殺させたいなら別だが、
  ヽ        ./    そうでないと思ってくれているのなら、彼にボク等が争う愚を説いて欲しい。
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |    唯一の理解者に近い君の言葉なら、彼も耳を傾けるかもしれないから。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /








          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ●) (●)Y:i|
             イ 从§  |::(__人__)| |从   ……オレの前に姿を見せるッスかね?
            乂イ§   |::|    |:| |
               /          /    今までだって、誰の前にも現れなかったのに。
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ



.


172 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:39:51 ID:cJPnHjM60



      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/ /ー   ー、_ハ、ヽ
    レ/) (●) (●)从|i|    いや、きっと現れるよ。
   / .イ'⊂⊃(__人__)⊂⊃
.   /,'才.ミ)     ー   |     他に頼れる人物が居ないからね。
.   | ≧シ'         /
 . \ ヽ  ヽ     ノヽ     ……ボクの勘は結構当たるんだ。









                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ   ホントに勘なのかしら?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´  
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '     「予知」して視たのじゃなくて?
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′
._,,.-‐''" ヽ::::::::::::::、          ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i i



.


173 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:40:10 ID:cJPnHjM60



  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     「予知」したのなら、今度こそ君たちに隠す理由も無いさ。
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ  ……それじゃ、あまり引き止めてもなんだし、トールたちへの報告を頼んだよ。
レ!/(   (ー) (ー)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  「襲撃犯はしばらく姿を見せないだろうから援兵の必要は無い」と
 .|      `⌒´  |   フトミミが言っていたとも伝えてくれ……道中気をつけて。
  ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ




         ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   
              ================================
   
                     ------------



.


174 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:40:24 ID:cJPnHjM60



~イケブクロへの道中~




─────────────────────────────────────────────────
  iv'ヘ                                   __
  | ;`;|                                  /:/\
  | ;'l:|           i'`'i             、         ┌个┐| | .:_|___.
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥         | .:|...:|/:/...:.:|..: : : : : :.:`L..r─Lム、
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>       | └┴┬i::::|==========|: :Lム、ロ.::|
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /      |[]..::[]. 〈〈::::|::::::[]::::.:.:[]..r、]: :: . : . : .::|
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.:   ,、   |. : : : :.: :\:|:::::::::::::::::::::/. : : . ┌::、    /〉:
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.::::  _ .||_ | : : : : : :、 〉〉/〉::::::;;:::〈 : : : -┘:::L、r‐//┐ ,、:
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::://\| ::::ト、__ : : :||_'//、п∥::.:l| : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ニl.r┴、_|_|_|:>:::::〈. ::〈|-、_/::::::..\r':.|.::[,/T>.:/ロ〃乢.>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
-TニTニTニTニTニTニTニTニT《┴┐::| .:::|_rェ :::|:.:..|-i_::_r√ソ\>へ:| :|:ln| :]:|:П叮/7_」L_:.」L____.」L ___.」L
~三三三三:.三」L三三三」L三三〉〉┬┴┤ .:|_;!:..|:::..|::::.|\.::::》: :::L;:.::r| .L/∟ロ⊥》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄]「 ̄「 ̄ ̄]「 ̄
 L l「 ̄ ̄ ̄|「      ̄ ̄|「 ̄ ̄|r'.:|  .:|ー:|_ .|::::.l\|_;;||;;:|L:<)┴‐'''"~::::::::::::::::::}「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄|「 ̄ ̄l[ ̄
 ]_」L:___」L____」|__ |》〉 ~゛`┴::-'⊥::.∟ロ⊥!:::::::::::::::::::::::::::::::::::>''「 ̄ ̄|[ ̄ ̄ ̄____」L:._:.」「 」L:._:.」「 ̄
   ]「 ̄ ̄]:[ ̄ ̄ ̄]匚」[ ̄][く《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/7_」L_:.」L___|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄
     ̄|「    ||  ̄ ̄|「 ̄TニT ,,                   》> ̄]匚 ̄ ̄]「 ̄ ̄,,
  __,」L__」|____」L 三三三`    ,.        `      }「 ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄|「 ̄ `    ,.
.    _||     |L    ̄l|「 L l「 ̄            .        `|ト、 _」L____」L:._
                 ]_」L:_
                   ]「
─────────────────────────────────────────────────



.


