< 2019年03月 |  123456789101112131415161718192021222324252627282930 | 2019年05月 >

フリーエリア

ホーム  > スポンサー広告 > 人食い鬼キル夫の手記 『あとがき&メイキング』 > [完結]人食い鬼キル夫の手記 > 人食い鬼キル夫の手記 『あとがき&メイキング』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント×  トラックバック×

人食い鬼キル夫の手記 『あとがき&メイキング』

2013年07月24日

110 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/20(土) 09:24:07 ID:xA43/gq6

皆様たくさんの感想のコメント誠にありがとうございます。
明日の晩21時頃より埋めネタとして、作品の脇道と申しますか、
メイキングオブ的なものをだらだらと喋りたいと思います。
皆様のご質問にもできる限りお答え致しますので、
お時間のある方はお付き合い頂けましたら幸でございます。


111+1 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/20(土) 18:26:16 ID:8IpyfFkU

質問もうしていいのなら

結局こなたは何者だったんだ


112+1 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 20:17:57 ID:1srI5dMQ

質問です

2スレ目>>279で12話投下終了後
>>282-298に投下されたのは14話となってますが
13話は欠番なのでしょうか?


113 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:04:13 ID:7nYvTkQg

それではつらつらと書き始めたいと思います。

すでに何件かご質問を頂きまして、誠にありがとうございます。

>>92
ご興味を持って頂き、ありがとうございます。
後ほどご紹介致します。

>>101
>>103様が仰っておられるように、つまらない洒落のつもりでした
滑ったギャグを説明することほど恥ずかしいことはございませんね/(^o^)\

>>111
後ほど少しだけご紹介致しますが、あくまで解釈の一つとお考え下さい。
作中で明言されていない以上、
私の後付けよりも皆様それぞれの受け取り方が優先されてしかるべきです。

>>112
今しがた確認して参りました。
単純なナンバリングミスです/(^o^)\ナンテコッタイ
幻の13話があるわけでは全くございません

ナンバリングは修正済みです


114 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:07:16 ID:7nYvTkQg

始める前に

ここで私が書き連ねることはあくまで蛇足であり、
設定に関わる部分は
『こう捉えることもできるよね』程度のものとお考えください

また、即興で書いておりますのでゆっくりです


115 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:08:19 ID:7nYvTkQg

もう一つ
この埋めネタはフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。


116 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:14:40 ID:7nYvTkQg

[あるやる夫スレ作者の動機]


      /////////////////////≧x
      /////////////////////////ヽ、__ _ _. ィ′
      /////////////////////////////////〃
      ////////////////////////////////
      .////////////////////////////バ    あれ……? そう言えば……
      ////////////////////// ハ/ ////'
      ////////////// ゙.////// ̄∨¨V//',    もう……随分と創作に携わってないぞ……
      ///////////∠ユ  l///// __  1// !
      /////////γニヽ  l//// γヽ `////l                _ ____________
      /l////////{ {  } ! 1//.'  if l } /'////゙                    |  |                  |
      バ//////兮ゝ-シ ///′ 弋シ/|////7                   |  |                  |
      /∧/////l   ̄  //        八///                   |  |                  |
      //∧////|     /     ´  /////                  |  |                  |
      ////ヽ/ 代     _ -,  //////                      |  |                  |
      r ==─:\/゙,`   _ ̄__ ///////                    |  |                  |
      ヽl ̄ヽ´         h=ミ//////イ                   |  |                  |
        \‐',        匚| `ヽ///∧                       |  |                  |
      、 \` ヽ.        ノ.斗 ´ V//ハ                      |  |                  |
      ヽ  \、  ̄ ¨¨  〃   V/l `ヽ                    |  |                  |
          ヾ ー─    /′ / Vリ                      |  |                  |
         〉                {  ヽ                     |  |                  |
        {                 i    ヽ                      |  |                  |
        ヽ             |    _〉                  |  |                  |
         ヽ            | /Y´                  |  |                  |
        _',           レ'  |                     |  |      γi     i     |

   [ある作者 備考:非モテ 非リア 非コミュ]


117 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:18:44 ID:7nYvTkQg


                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ   プロットは何本分か考えちゃいるが、
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三   どれも一向に完成の気配を見せない。
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二   あれ、Editってどうやって使うんだっけ?
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=








              ---  、///    な
           /:::::::::::::::::::::\///   ん
             /::::::::::::::::::::::::::::::::\_/// だ
        -=彡:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,///,こ    就職してからこっち、家に帰ってからも考えるのは
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨//の    納期と予算と工程管理のことばかりだ。
          |:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/敗
          リ !:|{::::::::::::::::::::::::::::::::::}ヾ/北    ま、まずい! これはまずいぞ!
            リ ∨ \::::::::::::::::::リ//,感
             │   \ト、::::::::l////:
             │    }  ヾ:ノ////: ///
             │     ′  __/_/_////
             │   ./   /: . : . :.////:、/
        _,.、    ,ノ  /:   {: { . : . : /////∧/
        《 ト、__/  ./::::   {: {: . : {i:i:i:i:i:i}///}
        }┴{  __,,ノ::::::   い:.. : ...:}i:i:i:} ///
        ,ゝ‐'<: : : \:::     \_:_._:.}i:i:i:}/;ノ
      /: : : : : : : : : : : :\        }i:i:i:}//
.      /: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー――‐}i:i:i:}//
     /: : : : : : ノ`ーァ、---------- ´}i:i:i:},/
     〉―ァ―′  / У ---------=≪彡′


