< 2017年07月 |  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 | 2017年09月 >

フリーエリア

ホーム  > [完結]【マリと】嘘つきアーニャの真っ赤な真実【三人の友達】 > 【マリと】嘘つきアーニャの真っ赤な真実【三人の友達】 「オリガ・モリゾヴナの反語法」

【マリと】嘘つきアーニャの真っ赤な真実【三人の友達】 「オリガ・モリゾヴナの反語法」

2013年05月29日

368 : ◆nx51JYWniw [] :2013/05/29(水) 04:44:43 ID:C9UIvGZ20



            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
       _>z二_ ___`ー≧__
       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
      /        ヽ `Y′之>
     /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ /}
     l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }./ /    __
     |ハ |三○三三○三/ // /  . / .ノ    『オリガ・モリゾヴナの反語法』を読んだ!
   (^ヽ{ ヽ|!!!!!!r‐-v、!!!!!「)'/|/ 厶- ´ /
 ( ̄ ヽ ヽ iヽ、_ lililil|__,.ィT/     /       なぜ私は今までこの本を読まずに生きていられたのか不思議だ!
.(二 ヽ i i |,r‐i 7Eニ::r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
  ヽ   /  ノ'イ/ヽ:ー―. 、__ .〈 ̄ ̄    これでまあエラソーに『嘘つきアーニャの~』のやる夫スレを作って
   i   {   イ:::: i´ ̄ `l::::::::::::::::/ \ \
   ヽ. `ー '/::::::|     |' ̄ ̄    ヽノ      あまつさえ人に見せるなどという行為をできたのか!
      `ー '  ̄


             __    __
             \ ヽ/ ∠_
              <⌒\ /ヘ
         -=ニ¨ 匸>=<二\
              >'"´ ̄ ̄`\ ー≧__
          /            ̄ 7 <
        /,  / /_|   \__ヽ `Y′之>   今読み終えたところなのでテンションが若干高い。
.        イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } ヽ }<
        ノ八 .{ ---\l --- ||  }ノ |    しかし今思ったことは今書き留めておきたいのだ。
.         \| (三)  (三).ノr'/
.           人''  __   u ィT´       そういうわけなのだ。
           ` ァ┬=≦:ノj ∨
               〈xく矢¨¨ヽ|__八


369 : ◆nx51JYWniw [] :2013/05/29(水) 04:45:25 ID:C9UIvGZ20



        ,_   _
      、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
  <之′Y´/        \ ミ
    >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    『オリガ・モリゾヴナの反語法』という本は小説である。
   | !、{  |. l/ナ弋  |.lナナ| ィ, l
   ′J゙i, ゙i ゙i 弋歹 レ 代歹)ハ|    作者は皆様ご存知の米原万里さん。
      ゙i|゙i'(1       |
      ゙iTィ.,_    ^  ノ
―――(  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ) ̄ ̄ ̄) ――――――――
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`¨´¨´ ̄ ̄  旦



                   ⌒\
            __\/⌒____))
          ´ ̄> / ̄\/ (_____)
             。     /¨\:..:冫⌒___ /⌒
         /     /   ⌒V___\
        /     /   .::γ´          ─
.       ⌒i       i  .::     \/       \
.         人 /     |  i      ゚          \
      / /|   、 Λ  l     ゚        i      \
     ⌒/ . 八   V  V |  弋__|      |:   l   | (⌒\
      ⌒/    。:{i   弋 ⌒Y  | l i:  ト、/ V l:i`
    (ー ゚ /    。:Λ    Λ ( И _ |.乂ヤ≧ュ,   iハ从 〔
.     レヘ/| |\ |::| }i     丶_ レ ′  匁汐 ` 以、   i    このスレの>>295でわざわざ勧めてくれた人がいたのに
         | |  l: |::| }V    .:::人i              〔,  从
         レ′ l: |└ | |li:.、. __V.:: ,            Λ/     三か月もそのことを忘れていた!
.            V¨¨i::| |:|  ⌒}:           ー - ′
             l::| |:|   Λ           /        amazonなら一日で届くというのにその手間が惜しかったのか!
             l::| |:| __{::::::::.Vト、.:‐::-r‐  ´ 
             l::l/´:::::::゚OOO:o:o:o〔
            /.:::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄L ____
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::,' ::::::::::::::::::::::::::::::::\