175 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:40:50 ID:cJPnHjM60



                        ..::´/⌒::、ミー、
                    ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
                     /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ::ヽ
                    /::::/::::/:::::/`~~~气::::',:::ハ
                    7:::/:/:::::/      }:::::}:::::}
                    {::/彡:::/_,  、__ヽ::、::i
                  ー=ニニィr=ミ 、 ,ィ==rァヽ::乂
                    |:::{ 弋zぅ} }  ヒz.ぅ' ノ::リ`
                     ノ个             }::}ノ   ……アイツ、絶対なにか隠してるわよ。
                      乂ハ     `     /|:/
                       从ヽ     -    /从     奥歯に何か挟まった様な感じがビンビン伝わってきたわ。
                        ≧ト . _ . イ´
                        _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __
                    ./´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
                    /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
                   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y   l
              __,,... .-.l  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽl    |~""''' ‐-
                                           < パタパタッ










           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |  ん~、でも、それこそオレたちを騙すメリットなんて
         ル从§ (●) (●) ヾ  |  あの人には無くないッスか?
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ
            \.|::|.      |::| /    伝わってくる誠実さも作り物とは思えないッスし……
            /           \



.


176 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:41:13 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \     だが、奴の原型は紛れも無く殺人鬼だ。
   /         \
  /     (●) (●)\  ……憎しみや怒りが強く焼きついたオレに元の人格も残っている様に、
  |    (トェェェェェェェェイ) |  理想の姿に生まれ変わった奴にも、原形の人格が残っていても不思議は無い。
  \   \ェェェェェ/ /









  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|     そう言われれば、確かに殺意や憎悪という「想い」が
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ    焼きついて創られた筈のキル夫さんも案外マトモだったし……
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ
    /⌒゜        ィヽ     その逆も在るんスかねぇ……
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |



.


177 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:41:30 ID:cJPnHjM60



──────────────────────────────────────────
              |\     /\     / |   //  /
             _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
             \                     /
             ∠  ……って、キル夫さん!?   >
             /_                 _ \
              ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄  /レVVVVVVVV イ
               //   |/     \/     \|   /           /
          ____                   /         ∠      -_-. 、
         /      \                / /ヽ/^\   x≦       `i 丶
       /         \              | /ー   ーu〆 N ヾ       _ ,ノ ) )
      /        (●) \             从(○)三 (○ ):li|§从ゝ    - ---´, -_-. 、
      |       (トェェェェェェェェ ,'´ ̄ ̄`',    .  i :::|(__人__)::|::u§ル′  --==''''' "´   `i 丶
      \      \ェェェェ ,  l     l      ヽ::|::|{r┬-}|::|::::lii::/             _ ,ノ ) )
      /           < ∠ よう。 l       .\::`ー"’u :::::\           - ---´, ´
     /             ヽ \    /        /         \      --==''''' "´
                       ̄ ̄                    < グルンッ!
──────────────────────────────────────────



.


178 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:41:55 ID:cJPnHjM60



                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ\   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'` _,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′ u     ゝ
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|       ⊂⊃      呆れた……フトミミが事情を解ってなかったら、
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       アタシたちがアンタを手引きしたと思われる様な状況作っといて、
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '        よくまた顔が出せたものね。
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ,.'::::::::::ヽ        ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ri′










       ____
     /     \     そいつは悪かったと思ってるよ。
   /         \
  /     (ー) (ー)\  ……奴が死ねば、その辺の嫌疑は混乱でウヤムヤになると思ったんだ。
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//  何せ、あの状況で撃ち漏らすなんて考えもしなかったからな。



.