118 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:21:32 ID:7nYvTkQg

  ヽ::<_::::::/三ミム::`ヾミ≧z三/ニ三三三三三三三ム'ー--ミぇ、
   l:::::'.::/三三三l}:':,::ヽ.ヾ三/!ニ1三三三三三三三ミム::ヽ,::::::ヾt、
   /.::::::/三三三ア:iヾ::::;、:::}7-!三三ア.:|三Nミlマ三三ミム::::゙::::::;.ィチtx
  {_;;.ィチイ三三ミl::i ::::::::;'.三7.:.:lN三X.:.:.:.lニN三!.:Vミニニ:l:::::::ノ三三三Zzx
   ̄ /::|三三N!::ヽ :::/三N.:.:.:Vア.:.:.ヽ:.l三三/.:.:.Vハ三三ト.=ミ三三ム
   /.::::|三三ヘ!:::::::Y三三l!ff"゙'ー-、ヽ:/r-ミ( ゙̄<リ"V三ミ|::::::ヾ三三ミl   い、いかん!
  .〈__:::::|三N! .|:::::::::V三三!li /.二ヽ/Z>、 `ー=t、 \l三ミ|:::::::::::\三ミ|
    ヽ:|三ミl l::::::::::::V三ミl.:.ヽ、! ノ/ヂ.r‐-ヽ ヾム ヾ三li::::::::::/三ニl!  このままでは私はダメになる!
     `l三ミ!__l:::::::::_::ヾ:三l゚uミ三ニl/.:fヽー:、 ヽ `  l三ミ!ニニチ三三ニl
    r'"ヽVミム ヽ_ノ<マ三ニl 。   ゝ \`'ーi:   ' |三ミ!マ三三三ニl!   いや!もう既に半分はダメになってしまった気がする!
   ,ィ"¨ヽ. ヾミl. |  ヽヾ三|:.、  ,ィー-‐ァヽ、     l三リ V三三ニ/
  .l    \ヾl l   `''ヾミ|:::\ ` ‐ ' ,,.ィヘ     }`ヽ  V三三/
  |.      \ ヽ   /")` /` ー<  ハ:(\   ノル'リ  ∨ニ./










   {\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\\\\/
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\\\ :/
     |::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::∧:::: \\\/
     |::::::::::::::|:::::::::::::: /::::::::::::::::::リ::::::′:::::::::三三 ′
     |::::::::::::::|:::::::::::::/::::::::/ }::::::::::::/   // ::三
     |::::::::::::::レヘ:::::/::::::: ′ j:::::::: / /}:ノ __,{三
     |::::::::::::::::::: ∨::::: /、  /::::::://斗 ''"´  }三
     |::::::::::::::::::::::::::::::/() ` / :::::/ ´ ()     }三   全部がダメになる前に……
     /::::::::::::::::::::::::::::/    ::::::::/           }三
.    /:::::::::::::゚,::::::::::::|   /::::/     ______,ノ:三   何としてでも創作の力を取り戻さなければ!!
   厶イ:::::::::::゚。:::::::::::|ミ=/:/        ===彡:::三
     ::::::::::::::::゚:::|::|:::|./ι  、       ι三三
.    /:::::::::::::::::|::|::|:::|>     ___     ィ:三三
   /:::::::::: //|::: ‘。|::::::::::::>  `¨¨´  <三三三
.  /:::::::::::::::::::-::::::::::::::: /|  \ - ´  イ:::三三三
. /::::.イ::::::::::::::::::リ ¨¨¨´ │    --<  ////∧
´     |:::::/{    リ      |  /i:i:i:i:i:i:i:∧.////∧
    j/  、         \{:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ ////∧


119 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:24:08 ID:7nYvTkQg


                               □


                               ■


                               □



                    , <:::::::::::::::::::::::::::::::> 、
                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
二二二、    、__ _ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
//////| |    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::∧
//////| |      ー 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
//////| |        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
//////| |        |::::::::::::::::::::::/i::::::::/ ̄ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
//////| |        |:::::::::::::::::::/ /::::/て ̄≧、_,::::::::::::::::: ::::::::::::::::∧    よし、ゴールデンウィークに一歩も外に出なかったおかげで
//////| |        |::::::::::::::::/ /:/ 弋二ソ|::::::,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::∧   だいたい形になったぞ。
//////| |        |:::::::::::::/ /、   """" |:::/ |:::::::::::::::::::::::::::|ヽ:::∧
//////| |        |::::::::::/i          |/ :|:::::::::::::::::::::::::::|  `ー-  あとはちょいと肉付けすればOKだろう。
//////| |        //∨::::>  ヽ     _ | <|:::::::: ::::::::: :::::::|
//////| |       /   ∨:::::::::::> ‐ < :::::〉  |::::::::/`>、::::、
//////| |     ∠ ̄ ̄/ヽ':::::::|\::::::::::, <ヾ  |:::::/ /    ヽ:> 、
//////| |      r―――、 ∧::::|   ヽ/     \_|::/_ソ      ∧::::::>、
ヽ////,| |      |//////∧ ∧/   /       |/        ∧ ̄ ̄ヽ
.∧///.| |      | ̄ ̄|//;∧ ∧   /         /         :∧
/////;:| |      |    |////|  | /     i        /       :∧
| |――' '      .|    |////|  |      ;/       /         |
| |        _ノ¨|    |////|  |、     〈    , イ      /   |
|/二二二ヽr' / |    |////|  | ヽ    ヘ >´\      /     |


120 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:25:44 ID:7nYvTkQg



               ..-‐-─‐- .
           .//////////////` 、
          "//////////////////ヽ
         ///////////////////////゙>---‐ァ
       '////////////////////////ヽ///
        l/////////////////|ヽ/ ハ///ハ´
       ///l////////////l//fーV‐'////',
       ///l////////////l// ___ V`/ハ
       7//',///////////// ´ ___ ヾ///‘,
       l///∨/////// /'′、_((__))レi///\',    しかし……いきなり投下するのは不安だ。
       l////ヽ////u    _  ̄"゙// ハ  `
       //////\/rゝ ー─  uイ/,//ハ     ここは一度あいつに読ませて反応を確かめよう。
       ////、---l〈 ``-,=七升///ハヽ//ヽ、
       ´   ', ', |∧  ,〈::::::::} l゙, ゙,ヽ//', ` ‐─
             ', 'l_ ∧/ ヽ:::トl ゙, ゙, ∨/',
             ', '.>‐= 弋i´レ、_, ', ゙//i
           /⌒ゝ  ∨l:::l | / lゝ≠ミ
            ′ ⌒ヽ\ヽl:::l |./ 〃'⌒ヾ