370 : ◆nx51JYWniw [] :2013/05/29(水) 04:46:14 ID:C9UIvGZ20



                |\_  ̄ト、ー―-、
          _____> \| L___|
          >_____    ___ <
           l/        ヽ /    \!ゝ
        /      /ミヽ Vr勿\   \ヾ
       //  >-―┴┴- ∠.:\lVVV\\
     ∠/  /            ヽ   ゝ 》
     /:/: . : /: . : . : . : . : . : . : . : . : . : .. :ヽ: . :}: | ノ   恥知らずながらもやる夫スレ作者を名乗っている私としては
     /:/|: . /: . : . : . : . :/: . : . : . : . :  .   ',:.:| :∧
      |/ :|: /: . : .:/: . : . ハ:: . : . //レ'|i ト  .  ', |'  |    ぜひやる夫スレ化してみたいと夢想するのだが、
     j:/!: . : .,': . ヽ、_、|: . : ./,_,.ハ、|:  . N  l
      ハl   l i.〃iシト、\ | ,. =、\ヽ l i |.| l l|   どう考えても途中でエタるのは確定的に明らかである。
      ヽ!  ハ 〃弋歹  ヽ! 代歹 〉  l l !.| l |
      i Y/   Y           ̄  / 》 ///i  |. |   なのでぜひ読んでいただきたい。
      .| l !    |´´´   `    ´´´イ// /レ'|  i ト、|
        ハ~、ゝ>、   (_)   ∠/ / /レヘ トヽハノ  いや、読むべきである。このスレを最後まで読んでいただいた読者の
         レ//, 、/⌒ > - ァ ´ ム ム/
         /,.-/_ く  `ー '"´   ノ  \        方々には絶対にこの本を読み終わった時の気持ちを共有してもらいたい!
      . / __)/`ー--- ‐ '"ヘヘ   ヽ
       /    ___ノ    ,.     il    〉
       !   __,ノ   /      ヽ   l



             !/ /     .ヘヽV」∠ヽ.   \\\
          __ノ/ .. - 、 ̄ ≠‐ - :.:`ヽへ  \\}
            フ  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ:.:V| !   V {
          ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵリ : : : : : :、
   .       i//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ハ: : i: : 、: \
          /:: : : : ::| │: : : : : : : :ヽ: : : : |: : : : | ∨} : }: : :厂`
            |: : |: : :/|: :|: : : : : ヽ│: | : : : |: : : : レレ∨}:j!: : ト、    なぜやる夫スレ化は無理なのか正直に言うと私はこの本の
            |: : |: : l:八:|: : : : : : :ト|、:|\ : | : : : :}∨j/: :j!: : :レ
           |: :i|: : |  人: : |: : 八|∨ ̄| ∧: : : ル─く/V⌒ヽ    描写をすることへの自信がないのだ。
           |: :i|: : |/ _\|: /  ィうi心、 |: : //⌒Y}:厂! !
          厶八.:ハ. xぅ心|/     VJソ 〉|: ∧し///.:|!ノ| {     はたして仮に作れたとして本書を読んだ私の気持ちが、
           |: :\∧ヽVソ           (|/\\イ : :ハ∧ゝ
           |/∨/ // ) ,     (\ ヽ ',ヽV N       そしてこの本を書いた米原さんの気持ちを伝えるのは
               〈/ {∨ /         ヽ丶 | | | |八
              {  |/ 〈、  ‐-―   } j_| l | |\        ほぼ不可能に近いだろう。
                   j  } >   _,.. ィノ `  ` }  〉ー---――-、
                 丶、 '⌒丶  ∨|く/     / /     /
              /{ ̄\     \ マ7        / /     /    |