179 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:42:49 ID:cJPnHjM60



.       __  __
      / \~`\`'r-、_
.     /、_`>ーゝ<^ヽト--ゝ、_
      l__,-‐>ー‐'―‐'-=ニ_ー‐'、
    i´.,/,、---―――-、`<-、>、
    ノイ/´ ,´     ;  , ;ヽ、ヽ `j、
    L,/.: ..:. ,  ; , , ; ; ; ;:. Vr;_lト:〉i
   ,r、 l 、;  ,  リ; ;; i/リハi  ;i l`l.ト',.l__,
   |、 、l.:.:.:.:'、__、メ i/リ‐,ィ,=;.ァ ,' ::l、、i、^'l ̄
  _lト';ハ.:.:. rィ=t、   ゝ-'ィノ.:.:.l >'、i i
   ̄i丶ゝ、.:、ゝ'‐'`      シイノ´  `´   ……で?
    ゝノ `丶、   、    イ, |
         ヽ、 ー‐ /.:..l        そのアナタが、今度は何用ですか?
           ` ー, ´..:::  l
             i::::::.   i、_
           _/::  __    `‐-、_
       ,、-r‐' ´ー、_  /......    l /-'、,_、
     r' ; /           ..::ト--/  ヽ.









       ____
     /      \     奴自身があそこまで強いとは誤算だった……
   /         \
  /  (●) (●)   \  あの厄介な「予知能力」も有るし、悔しいが
  |     r───-、     |  魔法も使えない今のオレじゃ勝つのは難しいだろう。
  \               /



.


180 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:43:09 ID:cJPnHjM60



       ____
     /      \     ……ところでお前等、イケブクロに帰ったら「ニヒロ機構」に殴りこみに行くんだろ?
   /         \
  /   (●) (●)  \  だったら、お前の姉さんを助けるのに協力するから
  |   (トェェェェェェェェイ)   |  オレも一緒に連れて行ってくれないか?
  \  \ェェェェェ/   /










          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ U   ⌒   ー Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从  「ニヒロ」に?
            乂イ§   |::(__人__)| |
               /     |::|    ||/    またどうしてそんな場所に?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ



.


181 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:43:35 ID:cJPnHjM60



       ____
     /     \
   /         \    悪魔どもが話しているのを聞いたんだがな、
  /           \  何でも「ニヒロ」の首領のダディという人間は稀代の術者らしい。
  |     (●) (●)   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/  そして、「ミロク経典」をはじめとした強力な魔術書の類も数多く保管しているそうだ。









            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_  それらを読み解き、強力な魔力を手に入れるつもりですか?
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/      ……あくまでフトミミを殺すために。
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/
         ヽ、 >t―f=ニ //        そして、それを我等に手伝えと?
           fニt:::i::::t^:、



.


182 :どこかの名無しさん [] :2014/02/18(火) 22:43:53 ID:cJPnHjM60



           ___
         /     \
       /        \    ……自分でも虫のいい話だとは解っている。
     /           \
      |   (ー)  (ー) U  |  一度はお前らの好意を逆手に取ったオレが頼める筋じゃないのも。
     \  fェェェェェェェェy   /
       /          ヽ










       ____
     /     \     だが、さすがにオレ一人で「ニヒロ機構」に忍び込むのは不可能だ。
   /         \
  /  U        \  頼む……お前たちの邪魔はしないから、オレを同行させてくれ!
  |     (●) (●)   |
  \  (トェェェェェェェェイ)/



.


183 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:44:44 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆U _ノ   ―丶 ∨
             〃 ハ  ( ー) (ー)Y:i|
             イ 从§  |::(__人__)| |从
            乂イ§   |::|    |:| |   ……
               /          /
            /      》》    《ヽ
            | ヽ:::::ヽ |::::::::| |:::::::| ヽ