                               □


                               ■


                               □


121 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:29:05 ID:7nYvTkQg




          /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ \
       /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \
        / ー/_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,,ニr‐\  ____
    _,,....--._,..,,___二__─__‐-ー=:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:/       \
  /      ゙\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:.:/-、:.:.:\:.:.:.:.:.:.`゙、 /   、 ,    ヽ
 /          ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..l|:.:.:.:.:.:/  ヽ:.:.:/\:.:.:.:.:.:.Y    ̄| ̄|    |
./ n.     .∧   ゙‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.:.:.:./    .|:./   ヽ.:.:.:.:.|   .l二| ̄    |
l | !  .   /ニ\ ト !:.:.:.:.:..:.:.:.:.:..:/|:.:.:.:/ 丿 _l/__ ',.::.:.:.|   /| ̄l    |
| ヽニフ.   ム     .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ |:.:.:/     l ∥∥ !》;/ ヽ:.:.|           /
|  n_        |  |.:.:.:.:.:.:..:.:/ .| /     .', 丶' ;丿 ;;;;|⌒l:.\        /
| _」 己   .、 .イ    |.:.:.:.:.:.:/   j/     ≦三彡 //: ノ':.:.:.冫;-──‐''
|(⊆广   三 十 ク  |.::.:.:/   / 、          //:.:.:.:.:.:.:\
l  ,⊆)  □ 口   ./:./               /:.:.:._,n_00 \
 └っ )       /:.:.l.ヽ  丶 ─--─ _フ    /:.:.:.:.:└l n |:.:.:.:.:.:.\
. |. └‐'         /|:.:/:.:.:丶   ` ̄ ̄ ̄   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.U U:.:.:.:.:⊆⊇、
 \       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ≧ ‐---‐‐ ィ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.....-──‐└‐┐ | ヽ
   `ー 、..,,,,....-''\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ノ ^リl!iiiiiiレ  | _,_-‐''´      _,  く/








































  /イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.: ハ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:ト、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iヘ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  :.:.:. i:.: /:.:ヘ :.:.:.: :.:.:.:.  :.:.|:.ヽ :.:.:.: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ム:. ム:. /‐-、i :.:. :.:.  ハ :.|-‐ヘ :.:ト、:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | '
  ハ:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:. :.:  /y 大:. i: ̄`:| :.  :  /:|: i ̄`:ヘ ハ :.:.: :.:.:.:.:.:. :.|
   |:.:r- v: :.:.:   i |メ人k=ヘト、  i /:! /|:/ .:|/才=∨、:.| :.:  :.:.:.:.:.:. i∨
   |:./:.:./  :.:  //く  (・)  え、:.::.ノ/:.:〈く:之. (・)  V i  :.:.: :. i   何、姉ちゃん。
   i/:.//   :.: i: | ミ`三ニ彡:.:.:.:./´:.:.:.:.:  :.:.:ミ三彡ノ:|イ: ィ :.:.  |
    {:(:. |ハ:.  |∨   :.:._:.:.;, f, ー彡三ミヾト、_ fi    //:.| :. イ:i    俺、積みゲーと積み本消化するのに忙しいんだけど。
   人:.';:.:.:.i:∧ |     /,.イ ̄iT´ :.:.:.:.:.: ` i r-、ニ-!L / :.:.:|:/: /
   /:.:.:\:.、:.:ヘ\|    ´  |!  '    :.:.:.:.:   !|  i|  iト`、 :.:.i/: ハ
 _ /:.:.:.:.:.:.ヾ  ヘ:.:.  ,.ィ       /  :.:.:.:. i      '   :.:/ /:.:.:.:.ヘ
´:./:.:.:  :.:.:.ハ、_ヘ:.:. //       { _ :.:.:.:.: ,_}        :./-´:.: :.:.:.:.\_
:./:.:.:  :.:./イ:/ i:.:v /        ` ヽ_,ノ         :.:/ハi:.:.:  :.:.:.:.:.:.ヽ`
/:.:.    :.:.:.|:i:.:.:.:ヘ: |           .:.         .:./:  :.:.:   :.:.:.:.:.:ヘ
:.:.:.:.    :.:.: ヘ:.: ゝ:.        _ 二ー二 _     .:.イ:.:  :.:.:    :.:.:.:.:.:.
:.:.:.:    :.:  i:.:  \:.    ´-   - ―-  -`   .:/ i:.:  :.:.:      :.:

        [弟 備考:デカイ ゴツイ 強い 国防関係者]


122 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:33:37 ID:7nYvTkQg


     ,       __ _
.     /ヘ   , <:::::::::::::::::::::> 、
    〈:::::::`/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ヽ::/::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::∧
      |:::::::::::::::::::::/::::| ヽノ、:::::::::∧
      |:::::::::::::: :::/::::::| 、_ ∨:::::::∧      久しぶりにやる夫スレを書いたぞ!
      |::::::::::::::::/_|::::/ 、___∨:::::::∧
      |:::::::::::::/ツ|::/  弋ツ i::::/::::::|     読め!
     /ヽ::::::::/ー' /::::,:::::`ー‐',::/::::: ::|
.   /::::::::::∨/、  、_ __ ノ /´:::::::::::|     そして感想を聞かせろ!!
 /:::::::::::::::::::::::::::>  `こ´  イ:::::::::::::::::ゝ
´ ̄ ̄ ̄/:::::::::::::::::::::::≧ ‐ ≦:::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::>´`ー―-‐´ ̄`<::::::::::::ー‐'
.    /:::::::::::::::/              ∧:::::::::\
   //|::::::::::|  i  ヽ , イ      |::::::::::::::\ ,
  / . |::::::::::| :/         i   |::/ ̄ ̄ ̄
      .|:::::::/ 〈          〉  |
       |:::/ヽ_ヽ   八     /__|
      |/  | |         | ',  ∨
         | |         | ∧  ∨