371 : ◆nx51JYWniw [] :2013/05/29(水) 04:47:08 ID:C9UIvGZ20



      __≧ー\ソ<_
       >    x=ュ-──´─ - _
    _≦   ,ュ彡"´           `丶
    `フ   //               \
    /                        ヽ
   ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '.
     / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
      /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |    もしかしたら自信に満ち溢れ、根拠のない“やる夫スレ化出来る”という
     }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|
     jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   気分になれたら作れるかもしれない。
     |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
     八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      しかし今日は無理だろう。明日のことはわからない。
       }: |!  八                 八
       レ个ーf }|丶      _    . ′       もし別の誰かがこの本をやる夫スレ化してくれたならその人には
          八从ノル 个ト   ´    イ
          |:::|::|  f゙ハ   ` 瓜ィ7i          万雷の拍手を送ることだろう。
          j:八j .斗 ハ  /   レヘ
            _ -‐'´::.::.::. r}yく::.::..::.::.:.::.:.`ーュ。.     
         /⌒::.::.::.::.::.ィⅥY薔VIく:.::.::.::.::.::./⌒\
.        /::.:}::.::.:::.:/        \::.::.::.:.::.::.::/::.ハ


372 :安価スレッドはEXへ!纏めて落とします [↓] :2013/05/29(水) 06:47:45 ID:cfRjO.9E0

つまり期待していいってことですねw


.


──────────────────────────────────────

『オリガ・モリゾヴナの反語法』は、
『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を読んでいると、更に楽しめます 管理人もお勧めの一冊

.
関連記事

カテゴリ:[完結]【マリと】嘘つきアーニャの真っ赤な真実【三人の友達】 /  コメント(1トラックバック(0

2013/07/01(Mon)21:23

このまとめを見てオリガ・モリゾヴナの反語法を読んでみた。
(作者さんと管理人さんに感謝)
確かに今まで読まなかったのを後悔したよ。
米原さんのエッセイによく出てくるようなロシア語独特の表現を
主題にした学校を舞台にした話と思ってたんだが全然違う。おすすめ。

2208:名前:AA名無しさん (URL) 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
装飾
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


プロフィール

Spiky9

Author:Spiky9

  • 隣のAAについて
  • 検索フォーム

    全記事表示リンク

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    インフォ


    2013/08/13「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/26「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/24「人食い鬼キル夫の手記」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/07/14「人食い鬼キル夫の手記」纏め開始

    2013/07/11「【学ぶ系】ギャル夫は歎異抄の師訓篇を読むようです【仏教】」纏め開始

    2013/07/11「魔王やる実」纏め開始

    2013/05/22「【SF小公女】できない子はきらきら星を掴むようです」纏め開始

    2013/05/20「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/18「キル夫は剣豪と呼ばれているようです」纏め開始

    2013/05/11「ぐだぐだのりゅうねんせい」纏め開始

    2013/05/08「【ジルオール】できる夫のバイアシオン大陸珍道中」纏め開始

    2013/05/02「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/05/01「やらない子は異星人同士の争いに巻き込まれるようです」纏め開始

    2013/05/01「恋する嘘つき」纏め開始

    2013/4/27「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/04/25「できない子は相談にのりたいお年頃」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/4/13「このお話はフィクションです」纏め開始

    2013/04/01「できる子とお姉さまとアッカリーンとお義姉ちゃん」完結-お疲れさまでした。ここにお礼申し上げます

    2013/3/20「蒼星夫はドイツ・ワイマール共和制最後の首相」纏め開始

    2013/1/11「できない子は相談にのりたいお年頃」纏め開始

    2013/1/6「やんねえ香はこわい?お姉ちゃんのようです」纏め開始

    カテゴリ

    最新記事

    最新コメント

    リンク

    このブログをリンクに追加する


    ▲このページのトップへ