                            _
                               //⌒ヽ
                  ,ィ‐-γヽ,_ / /  、__)    __,,.. .-‐ '''‐-、
                r‐'⌒:.:.:.:..:.:.:.:.:ヽ  |    _,..-'''"    , -'"´⌒`ヾ、
                〈/:.人_:.ミ、:.:.:.:.:} .|  , -'"         /
                {彡}fテ `iミ´>:/  |/        /
                 〈_  ´i:.ノ// /         /    ギャル夫……どうするの?
                  ,ィ7ヽ-'i´メ-〈/_/ /⌒      /
                  /シ゛ ノ/   Kl/ /⌒      彡'ー-、
               |:.i.‐´:.:l i  .ト='ー―――=ニ、    ヽ
                (:.:(:.:.:.:.:i, .トー'´|\     /⌒`ヽ     }
                  i`:.`:ー:ヘ_ノi:.:.:.|  ヽ‐--‐'   、__,) 、_ノ
                 |:i:.:.:.:.:.:.:{ ',:.:.:',   \



.


184 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:45:12 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハ  _ノ   ― \ l  |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |  オレは、もともとアンタに騙されたとは思ってないッスけど、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   アンタの復讐を手伝うつもりも無いッス。
            \.|::|.      |::| /
            /           \   ……アンタたちの事情に関わる気は無いんスよ。










       ____
     /     \
   /         \    ……そうか。
  /     (ー) (ー)\
  | U  (トェェェェェェェェイ) |  やはり、こんな頼みは……
  \   \ェェェェェ/ /



.


185 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:45:31 ID:cJPnHjM60



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆|::|   ) |::| \ ヽ
  〃 {_{.、 |:_, ,丶_|::| │i|
  レ!小§ (ー)  (ー)  | イ
   レ § |::|(__人__)|:|  |ノ    だから、アンタが勝手について来ようと、「ニヒロ」に行った時に
    /⌒゜   ー‐   ィヽ     こっそり家捜ししようと、それもオレの知ったこっちゃないッス。
   / rー'ゝ|:::::::| |:::::::|〆ヽ
   /,ノヾ ,>彡   ミ ヾ_ノ,|    ……それでいいッスね?
   | ヽ〆/:::/.....\:::\ |  |










          ____
         /     \
       /         \
     /     (●) (●)\    !!
      |    (トェェェェェェェェイ) |
     \   \ェェェェェ/ /    ……ギャル夫、恩に着る。
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ   この借り、いつか必ず返させて貰うぜ……
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
                   < グッ



.


186 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:45:52 ID:cJPnHjM60



          ト VVVVVVVVノ\
           \            \
             ヽ             \
           ⌒≧x   /^^\/ \ \
            彡  〆  |::| )  |::| ∨
             〃 ハ     _ノ   ヽ_ Y:i|
             イ 从§  ( ●) (●) |从
            乂イ§   |::(__人__)| |      でも、イケブクロまでついて来たら、
               /     |::|    ||/      スサノオさんとトールには絶対にバレると思うッスよ?
            /      》》    《ヽ
             | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ     そうなったらどうする気なんスか?









       ____
     /     \
   /         \    ……それについては一計を案じてある。
  /           \
  |     (●) (●)   |  あまり分の良くない賭けになるが……どうにかしてみせるさ。
  \  (トェェェェェェェェイ)/



.


187 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:46:13 ID:cJPnHjM60



           ト VVVVVVV_ノ\
            \           \
            ハ            \
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
            彡  〆 |::|   |::|  \ ヽ
          〃 ハU _    _\ l  |
         ル从§ (ー) (ー) ヾ  |  そうッスか……ピクシー、エリヤ、
             乂§|::| (__人__)|::| 从イ   すまねぇッスけど、そういう事でいいッスか?
            \.|::|.      |::| /
            /           \