            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          /,ィ'/:::::::::::::::::::::::::::::: /ヘ::l\::::i、::::::::::::::::;,-.、::::::l
              ll.|::::::::::::;l::::::lV::,i::7''弋トーx::l.',:::::::::::::::lv、 Y:ト|        しょうがないなあ。
          ||│:::::::::ム孑リ'{:|V ',-;ェ,-、N`',:::::::::::::l | l.7::|
          jj }::::::::::l;|.,ィryゞ  ,、``'^ ,、_ }::;:::;i:;'i丿/:::ト!.,_       じゃあ、USBか何かにデータ入れて持ってきてよ。
        / `/`7;i、:ハ `,、_|==' キ牛、r‐'´,l/Y´リ n'::::::::h `i
     イ ̄´丶.、  lル'ヾハ.ィ,、r!  `′″       {ソi;l:|ゞソ`l l     読むから。
  /         ヽ    Yl、 l._ _ 、           丿 l}リス  | ヽ,
/          ヽ  / ヘ   _____,.ヽ  /l  / |  {_ \、_
             l/    _ゝ ´ ─--    ,イ /,ィ<   |   `ゝ'  ヽ
             l-‐ '' ´ ゞ`i l     /_,, /  |   |  /  /
                丿        ∧`i‐--一'"T、    │   `Y   /
           /       }〈{、冫.`i     l     \_, イ′ /
         /        / l ヽ、 }    l   ,. イ´/   /


123 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:40:17 ID:7nYvTkQg


                               □


                               ■


                               □


               `ヽヽ、
        ー=ミ-‐"" ̄.;.;\.;゛ヽ ゞ__
       _, =~.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ヽ
        /.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ヽ
    ー=彡.;.;.;.;.;.;〃i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
      /.;.;,..;.;.;.;∥|.;.;|.;.;.;.;从.;.;.;i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
      ム/.;.;.;.;.;し士、И.;| 斗‐トJ/i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;マ
         i.;.;.;.;.;〃tッ 、 V   'tョ y i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i
       ム'i , 〃 ""≠=、、  "" И.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;マ   いいんじゃない?
        レi  ==/   ゞ=≠、´ 从;.;爪-、 マ
         .! ,  ヽ,        レ'  ヽ,iN    結構良くできてると思うよ。
          レ            r'  ノ |
           !  __ _      l_ _/从     ちゃんと言いたいこと伝わるし。
          λ  `二二゛     ∧.;.;.;从
     i=====___      /  ヾ从
     .|          ̄ ̄====_´√` ・ く
     i             二==- _}
  厂 ̄ヽ、            {◎}  ̄ ̄=,
  /   / ` ヽ、         | ̄|     /
.../  /     `ヽ_ _       |  |    /
/ /           ゛ ・ _ |.|   ./




      //        ___ _
     /:::〈    , <::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
     |::::::::::\, <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
     |::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     ':::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.     〉:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
     /:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
     |::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::∧
     |:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー=-、:::i::::::::::::::::::::|
    /::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::::/::::::::::::::: :::|
   /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::: ::::/,   |:::/i:::::::::::::::::: ::|
 /::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/___|/ |::::::::::::: ::::::|         マジか!? マジだな!?
´:: :::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::/ /::::::::::/ i |////i ≧、:::::::::::::::: :::|
´ ̄ ̄i:::::::|::::::::::::::::::/  /:::::>´.....弋.二_ノ// ,::::::::::::::::::::::|         こりゃ行けるぞ!
   /:::::::∨::::::::::::/  />´i、   ー==‐' /:::::::::::::::::::::∧
.  /::::::::::::∨:::::::/ー´ゝ _           /::::::::::::::::i::::::::::::\       いひっ うひひっ うけけけけけ
  /:::::::::::::::::∨::/ヽ  `ー 、ー ― イ  :/:::::::::::: :::/::::::::::::::::::> 、
. /::::::::::::::::::::::ヾ|:::::::>    `し, j´   ィ/:::::::::::::::::/:::|` <:::::::::::::::>
´ ̄ ̄/:::::::_ >´/ / >  _  U <:::/::::::::::::::::/::::∧    ̄ ̄
    /::::/   /  , ∧    / | /:::::::::::::::::/:::::::::::ヽ
  /::::/    /  |  ∧  /   /:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\
. /::::::|  i /    | /三ヽ   /::::::::::>´ ̄ヽ::::::::::::∧:::::::::\ ,


124 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:44:18 ID:7nYvTkQg


                 ..
        _ ‐‐ ―‐\`ヽ, _
      , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;ヽ,\∠、
    /;::::::;,,:::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::::::マ
  -≠::::::::,,,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ
   /,,,::::::::,:;:;,:::::::,,:::,,,,:::::,,,,:::,,,,::::::::::::::::::,,:::::::::マ
  ム:::::::::::,:;:;:;:;::::::iヽ,iヽ ∧::::.::::::::::::::::,.;.;.;:::::::ト
  /::::::::::;:;ト、 ル'ヾi-┴トト、l::::ヘ,,,:::;:;:::::i:.;.;.;.;:;:;::|
 彡ノ:::::;:;:;:i ヾ  ヾ _¨__レ´ i:;::::;:;:;::;;レ- 、.;.;.;|
   |:;::;:;:;:;i〃_ゝ   ヽ_tッ   从,,,:,,,ノヾ ヽ.;.;:ミ    いや、そんなに確信されても困るけど。
  ノ:;:;:;:;:;::|ヒtッ ノ=±、〟〟    从ル'Z ヾ i,.;.;ハミ
  ´ル'i:;:; i =/  ゛ ゞ ̄ゞ ̄゛    /   /.;.;|     俺の感性が万人の感性と同じなわけじゃないんだから。
     ∨i" !             L ∠.;.;.;ゝ-,
      \ ヽ `              ,レ ′ /ニi、__
        \         ,,.・ ′  //.:::i
         ヽ ‐==-   /       //.:::::::::i
          i   ̄    |     //.::::::::::::::!
           /゛------‐|    //.::::::::::::::::::
         ∠_         |  //.:::::::::::::::::::
          `・,     レ/.:::::::::::::::::::::::
         /∠___//.::::::::::::::::::::::::::
         └ 、   ,┘.::::::::::::::::::::::::::
          \‐--‐′.::::::::::::::::::::::::::
            \\\::::::::::::/
             \\\/





          /:::::::::::::::::::::::::::/|::::::::ハ::::::::::::l::::::::::ハ    !
          ,' :::::::::::::::::::::::::/ ! :::/ ';::::::::::|:::::::::::∧   !
         ハ::::::::::::::::::::::::/ ,_| :/-‐┤:::::::l::::::::::::::: \_|
           {::::::::::::::::::::::::/  r_|/x=ャ|::::::::|⌒',:::::::::::::::::!  いや、お前の目利きはどっちかって言うと辛い方で正確だから。
         ';::::::::::::::::::::/  彳 |! ・双|:::::::|} ノノ::::::::::;;;;;;|
          V::::::::::::::/     z≧彡ィ|:::::::|//::::::::::::ハ |  だからお前がOKを出した奴は見込みがあるんだ。
             V::::::::::|           |::::::爪::::::::::::::::ハ |
           V:::::::| ヽ     __, |:::/|:::::::::::::::::::::::< . 前作もそうだったしね。
              V::::|\  ー<_/ |:/ |::::::::::::::∧::::::}! .
             \| }::>x _/ |f  ,ゝ-√/  V/ |
     ___      /::::::::::::::;不-|《='´ x<¨⌒ ̄^入
   rィノノノ x-、\   //};:>´ `ー‐ '´____ /  \_____/
   Z亠'ー´ {  ̄_〕、  /f {   ___,..∠---―=キ¨=- __     __\
 /        ̄\ヾ\ {::| \/ _             ¨ ‐-<__ \}}
             \〉 }人 / ノ / ,.イ                 ¨ \
               / 人   ̄ / / / // / ̄个 、


125 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:46:17 ID:7nYvTkQg

     ////////////////////////////∧
      //////////////////////////////∧  ,ノ
ト-  /////////////////∧////////////,八,/     .n _n__
乂////////////////////', ∨',∧'/////////八,ノ    .l |└i七
  \/////////////∧///,′ ∨__ '//////////\__...LK⊆T
.   ヽ////////////:::i/// γ'⌒ヾ¨`ゞ'////////////r'⌒ヽ.
    ',/////////.├::::i///  i弋;,,乂  }'///// γ⌒ (´   .七
    V//////// i≡┤,′ 乂      〃'//(⌒ ふ  ゝ,___, .(乂 )
     V////////i;;,ノ.i/      =≠彡ゞ 'ゝ     へ   ,ノ )|      よ、よし!
     ハ'//////::i.  ii ヽ       u  /'/ゝ     へ   ノ::N
      //V//////ト≡´l     _ -‐ ,フ´,/∧l/ヽ     ノ/ /       投下だ! 投下するぞ!
.    / ..,γ⌒ヽ./:lヽ    -_´     イ゙  ハ  ゝ一''':∨ /
   n _n__   )、/>   _ rヽ,  ´ /  l/      ':,∨
 ,γ.l |└i七     ,,)ー─>_ _ヽ \ イ  /     _     ':,
/  .LK⊆T   ..,,ノ  ri! ̄i!i!i!i!\._\ γ ´    `  > \
{           } :i   Vi!i!i!i!i!i!i!ゝ ̄ ` 、⌒ ヽ  /     i!
ゝ、     七 .._,,ノ ':,   Vi!i!i!i!i!i!i!i!ゝ ̄        /     i!
  `‐-‐ (乂 ) イ  :i   Vi!i!i!i!i!i!i!i!ゝ ̄ )       /     i!







                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ,
                    /::::::::::/::::::::::::::::/:::::::l:::::::::.l::::::::::::、
                   /:::::::::/.::::::::::|:::./i:::::::ハ::::::::ハ.、::::::::ゝ
.                メ:::::::/:::::::::::/|::/-从ソ|/!:::ノール::::::リ
                |:::::,-::ハ::::::| V ゝエン/ .l/ エゝ ノ::::l
                人:(ry |::::/   _,,ー彡三ミヾ、∧::/
               l弋ゞ レ'.          .)  /リ     言っておくけど、姉ちゃんに対しては
               从ミ=_、 /.       ^ '         俺、かなり身内贔屓の意見だからね。
              ,-‐ク从レ.丶/..    , -- ,
.                /   ゝ、|: : : ヽ      ̄  ハ
              /     >=、 > _ イ: :l.\
           ∠        .斥》.冖.T ̄ ̄T 冖斥 》
       , <  ゝ、.     //:ll .   !     !.   ll::::lト 、
     x '       .ヽ、 .   //:::.ll   l    l  .ll:::::ll  .<
   /              \__//.::::::|l   l    |  .ll::::::ll      ` <
. ×               /:::::::::ll― ┴ _ ┴_ ' ll:::::::ll           `>


126 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:49:01 ID:7nYvTkQg

こんな感じで、本作は私にとって半分リハビリを兼ねた動機に基づくものでした。
その面では私にまだ物語を紡ぐ力が残されていることが分かったため、大成功と言えるでしょう。

続いて作品について少々


127 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:49:47 ID:7nYvTkQg

[世界観について]

       __________
    r´ ´\                \
    (    \    『人食い鬼    \
     \     \              \
      \     \  キル夫の手記』   \
        \     \                 \
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


129 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:52:17 ID:7nYvTkQg

本作は多くの方がすでにお気づきでありますが、
WEB漫画『胎界主』に強い影響を受けております。

正直な所これほど多くの方が反応して下さるとは予想外でした。


130 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:57:05 ID:7nYvTkQg

またそれ以外にも幾つもネタを仕込んでいましたが、
隣のAA様のコメント欄を拝見致しました所、殆ど全て感化されていることに大変驚きました。

アンドリューNDR114ぐらいはタイトルの一部を書きましたから気づくだろうとは思いましたが、
まさか、寄生獣はおろか、パトレイバーに気づく方がいらっしゃるとは……


131 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 21:58:47 ID:7nYvTkQg

ちなみにヴォグ・ランバに気づいた方がいらっしゃったのには本当にびっくりしました。
まず分からないだろうと思いながら仕込んでいたのですが、
皆様の見識の深さを侮っておりました。


128 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 21:51:48 ID:EjXnuFpA

前作晒しとかあるんでしょうか(wkwk


132 : ◆ZI7M3lGGaY [↓] :2013/07/21(日) 22:01:43 ID:7nYvTkQg

勿体ぶってもなんですし、このあとの話にもいくらか関わるので前作をご紹介いたします。

『やる夫とやらない夫が騎兵隊を設立するようです』
最終スレhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1293283984/