                          ___
                          .:≦.:.:._,,.-‐''" " `ヽ.
                      .:.:.:.:.:.:.:/::::::/::::::::::ヽ.:.:ヽ
                   /.:/.:..:彡.:.:.:.:.:_,,.-‐''" " `ヽ:.:.⌒'
                l.:.:|::/::.:.:.:.:.:./ __三二二ニイ!
                |:.:.:.:.:.; l.:.:彡; '´ r=ミ`'ー   l:|
                ヽ-=彡.:.:.::ヘ:|.:.:.:./   弋zぅ}'  、,リ
              ヽ--≧.:.:.:八 (|.:.:.:′        frア′
                 `ーァ.:.l.:.从|ヽ|.:.:′         ゝ     いいも悪いも、もう決めちゃったんでしょ?
               ー=ニく」ハ:l 丶 !:|        -´
- ...,,__             ∨:::ト∧| `        '       ……なら、アタシから言う事はないわよ。
     ~""''' ‐- ...,,__,, - 、 _  /:::::ヽ_^ ァ‐- '
               /      ヽ!:::::::::::::::::::{           ったく、ま~た厄介事の種を抱えて。
            ,        ヽ:::::::::::::::::::::\_
                        〉;.:::::::⌒:ヽ、.  \
            '___ イ   /:::::::::::::::::::::::::ヽ`:::::\
 .   _,,.-‐''" '::::::::::::::::..' ヽ  /::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::ヽ
_,,.-‐''"  .   ':::::::::::::::,イ   ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::ヽ
       ,:::::::::::::/_,,.-‐''" ハ:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::リ
       '::::::::::/, '"      .ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



.


188 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:46:42 ID:cJPnHjM60



            / ll \
          _//イ || \\
         /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
        / ===/二ヘ=== \
      //  _ -――――- _= ヘ
      /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
     l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil
     ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|
    /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、
   _ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_
    ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄   ……私はアナタの判断にとやかく言える立場ではありませんので。
    弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/
       ヽi ⊂⊃ ― ⊂⊃イ/      ですが、その者と関わるなら、あのフトミミという「マネカタ」にも注意を。
         ヽ、 >t―f=ニ //
           fニt:::i::::t^:、           ピクシーの言う通り、何やら一筋縄ではいかない気配を感じましたし。
             },、 i:::::/::::/










         ____
       /      \
      /         \    フトミミが何を考えてるかは、正直オレも解らん。
    /   (●) (●)  \
    |   (トェェェェェェェェイ)   |  ただ、今のアイツには「マネカタ」たちのリーダーである事が
    \  \ェェェェェ/   /   もっとも重要な事なんだろうとは思う……オレの復讐の様に。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     ……ま、それはともかく、お前らも短い間だがよろしくな。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



.


189 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:47:03 ID:cJPnHjM60



               ..::´/⌒::、ミー、
           ミ゙ッ:::::/:::::::/::::ヽ::::::::\
            /:::::/:::::::/:::::::::::::∨::ヽ:::ヽ
           /::::/::::/:::::/`~~~气::::',::::ハ
           7:::/:/:::::/      }::::}::::::}
           {::/彡:::/-‐'  ゛`ー-ヽ::、:::|
         ー=ニニィ__ 、  ,__ ヽ::乂
           |:::{  ━━ }  ━━  リ::ー`   はいはい、よろしくね。
            ノ个  ,,,,        ,,,   }::}ノ
             乂ハ     `      /|:/    ……まったく、「成りかけの悪魔」に「元人間の変な天使」、
            从\   ⊂ニ⊃ /从     そして「現役殺人鬼」ってどんなパーティー構成よ。
 .   _y⌒ヽ-一ッ     ≧ト . _ . イ´
   ´      <´     _.ィ':::::::::::::::ヽ、_  __      こりゃ、「超美少女セクシー妖精」が居る事だけがせめてもの救いねぇ。
  (        }  /´ ̄/:::ー:::::::::::-‐'' ::l   ヽ,
   ヽ   _,,ノ /   /::::::::::::::::::::::::::::::{     ',
    ゝ一''   ,'  .jイ:::::ヽ、 _::::::''´::::ヽ Y    l