泳ぐやる夫シアター様
ttp://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-99.html
Yaruyomi様
ttp://www.yaruyomi.com/title/kiheitai.html
にて纏められております。


133 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 22:03:48 ID:EjXnuFpA

おお、騎兵隊読んでたよ
好きな作品だった


134 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:05:23 ID:7nYvTkQg

前作を見返すと、拙いなあと思う面もあれば、これはもう書けないなと思う場面もあります

本作は前作へのある種の反省を込めた部分がありまして、
そのため主人公は死んで生き返りませんし、ヒロインに至っては最初っから死んでいます。

ですが、語感の悪い話は書くどころか読むのもまっぴらゴメンですので、
極力その点は気を付けました。


135 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:07:38 ID:7nYvTkQg


       ____
     /     \
   /         \
  /    (●) (●)\       [キル夫について]
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \    \ェェェェェ//
  /          |


136 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:11:30 ID:7nYvTkQg

キル夫を書くにあたって注意したのは、
『好感の持てる主人公にしよう』ということでした。

特にコイツは設定上モテますので、
そこが嫌味なキャラにならないよう注意いたしました

コンセプトは『素直で一途だけど、ちょっとズレた風変わりな奴』です。


137 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:18:38 ID:7nYvTkQg

ちなみにコイツはボクっ娘好きなわけですが、
ヒロインボクっ娘縛りということで最近人気のこの娘も出してみようかと思ったのですが


        _____ _,__
       .:'゙:´: : : : : : : ヾ: : ',:\
      /: : :/{ : : : : ∧:',: : ', :!           ボクが出る以上メインヒロインは一番可愛いボクで決まりですね!
      ,′: 厶 {: : : ,オ¬、:i: : :ト、:i
     И: /  {/!/ て莎}: : :|: :\          ボクの可愛さなら当然ですよね!
       N 乏リ    〃}: : i:_:一'
       {: } 〃 ,.-‐ '7  }: : j_ノ: |          ボクの可愛さのあまりスレの趣旨が変わってしまいそうですね!
       Ⅵ    ̄ ´   j,:イ: :,ヘ{
     ____ゝ、__ _ ィ′:、ゞ 、_         当然可愛いボクを愛でるスレに決まってるじゃないですか!
     ヽ、 `ー'¨} /\ /  }}::::::::::::::::`:: 、
      _\__」.,〈___ムー‐‐ィ'゛:::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ボクの可愛さは罪ですね!
      }。:::::::::::/:::〈¨ 〈__ノ::::::::::::::::i=-- .:::::::::::::!
      }゚:::::::::/::::::::У´::::::::::i{::::::::::::':、   /::::/
      !::::::::/:::::::::,へi!::::::::::::::ヾ、::::::ゝ、 /::::::::/
      i:::::::::::::::/  ヾ::::::::::::::::::::i{:::::::/::::::::::。,′  ___
      ゝ、::::/     ヾ:::::::::::::::ヾ/ ̄i ̄{゛¨ ̄ ̄. . . . . . !l }7
       __ ̄_____} ̄ ̄ ̄´. . . .└一'. . . . . . . . . . . !l }〉
      /. . . . . . . . . . . . . . ゝ、-=ニ -‐. . . . . . . . . . . . . . . . !l {〉
     ./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヾ\
     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `〉 ゝ
     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ,..'´/
    ゝ、==ヽ、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . '゚ /
       } ===============--='-一'::::::::`丶.
        ̄ %:::::¬i! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛ `丶、::::::::':.
           ヾ.:::::ゝ                         `%、:::::::`:、
           ゝ::::::,、                         >‐--=ゝ
       r'"~¨=-~”'}                         〈__ ;__}
       弋___,,...'                            ̄ ̄ ゛


ちょっとコマに出したとたんベラベラ喋り始めたので無しになりました。

可愛い可愛いさっちゃんですが、出さなくてよかったと思います


139 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 22:21:55 ID:QKE1DPzA

出してたらできる夫に喰われてたかもしれないなw


138 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:21:51 ID:7nYvTkQg

               }/       リ
             . : :'" ̄ ̄ `ヽ、
          / : /: : : : : : : : : : \
          ./: :/: : : : : : : : : : : : :´|::\
         //.: : : .:__ : : : イ: : :..:::|::::::::\
        /: : : : .: .://:`/ |: : : ::::|:::::::::::',:ヽ
       //|.: : : : :/_ ///  l: : :::::/:::::::::::::ト、|
         |: :!.: : .:/「行圷'   / : ハ/|V::::ハ::::|
        /: :レl/ | ヒzソ  //xく i:::::/::|::::|
       ./: : : :| : : |、    ,  /ク/:::::/::∧::|      [こなたについて]
       / : : : ∧: : | \_(`7   `'ハ://|/  }ノ
     / : : / ヘ : |、〈ヽ ̄ ̄´::::/
    ./: : :/‐-、 i: :|ハ⌒i \:::|:::::{
   /: : :/    ヽ V ハ | ∧:!:::/
  ./: : :ノ     } \  ヘ | / V/
  /: : :/       ∨ \ ,リ′ }{



140 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:26:25 ID:7nYvTkQg

実は最初の1話を書いたときはメインヒロインはこなたの予定でした

と言うよりも、1話を書いた時点ではそこまで真面目な話にするつもりもなく、

もっとダラダラとした話にするつもりだったのですが、何故かこんなことになってしまいました。

コンセプトは『ちょっと意地悪だけど面倒見のいいお姉さん』です。

ちなみに彼女が見目麗しい理由は彼女が美容とアンチエイジングに余念がないからです。

ある種の地衣類を使った美容品を愛用しています


141 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:28:42 ID:7nYvTkQg


      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    N______И
.   rヘ 二二二二/`ヽ、
  /  /,         、 ヽ
  ,′/ / ,′l |  ト、 !  j
  ! ′/ /7メ |  レ仁| /|
  | l| { l/-=ミヘ. |/:::「レ' /
  ∨丶 〈::.::.::}  ヽlヾツ厶イ
  `、 ト、ヾ゙゙´  _ ,  ,イ /          [蒼星石について]
   ヽj \>r-r<}//  _
    _/: : |介ヘ: : ̄厂「rヘレ‐-、
    >、: : :.:L_ニ_〉_:_厶┴し'/¨7 }
.   rく  /7¬^X ハ  〉 ≠ ー'/
  〈 \>'´/:`ヽ/ lレ': :∨ /∨ ̄
     ̄  V_:_:_:_ノ_:_:_:/ / /
.       / ̄7  「 「 / /
      厶__/  l  |/ /
      |=≠    Y弍/
      └′    `┘


142 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:33:48 ID:7nYvTkQg

構成上当て馬ヒロインにされてしまった気の毒な彼女ですが、作者は気に入っています。

作者は
やる翠にはベタ甘なイチャラブが
やら真には穏やかな情愛が
キル蒼には悲恋が似合うと思ってます

ちょっぴりロールシャッハや仙水が入ってますが、
基本は『真面目で正義を夢見る乙女』です


143 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:36:33 ID:7nYvTkQg



         ___
        ./     \
   (ヽi   /   ⌒  ⌒\  /)
  (((i )/    ノ-゚ゝ ノ-゚ゝ .\( i)))
 /∠.|     ⌒ ___´___^ヽ  l^ヽ \      [できる夫について]
( __. ヽ、    ヽトエエイ  /____ )
    |      |-r-/  /´
    |       ヽニソ /


144 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 22:37:51 ID:EjXnuFpA

顔がひでぇwww


145 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 22:39:22 ID:HfOOyC5Q

できる夫wwwwww


146 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:39:57 ID:7nYvTkQg

コイツは至ってシンプルです
人間にとっては『化物』、キル夫にとっては『頼れる兄貴』です。

ただ、コイツを視点にするとコイツの化物性が失われてしまうので、
そこが少し厄介でした。

書いていて、なかなか楽しかったやつです


147 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:46:28 ID:7nYvTkQg



             ,r ''.:.:  ,ィイ彡'"´.:. ``ヽ .:.:.::::::::::::::.ヽ
            /"´ . : : : : ´¨``: : : : :::.:.:.:.:::::::::::::::::::::::゙、
           〃  . : : : : : : : : : : :, : :, : : : :: :;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
          〃  . : : : : : jii l l ト、 ', : '; .:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.:.:.:',
           l1 . : : : : : :jii l i トト、;;;;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
            l1: : : : : : ィイリ 川 ヽト、;;;ヽヽ;;;\`ヾ;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙,
          /イ: : : : ;.ィイソ   '、ヽー====-、ミミヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
        〃,': :.j ィイ  ̄二ニヽ   ';.:.:-モテ=`ヽ )ハ;;;;;,r‐ 、;:;;;;;;;j!
        lハ{ i j j;;',  ィてテン.;,   ``゙゙  ̄`   !;;;;レイ !;:;;;;;;;!
          `ヾ从;;;;;',  "゙ ´ ,′:        ノl/リ ) ,!;;;;;;;;!
           `ヾ从;;;',    ノ ,::.        ′ノソ/;;;;;;;;j!        [ヤンについて]
                `゙゙j!   (  `::.:.        、_ノ;;;;;;;;;;j!
                 ノハ    `゙゙"´        /, j;;;;;;;;;;;j!
               jハ    ー===…'    / ,゙ {;;;;;;;;;j!
                 ゙、   、 ___ ,,     / .,′ ;,;,;ッツ
                   ゙、        __ /_ /_ ヾツ-‐…┐
         /´ ̄ `¨` ー-`ト、       /        .:. :.:.:.:.:::::',
          //.::::',   ,.‐くソ ` ー=ニ,'.::::::.! .:r‐ '''"´rカ!.:.:: ::::::',
        ,ノ/.::::::::i / ,r ‐-`y ´ ̄``y.:.::;:;;′.:l rカ `¨  .:.:.:.:.:.:::L.-‐
  ,   =‐-'´.:.:::::::::::::レ′ / /.: : /    l/.::;;;;;;′.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
''"´  ̄   /.:.:.:.:::::::/    . : :/     /.:::;;;;;′.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   .: :
      / .:.:.:::::::::{           /.:;:;;;;;/  . :. :. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    .: .:.
      ,′. .: .: .:. :.`ー--------‐ '´         .: .: .:.:.:.:.:.:.:.  . :.: .:.


148 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:51:37 ID:7nYvTkQg

七面倒臭いことばかり喋らされた苦労人です
キル夫に理詰めからのアプローチを示した人であり、
世界観の解説にかなり寄与してくれた方です。

ただ原典に対する解釈はあれであってるのか、私にも自信がありません


149 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 22:57:28 ID:7nYvTkQg

                       . - ―― -. .
                    ´ . . . : : : : : : . . .`. .、
                / . . . : : : : : : : : : : : : : : ヾ:.:.:.ヽ _ イ
               / . . . : : : : : : : : : : : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:<
             . イ . . . : : : : : : : :‐: : : : : : :イ/ィ:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.\`\
      ⌒ー=≠ . . . : : :. :. :./: : : : : : :.:/〃:.:.:.:.:.:.:ハ: :.:i:.:.:.:ヽ
        メ 〃 . . : : :. :. :./´:7 /: : : : :/: :.:.:/:.: ィ:./_|:.:/:.i:.i:.:.:..
         /  . . . : : : :. :. :. :. :.:{:.{ : :.イ:./:.:.:.:ノィ ノィ   フイ:小ハ:|`ヽ
       八 . :i : i i:. :. :. :. :. :. ヾ:./:.|/:.:.:i: :.:/ ィf仡ミ、ノ' ノ' ノ'
        )イ :ハ |:. :. i:. :. :. :. :ノ':. :. f ヾ:.:八 ヽ rし' !
         ヽ{ }ハ:. :小:. :. :. :. :. :. :.ハノ:/: i.|   ゝ   ヽ
            ' }/  ヾ:. :. :. :. : //: :. :.:.ハ|      '
                 {'    jハN:. :ヽ:i: : : ィ ノ'   ー ァ'
                      ヽイ }:乂  ィ::...   _.′         [佐々木について]
                        /       /
                    /       l
                     _//`ー、   :.
                  〈: :/: : :ヽ:ー  :._
                  //: : : : : : ∨:〉 ヽ〉
                     //: : : : : : : :.iヽ/ 〉「!_
                  / イ: : : : : : : : :| / /イ | lヽ
              //: /: : : : : : :. :.// /     }
                |/: /: : : :. :. :. :./:.|     イ
                  /| |/ : : : : : : : 〃´ ̄ヽ //
             | |/: : : :. :. :. :./: : : : : : :ヽ: /
             |/: : : : : : : : / : : : : : : : /.;
                 /: : : : : : : / : : : : : : /: :|
             /: : : : : : / : : : : : : イ|:.: :.:.|
            ; : : : : : ィ: : : : : : :/ //: : : ハ
              |: : : : : : : : : : : : : :. :.// : : /:∧