─────────────────────────────────────────────────
                                  /=ニ=>ー<=ニ=ヘ
                                / ===/二ヘ=== \
        ト VVVVVVVVノ\             //  _ -――――- _= ヘ
         \            \           /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl
           ヽ             \          l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:U..:l.:.ヽil
         ⌒≧x   /^^\/ \ \   .    ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|     .       ____
          彡  〆 U |::| )  |::| ∨   .   /テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、   ..      /     \
           〃 ハ     ⌒   ー Y:i| .....  _ltVi.:.:.:i ___ ヽVl/'___  ///i |_      /         \
           イ 从§  ( ≡) (≡) |从     ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄  .   / (≡) (≡)    \
          乂イ§   |::(__人__)| |   ..   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/   ......   | (トェェェェェェェェイ)  U |
             /     |::|` ー´ ||/    .      ヽi ⊂⊃  ,  ⊂⊃イ/     ...   \ \ェェェェェ/   /
          /      》》    《ヽ     .        ヽ、 >t―f=ニ //           /           \
           | ヽ:::::::ヽ|::::::::| |:::::::| ヽ  ......          fニt:::i::::t^:、        ......   /             ヽ
─────────────────────────────────────────────────
                         |\         |\           /|
                      / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄\
                      |          ……………………          |
                      \____________________/



                   ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

                        ================================

                               ------------



.


190 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:47:25 ID:cJPnHjM60



~アサクサ・ミフナシロ~




────────────────────────────────────────────────
 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ /三 .!   .l゙三三i,l三三三三三三三三三三三三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./     ″           .!}     二二二二二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
────────────────────────────────────────────────



.


191 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:47:50 ID:cJPnHjM60



    ____
   /      \
  /  /   \   ヽ
 |    /\      |   しかし、「人修羅」……ギャル夫さんは変わった方でしたね。
  ヽ  / ̄\   /
   \       /    悪魔なのに我々を迫害しようともしませんでしたし、サカハギに同情もしていましたし。
   ,r''"´l ̄´ ::ト、
  / r  `ー'''"  ヽ
  L_,l      、_,!










     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   / /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ / -  -_ハ、ヽ    彼の場合、最近まで人間だったのが大きいんだろうね。
   レ!/(   (ー) (ー)从|i|
    .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃   だが裏を返せば、今は悪魔の価値観に馴染んで行く過程なんだろうとも取れる。
    .|      `⌒´  |
     ヽ         /     ……まだ彼が信用できるかは判断が難しいね。
    /   ヽ     ノヽ



.


192 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:48:13 ID:cJPnHjM60



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /::::::: /   \   丶
   │:::::::::  /\     .|  そうですね……なるべくなら、
   |:::::::::::::/ ̄ ̄\    |  あの方が我々「マネカタ」の味方になってくれるといいのですが……
    \:::::::::        /










      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
    / /" `ヽ ヽ  \
    //, '/ /ー   ‐、_ハ、ヽ   まぁ、当座は厄介なサカハギを引き受けてくれただけでも良しとしよう。
    レ/) (ー) (ー)从|i|
   / .イ'⊂⊃(__人__)⊂⊃  聞き分けの無い奴の存在は、正直持て余していた感が否めないし、
.   /,'才.ミ)          |    彼が連れて行ってくれるなら、こちらとしては渡りに船さ。
.   | ≧シ'         /
 . \ ヽ  ヽ     ノヽ    ……何にしても、彼には大事な役目を負ってもらう事になるだろう。



.


193 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:48:47 ID:cJPnHjM60



    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    でも、それはそれで拙くないんですか?
    /   /   \   丶
   │     /\   U |   同行すれば、親しくなる機会も増えるって事ですし、
   |    / ̄ ̄\    |   下手したら、ギャル夫さんがもっとサカハギに同情して奴の味方になんて事も……
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   「マガツヒ」を掘り当てる前に、サカハギ側に付かれたら一大事ですよ。










  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
/ /" `ヽ ヽ  \
//, '/ / -  -_ハ、ヽ
レ!/(   (●) (●)从|i|
 .| ⊂⊃(__人__)⊂⊃  ドクオ、それは大丈夫だよ
 .|      `⌒´  |
  ヽ         /    何故なら、ボクの視た「予知」が正しければ……
 /   ヽ     ノヽ



.