150 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 22:58:43 ID:iyvDvcbM

蒼「ヒロイン力MAXの死人には勝てなかったよ…」


151 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 23:01:43 ID:7nYvTkQg

彼女は今更言うまでもなく本作における一つの『核』であるため、
あまり多くは語らないでおこうと思います。

ただ、書いていて富に感じたのは彼女のキャラクターデザインの『儚さ』でした。

生命力の塊のようなハルヒと対になっているためでしょうか?

書いていて何度も『美人薄命』という言葉が似合うなあと思ったものです


152 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 23:04:26 ID:7nYvTkQg

主要キャラはこんなところでしょうか。
凶羅や唐巣神父はほぼ原作設定まんまのためラストエピソードは書きませんでした。

やる夫とやらない夫の話は自分では気に入ってはいますが、ちょっとやりすぎたかなとも思っています。


153 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 23:09:47 ID:7nYvTkQg

[次回作について]

またしばらく仕事が忙しくなるため、時間が開くことになるかと思われます。

その時はまた名前が変わっている可能性が高いです。

現在頭の中にある話はおおまかなプロットが出来上がっているのが2つ、
アイデアだけの奴が一つです。


154 : ◆.DfxuBnBrg [↓] :2013/07/21(日) 23:29:27 ID:7nYvTkQg

残りのレスが結構余っているので仕事が一段落したらまた何か短いのを一つ書いて締めたいと思います。
ただ、仕事が片付くのが初秋頃なので、またかなり時間が空いてしまいますが、何卒ご容赦願います。
お話がどうしても思いつかなかったら、今書き上がってるプロット分から1話起こした内容があるのでそれを投下しようと思います。

お付き合い下さいました皆様、誠にありがとうございました。


155 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 23:32:39 ID:1srI5dMQ

乙でした!


156 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/21(日) 23:33:46 ID:EjXnuFpA

乙でした
キル夫は良い主人公だったよ


157 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/22(月) 01:16:28 ID:Y2MxQ4gg

こなたは八百比丘尼、的な存在だと思ってたわ


158 :小さな名無しさん@この板は300レスまで [↓] :2013/07/22(月) 02:40:21 ID:6Up8yrnA

おつ

.
関連記事

カテゴリ:[完結]人食い鬼キル夫の手記 /  コメント(16トラックバック(0

2013/07/24(Wed)13:23

非常に含蓄がある、深い物語を本当にありがとうございました♪
読後感も非常に「問い掛け」に満ちており、多くの示唆を含んだ
物語に非常に感銘を受けました♪

管理人様、素晴らしい物語を紹介下さった事、心から感謝いたし
ます♪

2450:名前:隣の名無しAA (URL) 編集

2013/07/24(Wed)14:37

面白かったけど毎回コメが寒い

2451:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)18:27

佐々木が美人薄命、か・・・
その存在を伺わせながら何年も出番がなくて
ようやく出番が来たと思ったらまた何年も待たされて
本編でヒロインもやれず、最終決戦の場にいることすら出来ず、
気がつけば全部終わってました、の佐々木か・・・

2456:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)19:15

騎兵隊の作者だったのかよ
全く予想もしてなかった
どっちもいい作品だよ 乙でした。

2459:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)20:44

作者乙。
引き込まれたわ。
騎兵隊も読んでくる。

まとめも乙でした。

2464:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)21:12

もう少し長く見たかった気もする

2466:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)21:35

面白かったよ、凄く。作者さんお疲れ。良い作品ありがとう

2468:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/24(Wed)22:37

騎兵隊の人だったのか、あれ好きだったしこの作品も面白かった

2470:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/25(Thu)02:30

久々にヒットだった。

2473:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/25(Thu)03:07

騎兵隊の人だったか
あちらの作品もよかったなあ。
個人的には、短くまとまったこっちの方が好きだったけれど。

2475:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/07/25(Thu)07:51

すっきりさっぱりあっさりとろりで美味しかったです。 
こういう穏やかな愛の物語って大好き!

さて、騎兵隊読んでくるかなー

2483:名前:名無しさん (URL) 編集

2013/07/26(Fri)10:20

面白かったです。
あと少し読みたかった・・くらいが、私にはちょうど良かった。
キル夫が次は人間になると良いけど、また鬼に生まれちゃうんだろうなぁ。
でもお兄さんの鬼っぷりはもっと読みたかったです。
ありがとう。

2497:名前:名無し (URL) 編集

2013/08/12(Mon)06:08

面白かったです
クオリティ高かった

創作をしたい、でも今からやってもな…とモヤモヤしてる時に読んだので
一つの答えをもらったような感じがしました

2581:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/08/20(Tue)10:39

こういうじわじわくる感じのは最近増えててうれしい。
それ程説明なくても入りこめる作品は中々ないからこの作者さんには次回作も是非やってほしいな。
スレ内でも登場人物が言ってるけど終わり方ってホント大事だな。

2595:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/09/21(Sat)21:03

うん、面白かった。

2759:名前:AA名無しさん (URL) 編集

2013/11/07(Thu)06:07

できる夫が一番好きなキャラだったわ

2908:名前:AA名無しさん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