195 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:49:38 ID:cJPnHjM60



───────────────────────────────────────────────
    ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
      ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, ',_ヽll_     ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
     '''''''''     ''''''';;;;; ̄)  `ヽ、      / ̄ ̄\       '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
                _   .'ー´\  \  ./      \     ,,,,,,,,,,;;;;;''''       ';    ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,        ヤヽ、_    \  /          ヽ    '''              '     ''';
   '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,   { _  丶     \ |             |                     ,,,
    ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,'′ \  \    `\        /
    ,,,;;;;'''    ''';;;''     \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、          ---__=___ ‐ニ‐- ゛`゛'-゙i
,,,,;;;;へ     ,r'`w-''´゙i   ∧ `ー──‐-=、        ム :∴: :; /`゛√,ゝ ,r'`w-''´i   _-__-____  \゙i:
 ̄ソ ̄i ̄ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄" ̄ ̄ ̄ゝ ̄ ̄/ ̄ ゙̄i ヽ      ::::| ̄ ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞi ̄   :          ′゙i,.
 ̄ ̄ ̄ ̄ '' ッ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/       |\,ノ ̄、,r' ̄ ̄ ̄ ̄=三    -_--_--  ッ  ,r'
        ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_.       /゛;.::             -;-.,_ ゛''=;- .,///
'';;;;;;;'''';;;;;,,,,,,,,;;;;;;''''''''''''  /   x__/ ̄            /   
          __/   /    /    ____> ´ 
       .  /      /    ./   /   
   ,;,,    ,,,,,,ー─一´       /   /            『……サカハギは、そう遠くない未来に殺される。
,,,,;;;;'''''';;;;;,,,,;;;;'''''',,,,;;''         i   i 
;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';          !   !           それも「人修羅」……ギャル夫くんの手によってね……』
      ;;;'';           /   /
───────────────────────────────────────────────




                                                       ……to be continued



.


194 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 22:49:09 ID:OJgCOYwI0

それにしても、スサノオってゴズテンノウと同一視されることもあるからなぁ。


196 : ◆P3dFUnx0fI [↓] :2014/02/18(火) 22:51:13 ID:cJPnHjM60

>>194
正にその理由と個人的にスサノオの方が好きなんで入れ替えさせてもらいました


というトコロで、第五話終了になります。

見ていただいた方、感謝感激でございます。

次回は21日金曜日の21:00からを予定していますので、よろしければまた見てやってください。

ではでは~。


197 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 22:52:35 ID:.H5ii3xo0

乙でした

さあ、予知はどのような形で成就するのか


198 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 22:54:21 ID:OJgCOYwI0

乙乙乙!!

マネカタの背景とかも考えてあるのか、良いなぁ。
ニヒロ機構のイベントの後、各勢力の力関係がどうなるのかも見ものだぜ!


199 :どこかの名無しさん [↓] :2014/02/18(火) 23:38:13 ID:3VOb4rMo0

乙津


.
関連記事

カテゴリ:[完結]【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて…… /  コメント(6トラックバック(0

2014/02/19(Wed)09:53

ガブリエルと親しい、って……もしかしてエリヤ、ジャンヌダルクか?

3241:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2014/02/19(Wed)12:06

人間から天使になったといえば「大丈夫だ、問題ない」の人、その人には弟もいたような…
天使に性別なんてないようなものだし

3242:名前:電子の海から名無し様 (URL) 編集

2014/02/19(Wed)14:20

ネタバレになるからいえないけど、
知りたければ「エリヤ 天使」辺りでぐぐればどの天使かは分かるよ。

3243:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2014/02/19(Wed)14:56

エノクとエリヤ、メタトロンとサンダルフォンだな
二体だけの元人間の天使

3244:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2014/02/19(Wed)21:03

サカハギがついてくるとは思わなんだ
今更だが、邪教の館や悪魔合体が出てこないメガテンって凄い斬新w
新しい・・・惹かれるな

3245:名前:  (URL) 編集

2014/02/20(Thu)19:51

エリヤのぶっ殺した異教徒の数なんて、士師記の化物連中に比べたらかわいいもんだけどね

3251:名前:AA名無しさん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